国産天然100%はちみつへのこだわり-花園養蜂場  

HOME >

ニュース&トピックス


国産天然100%はちみつへのこだわり


  国産天然100%はちみつへのこだわり   

 花園養蜂場がお届けするはちみつは、純国産、純天然、無加工品です。

 農林水産省生産局畜産部畜産振興課および横浜税関の統計によると、平成20(2008)年のはちみつの国内生産量は約2,838t、輸入量は41,682tです。国内生産量は昭和40(1965)年の8,495tをピークに、その約40年後の平成20年には3分の1になっています(下の表・グラフをご参照ください)。
 
  日本で一般的にはちみつと呼ばれてきたのは、脱色、脱香し、さらにビタミン、ミネラルなど、栄養成分を除去した「精製はちみつ」や、人工的な異性化糖が「純粋はちみつ」に混入された「加糖はちみつ」などで、本来の天然はちみつとは言えない物なのです。しかし、日本ではこれら本来の天然はちみつとは異なる加熱処理された安い外国産はちみつが出回ってきました。どんな優れた天然はちみつでも、高温で加熱すれば、貴重な健康成分や薬効成分が壊されてしまいます。
 
  健康でおとなしくよく働く蜂作りからこだわり、本物のはちみつが欲しくてはじめた蜂屋の仕事です。



天然はちみつの国内生産量及び輸入量等の推移 天然はちみつの国内生産量及び輸入量等の推移グラフ 国別輸入実績

※このデータは横浜税関の資料から引用させて頂きました。



なぜ「花園」という名前なの?


  なぜ「花園」という名前なの?   

 私たちが養蜂場を営んでいるところは、もともと「花園町」という行政区でしたが、2006年1月1日、近隣の深谷市、岡部町、川本町と一緒になり新「深谷市」が誕生しました。「深谷市」は特産物としてネギが有名ですが、旧花園町はじめ、その近辺一体では、文字通り花の生産も大変活発に行われています。
 
  花園養蜂場も名前のとおり、花や緑にあふれる、秩父連山を間近に仰ぎ見る自然豊かな立地に恵まれています。
 
  近年LOHAS(ローハス or ロハス; Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語)という「健康と地球環境」意識の高いライフスタイルが注目を浴びています。私たちは自然と共生しながら、はちみつの生産を通して、皆様の健康的な生活を応援します。
 
  私たちが丹精込めて採取した“花園”生まれの国産天然はちみつ100%を、ぜひご賞味ください。