本文へスキップ

何かひとつ、あなたのお肌に残したい…【肌づくり.net】は、手作りコスメを活用したスキンケアの情報サイトです。

電話でのお問い合わせはTEL.0246-46-2132

〒970-8033 福島県いわき市自自由ケ丘37-20

米ぬかの美肌パワーRice Bran Power

日本人の美肌を作った「米ぬか」の効果効能と美肌成分について考察してみた。


お米を主食とする日本では、米ぬかは昔から身近な存在ですね。
その昔、女性は米ぬかを木綿の袋に入れ、「ぬか袋」として洗顔や入浴時に愛用していました。
世界一とうたわれた日本人女性の美肌。

それを作ったと言っても過言ではない「米ぬか」

ちょっと、その「米ぬかの秘密」を探ってみようと思います。

今、なぜか大人気 !そのわけは、 米ぬかの美肌成分


米ぬかって、なに?
米ぬかは、玄米を精米するときに出る胚芽や種皮の部分。
これは、ご存知ですね。
最近、肌の汚れを落とし、つややかでハリのある肌になると口コミで広がっているという米ぬかには、次のような美容や健康によい成分が隠されていたのです。

米ぬかに含まれている成分で

脂肪酸ナトリウム

という成分があります。

そう、石けんを構成する成分です。


簡単に説明すると…「天然の界面活性剤」ですね。


植物性油脂と水酸化ナトリウムとの反応によってできる物質なのですが、米ぬかにはこの天然の洗浄成分を含んでいたのです。

驚きですね!

これによって肌をキレイにしてくれるのはもちろん、汚れや余分な角質による「くすみ除去」にも大きな効果を発揮するようです!
そして、もうひとつ注目の成分は、

オリザブラン

これ、天然米ぬかエキス。
皮膚の水分量を一定に保つ作用があり、肌荒れや乾燥を防ぐ効果があるといわれているスグレもの!
そのほかにも新鮮な米ぬかには、ビタミンB群やビタミンE、カルシウム、アミノ酸、鉄分など、美容によい栄養素を「これでもかッ!」って言うぐらい豊富に含んでいたのです。

そんな米ぬかの秘かに隠し持っていた栄養成分を表にまとめてみましたので、
まずは、ご覧あれ。

米ぬかに含まれる豊富な美肌成分


こうしてみると、日本人女性の肌を世界一に導いてくれたことが納得できる気がしますね。
そんな、美肌作りの天才!「米ぬか」を手作りレシピで使わないわけにはいきませんね。


自宅でカンタンにできる! 米ぬかスキンケア


スーパーなどで売っている漬物用の米ぬかでもいいんだけど、できれば米穀店や精米店で扱っている新鮮な米ぬかを手に入れたいですね。
特に、循環式の精米機でしか取り出せない「白ぬか」は、一般に広く出回っている「ぬか」に比べて粒子が細かく、肌あたりも柔らかいのでスキンケアに最高!
まさに絶品!
「白ぬか」が手に入らない時は、普通の米ぬかをふるって使うとよりマイルドな使用感になりますよ。

  • 米ぬかスクラブ洗顔料

米ぬかと牛乳を大さじ2ずつ混ぜ、鼻やあごなどのざらつきが気になる部分を中心に、軽くマッサージする。
十分にすすいでから保湿する。お肌の余分な角質がとれ、そのツルツルさにびっくり!


  • 米ぬか美肌パック

米ぬかと小麦粉を大さじ2ずつ混ぜ、牛乳を大さじ1/2程度少しずつ加える。
ペースト状になるよう牛乳の量を調整して。
目と口の周りを避けて顔全体に塗り、5〜10分ほどおいてからよく洗い流す。
米ぬかの保湿成分が肌に浸透し、しっとり・プルプル♪


  • 米ぬか入浴剤

米ぬか500〜600gを入れた布袋を浴槽に入れて、モミモミ。
米ぬかがない時は、「米のとぎ汁」でもOK!
保温性がよく、体ポカポカ、お肌しっとり。
ぬか袋で体を軽くこすると、スベスベ。


  • 米にとぎ汁洗顔&パック

米のとぎ汁をとっておいて、しばらくおいておくと沈殿物がたまるじゃない。
これ、スグレもの!
これをを肌に塗り、10分ほどパック。
白く乾いてきたら、指でそっとこすって落とす。


  • 米ぬかの使用上の注意

米ぬかが肌に合わない方がまれにいます。
ですから、敏感な方などは事前にパッチテストをして、問題がないことを確かめてから使ってくださいね。





どぉ〜ですか!?
米ぬかパワーは…
超エコノミーで、エコロジー、お手軽で、効果抜群!ちょっと試してみても、面白いんじゃないでしょうか。






shop info店舗情報

何かひとつ、あなたのお肌に残したい…【肌づくり.net】

(株)With Love
〒970-8033
福島県いわき市自自由ケ丘37-20
mail : sysoap@myad.jp