絵画悠々

吉村昌一郎のホームページにようこそ

現代はゆとりの時代です。日曜画家など、 趣味の絵画を楽しむ方や、中高年から絵を志す方が大いに増えました。さらには、ご自分で筆は持たないが、非常に目の肥えた 絵画愛好家も沢山いらっしゃいます。このホームページは、こうした方々に、絵の見方、書き方(描き方)などについてのご参考になればと願って立ち上げました。 また作品については、 皆様より忌憚ないご意見ご感想をいただければと思っております。  

(図は昆布船初冬 F100号)

     
油彩画ギャラリー    
大型作品   北海道、道東の漁港と雪をテーマとした示現会展出展作品ほか、30号以上の油絵大作の紹介
風景2   国内各地の風景に、イタリヤ/アッシジ、英国/コッツウオルズなどを加えた風景の油絵小品第2集の紹介
風景1    蓮池の初夏、茶畑、奥入瀬、などを描いた風景の油絵小品第第1集の紹介
人物     夏の装い、らくがき、バレリーナなど、今までの油彩画人物作品のなかから数点を抜粋して紹介
静物   ジャワ人形(受賞作品)、エりゲロン、チューリップなど花その他静物の油彩画の紹介
絵の散歩道

 専ら技術やコンピュータの世界でキャリヤーを積んできた筆者にとって、定年後から趣味として始めた絵画の世界は、文化の違いからでしょうか戸惑いの連続でした。下記はそれらの克服のために、筆者が折に触れ書き溜めた小文集です。同じような立場で絵を頑張っておられる方々のご参考になればと願っています。 

目次 
29 文章作りとデフォルメ
28 自然美との付合い方
27 インパクトのある絵U
26 感動を誘う風景画
25 贋作と真作    
24 スケッチの効用   
23 ダリの作品に出会う  
22 アナログとデジタル 
21 透明感とは  
 


20 明暗の奥行き   
19 絵画教室  
18 想像力を誘う絵 
17 自然の描写     
16 抽象名詞と抽象画
15 デジカメで永久保存
14 趣味と芸術
13 二つの人物画
12 上手過ぎる絵
11 厚塗りの効果  
     


10 思い出の作品
9 素人っぽい絵からの脱皮
8 中尾彬のスケッチ法
7 雪と老船へのこだわり
6 示現会と風景画
5 構図について
4 頭のキャンバス  
3 趣味で描く 
2 印象派の世界
1 風景画の魅力

 
吉村きくの日本画   母、吉村きくの日本画遺作9点の紹介です。
更新記録 お知らせと主な更新履歴
プロフィル   
リンク
メール送信
 
ご感想、ご意見などお待ちしております。
   このページのTOPへ