フェイクニュースとの戦い- 鈴の木こどもクリニックの言論戦

 
 
子どもの健康を脅かす、どす黒いフェイクニュースの嵐が、相変わらず我が国で吹き荒れています。

 特に、公明正大を唄う
マスコミ大新聞が、フェイクニュースをまき散らす暗黒集団を陰に陽に後押ししたり、場合によっては先頭にたって、下劣なワイドショウと一緒になって、インチキニュースの宣伝に狂奔する、おぞましい醜態が日常的になってきました。

 鈴の木こどもクリニックは、子どもの健康に関して正しいと信ずるに足る情報を、一貫して母と子のために発信し続けてきました。

 正しい主張は5年たっても10年たっても、決して色褪せることはありません。むしろ、輝きを増していくのです。逆にデマと悪意に満ちた捏造記事は時間がたてばたつほど、そのインチキ性が露呈し、ブーメランは突き刺さり、その腐臭をまき散らすようになるのです。

 この章では、マスコミの捏造ニュースに対する、鈴の木こどもクリニックの言論戦をまとめてみました。悪意と喧騒の中で垂れ流されるエセ情報の嵐の只中で、ファクトに基づく正しい情報を母と子のために、敢然と発信し続ける鈴の木こどもクリニックの言論活動をご覧ください


       第二次タミフル騒動について

       チメロサールと自閉症の関係について

       2007年の麻疹流行について

       日本脳炎ワクチン勧奨差し控えの経過

       2013年の風疹流行について

       同時接種は本当に危険か

       化血研の組織的隠ぺい報道とワクチン出荷停止問題について

別館入り口に戻る