子ども文庫の活動目的


・ラオスの山村地域に文庫を設立し、
   山の子どもたちが本に出会う場を作る。
・ラオスの本の他、日本の絵本を集め、ラオスの山に届ける。

・民族に伝わる民話、伝承などを記録、継承していく。
・口承による「おはなし」を推進するとともに、
  テープライブラリーや自分たちの手による本作りなどをすすめる。
・山の文庫の活動拠点として、
    ラオス東北部のシェンクワン県G村に図書館を建設する。
・山の図書館では将来的に、山の図書館も村で自主的に
          運営できるよう持続可能な活動にする。
・将来的にはG村を中心とした回りの村への、移動図書館活動を目指す。
・文庫は、日本人とラオスの山の民の交流の場とする。
・日本、ラオスでスタッフの指導、ワークショップを行い、
             人材を育成し、共に活動を進める。
・日本、ラオスで他のNGO機関、活動団体、個人と協力、連携する。
















                         


home