ホーム  
お知らせ   

山の子ども文庫基金とは
 


山の民 モンとは
 


「サイガウ爺さんの村」
      プロジェクト

 図書館活動
 建設活動
 村の生活
 滞在日記

 太郎さんのこと 


スケジュール
写真ギャラリー

日本でできること
 


「太郎さんのこと」  安井清子            
 太郎 さんは、2001年7月に、テレビの取材で、Gさんの村を訪れました。
モンの民話語りを大人から子どもへと伝えていくという話でした。
 私は通訳で一緒に仕事をしました。太郎さんの海外初仕事だったそうです。
ボソボソっと話すうちに何か面白いことを言っているユーモア。
てきぱきとした快い仕事ぶり。そして、子どもたちがいつのまにか、
子分のようにあとをついていくような優しさ。
山の畑から戻る時、太郎さんは一人迷子になってしまったり・・・
子どもたちに連れて帰ってもらったり・・・
村長には「娘の婿にならないか?」と言われたり・・・
と、モンの人たちにとても親しみを持たれていました。
本当に気持ちのいい方でした。
太郎さんは、その人柄と仕事ぶりが買われたのでしょう。
その後、海外取材が立て続けに入ってとても忙しくなったようです。
しかし、太郎さんは2002年10月、テレビ番組取材中に、
パキスタンの北部で、車の転落事故に遭い亡くなりました。28歳でした。


太郎さんのお母さまとは、
事故をきっかけに手紙をやりとりするようになりました。
そして、いつからか、「モンの村に図書館を建てることができないか」と
お手紙に書いてこられ、わたしたちは、太郎の図書館(仮称)
をGさんの村に作ろう!と思うに至ったのでした。


「太郎が存在したから、この場所がある」ということ。
一人の存在がみんなを動かし、
小さなことでも大きなことにつながっていくように、
一人の人間の存在と生命の重さをこめて、活動していきたいと思っています。

since 2004