いびきに … ナイトガード(健保適用)

 いびきのひどい場合は周りの迷惑ばかりではなく、本人も熟睡できないために昼間居眠りをしたり、睡眠中に呼吸が止まり最悪の場合、死にいたることもあります。(睡眠時無呼吸症候群)
 睡眠時無呼吸症候群については、右ページの新聞の切り抜きをご覧ください。

 ナイトガードはこの睡眠時無呼吸症候群の治療のために開発された器具で、夜寝るときに使います。下顎を前に出すことによって舌根部が気道を塞ぐことを予防し、狭い気道を空気が無理矢理通る音=いびき=を鎮めます。

 下顎を前に出すと気道の空気の通りが良くなるのは、救急蘇生において「気道確保」のために下顎を前に出すのと同じ原理です。

睡眠時無呼吸症候群の人がこの装置を使う場合は、耳鼻科、あるいは呼吸器科の先生との連携した治療が必要です。

もどる 戻る