青森FCチーム紹介      

  昭和55年 第一南幼稚園の卒園生を中心に第一南FCとして創立。当初は、練習試合も
できず、ひたすら個人技を中心に練習していた。1期生が5年生になり、初の公式試合となっ
た新人戦でいきなり優勝し、県大会での戦いぶりが注目される。その後も優勝回数を伸ばし、
現在では幼稚園から6年生およびジュニアユースまで各学年毎にチームを編成するまでにな
った。青森県少年サッカー大会や全日本少年サッカー青森県大会では過去に準優勝、3位に
何度となく入り、平成18年度の新人戦でついに県大会を制し、青森市初の県大会優勝チーム
とな るなど常に県のトップレベルにある。特にテクニックを必要とするフットサルが強く、大館樹
海 ドーム杯優勝や4年生フットサル県大会で平成16年度、17年度と2年連続優勝した他、
バーモントカ ップ大会で優勝し、全国大会にも出場している。平成19年度には、県大会を制し、
念願の全日本少年サッカー大会全国大会に出場する。平成20年度は2年連続で全国大会に
出場した。平成21年度にはコカコーラ杯東北大会で東北初制覇を果たす。平成22年度には
2年ぶり3度目の全国大会に出場し、予選を1位で突破しBEST16の成績を残す。また4年生
の県大会および5年生の新人戦県大会でも優勝し、4,5,6年すべてで県制覇を果たした。 
  第一南幼稚園の卒園生ばかりでなく、広く青森市内から選手が入団するようになったため、
さらなる発展の願いを込め、平成14年にチーム名を『青森FC』に変更した。さらに平成19年
4月からジュニアユース(U-15)を設立し,初年度にJFAプレミアカップ県大会を制し、東北大会
出場を決めた。平成24年度、28年度は全日本少年サッカー大会と青森県少年サッカー大会、
全日本フットサル大会の3大会で完全制覇となる3冠をとった。
  2007年2月にはOBからU-15(U17FIFAワールドカップ2009)の日本代表候補や2016年8月
にU-19日本代表を出すなど、数多くの優秀な選手を輩出している。また、2016年6月には、
クラブ初のJリーガーを輩出した。
 
戻る
戻る