GYROSmffm  * TOP *

010331 通達(サーキュラー)改正 〜技量認定取得は不要!?

(財団法人)日本航空協会の航空スポーツ室が 平成13年5月21日付けで出した文書は ジャイロプレーンを含む超軽量動力付航空機に関わる殆ど全ての業務の終了通知であった。 
昭和48年に制定されたジャイロプレーンの操縦技量認定制度から始まり その後普及した超軽量動力機(ウルトラライトあるいはマイクロライト航空機)をも包む 安全管理者制度 指導員制度 型式認定制度 機体登録制度に関わる業務や 健康診断判定業務 飛行許可書の(奥書事前)審査業務などなどを平成13年3月31日をもって終了する〜4月1日以降 国土交通省航空局が実施するとの内容である。

* 国の資格制度の見直しと同時に 国が関与する特殊法人や公益法人による認定 資格発行事業等の見直しなども図られ 超軽量動力機関連の航空局通達 航空協会の関連規定なども対象になった事が その背景の様である。 ( * NPO 法人 日本マイクロライト航空連盟 機関誌 JML NEWS Vol.11 2001/3/20 から参考引用 )。

結果 新しい通達(サーキュラー)では 従来「航空協会の云々」と引用明記されていた協会資格等の記述が無くなり 今回の通知となった。

同じ日付で同航空スポーツ室が 旧航空協会資格者〜安全管理者及び指導員宛てに送付した文書には 次の記述が有る。

「・・・・ 新しい通達においては日本航空協会が実施してきた技量認定制度に対する裏付けがなくなったため 今後飛行許可取得の基準及び条件として技量認定の取得は必要とされません ・・・・」

このあたりの事は新通達をじっくり検討しなければならないが 今回の「業務終了」は ジャイロプレーンに関しては < 国のライセンスへの道が開けたから > < 業務が完了したから > であって欲しかった。

 ジャイロプレーンの準ライセンス

 旧通達には引用明記されていた〜認知されていた
 (財)航空協会が発行した操縦技量認定証

 今後はどうなる?


GYROSmffm  * TOP *