GYROSmffm

030608 訓練再開空振り G7−R447 ジャイロプレーン

 2003年(平成15年)6月8日(日)午後 県北梁川町河川敷の場外離着陸場へ出向い
た。 1ヶ月ほど前から進めていたG7−R447ジャイロプレーンの飛行許可申請 全てが
6月1日付けで許可になったのだが 1日は雨で取り止め 昨7日は秋田県で実施された
ウルトラライトの講習受講でやはりだめ。 それで本日 ようやく訓練再開の手続きを済ま
そうと思っての事。 が あいにくクラブの誰にも会えず 空戻りとなってしまった。 近くで
作業中の農家の方に声をかけて聞いた範囲では 最近は活動が低調らしかった〜今日は
絶好のお天気だと言うのに残念。 まぁ本来急ぐ様な事でも無い 徐々にやろう。 昨日の
講習でも 事故情報が少なからず有って 注意を喚起されたばかりなのだ。  

03061415 訓練再開 要らないオマケ付き

 平成15年(2003年)6月14日(土) 梁川場外離着陸場(阿武隈川河川敷)で ようやく
訓練再開。 滑走路面は砂が多く また短い丈の草による段差がかなり有って ブランクが
永い自分にとってかなり手強い。 13時10分から風が和いだ時を見計らってタキシングと
滑走訓練。 休憩を入れながら徐々に速度を増して慣熟。 燃料を補給して 低いジャンプ
飛行 高いジャンプ飛行と段階的に進む。 そして最終的に17時 周回飛行に出発 梅雨
空の高度400フィートを5分余り飛行して着陸。 今日はこれで十分である。 その後小雨
となった事でもあり また明15日の天気予報も悪くないので シートをかけて屋外駐機して
終了。

 15日(日)頑張って いつもより早起きして滑走路へ行くと 少し蒸し暑いが無風状態。 
が 滑走路整備をやってくれた人がいるというのに 自分は眠くて眠くてやる気が起きない。
ずるずる昼食となり 機体の点検整備などをやっている内に少し風が出てきたので13時
30分ようやく訓練に入る。 ジャンプ飛行を繰り返して それから13時50分周回飛行へ
出る。 高度400〜600フィートを約15分間。 上がってみると風は下で想像したよりも強く
そのうち風向きも変わった様に思え 吹き流しの上で高度を下げて確認 離陸とは逆の方
向から進入して着陸した。 休憩を入れて数回のジャンプをやって 早いけれど16時撤収
準備 17時トレーラーを引いて帰路についた。

 以上の2日間に飛行した超軽量動力機は1機で 聞いてみると たまたま皆さんの都合が
悪くてクラブのメンバーが集まらなかったらしい。

 一方14日夕方 周回飛行に出る直前思いがけなく いわき市の鈴木力氏 ( 故坂元氏の
時代からのジャイロ愛好者)が 当地での所用かたがた寄ってくれて 自分のG7−R447
ジャイロプレーンと その飛行を初めて見る事になった。

 ついでながら。 訓練再開の14日には「オマケ」が付いた。 
それは自分の年が一つ増えた事。 そんな物は要らない。

 

梅雨空のもと G7−R447 久しぶりの飛行

GYROSmffm