GYROSmffm

91xxxxd 壊れた尾翼 5 ローター・ブレードのフラッピング曲げ共振モード

下図は ローター・ブレードのフラッピング曲げ共振振動モードの例を示す。

参考文献 : Collected Works of DESIGN CLASSROOM / Taken from 11 years of
        Popular Rotorcraft / PRA 1974



下図は G7−R447型ジャイロプレーンに使用した有る金属ローター・ブレードに関して
試算したフラッピング曲げ共振特性図。 正常な飛行状態でのローター回転数の範囲
(300〜400rpm)では 共振点は無い。

しかし ローター・スタートから200rpmへ加速する間には 幾つも有り(図の赤い点) 
機体前進による空気力 プロペラ後流 突風 滑走路の起伏による上下運動 タイミングの
悪い操縦桿操作および それらの複合作用が 容易にローターの共振状態を誘起する。

この図の例では ローターを200rpm近くまで予備廻転させてから 滑走開始する事が
安全最良と分かる。

GYROSmffm