GYROSmffm

FA330 diagram 3  Focke Achgelis Fa 330 polar diagram <3> [Aug. 2017]

Focke Achgelis Fa 330 polar diagram <2>の続き。
ただし、ローター・カイト FA330 に関する技術的な内容ではなくて、個人的な関わりの話。(平成29年8月現在)

1969年(昭和44年)頃、オートジャイロに興味を持って、自前の機体計画と並行して資料を集めはじめた。
それらの中に、図書の図表等を写真に撮った物がいろいろあって、その一つが Focke Achgelis Fa 330 ローター・カイトに関するものであった。
そのモノクロ・ネガをスキャンして、画像加工・編集ソフトを使って、見れる様にまとめた物が次の右図である。これは本サイトのこの頁に挿入してある。

 
 ネガをスキャンした図       左図の黄色枠部分を画像編集ソフトで処理した図  Fig. 6. の位置も変えてある。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐-------------------------------

結論: 話題にしてきた、① "Rotary Wing Forum にある図"
                ② "中国語のサイトにある図" の出所は、共に
                ③ "本サイトに掲載した図" (上図右)である。

② "中国語のサイトにある図" はキャプション部分がカットされているが、出所にかわりはない。
確認方法の一つは、図の右上 " 54FT/SEC " の部分に注目。画像処理が十分でなくて、周辺に黒点が目立つのだが、それらの黒点は
3枚の図に全く同じように存在する。(図をそれぞれコピーして描画ソフト、例えばペイントに貼り付け、透明を選択して重ね合わせればピッタリ合う)。

なお元をたどればネガ・フィルムだが、おおもとは "大英帝国ヘリコプター協会の機関紙 1947" (注) ~ 活字等を使用して印刷された、超アナログ的な図書である。

自分の個人的日本語サイトを覗いている外国人(ドイツ?、中国?)がいて、内容の一部を引用・活用している事実を知って、デジタル時代にいる事を再確認した次第。

(注)Seventh Lecture 1947 : The Journal of the Helicopter Association of Gt. Britain    

参照頁: Focke Achgelis Fa 330 polar diagram <1>
       Focke Achgelis Fa 330 polar diagram <2>  

その他: 以上個人的な関わりの話であるが、当該図と FA330 に関する技術的な内容については、 "PDF" ファイルの 174頁以降が役に立つ。                                          

GYROSmffm