GYROSmffm

rescue3 フライヤーズ・レスキュー・チーム公開訓練 3   [Jan. 15, 2010]

平成20年6月14日、岩手・宮城内陸地震が発生。
その際の支援活動を教訓にして準備を進めてきた、災害ボランティア・チームが平成21年に発足した。
リーダーは東日本パイロット協会のS氏で、名称「フライヤーズ・レスキュー・チーム」。
宮城県栗原市瀬峰の場外離着陸場を拠点とする、航空機活用による、災害時の緊急救援活動組織。

この1月10日(日)に、第1回目の訓練(公開)が実施され、その一部始終を見た。
セスナ、ロビンソン、マイクロライト、パラモーターが出動したが、仮にジャイロプレーンが出動するとすれば、どのように活用出来るだろうかなどと、考えさせられて有意義であった。

 



公開訓練の詳細は、次のリンクから <平成22年1月15日現在>。

   河北新報東北のニュース 「災害救援に飛行機有効」 ボランティアが栗原で初訓練

GYROSmffm