本文へスキップ

パターンダイナミクス研究会は自然科学におけるパターンを専門とする研究会です。

TEL.

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します


自然科学の「マスターキー」を探す, 新しい知の展開

ようこそ。本研究会では、自然界に現れる秩序をもつパターンとその形成の力学
(ダイナミクス)を解明する研究を行っています。

雪の結晶・素粒子・宇宙・原子・分子・太陽系・生命系・人文社会系などには秩序をもつさまざまなパターンが現れます。これらのパターンは一般的に秩序をもった自己組織系ですから、これらを解明するには新しい発想と論理の構築が必要になります。

本パターンダイナミクス (PD) 研究会が目指すのは、自然界の パターンに関する ことがら(事象)を、新しい発想で解明する 新しい「マスターキー」を見出し、それを自然界に適用していくことにより、新しい発見をすることです。

最近ではIT技術の進歩によって、高性能のパーソナルコンピュータが使えるようになり、少規模の研究グループでも情報交換やPCシミュレーションなどの技術を利用して、高度でユニークな研究ができるようになりました。

この「パターンダイナミクス研究会」はパターンに関心をもつ一流の
科学者と研究協力者よって運営されています。年4回開催される「PDセミナー」ではパターンに関する
1. テーマ討論 や 2. PD関連論文の輪読を通して、活発な討論を展開し、 その研究成果
PDの概要のページ参照
を学会やPD紀要などに公表しています。

これらの研究成果は年刊の機関誌「パターンダイナミクス(PD)紀要」: ”Reports of Pattern Dynamics(国際標準逐次刊行物番号 ISSN:1881-7076)という刊行物としてまとめ、国立国会図書館、関連大学図書館、関連研究機関、共同研究者などに定期的に寄贈配布されています。

TOPICS

  • パターンダイナミクス研究会の機関紙「パターンダイナミクス紀要」"Reports of Pattern Dynamics" Vol.8, No.1 (2014) (A4:64ページ)が 2014.05.08 に刊行されました。
  • パターンダイナミクス紀要 Vol.8 No.1 (2014)
  • パターンダイナミクス研究会の機関紙「パターンダイナミクス紀要」"Reports of Pattern Dynamics" Vol.8, No.1 (2014) (A4:64ページ)を 2014.05.08 から2014.07.18 までに大学、研究機など関係者の皆様に約110部 寄贈配布しました

NEWS新着情報

2014年09月02日
 PD研究会のホームページを更新しました。
2014年05月17日 
 第42回パターンダイナミクス研究会のPDセミナーが
  2014年9月14日(金)13:30-17:00に開催されます。
2005年05月04日
パターンダイナミクス研究会のサイトをオープンしました。

バナースペース

パターンダイナミクス研究会


TEL
FAX