head_img_slim

お電話にてご予約承ります。
TEL. 03-3454-7270
受付時間:10時~13時 / 15時~20時
休診日:水曜日、日曜日、祝日

HOME > 症状・疾患 > ギックリ腰について

ギックリ腰について

ギックリ腰になってしまったら

もしギックリ腰になってしまったら、以下の3つにご注意ください。

1.患部を暖めない。
2.お酒は飲まない。
3.痛む動作は避ける。
4.患部をマッサージしない。

ギックリ腰では腰の筋肉や関節などの組織が損傷し炎症が起こっています。暖めたり、飲酒をすると炎症を悪化させてしまいます。

痛めた当日はむしろ 氷マクラで冷やすのが安全でしょう。足首の捻挫したときも冷やしますが、原理は同じです。

基本的に痛みがでるような動作は一切避ける方がよいです。慢性腰痛の場合には、安静にしていて良くならないことが多いのですが、ギックリ腰の場合には話は別です。受傷しばらくはできるだけ安静にするべきです。

それから、痛いところをマッサージしてはいけません。それは傷口を揉むようなものです。患部を周りをさするくらいなら大丈夫です。

ギックリ腰の予防のために

ぎっくり腰が起こるようなときは、その前段階として腰の筋肉が硬くなり、血行が悪くなっています。疲労が蓄積し、すでに張り詰めた状態にあるので、普段なら何ともないような動作で「ぐきっ」となってしまうのです。

その原因として多く見られるのが、デスクワークによる長時間の同一姿勢や運動不足(筋肉の血流は動かすことで促進されます)です。よってその対策として最も手軽な方法は、ストレッチをすることです。

やり方は特別なものでなくてとも結構です。最も簡単なのはこまめに「伸び」をすることです。猫がよくなるような「伸び」です。

両手を組んで上に伸ばし、身体を左右に傾けてれば背中や腰の筋肉がストレッチされます。これをじっくりゆっくりやれば、それだけで筋肉がゆるみ、血流はよくなります。

朝起きたときや、就寝前、仕事の合間など、こまめにやっていただくと効果を実感できると思います。ぜひお試しください。

治療室のご案内

完全予約制です。お電話にてご予約を承ります。

● TEL:03-3454-7270
● 受付時間:10時~13時 / 15時~20時
● 休診日:水曜日、日曜日、祝日
● 料金:初回 7,000円 2回目以降 5,000円
● 所在:〒108-0073 東京都港区三田3-4-18 二葉ビル804

        

ページトップに戻る