TOP ブラックバスとは? バスの居場所 ロッドの種類 ルアーの種類
ルアーアクション
ラインについて ポイント1 ポイント2 ポイント3

ポイント4





橋脚
橋脚は、バスにとって環境の良い場所です。橋脚の足元はゴミや流木などが引っ掛かっており、ポイントとなる所です。また橋脚には影になる場所があり水通しが良いので、そこにバスがついている事が多いです。橋脚を攻める時は、橋脚付近(上層〜下層)にルアーが通るようにすると釣果があがると思います。


カケアガリ
底が傾斜している所をカケアガリといいます。バスが小魚を追って捕食する事が多い広くて浅いカケアガリなどがポイントです。単なるカケアガリよりも障害物のあるカケアガリの方がポイントとしては最高です。


流れ込み
流れ込みは、沼・湖などで水の動きがある酸素の豊かな所です。水が濁った時でも、澄み始めるのが早いのは流れ込みです。梅雨どきなどは雨水とともに子魚が流されてくるので、それを狙ってバズが集まってきます。夏場は水温が上がりにくいのでバスが居着いています。キャストする時は上流にキャストして、引いてくるのが良いでしょう。


ウィード
水中にある藻の事をウィードといいます。ウィードは酸素を放出するのでバスにとっては環境の良い場所で、身を隠すのにも適しています。ウィードでは、ロッドやラインを強い物にし、ヒットした時は、アワセを大きくし、できるだけ早めに釣り上げる事を心がけた方がいいでしょう。

TOPページ 花畑運河 舎人公園 柴山沼 弁天沼 幸手放水 高須賀池 丸池
県別フィールド 瓢箪沼 松伏公園 牛久沼 道仙田 土浦新川 手賀沼