TOP ブラックバスとは? バスの居場所 ロッドの種類 ルアーの種類
ルアーアクション
ラインについて ポイント1 ポイント3 ポイント4

ポイント2

写真クリックで拡大します






















桟橋
池や湖などのボートの桟橋は日陰になっておりバスにとっては格好の居場所となっています。人気があるスポットでは、バスがスレている場合があります。人影のない早朝や夕方が狙い目で少し離れた位置から釣り始めるといいでしょう。支柱ギリギリにキャストしたり、支柱両際を表層から深場まで攻めたりするのもよいです。また、桟橋の下や横づけしてあるボートの下にもバスがいるので、そこを攻めたら釣果につながるかもしれません。


護岸堤
野池や河川などのフィールドで見かける護岸堤は足場がよくバス釣りがしやすいポイントです。目立った地形の変化はないのですが、その中でも護岸堤の切れ目やカーブをしている所が狙い目です。杭やテトラがあるところでは、そこを中心に攻めるといいでしょう。ちょっとした地形の変化が護岸堤でのバスのたまり場となります。
広範囲を攻められるスピナベを基本としてやるといいようです。自分はほとんど岸際をダウンショットでしかやりませんが…。


ワンド
入り江状に奥まった所をワンドといいます。ワンドは、風・波の影響が少ないです。冬でも日当たりのよいワンドでは他の場所に比べて水温が下がりにくく、バスがエサを求めて集まってくる場合もあります。
ワンドを攻めるときは、ワンドを一つのポイントとして考えるのではなく、ワンド内の流れ込みや葦などのストラクチャーを狙う、ワンド+ストラクチャー狙いの釣り方をすると釣果につながると思います。


葦周り
葦周りには小魚やザリガニなどが多く、またバスの隠れる場所でもあります。葦の間などにバスがいる事が多いので、見逃さないようにした方がいいです。テキサスリグなどの根掛かりが少ないのを使い、葦の中に落とし込むような釣り方をすれば釣果につながると思います。その時になるべく着水音をださないように気をつけてください。
 
TOPページ 花畑運河 舎人公園 柴山沼 弁天沼 幸手放水 高須賀池 丸池
県別フィールド 瓢箪沼 松伏公園 牛久沼 道仙田 土浦新川 手賀沼