危険物乙種試験資格関係

戻る バス釣りTOP 不動産資格 簿記資格

 



危険物乙種
危険物取扱者とは…
○危険物取扱者を必要とする施設
化学工場、ガソリンスタンド、石油タンク、タンクローリーなどで、一定量以上の危険物を貯蔵し、又は扱う施設には、危険物を取り扱うために危険物取扱者を置く必要があります。

○危険物取扱者の業務
乙種危険物取扱者は、自分自身で危険物の取扱いができるとともに、立ち会うことによって、資格を持たない人も危険物を取扱うことができます。また、危険物保安監督者になることができます。

試験科目・問題数
種類 試験科目 問題数
乙種 危険物に関する法令 15
基礎的な物理学及び基礎的な化学 10
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10
合格基準財団法人消防試験研究センターのホームページを御覧になってください。

試験の一部免除
乙種危険物取扱者試験において次に該当する方は、試験科目の一部が免除されます。
詳しくは、財団法人消防試験研究センターのホームページを御覧になってください。


受験案内
@受験資格 受験資格の制限はありません。

A試験日 都道府県によって試験日は異なります。詳しくは、財団法人消防試験研究センターのホームページを御覧になってください。

B願書受付期間 都道府県によって試験日は異なります。詳しくは、財団法人消防試験研究センターのホームページを御覧になってください。

C受験料 3,400円

詳しくは、財団法人消防試験研究センターのホームページを御覧になってください。
戻る


資格の種類

第一類
塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類などの酸化性固体
戻る

 

第二類
硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウムなどの可燃性固体
戻る

 

第三類
カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質
戻る

 

第四類
ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体
戻る

 

第五類
有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物などの自己反応性物質
戻る

 

第六類
過塩素酸、過酸化水素、硝酸などの酸化性液体
戻る
Copyright c biglobe.ne.jp/~bass-com/ All Rights Reserved
当サイトの文書・画像等の無断使用・転載を禁止します