5月

すっかり春らしくなり、いつになったら溶けるのだろうと
思っていた雪山もずいぶんと低くなりました。
放牧地も春の陽を浴びて、少しずつ草が青くなっています。

 さてさて牛舎ではベビーラッシュが続いていて、
「ゆめ」が無事に5度目のお産をしました。

出産の前日まで「今夜は生みそうにないね」と言って休みました。
ところがよく朝3時、お父さんに「生まれてるぞ!!」
と呼ばれて急いで行くと、もう子牛は立っていました。

母牛の「ゆめ」よりも、老牛の「はる」が一生懸命舐めてあげていたようで、
身体もきれいになっていました。

出産直後羊水を飲んだり、羊膜で顔が覆われて
息が出来ないことが一番心配なので、本当に良かったです。

頼りにならない父さん、母さんの元で
牛たちはたくましく生きています。


4月

 春の日差しが強くなってくると、ウキウキしてきます。
ネコヤナギの毛やスノードロップの
可憐な花を見ると、嬉しくなります。

そんな天気の良い日のことです。
「さぁてコーヒーを飲んで一休み!」と座ろうとした時、
窓の外を大きなものがスタスタと歩いて行ったのです。

「えー?まさか」と思い外を見ると、
なんと我が家の牛「あき」が歩いて行ったのです。
ビックリしてお父さんを呼んで外に出ると、
「あき」が牛舎裏の電気柵を飛び越えて脱走した跡がありました。

姿が見えない「あき」を探すと、
牛舎の下の放牧地から私たちを見つけて走ってきました。
そしてまた住宅の方へ行こうとするので、
私が通せんぼうをしてお父さんが
牛舎の入り口のゲートを開けに行きました。

他の牛たちも集まってきたので、
お父さんが「ここを開けるからお前達は出たらだめだよ」と言うと、
その声を聞いた「あき」はくるりと後ろを向いて
お父さんの方へ走って行きました。

そしてすんなりと牛舎に入って行ったのでした。
きっと「あき」は晴天に誘われて柵を跳び越えてしまったものの、
心細くて仕方なかったのでしょうね。


3月

 大雪と寒さが続いていた旭川にも
ようやく春の兆しが見えてきました。
気温が−10℃くらいなら暖かく感じるほどです。

そんな中、2月のはじめに「まめ」が
初めてのお産をしました。
陣痛が来てから、お父さんがずーと付き添って声をかけていました。
しかし第二破水があり、
子牛の足が見えるといつもならすぐに鼻先が見えてくるのですが、
強い陣痛が来ても変わらないので、
お父さんと私で子牛の足を引っ張ることにしました。

「まめ」の陣痛に合わせて何回も引っ張り、
思ったよりも楽に生まれましたが、なんと逆子でした。

そして呼吸が出来ない子牛に、
お父さんは鼻を刺激して何とか呼吸をさせました。

「まめ」は失神状態でした。
しばらくして、子牛を「まめの顔の所に近づけてあげると、
ようやく気が付き、一生懸命子牛を舐めはじめました。

「まめ!頑張ったね。お母さんになったね!」と
やっとホッとしたのでした。

まだ身体の小さな「まめ」は毎日ミルクを出してくれています。
そして子牛も元気に過ごしています。

親牛7頭と子牛3頭、合計10頭の大所帯となり、
ますます賑やかになりました。


「まめ」と生まれたばかりの子牛


 2月

新しい年が明け、七草、鏡開きと過ごしている内に、
あっという間に2月を迎えました。
大雪としばれが続き、どこもここもすっぽりと雪の山です。

 そんな中、牛たち9頭の大所帯は
牛舎の中に集まると、右往左往と賑やかです。

その母牛たちの姿につられてか、
先日子牛の「すもも」が、囲ってある柵を跳び越えて脱走し、
母牛の所へ行ってしまいました。

母牛たちは、急な小さな侵入者にビックリするもの、
困った顔をするもの、いじめるものと大騒ぎでした。

私は、「すもも」が取りあえず外に出てしまわないように
扉を閉めてから、急いでお父さんを呼びに行きました。

アタフタと戻ると、なんと「すもも」はまた柵を越えて
自分の所に戻り、すましていたのでした。

あの大騒ぎは何だったのでしょう?
あれ以来「すもも」は囲いから一度も飛び越えていません。
よほどビックリしたのでしょうね!

怪我などしなくて良かったのですが、
今年もこうしてドタバタと牛たちと過ごしている私たちです。

 

1月

あけましておめでとうございます

 年末の大雪でどうなることやらと思っていましたが、
2019年は穏やかに明けました。

 「はる」「Qちゃん」「ばなな」「こごみ」「ゆめ」「あき」
そして育成牛の「まめ」「なつ」「すもも」、
あわせて9頭の牛たちと共に新しい年を迎えることが出来ました。

2月には「まめ」と「はる」がお産をします。
「まめ」は初めてのお産なので、
本人はもちろん私たちもドキドキしています。

今年も新年早々、あわただしく過ぎていきそうですが、
牛たちと共に力を合わせて頑張りますので、
どうぞ宜しくお願い致します。


「すもも」生後10日

もとのページへ