7月

  暑い日が続いたと思ったら、
急に涼しくなり体調を崩しそうな毎日です。
そんな中でも牛たちは、放牧地で青草を一所懸命食べてくれています。
ですから牛乳がすっかり夏の味に変化しています。

 さてさて、5月末に生まれた「あき」の子は「つくし」と名付けました。
生まれた時は小さかったのですが、
毎日ミルクをいっぱい飲みすくすくと育っています。

私達の顔を見ると、ミルクを催促して「ベーベー」と大声でないています。
これから後継牛として健康で元気に育ってくれたらと願っています。



「つくし」です。どうぞよろしく!


  
もとのページへ