4月

 日差しが強くなり、
すっかり春らしくなってきました。

それでも時々冷え込んだり、雪がちらついたり、
これが三寒四温なのでしょう。

 さてさて、3月の終わりに
9才の牛「はる」が無事雌のホルスタインを出産しました。

「バンザイ!」後継牛の誕生です。
小柄ですが、元気な声が牛舎に響いています。
「はる」は7回目のお産だったのですがとても安産でした。

 こうして牛たちは長い冬を耐えて過ごし、
春を迎え、身体の毛が生えかわり・・・と牛たちの
生活は毎年いつもどおりです。

でもこの「いつもどおり」が
牛たちにとって一番大切なことなのかな?と思っています。

そして、私たちも牛たちをとおして季節を感じ、
「いつもどおり」生活することに幸せを感じています。

 
    もとのページへ