リョウ
ドックマスター目次モクジ
ホームページへ
目次モクジ 1〜50ゴウ
目次モクジ 101ゴウ
ゴウ 発行ハッコウ年月日ネンガッピ     ダイ               メイ ページ チョ  シャ トコロ ゾク ・ エキ ショク
51 03/15/83 1.第25回研究発表会議事録(その二) 1    
      1.1 港内で係留したままで台風を凌ぐ対策 1 高山捷也 IHI・呉
      1.2 IHI横浜 修理船工場の台風対策について 13 多田甲子雄 IHI・横浜
      1.3 IHI相生における台風対策 17 吉田忠昭 石播・相生
      1.4 岸壁係留船に対する台風対策 27 窪田克也 川重・神戸
      1.5 三菱重工・広島造船所台風対策 33 小栗正照 三菱・広島
      1.6 造船所岸壁係留船の台風対策 39 関谷文雄 佐世保ドックマスター
      1.7 三菱・長崎の台風対策 51 工藤長二 三菱・長崎 船渠長
      1.8 その台風タイフウ対策タイサク係船ケイセン要領ヨウリョウ 71 各社カクシャ  
      1.9 造船所における気象情報の活用 80 尾崎康一 オーシャンルーツ予報部長
    2.関東支部総会及び第7回研修会報告 92 飛田通 関東支部長
52 07/25/83 1.低速時の運動性能(その3) 1 前田冬樹 鋼管・鶴見
    2.ダイカイ関東カントウ支部シブ研修会ケンシュウカイ      
      2.1 SEMI SUB型OIL RIGの操船と海上試運転について 55 三井久堅 三井・千葉
      2.2 乗下船時の事故及びその対策について 69 多田甲子雄 IHI・横浜
    3.投稿トウコウ      
      3.1 巨大船の強風下における操船事例 93 岸川大二 三菱・長船
      3.2 (造船ゾウセンジョ紹介ショウカイ)川崎重工(株)神戸工場 107 窪田克也 船渠長
      3.3 ドックマスター寸描スンビョウ 115 川上カワカミアキラ 三菱ミツビシ横浜ヨコハマ
      3.4 関西カンサイ支部シブ短信タンシン 119    
53 10/01/83 1.誰にでもわかる商船の惰力予測法 1 夜久正 石播・相生ドックマスター
    2.北海向けセミサブ型洋上アコモデーションプラットフォーム(海上ホテルバージ)について 105 生駒謙造 三井・玉野
    3.新浮ドックについて 115 森田乙雄 鋼管・清水
    4.船体据付時における船尾端の荷重について 121 津村正郎 尾道造船船渠長
    5.右舷と左舷 127 根本孝彦 前川重ドックマスター
54 01/15/84 1.ダイ26カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ(その1)      
      1. 1 理事長リジチョウ挨拶アイサツ 1 作山サクヤマ嘉平カヘイ 理事長リジチョウ
      1. 2 強風時の操船について 2 清水喜和 日立・因島
      1. 3 強風時の操船 17 宮西次作 佐野安・水島 船渠長
      1. 4 強風の操船 25 高山捷也 IHI・呉
      1. 5 強風時の操船 29 露谷和美 三井・由良 ドックマスター
      1. 6 強風時の着岸操船 35 窪田克也 川重・神戸 船渠長
      1. 7 巨大船を風速30m/sの中で着岸 41 前谷澄郎 三菱・神戸
      1. 8 強風時の操船体験について 48 三井久堅 三井・千葉 ドックマスター
      1. 9 石油掘削船”オーシャンオデッシー”操船苦労談 59 柳村寛三 住友・追浜
      1.10 北極ホッキョクカイヨウ海底カイテイ掘削クッサク装置ソウチについて 71 生駒謙造 三井ミツイ玉野タマノ
    2.投稿トウコウ          
      2.1  PRUDENTE DE MORAES号改造時の思い出話 87 長江仁喜知 三菱・横浜
55 03/15/84 1.ダイ26カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ(そのU) −強風キョウフウ操船ソウセンについて、その          
      1.1 狭隘なる造船所港内の操船例    1 前谷澄郎 三菱・神戸
      1.2 逆流時の操船 7 清水喜和 日立・因島
      1.3 吸着盤付き曳船による操船 19 大丸弘 IHI・呉−1
      1.4 新型VLBCの操船について 40 工藤長二 三菱・長崎  
      1.5 CPPの操船性能 73 窪園秀幸 常石造船
      1.6 操船可能な強風の上限 87 作山嘉平 理事長
    2.1 第8回関東支部研修会報告 91 飛田通 関東支部長
    2.2 第9回関東支部研修会報告 93   鈴木整備課長
56 07/25/84 1.続・誰にでもわかる商船の惰力予測法 1 夜久正 石播・相生 ドックマスター
    2.播摩の気象 13 長舟渉 IHI・相生
    3.「吸着式引船の使用指針」について 33 三島次郎 IHI・呉
    4.操船参考資料(1) 70 山県侠一 顧問
57 10/25/84 1.第27回研究発表会 1    
      1.1 海上試運転試験実績 2 岡村勝 三菱・長崎
      1.2 海上試運転実施要領について 15 三井久堅 三井・千葉
      1.3 海上試運転について 27 長舟渉 IHI・相生
      1.4 海上試運転について 45 清水喜和 日立・因島
      1.5 海上試運転実施項目と実施要領 59 三島次郎 IHI・呉
    2.投稿トウコウ      
      2.1 操船参考資料(2) 63 山県侠一 顧問
      2.2 ある船長センチョウへの手紙テガミ 89 飛田通 鋼管コウカン鶴見ツルミ
    3.その          
      3.1 運輸省の新しい組織 91    
58 01/31/85 1.船台及び建造ドックに関する調査      
      1.1 船台センダイカンする調査チョウサ   1 各社カクシャ  
      1.2 建造ドックに関する調査資料 53 各社カクシャ  
      1.3 進水作業について 71 清水喜和 日立・広島・因島
    2.投稿トウコウ          
      2.1 操船参考資料(3) 79 山県侠一 顧問
      2.2 「韓国釜山地方裁判所における民事裁判に証人として出廷して」 97 窪田克也 川重・神戸 船渠長
59 03/20/85 1.第10回関東支部研修会報告 1 飛田通 関東支部長
      1.1 東京湾における長大物件の曳航について 2 前田冬樹 鋼管・浅野
    2.投稿トウコウ          
      2.1 播磨灘の台風 11 長舟渉 IHI・相生
      2.2 関東大震災時における”ぱりい丸”の係留索切断 35 飛田通 鋼管・鶴見・浅野 ドックマスター
      2.3 操船参考資料(4) 47 山県侠一 顧問
      2.4 VACUUM SUCTION CUP UNMANNED DOCKING SYSTEMについて 69 三島次郎 IHI・呉
60 07/31/85 1.ダイ28カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ          
      1.1 マイルポストの調査チョウサ        
        1.1.1 関東地方におけるマイルポスト 1 飛田通 鋼管・鶴見 ドックマスター
        1.1.2 駿河湾三保半島MILE POSTについて 17 森田乙雄 鋼管・清水 ドックマスター
        1.1.3 MILE POSTに関する調査 23 長舟渉 IHI・相生
        1.1.4 MILE POSTの調査 28 清水喜和 日立・因島
        1.1.5 佐田岬マイルポスト 32 三島次郎 IHI・呉 ドックマスター
        1.1.6 MILE POSTの調査 33 小栗正照 三菱・広島
        1.1.7 マイルポストの態様 37 八畠好市郎 佐世保 ドックマスター
        1.1.8 速力試験用標柱 42 岡村勝 三菱・長崎
      1.2 海洋構造物のLIFT BARGE積み込み法について 67 小栗正照 三菱・広島 船渠長
    2.稿トウコウ          
      2.1 帆船「日本丸」を三菱重工・旧横浜造船所1号ドックに入渠させて 77 長江仁喜知 三栄船舶
61 10/25/85 1.マイルポストの調査チョウサ(その2)          
      1.1 函館マイルポストの調査 1 工藤圭次郎 函館ドック ドックマスター
      1.2 石巻のMLIE POSTの実態調査 7 青柳友治 東北造船 船渠長
      1.3 Mile Postの調査 10 藤野一郎 笠戸造船 船渠長
      1.4 下関 MILE POST について 15 大末哲汎 三菱・下関 操船主務
    2.投稿トウコウ          
      2.1 操船水域における潮流解析の一例に就いて 19 高田多門 三井・玉野
      2.2 操船参考資料(5) 29 山県侠一 顧問
    3.その          
      3.1 「財団法人日本船渠長協会とは」、オヨび「台風タイフウ接近セッキンにおける東京湾トウキョウワンナイ錨泊ビョウハクセン状況ジョウキョウ調査票チョウサヒョウトウについて 61 飛田通 鋼管・鶴見
62 01/20/86 1.昭和60年度第1回関東支部研修会について 1    
      1.1 昭和60年台風6号及び14号来襲時の概況 2 川上明 三菱・横浜 船渠長
      1.2 扇昭丸と台風 17 飛田通 鋼管・鶴見 ドックマスター
      1.3 台風14号と遭遇して 29 森田乙雄 鋼管・清水 ドックマスター
      1.4 京浜港における台風対策について 33 許斐壇 理事長
        昭和60年6月29日から7月1日にかけての梅雨前線及び台風6号による大雨 49   横浜地方気象台
    2.投稿トウコウ          
      2.1 猛吹雪中の危険な縄梯子による乗船そして入渠 66 多田甲子雄 IHI・横浜 ドックマスター
      2.2 海中作業実験船「かいよう」の紹介 72 山田裕 三井・千葉 ドックマスター
      2.3 洋上被曳航の思い出 89 三井久堅 三井・千葉 ドックマスター
    3.その          
      3.1 分離通航方式について 109 飛田  
63 03/20/86 1.新VLCCの操縦性能 1 岡村勝 三菱・長崎 船渠長
    2.浦賀航路における長大物件の曳航について 15 前田冬樹 鋼管・浅野
    3.海洋構造物建造工法にかかわる移動係留に付いて 23 小栗正照 三菱・広島
    4.いろいろな進水 27 M.O.生  
    5.時計ドケイ閑話カンワ 30 長舟渉 IHI・相生
    6.ドックマスター・ハンドブック資料(1) 57 山県侠一 顧問
64 08/15/86 1.ダイ29カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ          
      1.1 CAISSON RIGの出渠、係留と曳航 1 長舟渉 IHI・愛知
      1.2 RIG類の入出渠及び係留 22 岡村勝 三菱・長崎
      1.3 私の操船覚え書 35 高山捷也 IHI・呉
      1.4 CATAMARANN TYPE VACUUM SUCTION CUP TUG 使用によるパナマ運河ウンガ通行ツウコウ能力ノウリョク増強ゾウキョウサクについて 46 三島次郎  
      1.5 海洋構造物曳航の法的意義 51 夜久正 石播・相生 ドックマスター
      1.6 始めての仕事三例 61 柳村寛三 住友・追浜 船渠長
      1.6 造船所で使用しているケイ留索について 77 川上明 三菱・横浜
    2.投稿トウコウ          
      2.1 ベッカーラダーの性能 83 赤坂保太郎 金指造船
      2.2 川崎レックスペラ(REXPELLER)の紹介 95 窪田克也 川重・神戸 船渠長
      2.3 曳船「ロード・ジー」号による曳航試運転について 104 川上明 三菱・横浜
65 10/31/86 1.見学ケンガク研修会ケンシュウカイ報告ホウコク     1 柳村寛三 住友・追浜 船渠長
    2.ULCCの荒天錨泊 4 田口康生 住友・追浜
    3.長大物件曳航について 9 許斐壇 理事長
    4.LNG船海上公試及びガステストのご紹介 17 三井久堅・   山田裕 三井・千葉 ドックマスター
    5.Semi Sub型 Derrick Barge 「Mc Dermott D.C.No102」に就いて 33 高田多門 三井・玉野
    6.私の”失敗談” 53 長江仁喜知 三栄船舶
    7.ホテルバージの曳航について 63 新井信弘 IHI・横浜 
    8.「海中転落者 揚収訓練」見学記 83 川上明 三菱・横浜
66 03/20/87 1.第13回関東支部研修会報告 1 飛田通 関東支部長
      1.1 海洋構造物を曳航するドックマスターの立場から見た内航海運業法上の問題点について 3 川上明 三菱・横浜
      1.2 気象無線模写通報等について 15 飛田通 関東支部長
    2.関西支部研修会報告 21 長舟渉 関西支部長
        2.1 FLOATING DOCK 曳航について 36 窪田克也 川重・神戸 船渠長
    3.投稿トウコウ          
      3.1 S-96バン船(GRAND PHOENIX)の海上試運転を終えて 51 飛田通 鋼管・鶴見 ドックマスター
      3.2 長距離進水の一コト 72 慶田敏行 IHI・東京
      3.3 SAUDI ARABIA向け造水台船 AL-JABLIAH 曳航、現地据付について 78 湯浅高昭 日立・大阪
      3.4 土木作業船の操船 107 山田裕 三井・千葉 ドックマスター
      3.5 氷海航行体験記 115 三井久堅 三井・千葉 ドックマスター
    4.ハンドルをすのか、くのか 自動車ジドウシャ学校ガッコウ憤怒フンヌ(奮闘フントウ) 128 神戸コウベKセイ  
67 03/30/87 トクベツゴウ台風タイフウ対策タイサク関係カンケイ資料シリョウ その1          
    1.台風時における大型船の防災対策について(9号) 1 各社カクシャ  
    2.昭和45年度台風第9号並びに第10号の本土接近、上陸にあたって取られた付近造船所における対策と将来の改善資料について(17号)      
      1.中国チュウゴク地方チホウ 22 各社カクシャ  
      2.阪神ハンシン地方チホウ 55 各社カクシャ  
    3.昭和45年10号台風について(18号) 71 中谷健二郎 日立・因島
    4.大型船の台風対策(26号) 80 各社カクシャ  
    5.台風・荒天(32号)      
      5.1 台風タイフウのため係留ケイリュウサク切断セツダンレイ   121 山県侠一 住友・浦賀
      5.2 強風キョウフウ係留ケイリュウサク切断セツダンレイ 124 田口康生 住友・追浜 船渠長
      5.3 S173番船寄廻波事故(32号) 130 北村貢 日本海重工
    6.昭和ショウワ51ネン17ゴウ台風タイフウ(36ゴウ)          
      6.1 台風17号襲来の経過概要について(36号) 134 新元昭二 日立・有明
      6.2 台風17号対策(36号) 136 西野徳治 佐世保重工
      6.3 長期碇泊VLCCの荒天中の単錨泊に関する報告(36号) 142 井上正夫 住友・追浜 船渠長
      6.4 台風17号記録(37号) 150 植木実 三菱・下関 船渠長
    7.カク造船ゾウセンジョにおける台風タイフウ対策タイサク(50,51ゴウ)          
      7.1 千葉事業所の台風対策について 160 三井久堅 三井・千葉 ドックマスター
      7.2 台風対策について 174 小嶋正美 IHI・東1
      7.3 台風安全対策 181 永田三男 大阪造船所
      7.4 台風時における船舶の係留方法 184 前谷澄郎 三菱・神戸
      7.5 日立造船広島工場因島における台風対策 191 清水喜和 日立・因島
      7.6 台風対策について 210 浜坂茂勝 三菱・下関 船渠長
      7.7 佐野安船渠水島造船所台風対策について 215 宮西次作 船渠長
      7.8 台風接近時の係留船対策等について 223 長江仁喜知 三菱・横浜
      7.9 港内で係留した儘で台風を凌ぐ対策(51号) 236 高山捷也 IHI・呉第1 船渠長
      7.10 IHI横浜 修理船工場の台風対策について(51号) 248 多田甲子雄 IHI・横浜
      7.11 IHI相生における台風対策(51号) 252 吉田忠昭 石播・相生
      7.12 岸壁係留船に対する台風対策(51号) 261 窪田克也 川重・神戸
      7.13 三菱重工・広島造船所台風対策(51号) 267 小栗正照 三菱・広島
      7.14 造船所岸壁係留船の台風対策(51号) 273 関谷文雄 佐世保ドックマスター
      7.15 三菱・長崎の台風対策(51号) 284 工藤長二 三菱・長崎 船渠長
      7.16 その他の台風対策係船要領図 304    
    8.昭和ショウワ60ネン関東カントウにおける台風タイフウ対策タイサク(62ゴウ)          
      8.1 昭和60年台風6号及び14号来襲時の概況(62号) 313 川上明 三菱・横浜 船渠長
      8.2 扇昭丸と台風 327 飛田通 鋼管・鶴見 ドックマスター
68 06/20/87 トクベツゴウ台風タイフウ対策タイサク関係カンケイ資料シリョウ その2          
    1.台風タイフウ対策タイサクについて(創刊号ソウカンゴウ)     1 各社カクシャ  
    2.超巨大船の運動性能並びに操船及び保安対策について(15号) 12 山県侠一 住重・浦賀
    3.船舶の係留に関する研究(21号) 20 飛田通 日本鋼管鶴見造船所ドック・マスター
    4.造船所の台風対策(21号) 38 山県侠一 住友・浦賀
    5.巨大船係留装置考案の思い出とその後(47号) 50 飛田通 鋼管・鶴見・浅野
    6.造船所における気象情報の活用(51号) 78 尾崎康一 オーシャンルーツ 予報部長
    7.京浜港における台風対策について(62号) 90 許斐壇 理事長
    8.台風(9号) 115 山県侠一 浦賀
    9.台風と金毘羅さん(27号) 119 渡辺香潮子  
    10.台風14号と遭遇して(62号) 128 森田乙雄 鋼管・清水 ドックマスター
69 09/25/87 1.ダイ30カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ      
      1.1 石油備蓄貯蔵船の曳航 1 岡村勝 三菱・長崎 船渠長
      1.2 4万G/Tコンテナ専用運搬船の進水から引渡出港までの概要 27 大瀧哲 尾道造船
      1.3 大型カーフェリーの狭水域内における進水と操船事例 45 大末哲汎 三菱・下関 ドックマスター
      1.4 曳船に関する一私見 67 高山捷也 IHI・呉 ドックマスター
      1.5 解撒船「OMI YUKON」曳航作業について 73 小栗正照 元三菱・広島
      1.6 自動車専用船(PCC)操船研究会に出席して 86 三井久堅 三井・千葉 ドックマスター
      1.7 船舶と海洋構造物 99 川上明 三菱・横浜 ドックマスター
      1.8 SEMI SUBMARGIBLE OILRIG(自航式)試運転について 106 長舟渉 IHI・相生 ドックマスター
    2.その      
      2.1 「東京湾トウキョウワンにおける台風タイフウ接近セッキン錨泊ビョウハク情報ジョウホウ提供テイキョウ(指向シコウ)について 113    
      2.2 荒天コウテンにおけるカカリキシ船舶センパク調査チョウサについて      
70 01/31/88 1.SEMI SUBMARGIBLE OILRIG(自航式)試運転について(つづき) 1 長舟渉 IHI・相生 ドックマスター
    2.高操縦性能船"NORSUN" 17 飛田通 鋼管・鶴見 ドックマスター
    3.海洋構造物進水より引渡までの一連の作業について 55 小栗正照 元三菱・広島
    4.随筆ズイヒツ      
      4.1 退職タイショクドックマスターの 85 中矢ナカヤ健次郎ケンジロウ モト日立ヒタチ因島インノシマ
      4.2 ドックマスターの台湾タイワン近況キンキョウ 88 三島ミシマ次郎ジロウ モトIHI・クレ
    5.特別トクベツ寄稿キコウ      
      5.1 赤穂アコウ廻船カイセンアラタエツマル遭難ソウナン 94 浜口ハマグチミノル 赤穂アコウ編纂ヘンサン室長シツチョウ
      5.2 遠州エンシュウナダ先人センジン航跡コウセキシノぶ(特別トクベツ寄稿キコウせて) 110 長舟渉 IHI・相生 ドックマスター
71 03/31/88 1.支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク          
      1.1 関東支部研修会報告 1 飛田通 関東支部長
      1.2 中国支部研修会報告 30 清水喜和 中国支部長
      1.3 九州支部研修会報告 36 岡村勝 九州キュウシュウ支部長
    2.投稿トウコウ 37 森川達夫 日本気象協会主任技師
      2.1 Semi Sub型ホテルバージに就いて 56 高田多門 三井・玉野 ドックマスター
      2.2 東京湾連絡橋ケーソン曳き出しおよび曳航について 79 新井信弘 IHI・横浜 ドックマスター
      2.3 鋼殻ケーソン曳航作業について 96 前田冬樹 元鋼管・浅野
      2.4 地震と船舶係留について 110 飛田通 鋼管・鶴見 ドックマスター
      2.5 新方式の浮ドック 120 高山捷也 IHI・呉 ドックマスター
    3.随筆ズイヒツ      
      30年前ネンマエの8ミリ映画エイガ騒動ソウドウ   151 前谷澄郎 モト三菱ミツビシ神戸コウベ
72 03/31/88 1.ダイ31カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ          
      1.1 操船におけるPDCAサイクル 1 高山捷也 IHI・呉第一工場
      1.2 試運転船ニアミス体験 9 窪田克也 川重 船渠長
      1.3 海洋構造物(RIG)曳航 13 小栗正照 元三菱・広島 ドックマスター
      1.4 Side Thrusterに関する操船号令について 44 飛田通 鋼管・鶴見 ドックマスター
    2.その          
      2.1 コンパス修正の特許申請顛末記 48 川上明 三菱・横浜
      2.2 船に関する用語などについて 57 大丸弘 IHI・呉一
      2.3 根岸湾雑感 63 新井信弘 IHI・横浜 ドックマスター
      2.4 関東支部便り 75 川上明 関東支部長
      2.5 東京港連絡橋工事現場視察記 91 三井久堅 元三井・千葉
      2.6 ヨーロッパ周遊シュウユウ旅行リョコウ 105 森田モリタオツ モト鋼管コウカン鶴見ツルミドクマスター
      2.7 健康ケンコウ管理カンリシリーズ 124    
      2.8 役職員ヤクショクイン委員イイン名簿メイボ 127    
      2.9 おらせ      
         「東京湾トウキョウワンにおける台風タイフウ接近セッキン錨泊ビョウハク情報ジョウホウ提供テイキョウ(指向シコウ)について 129    
         荒天コウテンにおけるカカリキシ船舶センパク調査チョウサについて 131    
73 01/20/89 1.海上試運転について 1 飛田通 NKK・鶴見 ドックマスター
    2.新造船海上試運転 45 窪田克也 川重 船渠長
    3.海上カイジョウ試運転シウンテン法案ホウアンオヨ予定ヨテイヒョウレイ      
      3.1 海上カイジョウ試運転シウンテン法案ホウアン(英文エイブン) 63    
      3.2 海上カイジョウ試運転シウンテン予定ヨテイヒョウレイ      
    4.「ヒカリシオマル」の遭難ソウナンとその 106 浜口ハマグチミノル 赤穂アコウ編纂ヘンサン室長シツチョウ
    5.ヒカリシオマル遭難ソウナン奇跡キセキ生還セイカン 126 長舟渉 モトIHI・相生
74 03/30/89 1.支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク          
      1.1 関東支部研修会報告 1 川上明 関東支部長
      1.2 九州支部研修会報告 26 岡村勝 九州キュウシュウ支部長
    2.投稿トウコウ          
      2.1 巡視船「やしま」の横移動試験と強風時の操船例 38 飛田通 NKK・鶴見 ドックマスター
      2.2 船舶速力試験の標柱の基本計画の試考 43 川上明 三菱・横浜 ドックマスター
      2.3 「Side Thrusterに関する操船号令について」を読んで 53 ヒダリデン十三哉 船長
      2.4 潮汐表 56 新井信弘 IHI・横浜 ドックマスター
    3.随筆ズイヒツ      
      3.1 太平洋タイヘイヨウアル 59 三井ミツイ久堅ヒサカタ 元三井・千葉
      3.2 アメリカスン 85 高山捷也タカヤマ IHI・クレ
      3.3 下手糞ヘタクソゴルフのモウワケ 93 前谷澄郎 モト三菱ミツビシ神戸コウベ
      3.4 最近サイキン流行ハヤコト心筋シンキン梗塞コウソク 97 安東アンドウ哲三テツゾウ 三菱ミツビシ横浜ヨコハマ
      3.5 某月ボウゲツ某日ボウジツボウトコロ 106 オストリイエ  
    4.ダイ2カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 111    
75 09/20/89 巻頭言カントウゲン   三井ミツイ久堅ヒサカタ 理事長
    1.ダイ32カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ          
      1.1 強風下の操船と反省 1 高山捷也 IHI・呉
      1.2 5千トン型客船「おせあにっくぐれいす」の海上試運転について 7 飛田通 NKK・鶴見 ドックマスター
      1.3 私の操船雑感 18 川上明 三菱・横浜 船渠長
      1.4 海ヨウ研究ケンキュウ船”白鳳丸”海上運転の紹介 26 大末哲汎 三菱・下関 船渠長
      1.5 船渠センキョチョウサービス業務ギョウム現況ゲンキョウ 37 中矢ナカヤ健次郎ケンジロウ モト日立ヒタチ因島インノシマ
    2.関西カンサイ支部シブ研修会ケンシュウカイ          
      知能化船の衝突予防システムについて 39 山上順雄 他 川重 技術開発本部
    3.ドックマスターダイ74ゴウ投稿トウコウ記事キジへの回答カイトウについて 54 相浦圭治 第四管区海上保安本部水路部水路課専門官
    4.「海上保安庁水路部」 (1) 56 慶田敏行 IHI・東京 ドックマスター
    5.あるチイさな航海コウカイ 60 中矢ナカヤ健次郎ケンジロウ モト日立ヒタチ因島インノシマ
    6.東京湾トウキョウワンのこのごろ 63 三井ミツイ久堅ヒサカタ 元三井・千葉
    7.ジョウホウ 81 慶田敏行 IHI・東京トウキョウ
    8.下手糞ヘタクソゴルフのモウワケ(2) 84 前谷澄郎 モト三菱ミツビシ神戸コウベ
    9.リベリア船の安全検査について 91 西野徳治 元佐世保
    10連絡レンラク事項ジコウ          
      10.1 海上カイジョウ保安ホアンチョウからのおらせ 101   第三管区海上保安本部
      10.2 東京湾トウキョウワン海上カイジョウ交通コウツウセンターとの情報ジョウホウ交換コウカン励行レイコウ 102   第三管区海上保安本部
      10.3 「東京湾トウキョウワンにおける台風タイフウ接近セッキン錨泊ビョウハクセン情報ジョウホウ提供テイキョウ(試行シコウ)について」の広報コウホウについて(おネガい) 109   第三管区海上保安本部
      10.4 東京湾トウキョウワン横断オウダン道路ドウロ建設ケンセツ工事コウジ海域カイイキオヨびその周辺シュウヘン海域カイイキにおける航行コウコウ方法等ホウホウトウ指導シドウ 118   東京湾トウキョウワン海難カイナン防止ボウシ協会キョウカイ
      10.5 役員ヤクイン移動イドウ 122    
    11ダイ3カイ 健康ケンコウ管理カンリシリーズ          
76 09/20/89 1.原子力船「むつ」上・下架作業 1 新井信弘 IHI・横浜
    2.操船資料について 66 三井久堅 元三井・千葉
    3.台風対処法 89 尾崎哲夫 サノヤス・大阪オオサカ
    4.潜水艦なだしお・遊漁船第一富士丸衝突事件 101   (財)海難審判協会
    5.アメリカ・カナダ旅行記リョコウキ 127 森田モリタオツ モト鋼管コウカン鶴見ツルミ
    6.(ザイ)日本ニッポン海技カイギ協会キョウカイ15周年シュウネン記念キネン 論文ロンブン募集ボシュウ 140    
    7.ダイ4カイ 健康ケンコウ管理カンリシリーズ 141    
77 03/29/90 1.支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク          
      1.1 関東支部研修会報告 1 川上明 関東支部長
         東京湾における一航法について 3 飛田通 NKK・鶴見 ドックマスター
         南本牧埋め立て工事に伴う操船上の影響について 9 川上明 三菱・横浜 船渠長
         各種プロジェクト、規制に伴い、安全航行上ドックマスターが当面す    る問題について 14 次田寛 住重・追浜 船渠長
         東京湾横断道路建設工事開始に伴う航行安全上の問題 18 笠原邦三 三井・千葉 
         最近の東京湾内各種プロジェクトに伴う、安全航行上当面する問題及びその他 22 新井信弘 IHI・横浜
      1.2 関西支部研修会(平成元年度)報告 28 窪田克也 関西支部長
         相生港案内 30 吉田忠昭 石播・相生
         由良港における入出港船の安全対策 34 安曽政二 三井・由良
         舞鶴港の紹介 40 中清 日立・舞鶴 ドック長
         株式会社 サノヤス大阪製造所 47 尾崎哲夫 サノヤス大阪オオサカ船渠長
      1.3 九州キュウシュウ支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク 51 岡村勝 九州支部長
         紅毛船引き上げ事件 51 柴田恵司 長崎大学水産学部教授
         最近の操船性 66 岡村勝 九州支部長 (光和興業)
    2.投稿トウコウ      
      2.1 西回ニシマワ世界セカイ一周イッシュウ航海コウカイ(1) 78 三井久堅 元三井・千葉
      2.2 行政行為と行政指導について(学習) 101 川上明 三菱・横浜 船渠長
      2.3 駆逐艦クチクカン"タチバナ"キタウミボッ 110 ハヤシトシフサ モトスミジュウ浦賀ウラガ
      2.4 ざるのイモスジ談義ダンギ 119 前谷澄郎 モト三菱ミツビシ神戸コウベ
    3.ダイカイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 129    
78 08/30/90 1.ダイ33カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ          
      1.1 近代化船のあゆみとその設備基準について 1 三井久堅 元三井・千葉
      1.2 狭水域内の大型フェリー操船と潮流の利用及び曳船使用について 14 大末哲汎 三菱・下関
      1.3 海法上搦手から見た新造試運転船の船長の責務について 27 飛田通 NKK・鶴見
      1.4 曳船支持号令 51 窪田克也 川重
      1.5 海ヨウ土木作業船(地盤改良船)の操船について 56 吉田靖     岡田オカダ敏男トシオ 三菱・神戸 船渠長
      1.6 講演コウエン:最新の電波航法装置 GPSについて 76 平沢久徳 古野電気株式会社
      1.7 海図プロッタ SPL1000 104 橘高秀美 横河ナビテック株式会社
    2.中国支部研修会報告 114 高山捷也 中国支部長
      2.1 海洋構造物の台風対策の一例 119 小栗正照 元三菱・広島
      2.2 瀬戸内中部ドックマスターの在り方 129 中矢健二郎  
    3.係留運転要領 131 窪田克也 川重
    4.近代化船(B船)乗船記 134 小暮文吾 三菱・横浜
    5.連絡レンラク事項ジコウ      
      5.1 「東京湾トウキョウワンにおける台風タイフウ接近セッキン錨泊ビョウハクセン情報ジョウホウ提供テイキョウ(試行シコウ)について」の広報コウホウについて(おネガい) 138 山口ヤマグチユウヒロシ 東京湾トウキョウワン海難カイナン防止ボウシ協会キョウカイ会長カイチョウ
      5.2 シン役職員ヤクショクイン名簿メイボ 142    
    6.ダイ6カイ 健康ケンコウ管理カンリシリーズ 143    
79 12/25/90 1.クルーズ客船の操縦性能について 1 吉田靖 他 三菱・神戸 船渠長
    2.クルーズ客船 CRYSTAL HARMONYの試運転概要 11 峰岸誉男 三菱・長崎
    3.試運転あれやこれや 34 前谷澄郎 元三菱・神戸
    4.潜水艦なだしお・遊漁船第一富士丸衝突事件(第2審) 43   財団法人 海難審判協会
    5.試運転船の事故 78 中島ナカジマサチマツ 海難と審判2号S44.9月
    6.高精度航法装置について 88 堀江義雄 セナー株式会社
    7.九死に一生(S46年7月相生での局地大豪雨の思い出) 115 長舟渉 元IHI・相生
    8.西回ニシマワ世界セカイ一周イッシュウ航海コウカイ(2) 125 三井久堅 元三井・千葉
    9.世界一セカイイチ貧弱ヒンジャクですばらしい博物館ハクブツカン 148 慶田ケイダ敏行トシユキ IHI・東京トウキョウ
    10.健康ケンコウ管理カンリシリーズ 151    
80 03/25/91 1.支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク          
      1.1 関東支部研修会報告 海上カイジョウ保安ホアンチョウ水路部スイロブ見学会ケンガクカイ 1 飛田通 関東支部長
      1.2 中国支部研修会報告 43 高山捷也 中国支部長
    2.外洋クルーズ客船「おりえんと びいなす」の紹介 64 吉田忠昭 IHI AMTEC(相生) ドックマスター
    3.(シャ)日本ニッポン船長センチョウ協会キョウカイシンポジュームを聴講チョウコウして 71 三井ミツイ久堅ヒサカタ 理事長
    4.「海上保安庁水路部」 (2) 112 慶田敏行 IHI・東京 ドックマスター
    5.西回ニシマワ世界セカイ一周イッシュウ航海コウカイ(3) 116 三井久堅 元三井・千葉
    6.ダイ8カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 142    
81 08/26/91 1.ダイ34カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ          
      1.1 荒天時における錨泊法について 1 飛田通 元NKK・鶴見 ドックマスター
      1.2 投錨試験について 16 三井久堅 元三井・千葉
      1.3 操船四方山話 42 中矢健二郎  
      1.4 川崎ジェットフォイル 47 窪田克也 川重・神戸
      1.5 VLCCの操船記録 67 高山捷也 IHI・呉
    2.講演コウエン:伊勢湾漁業と操業安全対策 80 畑井育男 三重県漁業協同組合連合会 漁政課長
    3.平成2年度関西支部研修会報告 106 窪田克也 関西支部長
      3.1 操船雑感 107 窪田克也 川重
      3.2 新造商船海上試運転業務要領 所 (特定) 標準 111 吉田靖/岡田敏男 三菱・神戸 船渠長/操船主務
      3.3 走錨事例について 125 吉田忠昭 IHI AMTEC(相生)
    4.第32回理事会(第36回総会)及び第34回研究発表会 132    
    5.連絡レンラク事項ジコウ      
       「東京湾トウキョウワンにおける台風タイフウ接近セッキン錨泊ビョウハクセン情報ジョウホウ提供テイキョウ(試行シコウ)について」の広報コウホウについて(おネガい) 142 山口ヤマグチユウヒロシ 東京湾トウキョウワン海難カイナン防止ボウシ協会キョウカイ会長カイチョウ
    6.ダイ9カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 146    
82 12/25/91 1.フェリー曳航作業 1 慶田敏行 IHI・東京
    2.つれづれなるままに(潮流エネルギー) 21 飛田通 元NKK・鶴見 ドックマスター
    3.三井造船(株)建造の高速艇等 29 三井久堅 元三井・千葉
    4.プロペラのない夢の船(超電導電磁推進船) 51 吉田靖 三菱神戸コウベ・船渠長
    5.根岸湾今昔 62 新井信弘 IHI・横浜
    6.老船渠長の昔語り 86 中矢健二郎 元日立・因島
    7.磁気コンパスから広がるロマン 92 川上明 三栄船舶
    8.西回ニシマワ世界セカイ一周イッシュウ航海コウカイ(4) 101 三井久堅 元三井・千葉
    9.旅行リョコウとワタクシ俳句ハイク 129 前谷澄郎 元三菱・神戸
    10.健康ケンコウ管理カンリシリーズ 137    
    11.おらせ 143 長舟渉 モトIHI・相生アイオイ
83 03/25/92 1.支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク      
      1.1 平成3年度関東支部研修会報告 1 飛田通 支部長
         東京湾横断道路について 2 飛田通 支部長
         東京湾横断道路建設工事航行安全業務研修資料 11 飛田通 支部長
      1.2 関西支部研修会報告 25 窪田克也 関西支部長
         造船マンから見た海技の伝承 27 田中勝夫 川重・神戸 品質保証部
         LNG船 暴風時の守錨 65 窪田克也 川重
         大型船による洋上強風下での人命救助 71 尾崎哲夫 サノヤス・大阪オオサカ
      1.3 中国支部研修会報告 74 高山捷也 中国支部長
         19号台風通過当時と岸壁係留船の状態及び被害状況について 76 大瀧哲 尾道造船
         荒天(台風19号)時の錨泊避難について 80 村上佳広 尾道造船 船渠長
         瀬戸田工場の台風対策 84 片山克己 元内海造船
         常石造船における台風19号対策及び結果報告 91 山下晴人 常石造船 修繕本部 船渠長
         台風9117及び9119の守錨 96 大丸弘 IHI・呉
         強風時の岸壁係留 104 中矢健二郎 元日立・因島
      1.4 九州支部研修会報告 106 大末哲汎 九州支部長
         台風について 108 武田重夫 長崎海洋気象台
         台風9号接近時の尾道SN349番船 ナカタ・マック3岸係留対策状況(メモ) 131 岡村勝 光和興業
    2.随筆ズイヒツ      
      2.1 シルバー百面相ヒャクメンソウ(あるドックマスターOBの昨今サッコン) 136 長舟渉 モトIHI・相生アイオイ
      2.2 ムカシフネイマフネ(引退インタイ船渠センキョチョウ今昔コンジャク比較ヒカク) 143 前谷澄郎 元三菱・神戸
    3.ダイ11カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 157    
84 08/25/92 退タイニン挨拶アイサツ       三井久堅 ゼン理事長リジチョウ
    事長リジチョウ就任シュウニンにあたって       飛田通 理事長
    1.講演コウエン:関門コウにおける潮流チョウリュウについて 1 緒方羊二 関門水先区水先人
    2.ダイ35カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ      
      2.1 三菱重工(株)下関造船所海面及び付近の潮流と操船 21 大末哲汎 三菱・下関 ドックマスター
      2.2 朝鮮半島西岸の潮流と群山港における座州の思い出 40 飛田通 元NKK・鶴見 ドックマスター
      2.3 潮流と操船 45 中矢健二郎 元日立・因島 ドックマスター
      2.4 ウォータージェット推進機を装備した高速艇について 49 山崎幸雄 三菱・下関 ドックマスター
      2.5 ”ケイディディ オシャンリク”の概要と試運転等について 53 大末哲汎 三菱・下関 ドックマスター
      2.6 荒天時における錨泊法について(つづき) 70 飛田通  元NKK・鶴見 ドックマスター
    3.西回ニシマワ世界セカイ一周イッシュウ航海コウカイ(5) 81 三井久堅 元三井・千葉
    4.航海コウカイ ドメ 再出発サイシュッパツロン 100 前谷澄郎 元三菱・神戸
    5.ダイ12カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 112 A.H.  
    6.連絡レンラク事項ジコウ      
      6.1 「東京湾トウキョウワンにおける台風タイフウ接近セッキン錨泊ビョウハクセン情報ジョウホウ提供テイキョウ(試行シコウ)について」の広報コウホウについて(おネガい) 117    
      6.2 新役員シンヤクイン名簿メイボ 121    
85 12/25/92 1.安全運航について 1 三井久堅 東京汽船
    2.災害事例報告 30    
      2.1 報告ホウコクマトめと参考サンコウレイ 30    
      2.2 墜落災害の記 49 大末哲汎 三菱・下関 船渠長
      2.3 海中転落 59 森永孝昭 佐世保重工 ドックマスター
      2.4 魚網損傷事例 62 慶田敏行 IHI・東京
      2.5 海上クレーン乗組員の死亡事故について 65 飛田通 元NKK・浅野ドック・ドックマスター
    3.超電導船”ヤマト1”海上試運転騒動記 70 吉田靖 三菱・神戸 船渠長
    4.巨大船(石油備蓄貯蔵船)の入出渠操船 81 峰岸誉男 三菱・長崎 船渠長
    5.VLCCの旋回減速による投錨方法について 96 高山捷也 IHI・呉
    6.船の旋回停止・シンガポールの思い出 101 中矢健二郎 元日立・因島 ドックマスター
    7.南本牧埋め立て工事に伴う影響について…・その2 105 小暮文吾 三菱・横浜 操船主務
    8.ナツかしきドックマスターの方々カタガタ 121 田中勝夫 川重カワジュウ神戸コウベ
    9.体力タイリョク気力キリョク 141 慶田ケイダ敏行トシユキ IHI・東京トウキョウ
    10.ダイ13カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 144 A.H.  
    11.支部シブ便ダヨ 151    
86 03/25/93 1.平成ヘイセイ4年度ネンド支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク          
      1.1 関東支部研修会(平成4年)報告 1 新井信弘 関東支部長
         講演コウエン:「関東地方南部の強風の解説及び質問に答えて」 11 島村泰生 気象庁予報部予報課 主任予報官
      1.2 関西支部研修会報告 28 吉田靖 関西支部長
         走錨事例―神戸沖検疫錨地付近― 31 安曽征二 三井・由良
         走錨事例―神戸沖検疫錨地付近― 37   神戸海難防止研究会
         台風19号について 38 中清 日立・舞鶴
         9210号台風対策と貨物船”SAN FATT号”座礁人命救助について 48 吉田靖 三菱・神戸 船渠長
      1.3 中国支部研修会報告 59 高山捷也 中国支部長
      1.4 九州支部研修会報告 69 大末哲汎 九州支部長
         LNG船及びLPG船のガステストについて 71 畑地栄太郎 三菱・長崎
    2.明石海峡大橋2Pケーソン曳航乗船の思い出 91 長舟渉 アイエイチアイ・アムテック
    3.舶用ボイスコントロールシステム 109 尾崎哲夫 サノヤス・ヒシノ明昌
    4.海事補佐人について 115 生駒謙造 宇野ウノコウ海事カイジ興業コウギョウ(カブ)
    5.俳句ハイク、ヒネクレ評論ヒョウロン 121 前谷澄郎 元三菱・神戸
    6.ダイ14カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 130 A.H.  
    7.各支部カクシブ便ダヨ 133    
87 08/25/94 1.講演コウエン:大阪湾海上交通センターの業務と五管管内の海難について 1 山本裕一 五管 警備救難部航行安全課課長
    2.ダイ36カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ      
      2.1 CRP & Super ASOS 16 峰岸誉男 三菱・長崎 船渠長
      2.2 三菱下関造船所の試運転海域について 33 大末哲汎 三菱・下関
      2.3 ドックサービスのその後 42 中矢健二郎 元日立・因島 ドックマスター
      2.4 超高速旅客船(ジェットフォイル)の夜間航行について 49 杉本吉旦 川重・神戸
      2.5 駿河湾における試運転 65 新井信弘 IHI・横浜
      2.6 某VLCCの作業記録から 85 高山捷也 IHI・呉
    3.西回ニシマワ世界セカイ一周イッシュウ航海コウカイ(6) 96 三井久堅 元三井・千葉
    4.ダイ15カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 127 A.H.  
88 05/01/94 トクベツゴウ:ハンドブック その1          
    ジョ       飛田通 理事長リジチョウ
    1.既発行特別号の紹介      
      1.1 シュとして巨大キョダイセン参考サンコウ資料シリョウ 1    
      1.2 シュとして低速テイソク運動ウンドウ性能セイノウオヨ惰力ダリョクカンする資料シリョウ 6    
      1.3 台風タイフウ対策タイサクカンする資料シリョウ 11    
      1.4 操船ソウセン運用ウンヨウカンする外国ガイコク資料シリョウ抄訳ショウヤク 12 山県侠一 スミジュウ追浜オッパマ
    2.風圧フウアツリュウアツカンする資料シリョウ      
      2.1 風圧フウアツカンする資料シリョウ 16    
      2.2 リュウアツカンする資料シリョウ 38    
    3.困難コンナン操船ソウセン実例ジツレイ      
      3.1 強風キョウフウ操船ソウセン実例ジツレイ 42    
      3.2 キョウ潮流チョウリュウ操船ソウセン実例ジツレイ 61    
      3.3 狭水域キョウスイイキにおける操船ソウセン実例ジツレイ 85    
    4.船渠センキョ船台センダイ岸壁ガンペキカンする操船ソウセン実例ジツレイ      
      4.1 船渠センキョ(ドック、DOCK) 94    
      4.2 船台センダイ進水シンスイ操船ソウセン 113    
      4.3 造船ゾウセンジョ岸壁ガンペキ係留ケイリュウカンする操船ソウセン実例ジツレイ 130    
89 03/23/94 1.平成ヘイセイ5ネン支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク          
      1.1 関東支部研修会(平成5年)報告 1 新井信弘 関東支部長
         離島港湾における船舶の避泊について 12 平石哲也 運輸省港湾技術研究所 水工部主任研究官
      1.2 平成5年度関西支部研修会開催報告 22 吉田靖 関西支部長
         平成ヘイセイ5年度ネンド社会シャカイ貢献者コウケンシャ表彰ヒョウショウ栄誉エイヨゾクして 23 ナガフネワタル IHI AMTEC
         CRASH STOP ASTERN TEST (VLCC) の必要海面 25 吉田忠昭 IHI AMTEC
         FORE BODYの曳航について 28 杉本吉旦 川重
         ゴム製盤木の開発 39 岡田敏男 三菱・神戸 操船主務
      1.3 中国支部研修会(平成5年)報告 51 高山捷也 中国支部長
         岸壁係留による台風避泊 53 金出良雄 IHI・呉
      1.4 平成5年度九州支部研修会 59 大末哲汎 九州支部長
         白島石油備蓄基地貯蔵船「白島一号」の曳航引込み 60 梅原幸吉 日立・有明 ドック長
         白島石油備蓄基地貯蔵船センタータンク曳航作業(計画)について 70 脇坂武士 大島造船所 船渠長
         台風9313号からの荒天避航について 88 坪井英彦 三菱・長崎 操船主務
    2.船体センタイ外板ガイハン強度キョウド曳航エイコウについて(問題モンダイ提供テイキョウ)     102 飛田ヒダトオル 理事長リジチョウ
         船体の外板及びバルバスバウの凹損と曳船について 102 笠原邦三 三井・千葉
         曳船エイセンによるチカラタイする対策タイサク 108 岡田英紀 NKK・鶴見 ドックマスター
    3.錨と錨泊の話 110 橋本進 元東京商船大学教授
    4.アラスカのタビあれこれ 127 慶田ケイダ敏行トシユキ IHI・東京トウキョウ
    5.ダイ16カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 133 A.H.  
    6.ウミへの感謝カンシャをこめて7ガツ20ニチ国民コクミン祝日シュクジツウミ」にしましょう 139    
90 08/25/94 1.ダイ37カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ          
      1.1 NKK津製作所の海上試運転について 1 正元弘三 NKK・鶴見
      1.2 操船ソウセンジョウ曳船エイセンとのコミュニケーションについて 9 高山捷也 IHI・呉 船渠長
      1.3 LNG船イナーティング用バージ(液化窒素ガス供給バーチ゛)について 14 小暮文吾 三菱・横浜 船渠長
      1.4 座礁船の引き下ろし体験談 29 中矢健二郎 元日立・因島 ドックマスター
      1.5 VLCC試運転メモから 38 藤田喜代一 住重・追浜 船渠長
    2.ベクツイン…理想的な操船をめざす新しい1軸2舵 43 富田幸雄/多田納久義 ジャパンハムワージ(株)
    3.富山に於ける、旧海王丸操船の思い出 56 次田寛 元住重・追浜
    4.エジプト旅行記リョコウキ(その1) 94 三井久堅 元三井・千葉
    5.ダイ17カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 117 A.H.  
    6.連絡レンラク事項ジコウ      
      6.1 「東京湾トウキョウワンにおける台風タイフウ接近セッキン錨泊ビョウハクセン情報ジョウホウ提供テイキョウ(試行シコウ)について」の広報コウホウについて(おネガい) 123    
      6.2シン役員ヤクイン名簿メイボ 127    
91 12/01/94 トクベツゴウ:ハンドブック その2          
    5.曳船エイセンとその使用法シヨウホウカンする資料シリョウ          
      5.1 曳船エイセン種類シュルイとその性能セイノウ 1    
      5.2 曳船エイセンエイ効力コウリョクについて 7    
      5.3 曳船エイセン使用法シヨウホウ 19    
      5.4 港内コウナイ操船ソウセン実際ジッサイ 27    
      5.5 進路シンロ警戒ケイカイセンとしての曳船エイセン 39    
      5.6 曳船エイセン事故ジコレイについて 39    
    6.巨大キョダイセン操船ソウセンカンする資料シリョウ          
      6.1 巨大キョダイセン主要シュヨウモク 47    
      6.2 巨大キョダイセン運動ウンドウ性能セイノウについて 47    
      6.3 巨大キョダイセン操縦ソウジュウ性能セイノウ 63    
      6.4 制限セイゲン水路スイロにおける操縦性ソウジュウセイ 75    
      6.5 アサスイ航行中コウコウチュウ船体センタイ沈下チンカ余裕ヨユウ水深スイシン 79    
      6.6 巨大キョダイセン操船ソウセンレイ 82    
    7.特殊トクシュセン操船ソウセンカンする資料シリョウ          
      7.1 OIL RIGの操船ソウセン 101    
      7.2 海洋カイヨウ構造物コウゾウブツ操船ソウセン 119    
      7.3 海洋カイヨウ土木ドボク作業サギョウセン操船ソウセン 133    
      7.4 その特殊トクシュセン操船ソウセン 141    
    8.イカリ錨鎖ビョウサオヨ錨泊ビョウハクカンする資料シリョウ          
      8.1 イカリ把駐力ハチュウリョクオヨびそのテストホウ 157    
      8.2 商船用ショウセンヨウイカリ種類シュルイ 163    
      8.3 錨鎖ビョウサ種類シュルイ強度キョウドオヨ把駐力ハチュウリョク 164    
      8.4 錨泊ビョウハクについて 166    
      8.5 走錨ソウビョウについて 176    
92 03/25/95 1.支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク          
      1.1 九州支部研修会報告 1 峰岸誉男 九州支部長
         米艦の入出渠方法について 3 森永孝昭 佐世保重工
         風速50メートル 16 脇坂武士 大島造船 船渠長
         テクノスーパーライナー実海域模型船(TSL-A)”飛翔”について 27 畑地栄太郎 三菱・長崎 主任
         ドックマスターとしての近況 45 田中厚生 日立・有明
      1.2 中国支部研修会報告 52 高山捷也 中国支部長
         「湾岸戦争後のペルシャ湾における掃海作業」 57 木津宗一 掃海母艦”はやせ” 艦長
      1.3 関東支部研修会報告 66 新井信弘 関東支部長
         シンクロリフトヤード 69 石井孝彦 石井造船副工場長
    2.船台進水における進水船の着水後の行き脚制動方法 86 岡田敏男 三菱・神戸 船渠長
    3.高速船の航法をめぐる問題 102 藤田浩 日立・神奈川 ドック長
    4.オーストリア・ドイツ旅行記リョコウキ 108 森田モリタオツ モトNKK・清水シミズ
    5.ザルのジャジャ閑話カンワ(その1) 121 前谷澄郎 元三菱・神戸
    6.ダイ18カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ 131 A.H.  
93 08/25/95 1.特別トクベツ講演コウエン:錨かきの評価と影響要素 1 本田啓之輔 神戸商船大学 名誉教授
    2.ダイ38カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ          
      2.1 ジャッキアップ式石油採掘リグの入出渠と係留 18 佐藤仁史 三菱・長船 船渠課長
      2.2 名村造船伊万里工場両開き建造ドックについて 33 赤星知紀 名村造船 船渠長
      2.3 阪神大震災:あるドックマスターの造船所における被災てん末記 39 岡田敏男 三菱・神戸 船渠長
      2.4 内海造船・瀬戸田工場の見学 48 高山捷也 IHI・呉
    3.講演コウエン−A Step-1−ディファレンシャルGPS(DGPS)による船舶センパク操縦ソウジュウ性能セイノウ計測ケイソクシステム 52 宮下譲司/田村勉 株式会社アカサカテック
    4.TSL-F・実海域模型船”疾風”の海上試運転雑記 64 杉本吉旦 川重・神戸 船渠長
    5.環境破壊と阪神・淡路島大震災 92 三島次郎 元IHI・呉
    6.エジプト旅行記リョコウキ(その2) 100 三井久堅 元三井・千葉
    7.悪夢アクム戦争センソウ 122 中矢健二郎 元日立・因島 ドックマスター
    8.震災シンサイ体験タイケンして 125 前谷澄郎 元三菱・神戸
    9.連絡レンラク事項ジコウ東京湾トウキョウワンにおける台風タイフウ接近セッキンビョウハク情報ジョウホウ提供テイキョウについて          
94 12/20/95 惰力に関する資料 1    
    惰力に関する資料 35 夜久正 石播・相生 ドックマスター
    海上試運転に関する資料 43    
    海上試運転に関する資料 103    
    最新の航行援助(装置)に関する資料 114    
    最新の航行援助(装置)に関する資料 128   川重技術開発部
    最新の航行援助(装置)に関する資料 136 平澤久徳 古野電気
    最新の航行援助(装置)に関する資料 163 井上優一 古野電気 船用機器事業部
95 03/25/96 1.支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク          
      1.1 中国支部研修会報告 1 高山捷也 支部長
         船渠関係作業の災害事例 3 金出良雄 IHI・呉
         操船の根本 7 中矢健二郎 元日立・因島
      1.2 関西支部研修会報告 11 中清 関西支部長
         乾船渠入渠船の耐震についての考察 12 岡田敏男 三菱・神戸 船渠長
      1.3 関東支部研修会報告:IHI操船ソウセンシミュレーターの概要ガイヨウ 19 新井信弘 関東支部長
      1.4 九州支部研修会報告 44 峰岸誉男 九州支部長
       1)航路標識業務のあらまし 46 小山武麿 長崎航路標識事務所 所長
       2)台風の進路予報及び新天気予報と民間気象事業者の役割 56 宮部二朗 ウエザーニューズ 気象予報士
    2.浮体空港の社会的必要性について 73 三島次郎 元IHI・呉
    3.フランス旅行記リョコウキ(その1) 89 三井久堅 元三井・千葉
    4.ザルのジャジャ閑話カンワ(その2)     108 前谷澄郎 元三菱・神戸
    5.ダイ19カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ     115 A.H.  
96 08/20/96 1.ダイ39カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ          
      1.1 三菱・長崎における船舶操船時の曳船の使用例 5 佐藤仁史/畑地栄太郎 三菱・長崎 船渠課長
      1.2 計算式を使わない係船サクの話 12 森永孝昭 佐世保ドックマスター
      1.3 大型ドック・ゲートの入渠補修に伴う取り外し・建付け 24 水野進 三菱・長崎 操船主任
      1.4 CPPの操船 46 中清 日立・舞鶴 ドック長
      1.5 艤装船係留安全化へのアプローチ 51 脇坂武士 大島造船 船渠長
      1.6 三菱長崎研究所の見学記録 71 水野進 三菱・長崎 操船主任
    2.講演:実船の推進性能推定法と船型開発 76 永松哲郎 三菱・長崎 船舶・海ヨウ研究推進室 主査
    3.沖合いでの乗下船時の安全について 103 新井信弘 元IHI・横浜
    4.「メガフロート フォーラム in KOBE」とメガフロートの現状について、オヨ震災シンサイ復興フッコウタイする兵庫ヒョウゴケンセイ理念リネンについて(兵庫ヒョウゴ県知事ケンチジ書簡ショカンより) 110 三島次郎 元IHI・呉
    5.フランス旅行記リョコウキ(その2)     119 三井久堅 元三井・千葉
    6.ウミ記念日キネンビ     132    
    7.健康ケンコウ管理カンリシリーズ(ダイ20カイ     133 A.H.  
97 12/20/96 「ハーバータグボート」について 1 壁田重信 海洋興業(株) 海務監督
    ハーバータグ基本構造と運動性能 1 壁田重信 海洋興業(株) 海務監督
    Z-Pellerタグ曳引力一覧表 10 壁田重信 海洋興業(株) 海務監督
    タグのロープについて 11 壁田重信 海洋興業(株) 海務監督
    各ロープの引張強力表 13 壁田重信 海洋興業(株) 海務監督
    タグ操船の限界 19 壁田重信 海洋興業(株) 海務監督
    巨大船制動記録 34 壁田重信 海洋興業(株) 海務監督
    富山の海王丸の係留について 38 宗安洋治 住重・浦賀 副船渠長主任技師
    台風9427号係船事故と対策 58 田野村末喜 NKK・津 ドックマスター
    台風9431号係船事故と対策 92   NKK船舶海洋技術部
    メガフロート最終公開接合実験について 97 三島次郎 元IHI・呉
98 02/25/97 1.支部シブ研修会ケンシュウカイ報告ホウコク          
      1.1 九州支部研修会報告 1 坪井英彦 九州支部長
        1.1.1 講演:海上自衛隊のドック紹介 3 松田厚生 海上自衛隊佐世保造修所 ドック長
        1.1.2 新フローティングドックの紹介 20 荒木隆 長栄重工 船渠長
        1.1.3 扉船への渠内からかかる力 27 森永孝昭 佐世保ドックマスター
        1.1.4 進水時船上投下ドラグ廃止に挑戦して 37 川島正克 三菱・下関 船渠長
        1.1.5 白島石油備蓄基地貯蔵船の曳航引込みを終えて 50 田中厚生 日立・有明 ドック長
        1.1.6大型コンテナ船の運動性能について 63 畑地栄太郎 三菱・長船 船渠課係長
      1.2 関西支部研修会報告 69 安曽征二 関西支部長
        1.2.1 神戸港における湾岸道路および神戸空港建設と航行安全対策 71 岡田敏男 三菱・神戸 船渠長
      1.3 関東支部研修会報告 95 新井信弘 関東支部長
      1.4 中四国支部研修会報告 103 高山捷也 中四国支部長
        1.4.1 IHI呉工場に於ける操船事例 107 金出良雄 IHI・呉 ドックマスター
        1.4.2 川重坂出における操船形態(研修会資料) 114 田中秀彦 KHI・坂出 ドックマスター
    2.元移民船ぶらじる丸の曳航 117 新井信弘 元IHI・横浜
    3.(続)計算式を使わない係船索の話 139 森永孝昭 佐世保ドックマスター
    4.フランス旅行記リョコウキ(その3)     119 三井久堅 元三井・千葉
    5.ダイ21カイ健康ケンコウ管理カンリシリーズ     172 A.H.  
99 08/25/97 1.ダイ40カイ研究ケンキュウ発表ハッピョウカイ          
      1.1 タグボートの使用シヨウ方法ホウホウについて 1 小暮文吾 三菱・横浜 船渠長
      1.2 台風時の係留状態について 8 藤田喜代一 住重・追浜 船渠長
      1.3 ドック操船の今昔 19 中矢健二郎 元日立・因島 ドックマスター
      1.4 沖縄近海北上中の台風(T-9307)による係留ワイヤーロープおよびチェーンの切断について 23 安曽征二 三井・由良 ドックマスター
      1.5 超大型浮体式海洋構造物(メガフロート)について 31 新井信弘 元IHI・横浜
    2.講演:防舷材について 38 生駒信康 シバタ工業技術開発部開発企画室次長
    3.応援試運転航海士の実践教育について 61 田中秀彦 川重・坂出 ドックマスター
    4.磁気コンパス自差修正のための操船参考資料 68 柳村寛三 日本コンパスアジャスタ協会理事 元住重追浜 ドックマスター
    5.造船ゾウセンジョ紹介ショウカイ          
      5.1 三井ミツイ千葉チバ 80 笠原邦三 ドックマスター
      5.2 IHI・東京トウキョウダイイチ工場コウジョウ 87 慶田敏行 ドックマスター
      5.3 日立ヒタチ神奈川カナガワ 92 藤田浩 ドック長
    6.”みらい”(キュウむつ)船名センメイ公募コウボにわが当選トウセンして     100 川島カワシマ正克マサカツ 三菱ミツビシ下関シモノセキ 船渠センキョチョウ
    7.ケンコウ管理カンリシリーズ     104 A.H.  
100 12/15/97 船渠長協会の思い出 3 三井久堅 元三井・千葉
    三河湾内三保沖マイルポストにおける速力試験結果の現象に就いて 17 松下勝 カナサシ・豊橋
    ジョイスチックによる操船 23 八木武人 川重・神戸 修繕部
    曳船の使用法実例図解 33 新井信弘 元IHI・横浜
    デッドシップの曳航時の曳船使用 77 新井信弘 元IHI・横浜
    海洋構造物等に対しての曳船使用例(会誌から) 97 新井信弘 元IHI・横浜
    作業船等の曳船使用法 102 新井信弘 元IHI・横浜
    台風雑感 105 松下勝 カナサシ・豊橋 船渠長
    随想"ドックマスターから曳専業者に転職して" 113 吉田靖 昭陽汽船 元三菱・神戸
    造船所紹介 116 岡田英紀 ドックマスター
    造船所紹介 121 藤田喜代一 ドックマスター
    造船所紹介 128 藤田喜代一 ドックマスター
    4.磁気コンパス自差修正のための操船参考資料 68 柳村寛三 日本コンパスアジャスタ協会理事 元住重追浜 ドックマスター
    5.造船ゾウセンジョ紹介ショウカイ          
      5.1 三井ミツイ千葉チバ 80 笠原邦三 ドックマスター
      5.2 IHI・東京トウキョウダイイチ工場コウジョウ 87 慶田敏行 ドックマスター
      5.3 日立ヒタチ神奈川カナガワ 92 藤田浩 ドック長
    6.”みらい”(キュウむつ)船名センメイ公募コウボにわが当選トウセンして     100 川島カワシマ正克マサカツ 三菱ミツビシ下関シモノセキ 船渠センキョチョウ
    7.ケンコウ管理カンリシリーズ     104 A.H.  
100 12/15/97 1.ダイ100ゴウ記念キネン 特集トクシュウ記事キジ      
      1.1 巻頭言カントウゲン 会誌カイシダイ100ゴウ発行ハッコウたって 1 飛田ヒダトオル 理事長リジチョウ モトNKK・浅野アサノ
      1.2 船渠長協会の思い出 3 三井久堅 元三井・千葉
      1.3 ある船渠センキョチョウアユ 7 ナガフネワタル モトIHI・相生アイオイ
      1.4 造船ゾウセンジョ30ネン 12 高山捷也 IHI・呉 ドックマスター
    2.三河ミカワ湾内 三保沖マイルポストにおける速力試験結果の現象について 17 松下勝 カナサシ・豊橋
    3.ジョイスチックによる操船 23 八木武人 川重・神戸 修繕部
    4.曳船の使用法 33 新井信弘 元IHI・横浜
    5.台風タイフウ雑感ザッカン 105 松下勝 カナサシ・豊橋
    6.随想"ドックマスターから曳専業者に転職して" 113 吉田靖 昭陽汽船 元三菱・神戸
    7.造船ゾウセンジョ紹介ショウカイ      
      7.1 NKK・鶴見ツルミ 116 岡田英紀 ドックマスター
      7.2 スミジュウ横須賀ヨコスカ 121 藤田喜代一 ドックマスター
    8.ウミフネミナト 132 岡田敏男 三菱・神戸 
    9.健康ケンコウ管理カンリシリーズ(ダイ23カイ) 135 A.H.