店舗・料金のご案内


 
ばばあしんぶん
壁新聞バックナンバー集
新宿区高田馬場店、壁新聞のバックナンバーです。 
(オフィシャルファンページです。)

馬場店のようす
馬場店のようす(Instagram)
ボルダリングファン必見?
新宿区馬場店のインスタはちょっとようすがおかしい
(オフィシャルファンページです。)

店舗情報 - 高田馬場店(新宿区) メインボルダリングエリア

高田馬場店(新宿区)

高田馬場店(新宿区)

住所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-9-9早稲田13時ホールビル1F
最寄駅 高田馬場駅より 徒歩1分
TEL 03-6279-3155
営業時間 月曜~金曜     14:00~22:30
土曜・日曜・祝日  10:00~21:00
定休日 ※ 第2月曜日
(月曜日が祝日の時は営業、翌火曜日を休業と致します。)
施設 ボルダリング(初心者ボルダリングエリア・
       メインボルダリングアリア)
駐車場 なし

 新宿区最大のボルダリングジムです。高田馬場駅から徒歩一分。高さ4メートル、トータル95坪の広さを持つボルダリングジム。 エントランスボルダリングエリアとメインボルダリングエリアの2エリアがあり、多面体のタワーをスラブ~130度の約5面でぐるりと囲い、 初心者から上級者のトレーニングまで充実の壁。 広い更衣室やシャワーも完備。  便利でおしゃれな新しい都内新宿のクライミング・ボルダリングスポットです。

料金について - 高田馬場店(新宿区)   ※価格はすべて税込み価格です。

登録料

初めてエナジークライミングジムをご利用される方は登録料が必要です。
¥ 1,620(税込価格)
(※会員カードは全店舗共通でご利用いただけます。)

※あらかじめ登録用紙ご記入の上ご来店頂くと受付がスムーズになります。

体験コースの詳細はこちらから

体験コース - ボルダリングが初めての方へ -

ボルダリングのルールからコツまでしっかり30分スタッフがついて教えます。レッスン終了後は登りたいコースをどんどんトライ!  Let's ボルダリング!

料金 \3,980(税込価格)
時間 要予約
火曜~金曜  15:00~ 18:00~
土日・祝日  12:30~ 14:30~ 16:30~
約30分【動きやすい服装でお越し下さい】

上記料金には、ボルダリング講習・登録料・使用料・レンタルが含まれます。
 レンタル無料サービス券(レンタルシューズ・チョーク)3回分が付いてきます。

お申込フォームはこちら TEL 03-6279-3155

通常利用料金(税込価格)

 平日
(終日)
土日祭日
(終日)
土日祭日
18:00以降
一般 ¥1,620 ¥2,160 ¥1,620
大学生(※1) ¥1,180 ¥1,620 ¥1,300
小・中・高校生(※1) ¥1,080 ¥1,080  -----
New 21時以降施設利用券<有効期間3ヶ月>
\5,000(税込価格)で21時以降、4回使えるお得な割引券です。
全店で使えます。(※2)
プリペイドカード<有効期間1年>
\21,600(税込価格)で¥23,760分ご利用いただけます。全店で使えます。(※2)

(※1)
学生の方は毎回学生証を提示してください。

(※2)
ご本人以外のご利用はできません。施設利用料のみご利用いただけます。

会員・パスポート(税込価格)

期間内はいつでもジムが利用できるお得な料金です。

月パス<継続割引制>(※3)
一般 1ヶ月目 ¥13,000
2ヶ月目 ¥12,200
3ヶ月目 ¥11,400
大学生 ----- ¥9,720
昼パス※平日のみ OPEN~18:30 ----- ¥6,480

(※3)
開始はお申し込みの日から一カ月となります。継続までの日数を空けられた場合、次回のフリーパスの開始時の料金は一ヶ月目の金額となります。

共通月パス
浦和店・柏店・春日部店の「月パス」「半年パス」「年パス」をお持ちの方は、以下の金額で共通化できます。

2店舗共通化 ¥1,080
全店舗共通化 ¥1,620
半年パス
新規 ¥70,200
継続 ¥62,640

レンタル用品(税込価格)

シューズ ¥330
チョーク(液体チョーク) ¥110
レンタルウェア
(Tシャツ or パンツ)
¥200
(上下セット¥300)
荷物ロッカーレンタル(半年) ¥1,100

アクセス - 高田馬場店(新宿区)

【住所】 東京都新宿区高田馬場4-9-9 早稲田13時ホールビル1F
【TEL】 03-6279-3155
【JR山手線】【西武新宿線】【東京メトロ東西線】 高田馬場駅より 徒歩1分

ジム設備(写真ギャラリー) - 高田馬場店(新宿区)

Coming Soon...

ページTOPへ

体験コースなどの各種お問い合わせはこちらから

フリークライミングとボルダリングって違うの?
自分の手足だけを頼りに、直接岩をつかみ登るのが元々ロッククライミングのテクニックの名称で「フリークライミング」と呼ばれていたものです。 40年以上前よりこの岩を登る1テクニックであった、フリークライミングが急速にジャンル化していきました。それが、今日のフリークライミングです。 ボルダリングはその中でも最もシンプルな遊びで、ロープや安全ベルト、ヘルメットやカラビナなど身を守るための道具を必要としない、基本的に飛び降りられる範囲の高さの石を登るものです。 ボルダリングは地質学用語でボルダー(石っころ)を登るのでボルダリングと言います。 ボルダリングはコースのレベルを上げ、自分の限界にチャレンジしていくので、登れるか登れないかギリギリの所で体を動かします。 この為ボルダリングトライ中の墜落は避けられません、今ではボルダリングマットという便利なものがあり、 それを使うのが一般的になっています。 ボルダリングマットは墜落の恐怖をかなり軽減出来るため、さらにボルダリングに集中できるような環境が整ってきています。 外でもボルダリングジムみたいですね。 ただマットを過信して外のボルダリングの危険を見誤って事故につながることもあります、十分注意してください。 岩の大きさで、ボルダリングスタイルでのクライミングに危険を感じたらクライマーは必要に応じてロープを使用し、自己のメンタル面をコントロールしながらトライします (ロープを登るわけでなないのですが、通称ロープクライミングと呼ばれております)。 この時初めて身を守るための様々な道具の知識が必要になってきます。 フリークライミングやボルダリングは特別に力だけが必要な訳ではなく、柔軟性やバランスなどを使って登るため、 小さい子供や力の無い女性、中高年のかたでも楽しめます。 最近は一人でも遊べるボルダリングに人気が集まっています。 クライミングジムもボルダリング専用の施設が爆発的に増えました。 ボルダリングはクライミングのジャンルの中でも最もシンプルで、取付き安いものです。

Copyright (C) Energy Climbing Gym. All rights reserved.