ご利用上の注意

クライミングは危険をともなうスポーツでありその本質はクライミングジム内でも変わらず、またジム独自の危険もあります。
クライミングをする方はその危険を理解したうえで各自の責任に於いて注意して行うようにしてください。
また、ジムを初めて利用される方は以下の項目に目を通して頂いてからご利用下さい。

施設の利用について

・滑り止めはチョークボール、もしくは液体チョークのみのご利用になります。
・壁に設置されているホールドは回転、破損する事があります。性質上完全に防ぐ事は出来ません、また気が付いたらスタッフまでお知らせ下さい。
・登っている人の下は危険ですので近づかないでください。
・ジム内は土足禁止、休憩スペース内はクライミングシューズ禁止になります。
・貴重品の管理はご自身でお願い致します。
・ゴミは各自でお持ち帰り下さい。
・預かり期限を過ぎた荷物は移動させて頂きます。また期限切れ後、半年以上経過したものは処分させて頂きます。
・忘れ物の預かり期限は三ヶ月です。過ぎた物は処分させて頂きますのでご了承下さい。
・駐車場はより多くの皆様に利用していただく為、駐車時は間を空けずにつめて停めてください。

ロープを使うクライミングについて

・ハンガー(金具)やカラビナはつかまないでください。(つかんだ状態で落ちると大怪我になります)
・不安定な体勢でのロープのクリップは危険ですので避けてください。
・ロープクライミング未経験者は必ず経験者に教わるか、ジムのレッスン(体験コース・ビレイレッスン・初心者講習・)を受けてください。
・確保やロープ操作に不安がある場合は必ずスタッフに申し出てください。
・ロープやハーネス・カラビナ等の用具は正しくセットしてください。セットの確認は当事者の責任になります。
ロープ操作や器具の使いかたを誤ると、重大な事故に繋がる可能性があります。

ボルダリング

・登るのは原則一つの壁に一人です。譲り合って登ってください。
・クライマーや落下させた物などが突然落ちて来る事がありますので、登っている壁の下には立ち入らないでください。
・マットは過信せず、体勢を確保してからおりてください。マットの隙間に落ちると怪我をする事があります。

小学生以下のご利用について

クライミングはその性質上完全に危険を防ぐ事は出来ません。小学生以下のお子様は保護者同伴の上、ジム内ではお子様から目を離さぬようお願い致します。
なお、18歳未満の場合は誓約書に保護者の方の印鑑、サインが必要になります。

・お子様にとってボルダリングエリアは大変危険です。人が上から落ちてくるので接触事故の恐れがあります。必ず保護者付き添いの上、初めて入る場合はスタッフに声を掛けてください。
・クライマーが突然落ちて来る事がありますので、登っている壁の下には居ないでください。
・お子様がオートビレイ機やトップロープで登る際、安全環付きカラビナのハーネスへのセットは必ず保護者の方が確認をおこなってください。
・お子様が走り回ったりすると大変危険です。他のお客様からクレームなどがあった場合はご利用を中止させて頂く場合があります。

ページTOPへ

体験コースなどの各種お問い合わせはこちらから

フリークライミングとボルダリングって違うの?
自分の手足だけを頼りに、直接岩をつかみ登るのが元々ロッククライミングのテクニックの名称で「フリークライミング」と呼ばれていたものです。 40年以上前よりこの岩を登る1テクニックであった、フリークライミングが急速にジャンル化していきました。それが、今日のフリークライミングです。 ボルダリングはその中でも最もシンプルな遊びで、ロープや安全ベルト、ヘルメットやカラビナなど身を守るための道具を必要としない、基本的に飛び降りられる範囲の高さの石を登るものです。 ボルダリングは地質学用語でボルダー(石っころ)を登るのでボルダリングと言います。 ボルダリングはコースのレベルを上げ、自分の限界にチャレンジしていくので、登れるか登れないかギリギリの所で体を動かします。 この為ボルダリングトライ中の墜落は避けられません、今ではボルダリングマットという便利なものがあり、 それを使うのが一般的になっています。 ボルダリングマットは墜落の恐怖をかなり軽減出来るため、さらにボルダリングに集中できるような環境が整ってきています。 外でもボルダリングジムみたいですね。 ただマットを過信して外のボルダリングの危険を見誤って事故につながることもあります、十分注意してください。 岩の大きさで、ボルダリングスタイルでのクライミングに危険を感じたらクライマーは必要に応じてロープを使用し、自己のメンタル面をコントロールしながらトライします (ロープを登るわけでなないのですが、通称ロープクライミングと呼ばれております)。 この時初めて身を守るための様々な道具の知識が必要になってきます。 フリークライミングやボルダリングは特別に力だけが必要な訳ではなく、柔軟性やバランスなどを使って登るため、 小さい子供や力の無い女性、中高年のかたでも楽しめます。 最近は一人でも遊べるボルダリングに人気が集まっています。 クライミングジムもボルダリング専用の施設が爆発的に増えました。 ボルダリングはクライミングのジャンルの中でも最もシンプルで、取付き安いものです。

Copyright (C) Energy Climbing Gym. All rights reserved.