ようこそふじみ野バプテスト教会へ! 本文へジャンプ
感激!初めての海外旅行   寄稿:ふじみ野バプテスト教会教会員F.H


 とても無理と思っていた海外旅行に初めて挑戦しました。
 眼下に渇いた大地とオレンジ屋根の集落が点在しているのが見えたときは、いよいよイタリアと胸が高鳴りました。最初は島々の間を運河が無数に走るヴェネツィアです。ゴンドラに乗り
心地よい風の中、運河を走るとベージュを基調にオレンジ、ピンクの建物の美しさに見とれました。次にパッと視野が広がりサン・マルコ広場に出ました。お城のようなサン・マルコ寺院が目に飛び込み、荘厳さに息をのみました。福音書を書いたマルコに献げられた大聖堂です。隣にはドゥカーレ宮殿があり、歴代総督の住居・政治・司法の中枢だった建物は、絢爛たるゴシック様式です。
 午後からロミオとジュリエットの舞台となったベローナへ。歴史を感じさせる中世の街並みを散策。やはり旧いお城や教会がありました。
 翌日はミラノ。ドゥオモは世界最大のゴシック建築で500年の歳月をかけ完成したそうです。135本の尖塔と数千の彫刻で飾られた大理石造り。迫力と美しさに感動。中はステンドグラス、絵画に溢れ、大震災の時には多くの人が祈りを捧げたそうです。
 フィレンツェでは、丘にあるミケランジェロ広場から街を一望しました。ドゥオモを中心にオレンジに統一され街全体が世界遺産で美しさに感動。ドゥオモは、高さ106mの円蓋が目印の花の聖母教会です。ウフィツィ美術館ではルネッサンス期の芸術を集めたもので、受胎告知やキリストを讃える多くの絵画を見ることができ感動。ピサの斜塔もピサ大聖堂の鐘楼との事で、大聖堂と並んでいて本当に傾いていました。シエナでは城塞に沿った道を登ると大聖堂や美しいカンポ広場がありました。
いよいよ永遠の都ローマです。二千年の歴史を感じるコロッセオの大きさにビックリ。ヴァチカン市国にあるキリスト教会最大のサン・ピエトロ大聖堂は、ペトロの墓の上に建立されたとのこと。上には140の聖人像が立っていています。中に入ると、マリアがキリストの遺体を抱いているピエタ像が目に飛び込んできました。ペテロ像や絵画があり、祈りを捧げてきました。
 イタリアはキリストの香りに包まれていて、その恵みに感動しました。







   〒354-0036 埼玉県富士見市ふじみ野東2−14−3 
TEL049-278-5754 FAX049-293-1002