色
HOME 春の高山祭 秋の高山祭 高山観光 近郊案内
 高山祭とは  春引き揃え  秋引き揃え  古い街並み  乗鞍スカイライン
 屋台考証  春からくり  秋からくり  高山
アラカルト
 穂高ロープウェイ
 高山の歴史      宿泊  白山スーパ林道

曳き揃え

日枝神社

国の重要有形民族文化財に指定されている屋台は、普段は屋台蔵に保
管されています。しかし祭期間中だけは特別に、屋台12台を観客にお披
露目。神楽台・三番叟・石橋台・龍神台は14・15日ともお旅所前広場に。
その他の屋台は14日は明神町通りに、15日は本町通りとさんまち通りに
曳き揃えられ、間近で見ることが出来ます。
曳き揃え

日枝神社の祭事として
4月14・15日におこなわれます

TOP
山王祭

御巡幸

春の高山祭
日枝神社本殿

夜祭

日枝神社境内
日枝神社門前
 Photo高山祭  史実高山祭

からくり奉納

14日の夜にしか見られない夜祭は、昼の絢爛豪華な雰囲気とは異なるも
うひとつの山王祭の魅力を伝えてくれます。12台の屋台は、それぞれ100
個もの提灯を灯した姿へ。そして「道行き」という囃子歌を歌いながら、
ゆっくり町を一巡し、祭の終わりには一斉に「道行き」から曳き別れ歌「高
い山」に変わり、曳き別れ歌「高い山」を歌いながら各屋台蔵へ帰っていき
ます。漆黒の闇や川面に揺れる屋台の灯りが、幻想の世界へ観客を誘います。
恵比寿台
14日の午後に日枝神社を出発し、民俗芸能を披露しながら町を巡る総勢
800名の大行列。一文字笠に裃姿の警固や獅子舞、闘鶏楽(とうけいがく)
楽人などが夕方まで町を練り歩きます。この日は、神輿はお旅所でお泊り
となり、15日は午後、お旅所から出発。両日の行列に屋台の台銘旗を建
てた台車が加わり、町を巡り日枝神社へ戻ります。
ご巡幸
山王祭最大の見所は、三番叟・石橋台・龍神台が披露するからくり奉納。
14・15日と2回ずつ、お旅所前で見事な妙技を繰り広げ、観客をわかせま
す。何本もの糸を巧みに操り、からくり人形を遠隔操作する綱方は、一人
前になるのに20年はかかるといわれるほど。鮮やかな演技の陰には表舞
台からは見えない何人もの綱方の息のあった動きが隠されています。
からくり奉納

Copyright(c)2007,y.fujii(sasukefujii@hotmail.co.jp) 

http://www7a.biglobe.ne.jp/~fujii/