滋賀県長浜

  



  


(長浜城が出来た時代)

天正元年(1573)8月28日、浅井家本拠・小谷城が織田信長軍により落城。浅井家滅亡。
天正元年(1573)9月、小谷城に羽柴秀吉が入城。
翌年、長浜(当時今浜)に城を築城
天正3年秋頃、お城が完成すると地名を今浜から「長浜(ながはま)」に改め、
天正10年まで住んでいた。
天正10年(1582年)6月2日、本能寺の変により織田信長・信忠父子自刃。

天正11年(1583年)4月21日、賎ヶ岳の戦いで羽柴軍、柴田軍に勝利。
              9月1日、羽柴秀吉、大坂城築城に着手


吉備の国HP全国を探訪 |  戻る

作成者 藤本典夫