ホームへ お問い合わせはこちら
ことばな くのぎふみえ オフィシャルウェブサイト
プロフィール スケジュール レッスン ディスコ リンク
ダイアリー
写真をクリックしていただくと、大きいサイズでご覧になれます

   
 
2010年12月24日(金)
「本年もありがとうございました」

先日、バイオリンの菅野朝子さんと
お仕事ご一緒させていただきました。
今回はクリスマスパーティーということで
クリスマスにちなんだ曲目も取り入れ
演奏させていただきました♪
会場からは東京タワーが見え
夜景もとても綺麗でした!

さて、今年も残りわずかとなりましたが
今年1年も、あたたかいご支援をいただきまして
誠にありがとうございました。

改めて、心よりお礼申し上げます。

現代という“時”を感じつつ古典に取り組み
自分の今の心を見つめながら二十五絃箏を
演奏するようになって
音楽に対する気持ちが、より純粋に、
そして、より鮮明になった気が致します。

大変なこともたくさんありますが
いろいろな形で日々演奏を続けていけることは
やはり私にとってとても幸せなことです。

これからも古典を大切にし、学びつつ
二十五絃箏の世界を広げていければと
思っております。

メリークリスマス!
そしてよいお年をお迎えください♪



2010年12月17日(金)
「宮崎 滋 作曲 個展2010」

いよいよ冷え込んでまいりまして
本格的な冬の寒さの到来ですね!

先日、作曲家・宮崎滋さんのコンサートに
出演させていただきました。
現代音楽を演奏させていただくのは本当に久しぶりでした。
プログラムはバラエティに富んだ編成で
洋楽曲・邦楽曲とが織り込まれていました。
私は、邦楽曲を2曲、二十五絃箏と十七絃とで
演奏させていただきました。
調弦が複雑なうえ、本番前日に十七絃の糸が
切れてしまうハプニングも発生!
十七絃の糸が切れることはめったに無いですが
糸締めをしてもらい、おかげさまで本番は無事に演奏できました♪
今回このコンサートで久しぶりに“笙”の
豊(ぶんの)明日美さんと再会いたしました♪
宮崎先生、共演者の皆様、誠にありがとうございました。



2010年12月3日(金)
「淡路島 B」

しづかホールは、とても立派なホールで
ステージも大きかったです!
式典には、ゆるキャラの“あわ神(あわじん)”くんも 登場しました。
かわいかったです!
今回ご一緒だったのは、淡路出身の大歳久美子さん
尺八の白鳥さんでした♪
淡路市の皆様、誠にありがとうございました!



2010年12月3日(金)
「淡路島 A」

はるか遠い昔、イザナギノミコトとイザナミノミコトが
天上から大きな矛先で下界をかきまぜ、矛を引き上げた時に
落ちた滴が固まって小さな島になり、
それが、日本列島の最初の島・淡路島であるという
神話が残されています。
淡路島はこうして、“国生み神話の島”となっているそうです。
そんな伊弉諾神宮を今回は参拝させていただきました。



2010年12月3日(金)
「淡路島 @」

12月に入り、今年も残すところあと1ヶ月となりました。
月日がたつのは、本当にあっという間ですね。

さて、先日私はまた、兵庫県の淡路島へ行かせていただきました。
神戸周辺から出ている高速バスに乗り、島へと渡るのですが
今回経由した“舞子”から眺める海の風景は
一段と清々しく、穏やかで、空気までおいしく感じられました。
水面がキラキラと輝き、心穏やかになる風景でした♪

今回、市内にある“伊弉諾(いざなぎ)神宮”を訪れました。



2010年11月25日(木)
「初音の会 コンサートU A」

今回は、私を育ててくださった恩師
矢崎先生が会場に聴きに来て下さいました。
とてもうれしかったのと同時に
身が引き締まる思いでした!

当日お越しくださいました皆様には
心より深くお礼申し上げます。
来月、12月11日にも狛江のエコルマホールにて
古曲である“尾上の松”を演奏させていただく予定です。
その他にも何曲か演奏させていただきます。
ワンコインで1日楽しめるイベントとなっております。
お時間ございましたら、是非遊びにいらしてください♪



2010年11月25日(木)
「初音の会 コンサートU @」

12月が近づき、朝晩だいぶ寒くなってまいりました。

先日、平野裕子さんとの、古典中心の会
“初音の会”コンサートがおかげさまで2回目を迎えました。
今回は、久しぶりに私もお三味線を演奏することができました。
二十五絃箏を演奏するようになってから
何かと古典から離れてしまうことも多く、
私にとって、古典に触れていられる大切な時間となりました。
自分自身のオリジナルの音楽を作る傍らで
古曲の演奏は、やはり続けていければと思っています。
二十五絃箏を演奏するのにも、作曲をするのにも
日本古来の表現に触れ、心を学び
それが自分の根底にいつもあったら、自分の音楽に
少しでも深みが出てくるような気がしております。



2010年10月29日(金)
「奈良への旅」

天候不順が続いておりますが
皆様お風邪などひかれていませんでしょうか?
私は相変わらず元気に過ごしております♪
今月は奈良へ行かせていただきました。
今回久しぶりに、あいおいの会でもご一緒の
山田流の佐久間景子さんと共演致しました。
帰りには、ちょうど今開催されている
正倉院展を見に行きたかったのですが
着いてみたら長蛇の列!。。。ということで
東京に帰らなくてはならない私達は
断念致しました。。。
そして車内から、奈良公園の鹿達を、
近鉄線の車窓からは平城京跡を眺め
気持ちだけでも(!)プチ観光をして、帰ってまいりました。
今年は平城遷都1300年。
次に奈良へ行く時には、平城京跡へ行ってみたいです♪



2010年9月27日(月)
「創造する力 心の力」

暑くて長い、今年の夏もようやく終わり、
涼しい毎日になってまいりましたね。

今月は、横浜のある町内会での催しや
病院でのコンサートで演奏をさせていただきました。
箏の音色を久しぶりに聴き、お客様が喜んでいらっしゃった
とのお声を聞き、私もとてもうれしく思いました。

さて、そんな合い間をぬって、先日
知り合いの油絵画家の先生が参加されている
作品展に行ってまいりました。
今回はグループ展ということで、他に何人かの方が
描かれた作品も数多く展示されていました。

大きなキャンバスに、たくさんの色を重ね
月日を経てできた作品たち。。。
それぞれの画家の大きなエネルギーが
1つ1つの作品に込められているようで
創造するというエネルギーの大きさを感じました。
音楽も、曲を作ったり、演奏活動をするのには
エネルギーが必要です。
また、時には心の力も必要だったりします。

そしてまた逆に、ある曲を弾くことで、その曲に
自分がエネルギーをもらっているように感じることもあります。

自分自身のエネルギーで創作したり活動したり、
また、時には作品から自分がエネルギーをもらったり。。。
創造する力や心の力、
そして心豊かにしてくれる作品達。。。
人の力ってすごいな、と思いました♪



2010年8月10日(火)
「日本の音 アジアの風 A」

そして、今回感じましたのは、やはり
聴いてくださるお客様への感謝の気持ちでした。
多くの方々からのご支援、メッセージ
演奏後にいただく拍手、お帰りになる時の皆様の笑顔、
私にとってはどれも本当にかけがえのないものです。
また、コンサートでは新らたな出会いもたくさんあります。
これからも、そんな一時一時を大切にしながら
自分自身を見つめ、音と向き合い
演奏していきたいと思いました。

ご来場くださった皆様には、改めて心より感謝申し上げます。
今後とも、変わらぬご支援いただけましたら何よりも幸せです。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます♪



2010年8月10日(火)
「日本の音 アジアの風 @」

今年の夏は、暑さ厳しい日が続いておりますね。
ここのところ、朝晩は少し過ごしやすくなったようですが
皆様、体調崩されておりませんでしょうか?

さて、先日は“日本の音 アジアの風”コンサートを
おかげさまで無事終えることができました。
今回は、私のオリジナル曲と、二胡奏者
ジャー・パンファンさんのオリジナル曲、そして
カバー曲、というプログラムを組ませていただきました。
ゲストのジャー・パンファンさん、そして元永拓さんには
あたたかいご助力をいただきまして
心より深くお礼申し上げます。
素晴らしい演奏、誠にありがとうございました♪



2010年7月23日(金)
「和楽器オーケストラ あいおい 岡山公演」

先週末、ちょうど日本列島の梅雨明けと同時に
岡山へ行ってまいりました。
今回は、“和楽器オーケストラあいおい”の岡山公演でした。
3公演というハードスケジュールでしたが
おかげさまで無事にツアーを終えることができました♪
今回は、地元の合唱団の方々も一部ご参加してくださいまして
日本の四季に因んだコーラスとの共演もありました。
素朴でとても美しい旋律に、私達も
なんだかとても癒された気が致しました。。。

夏の青空が広がる岡山の風景と
今回、プログラム前半の小編成の曲でご一緒していただきました
メンバーとの楽屋写真を掲載させていただきました♪

お客様をはじめ、お世話になりました関係者の方々、
共演者の方々に、心よりお礼申し上げます。



2010年6月18日(金)
「名古屋へ行ってまいりました」

ようやく梅雨に入りましたね。
気温の差が大きかったり、またむし暑い日が続いたりして
体調を崩されている方が多いようです。
皆様も、どうかご自愛下さい。

さて、先日私は名古屋へ行ってまいりました。
名古屋は、新幹線で通る度に大きな町だとは感じておりましたが
眺めていて改めてそう感じました。
旅行好きな私は、お仕事でもプライベイトでも
日常から少し離れ、遠くへ出掛けられると
なんだかとてもうれしくなってしまいます♪

来月には、あいおいの会で岡山を訪れる予定です。
岡山は初めてで、訪れることを楽しみにしておりますが
邦楽の楽しさをお伝えできますよう
また地元の方と一緒に楽しめますよう、一生懸命演奏してまいります。
多くのお客様のご来場を心よりお待ち申しております。



2010年6月2日(水)
「祝賀会」

あっという間に5月が終わり、6月に入ってしまいました。
今年の梅雨入りは例年よりも少し遅く、もうしばらく先になるようです。

さて、先日私の師匠である古屋先生ご夫妻の
米寿・喜寿の祝賀会が行なわれました。
お二人揃って、現役でこのお祝いの日を迎えられまして
そのお姿にとても感動致しました。
そして、“これからも、日々を楽しみながら、
向上心を持って生きていきたい”
と言われた先生のお言葉は、とても印象に残り
心にじんわりと響きました。
先生のおかげで、私は今の自分自身があり
改めて、先生には感謝の気持ちで一杯です。
北は青森から、南は九州から多くの方々が集まり
素晴らしい時間を過ごさせていただきました♪



2010年4月8日(木)
「あわじ 花と香りの夢絵巻」

桜がようやく見頃を迎えましたね。
美しい桜が穏やかに花開らく中、
先週、淡路での公演がおかげさまで無事に終わりました♪
今回は、〜箏で描く、ふるさと淡路の春〜というテーマで
箏奏者、大歳久美子さんの出身地、淡路島の
春の風景や、花、海などのイメージが
盛り込まれた曲をたくさん集め、
素敵な構成の演奏会となりました。
「二人静」は今回は舞も入り、とても豪華なステージで
わくわく致しました!

淡路の皆様、誠にありがとうございました♪
改めて、心よりお礼申し上げます。



2010年3月26日(金)
「百草団地自治会 結成40周年記念式典 A」

自作曲「雪とけて」も演奏させていただきました。
作曲を始めたばかりの時に作ったこの曲は
私にとってたくさんの“思い”が詰まっており
久しぶりに演奏して、またその頃の気持ちがよみがえり
特に気持ちが込もりました。

市長様をはじめ、お忙しい中聴きにいらしてくださった
お客様に、心より感謝申し上げます。
また、自治会の皆様のご尽力にも深く感謝致します。
ありがとうございました♪



2010年3月26日(金)
「百草団地自治会 結成40周年記念式典 @」

暖かくなったかと思うと、急に冷え込んだり
春本番が待ち遠しい今日この頃ですね。

さて、先日私の出身地である日野にて
百草団地自治会 結成40周年記念式典が催され
式典の中でコンサートをさせていただきました♪
バックには、とても春らしい素敵な装飾がされていて
気持ちもとても和みました。
ご一緒してくださいましたのは、
尺八の、櫻井咲山さん。
素敵な演奏と共に、とても楽しいトークをしてくださいました♪



2010年3月4日(木)
「神戸に行ってまいりました B」

第二部では洋装となり、気持ちも新たに演奏致しました。
そして、アンコールまで有難くいただきました♪

神戸は、何かとご縁がありまして
今まで何回か行かせていただきました。
震災から15年という月日が経ちましたが
きっと、はかり知れない傷跡が
今もまだ多く残っていることと思います。
でも、街は復興し、明るく、海と山に囲まれ
訪れるたびにとても素敵な街だと感じております。



2010年3月4日(木)
「神戸に行ってまいりました A」

会場はホテル内でしたが、とても立派な舞台が用意されておりました。
久しぶりに黒紋付姿です♪
やはり和の雰囲気になりますね。
共演は、尺八の芦垣r盟さん、お箏の大歳久美子さんでした。
大変お世話になりました!



2010年3月4日(木)
「神戸に行ってまいりました @」

3月に入り、ようやく春の訪れを少しずつ
感じられるようになりました♪
これからが、1年の中で一番いい季節ですね。
さて、先日私は神戸へ行ってまいりました。
そこでは何曲か演奏させていただきまたが、
その中で、中井智弥さん作曲の「二人静」も演奏させていただきました。
戦乱の時代に生きた静御前にちなんだ曲で、とても素敵な曲です。
この静御前のお墓が、兵庫県淡路島にはあるそうです。

そして、なんと「二人静」という名前のお菓子があり
先日いただきました。
水仙は、兵庫県洲本市の市花だそうです♪



2010年2月18日(木)
「リハーサル」

今年に入ってから、東京も何度か雪が降りましたね。
厳しい寒さが続いておりますが、皆様お変わりございませんか?
さて、先日、あるコンサートのリハーサルで
久しぶりにお箏仲間とお会いしました♪
一緒に演奏するのは、何年ぶりになりますでしょうか。。。?
皆様とまたご一緒させていただくこと
とても楽しみです。

そして、先日は私の二十五絃箏曲
“彩光馬”を箏と十七絃の編成で
初めて他の方が演奏して下さいました。
オリジナル曲は、皆様に聴いていただく楽しみ、
そして、今回他の方に弾いていただく機会に恵まれ、
そんな楽しみもあり、とても幸せに思っております♪
   



2010年1月15日(金)
「本年もどうぞよろしくお願い申し上げます」

明けまして、おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます♪

今年も、ひとつひとつの音を大切に、また、
自分の心を見つめて、音楽活動を続けていけたらと思っております。
そして、音楽を通して視野を広げたり
より充実した音を皆様にお届けできたらと
思っております。
今後とも、あたたかく応援していただければ
うれしいです♪

今年も皆様に多くの幸があり、素晴らしい年となりますよう
心よりお祈り申し上げます!

新年は、やはり着物での演奏が多いです!(写真左手)



2009年12月21日(月)
「清々しい気持ちになりました」

今年も残すところあとわずかとなってまいりました。
ここのところ、冷え込みも一段と増してきましたね。

さて、私は先日富士山を見に行ってまいりました。
甲州名物の“ほうとう”をいただきました♪
具沢山のあつあつのほうとうで
冷えた身体もぽかぽかと温まりましたよ。
こんなひと時は、本当に幸せです。

そして晴れ渡った空に、美しい富士山。。。
心から癒されました。
この富士山を眺めていたら
今年1年もまた、活動を続けられて
箏と向き合ってこられて、本当によかったと
心から思え、とても清々しい気持ちになりました。



2009年12月10日(木)
「福井につづき、東京公演♪」

先日、新井智恵さんのリサイタルの東京公演が、無事に終わりました♪
当日はたくさんのお客様がお越しくださり
楽しんでくださいまして、とても素敵な演奏会となりました。
私も気持ちよく、楽しく演奏させていただきました♪
本番はいつも、早送りをしているかのように
あっという間に過ぎていってしまいます。
これからも、ますます音を大切に、心をこめて
演奏をしていきたいと思いました。
(写真左手は、新井智恵さんと。十七絃二面で演奏する“めぐりめぐる”
盛り上がりました。)



2009年11月20日(金)
「福井へ行ってまいりました」

急に寒くなってまいりましたが、皆様お変わりございませんか?
さて、先週末私は、新井智恵さんのリサイタルで
福井へ行ってまいりました♪
福井を訪れるのは今回が初めてでしたので、
旅好きな私は、とても楽しみにしておりました。

2両の電車がのんびりと走る、のどかな田園風景。。。
そんな風景の中に、今回の会場“ハーモニーホールふくい”が
ありました。
ホールの音響もとてもよくて、気持ちよく演奏させていただきました。

無事に演奏を終え、皆で記念撮影をしましたよ。
新井さんをはじめ、共演者の瀧口舞衣子さん、櫻井咲山さん、
大変お世話になりました♪



2009年11月12日(木)
「第2回 箏・二十五絃箏リサイタル D」

私の長年の思いが形となりました自作曲「大河麗流」。
ジャーさんの奏でる素晴らしい二胡の音色とともに
楽しく演奏させていただきました♪

今回のリサイタルで、多くの方々から
励ましや応援メッセージをいただきました。

ただただ、感謝の気持ちで一杯です。


ありがとうございます。。。


また、お越しくださいましたお客様に、心より厚くお礼申し上げます。

今後とも、皆様に応援していただけましたら、幸せです。
どうぞよろしくお願い致します。



2009年11月12日(木)
「第2回 箏・二十五絃箏リサイタル C」

今回は、素晴らしい二胡奏者、ジャー・パンファンさんを
お招きすることができました。
ジャーさんの曲「睡蓮」を演奏させていただきましたが
心に響く、とても美しい曲で、リハーサルから本番まで
何度弾いてもうっとりしてしまいました。



2009年11月12日(木)
「第2回 箏・二十五絃箏リサイタル B」

尺八の賛助出演には、善養寺惠介さんをお迎え致しました。
善養寺さんと、平野さんとまた3人で古典曲を演奏できましたこと
とてもうれしく思っております。
善養寺さんは、今回後半にも引っ張り出してしまいましたが
快くおつきあいくださいまして、心より感謝申し上げます♪



2009年11月12日(木)
「第2回 箏・二十五絃箏リサイタル A」

今回も、古典曲から現代曲、私のオリジナル曲まで
盛りだくさん、演奏させていただきました。




2009年11月12日(木)
「第2回 箏・二十五絃箏リサイタル @」

先日、第2回目の、箏・二十五絃箏リサイタルを
開催させていただきました。
多くの方々のお力添えをいただき、おかげさまで
無事に終えることができました。
こうしてまたリサイタルができましたこと。。。
改めて、とても幸せに感じております。

お三味線を弾いてくださいました平野裕子さん。
いつも、どんな時も、あたたかく見守ってくださる
とても素敵な方です♪


2009年9月24日(木)
「ドラゴニクル」

先日、ドラゴニクルLIVEに出演させていただきました。
中井智弥さんのオリジナル作品を中心に
私はこの日は、箏と低二十五絃箏を演奏致しました。
中井さんの曲はどの曲も素敵で、
演奏させていただくといつも、自然と魂が入ってしまいます。
中井さんとは、一緒に演奏をし始めて
今年でちょうど10年。。。
またこうして一緒に音楽ができたことに感謝です。

来週は、ひめひおをぎさん(写真右)のライブがあります。
乃詠さんの歌声を聴きに、是非いらしてくださいね!
きっと多くの方が、その歌に共感していただける部分が
あると思います♪

2009年9月8日(火)
「唐招提寺 音舞台」

先日、「JAL 唐招提寺音舞台」に出演させていただきました。
お寺で開催されるこの音舞台は、演出も豪華で素晴らしく
月夜の下でライトアップされるステージは、とても幻想的です。

もう十年以上前になりますでしょうか。。。
学生だった私は、ある時偶然
「金閣寺音舞台」をテレビで目にしました。
その時は、夢にも思っていませんでした、
まさか自分がその舞台に出演する日がやってくるとは。。。
それが、3年前の2006年に「あいおいの会」として出演
今回「万華響(中井智弥×久野木史恵)」として出演させていただき
このご縁に、心より感謝しております。
私の大好きな世界遺産でまた一つ思い出ができました。
天候にも恵まれ、美しいお月様のもと
この素晴らしい舞台に立たせていただいたことを
とても幸せに思いました。

2009年8月21日(金)
「ご心配おかけいたしました」

8月も半ばを過ぎましたが、もうしばらくむし暑い日は続きそうですね。
皆様お変わりございませんか?
さて、しばらくの間、皆様には大変ご心配をおかけしておりました。
皆様のお気持ちに、心より深く感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、ほんのわずかな間ですが
毎日触れている音楽からひとたび離れてみると
“音”というものが、日常の中で
自分の心を潤してくれる存在だということを改めて感じました。
たとえば、テレビからはいろいろな音がいつでも流れていて
楽しかったり、心潤うものもたくさんありますが
一番豊かな気持ちになると感じたものは
私にとって、箏、そして二十五絃箏の、ごく素朴な音色でした。
お花一輪でも、とても気持ちが豊かになるように
ごくシンプルな、楽器ただひとつの音色で、心がはずんだ私でした♪
そんな、シンプルな音への気持ちを大切に
これからも演奏していきたいと思いました。
(お客様からいただいた蘭が、再び花を咲かせました。左写真)

2009年6月24日(水)
「オアシス♪」

都会のビルの谷間にも、このような緑豊かな場所があるのですよね。
仕事でたまにこのような場所に行くと
なんだかゆったりと時が流れ
自分にとってのオアシスとなります♪
演奏した場所のお庭には、蚊取り線香の香りがほのかに漂い
子供の頃、祖母の家で過ごした夏休みを
思い出しました。
この日は学生時代からお世話になっている方と
ご一緒させていただきました。
年はだいぶ離れていますが、とても気が合い
以前、台湾にも二人で演奏しに行かせていただいたき
この日もとても楽しくお仕事致しました♪


2009年6月16日(火)
「歩いてゆこう」

最近、ふと思い出したことがありました。
それは、ある時、自分が一度に多くの事情を
抱えなくてはならなくなってしまい
身も心もボロボロになってしまった時のことです。。。

その時から、私は少しでも成長できたかな。。。
そのことから何かを学べたかな、
その問題と上手につきあってこれたかな、
そして、これからも上手につきあっていけるかな、
当時を思い出す度に、そう自分に問いかけています。

それから長い時間が経ち、なんとか
大きな荷物は少し小さくすることができましたが
まだまだ自分についてまわります。
でも、いつかは身一つで歩けるように、これからも
“よいしょ。よいしょ”と運んで歩いてゆきたいと
思っております。

さて先日、ひめひおをぎさんのサポートを一緒にしております
ピアニストの鍛治ひろみさんと
お仕事ご一緒させていただきました。
ひろみさんのアドリブはいつも本当に素敵です♪

2009年6月9日(火)
「目には見えない宝物」

6月に入り、梅雨の季節となってまいりました。
6月と言えば、昔から
芸事は6歳の6月6日から始めるとよい、という
お話がありますね。
私も子供の頃、いくつかお稽古事をしておりました。
子供ながらに時には大変なこともありましたが
上達したり、お友達ができたりと、楽しい時間でした♪

最近レッスンをしていると
お弟子さんや、お弟子さんの親御さんから
お便りをいただいたり、お話を伺うことがあり
皆様の声が、私自身のエネルギーの源となっていることに
気づかされます。
皆さんがお箏を楽しんでくださって、私もとてもうれしいです。
そんなお弟子さん達とのコミュニケーションは
目に見えない、私の日々の宝物です。
(写真左手は、お弟子さんがくださったお花です)

2009年5月29日(金)
「彩光馬(さいこうば)」

私の曲の中に「彩光馬」という曲があります。
太陽の光や月の光に照らされながら
草原を颯爽と自由に走り抜ける
そんな馬の姿をイメージした曲です。
これも「雪とけて」と同様
好きと言ってくださる方が多く、私もとても幸せです。

「彩光馬」は二十五絃箏の甲乙の曲ですが
“箏(普通の13絃の箏)で是非弾きたい”というご要望がありまして
今回お箏用の楽譜を書きました。
また、洋楽の方でもやってみたいと言ってくださった方がいて
今度、セッション致します♪
お箏バージョンや、ピアノバージョン。。。
どんなサウンドになるかな♪

2009年5月21日(木)
「お箏クラブ 指導サポート」

先日、ある小学校のお箏クラブの指導に
行かせていただきました。
学校の音楽の授業に、邦楽が取り入れられるようになった今
子供達に、より箏に興味を持ってもらえることは
とてもうれしいことです。
学校に着き、廊下を歩いていると
子供達があいさつをしてくれたり、話しかけてくれたり
とても真っすぐで純粋な子供達でした♪
こちらの投げかけにも、すぐに手があがったり
言葉が出たりと、皆積極的で一生懸命。
最後の質問コーナーでは、たくさんの質問が出ましたよ。

私は子供の頃、近所のお箏教室へ通っていましたが
先生がとてもやさしくて、そんな先生に会えるのが楽しみで
通っていたことを今でも覚えております。


2009年5月15日(金)
「森の会」

今が1年で一番いい、新緑の季節。。。
さわやかな気候が続いておりますね♪
草木やお花も、のびのびとして
太陽の光に照らされながら、うれしそうに
風になびいているようです。

さて、箏にはいろいろな会があり
私もいくつか所属しておりますが
その中の一つに、芸大の生田流箏曲専攻卒業生による会
「森の会」という会があります。
私は昨年より2年間、この「森の会」の幹事をしておりまして
先月、そして今月と、久しぶりに芸大を訪れております。
懐かしくもあり、また新しく変わったところには
驚きを感じております!
今回は、50回記念の定期演奏会を、学内の奏楽堂で
6月7日(日)午後3時から開催致します。
多くのお客様のご来場を心よりお待ち申し上げます♪


2009年4月30日(木)
「和洋折衷 U C」

演奏の合い間のお話も、とても楽しかったです!
お客様からもたくさんの笑いや笑顔がありました。
お忙しい中ご来場下さいましたお客様には
改めて心より深く感謝申し上げます。

これからも、心で音を感じ、音を大切に
演奏してまいりたいと思っております。
そして皆様に長く愛していただける音楽ができることを
願って、今後も演奏活動してまいります。

2009年4月30日(木)
「和洋折衷 U B」

二十五絃箏を洋楽器の中に溶け込ませ
素敵なアンサンブルで編曲してくださいます
作曲の深川甫さんです。(写真左)
今回は深川さんのオリジナル曲もプログラムにありましたが
とても美しい音世界が広がっているようでした♪

心地よい空間で、素敵な共演者と共に音楽ができることを
改めてとても幸せに感じております♪

2009年4月30日(木)
「和洋折衷 U A」

いつも素晴らしい音色を聴かせてくださる
ヴィオラの生野正樹さんです。(写真左)
さまざまなところでご活躍されています♪

さりげないのに、それでいてとても存在感があって
味わいある音を奏でていらっしゃる
コントラバスの鷲見精一さんです。(写真右)
あたたかいお人柄にも癒されます。


2009年4月30日(木)
「和洋折衷 U @」

先日、和と洋の弦楽器と、ピアノによるコンサート
「和洋折衷 U」に出演致しました。
洋楽器と二十五絃箏の演奏を、生の音で
また、スタイリッシュな空間で
お聴きいただくコンサートです♪
今回も、それぞれのソロを交えながら
いろいろなパターンのアンサンブルで演奏しました。



2009年4月17日(金)
「桜の花会 C」

最後には「ふるさと」を二人で演奏致しました。
会場はとてもあたたかく、和やかな雰囲気に
包まれていた気がしました。
「桜の花会」にお越しくださいました皆様
誠にありがとうございました。
演奏が終わってから、お客様との交流もでき
とてもうれしかったです。

そして、お世話になりました諏訪の皆様にも
心より深く感謝申し上げます♪

2009年4月17日(金)
「桜の花会 B」

この日は、箏と二十五絃箏とを演奏致しました。
ご一緒してくださったのは、尺八の長須与佳さん。
尺八を吹く時には、袴姿のことがほとんどですが
着物姿の長須さんも、とても素敵です♪


2009年4月17日(金)
「桜の花会 A」

諏訪は、ちょうど桜の花が満開でした。
「桜の花会」という名前の通り、満開の桜が
店内、そして中庭に飾られていました♪
活け込みの実演もありましたよ。

私が演奏したところは、開放された中庭の
すぐ脇で、外から時折心地よい風が吹き
また山も見え、とても気持ちよかったです。

2009年4月17日(金)
「桜の花会 @」

先日、演奏で長野県の諏訪を訪れました。
大正時代の民家を、木曽の薮原から移築したという
みそ茶屋「千の水」さんというお店です。
建物は、築100年を越えるそうで、太い梁や柱など
とても趣きがありました。
建物から、自然の息吹を感じ、心もとても落ち着きました。

合い間をぬって、近くの高島城をちょっぴり散策してまいりました♪
(右手写真です)
       

2009年4月8日(水)
「ぬくもり」

先日、青梅の病院に、コンサートで伺ってまいりました。
病院の外には、桜の花も華やかに咲き乱れ、
とてもさわやかな日でした♪
また、中庭には、植物が多いことはもちろん、動物がいたり
鳥が飛んできたりと、自然があふれていましたよ。
演奏を聴いてくださったお客様の目も
きらきらと輝いていらっしゃって、
私もとてもうれしくなりました♪

さて、その日、全ての演奏を終えた時
お客様の中のお一人が、私に声をかけてくださいました。
私もついしゃがみこんで、しばらくお話致しました。
そして気がつくと、お話しながらお客様の手が私の手を
きゅっと握っていらっしゃったのです。
その手は、とてもあたたかく、ぬくもりに
満ちていました。。。

私の祖母も、きっと空の上で私の演奏を
聴いてくれていると思いました。
ね。おばぁちゃん。
       

2009年3月31日(火)
「平山台 わいわいフェスタ A」

尺八は、長須与佳さんがご一緒してくださいました。
美しい尺八の音色に、会場の皆様も心地よい時間を
過ごしていただけたようで、とてもうれしく思っております♪
また、スタッフの皆様、ボランティアの皆様の
あたたかいサポートにも、心より感謝しております。
最後にはお客様にも「ふるさと」で歌に参加していただきました。
私にとっても、心があたたかくなった午後のひと時でした♪
       

2009年3月31日(火)
「平山台 わいわいフェスタ @」

先日、「平山台 わいわいフェスタ」の
音楽会にて、箏の演奏をしてまいりました♪
前半は箏の演奏、後半は日本歌曲のステージでした。
会場はお客様でいっぱいとなり、立ち見も出る程でした!
今回は主催者の方から、地元のお客様との
ふれあいを是非!とのことで
お客様との交流も深めながらの
アットホームなコンサートとなりました♪
       

2009年3月14日(土)
「雪とけて。。。」

昨年7月から委員をしておりました、
私の出身地である日野市の
“藝術・文化の薫るまち”基本計画策定懇談会が
今月で終了致しました。
委員会では、藝術や文化に携わる方達が半年にわたり
多くの意見を出し合いました。
皆様のいろいろなお考えを知り、またお話を聞かせていただき、
委員の皆様とめぐり会えたことに、とても感謝しております。
(左にいらっしゃるのが、日野市の馬場市長さんです)

さて、3月の初めに東京にも雪が降りましたが
ようやく、本格的な雪解けの季節。。。
春にぐっと近づいてきたような気がします♪
私の曲に「雪とけて」という曲がありますが、
この曲は、雪がとけるまでの長い季節(時)と
やがて迎えた雪解けにドラマ性を持たせて作った曲です。
人は生きていると、楽しいことばかりではなく
誰にでも、多かれ少なかれ困難や悩み、苦しみが生じます。
時には葛藤、乗り越えなくてはならない壁、痛み、悲しみ。。。
多くの経験をします。
「雪とけて」では、そんな人生への葛藤も描きました。
神様は、人に、乗り越えられない試練は与えない
といいます。
どんな困難に出くわしても、やがて雪が解ける時はやってくる。。。
そんなふうに思い、また願って描きました。
「雪とけて」は、私の曲の中でも気に入ってくださる方が多く
これからも多くの方々に聴いていただければ幸せです。

さて、右手の写真は、トルコキキョウ。。。
とてもかわいくて、短くカットして飾っていました。
すると、驚く程長い間、元気に窓辺で咲き続けていました♪
まだまだ朝晩は寒いですが、桜草も元気に咲いています。
こんな花のように。。。凛として生きていきたいと思いました♪
      

2009年2月27日(金)
「初音の会 コンサートT A」

プログラムは、古典曲と、宮城道雄先生の曲が中心でした。
泉の里では、これまでにも何回か演奏させていただいて
おりましたが、藝大を入る少し前に演奏したのが
泉の里での初めての演奏でした。
舞台に立つと、その頃を思い出して
自然と初心にかえった気持ちになっておりました。
お忙しい中ご来場くださいましたお客様には
改めて心より感謝申し上げます。
これからも、感謝の気持ちを忘れずに
音楽活動してまいりたいと思っております♪
今後ともご支援どうぞよろしくお願い申し上げます。

(左の写真、左手にいらっしゃるのが平野裕子さん。
右の写真は、お客様がくださったお花です。)

2009年2月27日(金)
「初音の会 コンサートT @」

先日、初音の会 コンサートを
泉の里コンツェルトザールにて開催させていただきました。
初音の会は、大学の、また私の所属しております
鳳友会の先輩である、平野裕子さんとの会です。
初心を忘れずに一音一音を大切にしながら
音をつむいでいきたいとの思いから発足した会です。
会場の泉の里は、手作りの雰囲気が漂うホールで
お客様との距離もとても近く、間近で
箏やお三味線の生の音色をお聴きいただきました。

2009年2月14日(土)
2月も半ばを迎え、寒さの中にも
少しずつ、少しずつ、春の気配を感じられるようになりましたね♪
日本には四季があり、それぞれの季節ごとに咲く花があって
春には桜、夏には朝顔や向日葵、秋には赤く色づく紅葉があり、
冬から春に向けては梅が花開き、
草花だけをとっても、本当に風情がありますね。

これからの本番にむけて
日々様々な準備に追われてはおりますが
その合い間に少しまわりを見渡して
季節の移り変わりを感じております。
そんな時間も大切にしたいです♪

2009年1月21日(水)
「華の宴 A」

この日は赤い着物姿のノエルさん
夜空をバックに、とても映えていました♪
お客様とともに音楽を分かち合うひと時
あっという間に時間が過ぎていきました。
またの共演、楽しみにしております!

2009年1月21日(水)
「華の宴 @」

先日、“月見ル君想フ”というライブハウスにて
ポップスユニット・ひめひおをぎさんのサポートで
演奏してまいりました♪
今回は、これまで使用してきた十七絃から一転
私は全て二十五絃箏の演奏となりました。
今回はヴォーカルのノエルさんの登場シーンでは
演出が加わり、とてもムード溢れる
ライブとなりました♪

2009年1月17日(土)
新年を迎え、早くも半月が過ぎました。
皆様、今年もゆっくりとお正月を過ごされたでしょうか?
この1年も皆様にとって、健康で幸多い
素晴らしい年となりますように
心よりお祈り申し上げます!

私は、今年も初心を忘れずに
ありのままの素直な気持ちで音を楽しみながら
演奏したり、曲を作っていきたいと思っております♪
今年も応援、どうぞよろしくお願い申し上げます!


2008年12月23日(火)
「和洋折衷 コンサート B」

今回はソロをはじめ、いろいろな編成で
演奏いたしました。
初めてのコントラバスとの共演
そして、きれいな音使いで編曲してくださる深川さんとの共演
本番は、それぞれの響きや、音色を
演奏しながら感じておりました。
お客様にはクラッシック、そして邦楽器を
身近に感じていただけたようで
私もとてもうれしかったです♪
ご来場くださいました皆様、そして共演者の皆様
誠にありがとうございました。

2008年12月23日(火)
「和洋折衷 コンサート A」

ヴィオラの生野さんと「さくら」を演奏いたしました。
生野さんのCDアルバム「故郷〜FURUSATO〜」では
私も「さくらさくら」でジョイントさせていただいております。
心地よいヴィオラの音色。。。とても素敵なアルバムです♪

右手の写真、左手から今回の共演者
編曲・ピアノの深川甫さん、ヴィオラの生野正樹さん
コントラバスの鷲見精一さんです。
大変お世話になり、楽しく演奏させていただきました♪

2008年12月23日(火)
「和洋折衷 コンサート @」

街はクリスマスムード一色ですね。
これからもっと寒くなってまいりますが
冬至を過ぎたので、お日様の光は
日に日に延びていきますね♪
そう思うとなんだかうれしいです。
夏至の頃に生まれた私は、明るい太陽の日差しが大好きです。

さて、先日は「和洋折衷 コンサート」がありました。
西洋と和との融合、こちらも冬の太陽のようにぽかぽかと
和やかなコンサートとなりました♪

2008年12月19日(金)
「THE 落語 A」

たけ平さんのお話はわかりやすく
また、とても楽しかったです。
そして今回、ひめひおをぎさんのサポートとしては
初めて、二十五絃箏を演奏いたしました。
お客様にも二十五絃箏に関心を持っていただけて
皆様にとって、箏や二十五絃箏
そして邦楽を聴くきっかけになれば、と
私も願っております。
落語とのコラボレーション、
アットホームで、とても和やかな
ライブとなりました♪

2008年12月19日(金)
「THE 落語 @」

12月も半ばを過ぎ、今年も残すところあとわずかとなりました。
皆様お風邪などひかれておりませんでしょうか?
さて、先日私は「THE 落語」というライブに出演してまいりました♪
今回は、いつもサポートさせていただいております、
和をとりいれたポップスのユニット、ひめひおをぎさんと
落語家、林家たけ平さんとのコラボレーションライブでした。
前半は、それぞれのステージを設け、
後半は「お菊の皿」で落語と歌とのコラボレーションをしました。

2008年11月6日(木)
「日野市表彰式 コンサートA」

演奏のクライマックス。。。
さらに魂が入りました。
いつも共演してくださる中井智弥さん
今回もありがとうございました♪



2008年11月6日(木)
「日野市表彰式 コンサート@」

先日、11月3日文化の日
平成20年 日野市表彰式にて
演奏をさせていただきました。
新たにまた、多くの方々に二十五絃箏を
聴いていただく機会に恵まれ
とても感謝しております♪

2008年10月31日(金)
急に肌寒くなってまいりましたが
皆様お変わりございませんでしょうか?
さて、先日私は中国古箏の演奏家でいらっしゃる
伍芳(ウーファン)さんとお目にかかりました。
久しぶりの再会、とてもうれしかったです♪
伍芳さんの優しいお人柄から、あたたかく、
そして芯のあるエネルギーをいただいたような
そんな気がしております。
伍芳さん、いつも本当にありがとうございます。
日本の箏は、遥か昔、中国から海を渡り、やってまいりました。
作曲する中で私は、中国や、広い大陸を
テーマにして、またイメージして作曲しております。

さて、右手の写真は、お弟子さんが手作りしてくださった
プリザーブドフラワーです♪
私はお花が大好きなので
その愛らしさに和んでいます。

2008年10月23日(水)
先日、わたしのお気に入りの、とある場所に
静養に行ってまいりました。
山はとても空気がきれいで気持ちがいいですね。
そして、その後さらに修善寺まで足を伸ばしでまいりました。
修善寺もとても大好きなところです。
とてもとても、癒されたひと時でした♪


2008年10月23日(水)
「久野木史恵 箏・二十五絃箏コンサートVol.4 G」

終演後、お客様にごあいさつしております。

人生は奇跡の連続。。。
奇跡を信じて。。。 これからも、感謝の気持ちを大切に
歩んでまいります。
今後とも、応援よろしくお願い申し上げます♪



2008年10月23日(水)
「久野木史恵 箏・二十五絃箏コンサートVol.4 F」

「楊貴妃」は改定初演でしたが、中井さんが
私の好みも考え、作曲してくださいました。
いつも充実した素晴らしい曲を本当にありがとうございます。

そして、お忙しい中、コンサートへご来場くださいました皆様
誠にありがとうございました。
改めて心よりお礼申し上げます。。。

2008年10月23日(水)
「久野木史恵 箏・二十五絃箏コンサートVol.4 E」

後半は、パートナーである中井智弥さんと
二十五絃箏のオリジナル曲の演奏が続きます♪
最後に、中井智弥さん作曲
二十五絃箏甲乙奏合「楊貴妃」を演奏致しました。


2008年10月23日(水)
「久野木史恵 箏・二十五絃箏コンサートVol.4 D」

長須与佳さん、岩田卓也さんとのトークも和やかな雰囲気で
それぞれの個性が溢れ、とても楽しかったです。
中井智弥さんにも曲の解説を中心に
素敵なコメントをいただきました。



2008年10月14日(火)
「久野木史恵 箏・二十五絃箏コンサートVol.4 C」

自作曲「雪とけて」を演奏しております。
そして後半では、トークも交えながらの演奏です♪



2008年10月14日(火)
「久野木史恵 箏・二十五絃箏コンサートVol.4 B」

長須与佳さんの琵琶は、本当に素敵です。

岩田卓也さんの尺八も、昔から変わらず
アグレッシブでかっこいいです。

リハーサルもとても楽しかった。。。

2008年10月14日(火)
「久野木史恵 箏・二十五絃箏コンサートVol.4 A」

中井智弥さんのお三味線姿も素敵。。。

さて、洋装に変わると次は「仲秋詩抄」という曲です。
いい緊張感で、とても楽しかったです。


2008年10月14日(火)
「久野木史恵 箏・二十五絃箏コンサートVol.4 @」

さて、先日、私の地元・日野で
4回目となるコンサートを致しました。
天気予報では当日は雨でしたが、
おかげさまで午前中はさわやかに晴れ
コンサート終了までお天気がもちました♪
当日は、地元をはじめ各地から日野まで
足をお運びくださいまして、ご来場くださった皆様には
この場をお借りして改めて心よりお礼申し上げます。
また、応援メッセージをくださった多くの皆様にも
深く感謝申し上げます。

さて、当日は古典曲をはじめ、現代曲
私のオリジナル曲まで、幅広いプログラムで
演奏させていただきました。
今回は、昔から一緒に演奏してまいりました方々を
ゲストにお招き致しました。
前半の古典曲は着物姿です。

2008年10月1日(水)
気がつくと9月も終わり、あっという間に
10月に入ってしまいました。
ここのところ不安定な気候が続いておりますが
皆様お変わりございませんでしょうか?
気温の低い日も続いておりますので
お風邪などひかれませんよう、どうかお気をつけくださいね。

さて、先日日野ケーブルテレビにて
10月5日の私のコンサートの紹介のための
収録をしてまいりました。
アナウンサー、櫻井芳子さんの司会で
和やかな雰囲気の中収録させていただくことができました。
10月5日(日)の私のコンサート
古典曲から、現代曲、私のオリジナル曲まで
幅広くお届けしたく思っております。
お時間ございましたら是非お気軽にお越し下さい♪
皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

2008年9月28日(日)
先日、府中にあります喫茶店
“武蔵野茶房・府中店”にて
二十五絃箏と尺八のコンサートを致しました。
府中は、私の地元にわりと近い多摩地域で
武蔵野茶房さんは、とても雰囲気の良い素敵なお店です♪
店内はアンティーク調になっており、とても落ち着きますよ。
そして、喫茶もお食事もとてもおいしいです。
武蔵野茶房の皆様、この度は誠にありがとうございました。

さて、この日は尺八の長須与佳さんにご一緒していただきました♪
長須さんとは、昔から気心のしれた仲。。。
ゆったりと心地よく演奏させていただきました。
長須さんは、10月5日の私のコンサートで
素敵な琵琶を演奏してくださいます。
私もとても楽しみです♪

〜お知らせ〜
只今、日野ケーブルテレビにて、10月5日のコンサートについて
放送されております。
(“NEWS クリップひの”放送時間 8:10〜、12:00〜、19:00〜、22:30〜)
日野市にお住まいの皆様、是非ご覧いただければ幸いです。
※火曜日お昼までの放送となっております。

2008年9月25日(木)
皆様、大変ご無沙汰しておりました。
毎日虫の音に秋を感じる今日この頃ですが
いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

さて、先日は、いつもサポートさせていただいております
ひめひおをぎさんのライブがありました。
場所は、以前一度演奏させていただいたことのある
“月見ル君想フ”というライブハウスでした。
ステージのお月様がとても印象的ですね♪
当日はお客様も多くいらっしゃいまして
また、1曲目から手拍子も聞こえてきましたよ!
とても雰囲気の良い、心地良いステージとなりました。
ひめひおをぎさんのステージは、12月、1月と
今後も予定しております。
心暖まる、ノエルさん(ヴォーカル)の歌声を
今後も是非是非聴きにきてくださいね♪
ひめひおをぎさん、私もいつも
心より応援しております。。。

2008年8月13日(水)
相変わらずの猛暑ですが、夏バテなどしておりませんか?
先日私はおいしいうなぎを食べましたよ♪
そのせいか、夏バテもせずに元気にしております。

さて、先日、私の所属しております鳳友会の
ジュニア演奏会に出演してまいりました。
今回は30周年記念という、節目にあたる年でした。
たくさんの子供達が、お箏やお三味線を
本当に立派に演奏していました。
私は、ジュニアの方達のプログラムのあとに
自作曲「永遠(とわ)の道しるべ」を二十五絃箏で
演奏させていただきました。

〜永遠(とわ)の道しるべ〜
人の歩く道は、長いようで、また短いようでもあります。
その道は一人ひとり、差はあれども決していつも平坦とは限りません。
人生に山があっても、谷があっても、穏やかな時も、そうでない時も
どんな時があろうとも、神様は、その人にとって必要な道しるべを敷いて
私達を導いてくれるように思います。(中略)
この曲は、広い大陸に長く長く描かれていく人間の歩く道を思い描き
作った曲です。

いただいたご感想の中に“シルクロードを思わせる雰囲気でした”
といったご感想もありました。
お客様それぞれの“道”を感じていただけましたら幸いです。

2008年7月30日(水)
毎日暑い日が続いておりますが
いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
さて先日は、いつもサポートさせていただいております
ひめひおをぎさんのライブに出演してまいりました。
今回は、代官山にあります“晴れたら空に豆まいて”
というライブハウスでの演奏でした。
“夏”そして“和”ということで
今回は皆で浴衣や夏の着物を着て出演致しましたよ♪
この日は、ひめひおをぎさんのステージを
はじめて聴いてくださるお客様も多かったようですが
ノエルさんの歌声を楽しんでいただけたようで私もうれしかったです。

右手の写真、中央の女性がひめひおをぎさんのヴォーカル・ノエルさん、
一番右にいらっしゃるのが、ベースの中島しげおさんです。
そしてサポートで、いつもたくさんの楽器を
自在に操っていらっしゃる、パーカッションの
村瀬“Chang-woo”弘晶さん、
同じくサポートで、ピアノで毎回とても素敵な音作りをされている
鍛治ひろみさん、
そして、私になります。
9月にまた、ひめひおをぎさんライブにてお待ちしております!

2008年7月19日(土)
梅雨が明けてしまったような毎日ですね。
私は一昨日の夜、驚くことに自宅の外で
ほたるを発見いたしました!
東京でも日常の自然の中でほたるに会えるとは
うれしい驚きでした♪
そして昨日夕方には、今年初めての
ひぐらしの声を聞きました。
ひぐらしの声は、いつ聞いてもとても
懐かしい気が致します。
子供の頃は、祖父母の家で聞いたことが多かったためか
祖父母を思い出し、気持ちがあたたかくなります。

さて、来週7月23日(水)の、ひめひおをぎさんのライブは
そんな夏を思わせる、そして風情あるライブになりそうです♪
場所も、代官山にある和の空間“晴れたら空に豆まいて”という
ライブハウスで、皆様に和んでいただけるような
音楽が奏でられたらと思っております。
左手写真は、リハーサル時の写真です。
ヴォーカルのノエルさんは、とてもかわいくて綺麗な方です!
皆様のご来場を心よりお待ちしております♪

右手写真は、これもまた夏らしいですね。。。
家で咲いておりましたハイビスカスです。

2008年7月11日(金)
ここのところむし暑い日がつづいておりますね。
いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
さて、昨日は、私が所属しております鳳友会の集まりに
出かけてまいりました。
いつもは仕事でばかり訪れる椿山荘ですが
久しぶりにお客として行ってまいりました♪
椿山荘の中でも特に、離れの錦水という所は
私の一番大好きな場所で
仕事ででも、訪れるたびに癒されています。
昨日も雨が降ることもなく、素敵なお庭を眺めてまいりました。
私の師匠であります、古屋先生ご夫妻にも
久しぶりにゆっくりとお目にかかることができ
とてもうれしかったです♪
いつも変わらずにあたたかく私を見守ってくださる古屋先生。。。
感謝の気持ちを忘れずに
これからも演奏活動、頑張ってまいりたいと思っております。

2008年7月1日(火)
梅雨明けの待ち遠しい今日この頃
いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
さて、先日私はまた、ひめひおをぎさんという
歌とベースとのユニットのライブに
サポートとして参加させていただきました。
ひめひおをぎさんは、ポップスの中に
“和”の要素を取り入れていますが
今回は太鼓も加わり、とても迫力のあるステージとなりました!
太鼓はソロもあり、ステージの上で私も聞き惚れておりました。
ヴォーカルのノエルさんの歌声も
あたたかくのびやかに響き、素敵な歌声でしたよ♪
また来月、代官山でのライブに参加させていただきます。
皆様、是非お越しくださいね。


2008年6月17日(火)
梅雨の中休み、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
今回の写真は、ある日の私のお仕事風景です。
小平にあります“いろりの里/四季亭”というお店で
箏を演奏させていただいております。
玉川上水のすぐ近くにあり、緑も多いところです♪
最近はステージ衣装も洋装が多いので
着物姿も珍しくなってまいりましたね。

さて、話は変わりますが
近々二十五絃箏による私のファーストアルバム
「風の香り」が発売されることとなりました。
私のオリジナル曲をはじめ
皆様にもよく親しまれている
カバー曲も2曲、収録させていただきました。
お世話になりました、スタッフの方々には
とても偉大なお力を発揮してくださいまして
改めて心より感謝申し上げます。
そして今回共演者には、とても素晴らしい
そして大切なパートナーである
中井智弥さんをお迎えしております。

奈良時代、中国・・・大陸から海を越え
日本へやって来た箏。。。
二十五絃箏は、本来の箏(13絃)とはまた異なる楽器ですが
大陸へ広がる私の音楽、オリエンタルな響きを
お楽しみいただければうれしいです。


2008年6月5日(木)
6月に入った途端、関東も梅雨入りとなりましたね。
異例の早さでの梅雨入りに驚きました。
近所では、早速紫陽花が咲いているのを見かけましたよ♪
チューリップやユリ、ランなど、一つの花の中にも
種類が多くあるように、紫陽花もいくつかの種類があるので
これからしばらくいろいろな紫陽花を
見かけられるかな、と楽しみです。

さて、先日は私の二十五絃箏のパートナーである
中井智弥さんのレコーディングに参加させていただきました。
中井さんはとても素晴らしい演奏、そして作曲をする方で
とても魅力的な方です。
能を題材にした作品が多いのですが、
どの曲も、現代の私達にもストレートに届き
心に響く作品ばかりです。
今まで、数々の演奏をともにし
また、私にも曲の提供をしてくださっております♪

2008年5月31日(土)
5月も終わりに近づき、梅雨入りが間近に迫る
今日この頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
1年で一番大好きなこの5月が、気がづくと今年は本当に
あっという間に過ぎてしまいました。

さて、先日東京大学では五月祭というものが行われましたよ♪
五月祭は学祭の一つです。
学校はとても大賑わいでした!
そして、毎年恒例の箏曲研究会の演奏会も行われましたよ。
生徒さん達は皆それぞれに精一杯演奏できたようで
私もうれしく思っております。
終演後には、卒業生にも久しぶりに会うことができ
とても懐かしいひと時でした♪
(2枚の写真の違いは、私と生徒さんが一人、
入れ替わっているだけです!)

ここのところ気温の変化が大きいせいか、
お風邪を召されている方があちらこちらでいらっしゃるようです。
皆様もどうかお身体には気をつけて毎日をお過ごしくださいね。

2008年5月27日(火)
皆様、さわやかな気候が続いておりますが
いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
先日、私はひめひおをぎさんのライブに
サポートとして出演してまいりました。
恒例となってまいりましたひめひおをぎさんのライブも
今回で5回目を迎えました。
おかげさまでお客様にも毎回ご好評頂き
私もとてもうれしく思っております。
今回最後に演奏致しました“お祭りマンボ”では
すごい盛り上がりで演奏致しましたよ♪

今後も、ひめひおをぎさんのライブを
予定しております。
皆様、お時間ございましたら是非おでかけくださいね。


2008年5月10日(土)
皆様、ゴールデンウィーク明け
いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
一昨日私は、お仕事で参議院 議長公邸に
行かせていただきました。
以前にも一度行かせていただいたことがあり
今回も海外のお客様がいらっしゃるということで
箏の演奏をさせていただきました。

さて、写真左手になりますが、
これは、先日お弟子さんがお稽古の時に
持ってきて下さったベルフラワーです♪
私はお花が大好きで、特に春には
リレーをするかのように次々と咲いていく
愛らしい花々に囲まれて過ごすことが
日常でのささやかな楽しみです。
右手の写真は、私の大好きな、我が家のモッコウバラです。
2〜3年前に小さな鉢植えで手に入れて
今ではこんなにたくさんの花を咲かせるようになりました。

2008年4月29日(火)
皆様、いよいよゴールデンウィークに入りましたね。
いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
私のような演奏者は、逆にゴールデンウィーク中にも
演奏のお仕事があったりします。。。
皆様がお休みの時には私達は
お客様にくつろいでいただいたり、楽しんでいただけるように
特に頑張ります♪

さて、一昨日は、私の所属する鳳友会の定期演奏会がありました。
会員の皆様に久しぶりにお目にかかれて、
私もとても心が和みました。
自ら申し上げるのもおかしいですが、鳳友会は
とてもあたたかい会で、いつも穏やかな雰囲気が流れております。
色々な活動をする中、時々鳳友会(故郷)に帰り
催しに出させていただく度に 心からほっとするのを感じます。

それから一昨日は、東京大学箏曲研究会の学生さん達が
たくさん来てくださいました。
改めて心よりお礼申し上げます。

写真は、掲載が遅くなり大変お恥ずかしいのですが
4月初旬に撮った、近所の桜並木の様子を
せっかくですのでお見せいたしますね。
私の住まいの近くは、お花見スポットの
隠れた穴場でもあります♪
2008年4月3日(木)
皆様、大変ご無沙汰しておりました。。。
いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
私は相変わらず元気に過ごしております。
長い冬もようやく終わりを告げ、待ちに待った春が訪れました♪
私は3月は、都内のホテルでのお仕事が多かったり
その他のお仕事や打ち合わせ等で
何かと動き回っておりました。

先日は、そんな合い間を縫って
高校時代にお世話になった先生のご主人の油絵の個展を見に
銀座へ行ってくることができました。
とても素敵な絵画を描かれる先生で、
“自然”や神秘的なものなどが織り込まれている作品も多く
つかの間でしたが、心が癒されました。
先生との絵画のお話、音楽の話、近況についての話など
とてもほっとするひと時でした。

2008年2月14日(木)
今年の冬は本当に寒いですね。。。
寒がりの私にはいつもよりも一段と
春が待ち遠しい今日この頃です。

さて先日、1月の代官山でのライブに引き続き
ひめひおをぎさん(歌のユニット)のサポートとして
ライブに出演させていただきました。
今回の会場は吉祥寺のSTAR PINE'S CAFEというライブハウスでした。

左手写真の中央に写っていらっしゃるのが
ひめひおをぎさんのヴォーカル、ノエルさんです。
着物姿がとても素敵ですね♪
和服で歌うノエルさんの後ろで、洋装で邦楽器を演奏するのも
とても新鮮に感じております!
途中、お客様が手拍子をくださったり、
とても和やかなライブとなりました。

2008年1月16日(水)
    
1月10日は、“ひめひおをぎ”さんというユニットのライブに
サポートとして出演致しました。

私は十七絃を演奏させていただきました。
サポートは、私の他に、ピアノとパーカッションが入りますが
とても素晴らしいプレイヤーの方々です。
普段、歌の方との演奏は少ないので
ヴォーカルのノエルさんの歌声に癒されながら
演奏しております。
ひめひおをぎさんはこの度“こころ”というCDも発売され、
私も2曲参加させていただいております。
和が織り込まれたポップス、
お楽しみいただければ幸いです。

2008年1月16日(水)
皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
今週は寒いですね。。。

さて、先週私は聖路加レジデンスというところで
演奏をさせていただきました。
新春寄席ということで、落語の前に少々箏の演奏をさせて
いただきました。
演奏の後には、私も玉の輔師匠の落語を聞かせていただきましたよ。
普段落語を聞くことはあまりなかったのですが
とても楽しめました♪
終演後には、何人かのお客様から、
“私も昔お箏を少ししていました”とうれしそうに声をかけられ
懐かしそうにしていらっしゃいました。
聴きにきてくださったお客様、また、聖路加レジデンスの皆様、
誠にありがとうございました。

2008年1月12日(土)
少し遅くなってしまいましたが、
新年明けましておめでとうございます♪
皆様、お正月はどのように過ごされましたか?
私は元旦から演奏をしておりましたよ。
本年も、皆様にとってたくさんの幸せが訪れる
年となりますように。。。
心よりお祈り申しております。
そして、本年もどうぞご支援賜りますよう
よろしくお願い申し上げます。

さて、元旦の日、都内のとある場所で演奏しておりましたら
聴いてくださっていたお客様の一人から
突然声をかけられました。
全く面識のないご年配の方だったのですが、
その方が“楽しませていただきました”
“ほんの気持ちですが。。。”とにっこりおっしゃり
私にプレゼントをくださいました。
見知らぬお客様でしたが、そんなお心遣いに、心があたたまりました。
お客様のそのお気持ちが、私にはとてもうれしかったです。

先日は事務所の方のあたたかいサポート、
そして演奏仲間の愛情、いただいた年賀状に書かれていた
メッセージ。。。
たくさんの方からの、愛情を感じている今日この頃です。
最近は不思議なことに、目に見えない何かに守られている
気がしております。

それからもう一つ、二十五絃箏を始めて私は3年くらいが経ちますが
始めた頃の新鮮な気持ち。。。
とても純粋で、これから未知な世界に挑もう!という
気持ちと同じ気持ちを改めて最近感じております。

今年も、たくさんの方への感謝の気持ちを忘れずに
演奏していきたいと思っております♪

2007年12月28日(金)
皆様、今年も残すところあとわずかとなりましたが
いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
私は相変わらず元気で毎日を過ごしております。

さて、今回は11月4日に開催させていただきました
第1回リサイタルについてお話させていただきたく思います。
2003年よりこれまで、私は地元日野にて
3回のコンサートをさせていただいておりました。
今回は、過去3回のコンサートの一つの区切りとして、
リサイタルという形で開催させていただきました。
賛助出演には、尺八の善養寺惠介さん、三絃で平野裕子さん
箏・二十五絃箏で中井智弥さんをお招きいたしました。
(左手の写真は、尺八の素晴らしい音色をお届けくださった
善養寺さんと一緒にとっていただいた写真です。
右手はお客様からいただいたお花の中から一つを
掲載させていただきました。)
プログラムはどの曲も私の大好きな、思い入れのある曲ばかりで
当日は、心をこめて、またとても気持ちよく演奏させていただきました。

お忙しい中お越しくださいましたお客様、
応援メッセージをくださった方々、
また関係者の皆様には、改めて心より感謝申し上げます。

今年も、様々な出来事や経験・発見があり、
とても思い出深い1年となりました。
来年も、箏・二十五絃箏の音色を皆様にお届けするべく
演奏活動してまいりたいと思っております。
今後ともご支援、どうぞよろしくお願い申し上げます♪
それではお風邪などには気をつけて
よいお年をお迎えくださいね!

2007年12月21日(金)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) ドミニカ共和国D」

今回で中南米ツアー最後のダイアリーとなりました。
左手の写真は、サントドミンゴ(マヌエル・ルエダ劇場)での
終演後の様子です。
3カ国とも、終演後は通訳の方が傍について下さり
地元の方々とさらに交流を深めました。
ドミニカ共和国では、日本語を学んでいる学生さんも多く
日本語で話しかけてくださる方もいらっしゃいました♪

右手の写真は、今回のツアーのメンバーと
お世話になった古典空間さんの社長、小野木さんとの写真です。
最終国のドミニカ共和国からは、2日間かけて
日本へ帰ってまいりましたよ。

今回は、“中南米ツアー”ということで
日本から見ると、ちょうど地球の真裏に当たる国々を訪れました。
そして数え切れないほどのとても貴重な経験をさせていただきました。
また、それぞれの国、一つ一つの公演がとても思い出深く
その思い出や、“人との出会い”は大切な宝物となりました。
日本の音楽を通して、国際交流、また文化交流ができたことを
とても幸せに思っております。

〜もっと詳しく見たい方はこちらへ・・・ツアーの様子が
たくさん覗けます〜
OFFICE FRONT/「国際交流基金/中南米公演」
http://www.geocities.jp/event_office_front/NAKAI_KUNOGI.JF2007.html

2007年12月21日(金)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) ドミニカ共和国C」

今回のツアーの最終公演は、ドミニカ共和国の
マヌエル・ルエダ劇場にて開催させていただきました。
(首都のサントドミンゴにある劇場です)
左手の写真は、劇場の正面玄関です。
とても立派な横断幕を作って下さいました!
この劇場はとても大きく、舞台も広かったです。

続いて右手の写真は、公演中の写真になります。
当日はあいにくの雨でしたが、大勢のお客様がお越しくださいました。
海に囲まれた島国であるドミニカ共和国の方達はとても明るく楽しくて
公演中のお話も盛り上がりましたよ。
ドミニカ共和国のことについてお客様から教えていただいたり、
また逆に私達は、日本の音楽をはじめ、日本の文化についてのお話も
いたしました。
劇場は大きかったですが、お客様のご反応を間近に感じることができ、
舞台との距離も近くに感じました♪

2007年12月21日(金)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) ドミニカ共和国B」

サルセド市役所の公演では、前副大統領もお越しくださいました。
(左手の写真)
ここは、なかなか自分では訪れることのできないところでしたので
今回このツアーで伺うことができ、とてもうれしかったです。
サルセドでは時がとてもゆっくりと流れ、
時間が、有って、無いというような雰囲気でした♪
そんな空気も楽しませていただきました。
また、地元の方々との交流も貴重な経験となりました。

さて次に、右手の写真になりますが
“メレンゲ”というドミニカ共和国発祥のダンス(音楽)です。
大使館の方が、このメレンゲが見れるお店に連れて行って
下さいました。
テンポも速く、とてもリズミカルでしたよ。
食事は、郷土料理をいただきました。
メキシコ、チリもそうでしたが、ドミニカ共和国でも
お米を食べるそうです。
ご飯の上に豆をかけていただくのが
ドミニカ共和国でよくある召し上がり方だそうで
私もいただいてみましたが、とてもおいしかったです♪

2007年12月21日(金)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) ドミニカ共和国A」

ドミニカ共和国1回目の公演は、サルセド市役所内のホールにて
行われました。
市役所には無事についたものの
ここでは停電というハプニングが起こりました!
(左の写真は、大使館員の河島さんと、通訳の方との
打ち合わせの時の写真です。)

そして、右の写真は公演中の写真です。
地元の方にも箏を体験していただきましたよ♪
この日は地元の子供達も聴きにきてくださいました。
とてもかわいかったです。




2007年12月21日(金)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) ドミニカ共和国@」

さて、中南米ツアー、今回から最終国
3カ国目のドミニカ共和国についてお話したいと思います。
(ドミニカ共和国は、西インド諸島の中のイスパニョーラ島の
東部にある国です。)
左の写真は、大使公邸に伺った時の写真です。
ドミニカ共和国の状勢の話から、人々の暮らしについて、
食や文化の話、音楽の話、二十五絃箏の話まで
話題は多岐にのぼりました。
大使ご夫妻は、とても気さくな方で
あっという間のひと時でした。

さて、続いて右の写真は、1回目の公演を行った
サルセドという田舎町での写真です。
首都サントドミンゴから、車で2時間程のところにあり
内陸に位置しています。
この町は、鮮やかな壁画が有名で
町のあちらこちらで素敵な絵が見られました!

2007年12月19日(水)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) チリD」

チリCに引き続き、アンドレス ベジョ大学での公演です。
合間の時間にスタッフの方の一人に
少しスペイン語を教えていただきました。
だいぶスペイン語のあいさつにも慣れてきたかな。。。?

さて、今回のツアーでは“コンテンポラリー”というテーマで
プログラムを組ませていただき、
中井智弥さんの作品紹介を中心に、他古典曲、
現代曲、と幅広く演奏させていただきました。
古典曲も中井さんの作品も、日本独特の間や音が
たくさん取り込まれておりますが
遠く離れた異国の地でもこんなに多くの方に喜んでいただけたことには
とても感激いたしました。
言葉はなくても、音楽でお客様と
心が本当に結ばれたように感じました!

2007年12月19日(水)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) チリC」

今回は、チリの2公演目、Andres Bello(アンドレス ベジョ)大学での
写真をご紹介いたします♪
この大学は少し中心地から離れたところにあり
豊かな自然に囲まれていました。
広い敷地には芝生もあり、学生さんが気持ちよさそうに
寝転んだりして休憩時間を過ごしていました。

チリは日本と同じように四季があるそうです。
日本人にはとても住みやすい国だと伺いましたよ。



2007年12月19日(水)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) チリB」

チリAに引き続き、ディアゴ ポルタレス大学での公演の様子です。
この日は、学生の方々をはじめとしたお客様との
コミュニケーションも深まり、邦楽全般や楽器について
多くの質問を受けました。

終演後には、大使館員の三浦さんや大学関係者の方が
魚介類のおいしい素敵なお店を案内してくださいました(右手の写真)。
この国際交流基金の事業では、各国ごとに日本の大使館員が
私達の公演に同行してくださいます。
各公演がスムーズに行われるように、サポートしてくださり
とても心強く、また安心して演奏できました。
大使館員の方々、また、交流基金の方々、
通訳をしてくださった方、音響・舞台等スタッフの方。。。
多くの方の心強いお力のもと
毎回とても気持ちよく公演をさせていただいた今回のツアーでした。
お客様への感謝はもちろん、舞台を支えてくださった多くの方々へも
感謝の気持ちでいっぱいです!



2007年12月14日(金)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) チリA」

チリでは2公演とも大学での公演となりました。
1公演目は、Diago Portales(ディアゴ ポルタレス)大学という
都会の中の大学でした。
とても近代的で、モダンな大学でした。
今回の公演のために、素敵なポスターを作ってくださっていて
それが貼られているのを発見し、出演前にパチリ(左の写真)♪
“koto”と書かれていますね!
下のほうには私達の写真も入れてくださいました。

つづいて右の写真は、この大学での公演の様子です。
学生の方々は、興味津々で箏の音色を聴いてくださいました。
とてもうれしかったです!



2007年12月14日(金)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) チリ@」

さて、中南米ツアー、2ヶ国目のチリのお話に入りたいと思います。
チリは、南米大陸の南太平洋に面した縦に長い国ですが
今回私達は、ちょうど国の中央くらいに位置する、首都サンティアゴに
滞在しました。
左の写真はホテルの部屋から眺めたアンデス山脈です。
部屋には太陽の光がたっぷりと差し込み
この景色にはとても癒されました♪

ホテルに到着後は、皆でお昼を食べに街へ出かけました
(右手の写真)。
チリの街並はとてもヨーロッパに似ていましたよ。
気候も快適で、過ごしやすかったです。
食事はメキシコに続き、とてもおいしく
海の幸とチリワインを中心に楽しみました♪



2007年12月11日(火)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) メキシコD」

左の写真は、古代都市・テオティワカン、
太陽のピラミッドの頂上での写真です。
登り始めてから20分ほどでたどり着きましたよ。
頂上ではさわやかな風が吹き、とても気持ちよかったです!
360度大パノラマの眺めにも感動でした♪

続いて右手の写真は、ランチタイムです。
外のおいしい空気の中でいただくメキシコ料理は
一層美味しく感じられました♪
メキシカンハットは店員さんが持ってきてくださいましたよ。
この帽子、生地がしっかりとしており
店員さんがかぶせてくださった時、その重みにびっくりしました。
カラフルな色使いがとてもメキシコらしいですね!


2007年12月11日(火)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) メキシコC」

今回は、メキシコでの最終日にご案内していただいた
各地での写真です。
まずは街にあるショッピングモールにての写真(向かって左手)。
さて、どんなものが売っているかな?と、
店内散策にわくわくドキドキです!
このモールの中には小さなお店がたくさん入っており
所狭しと商品が並んでいました♪

続きまして右の写真は、メキシコシティから北東約50キロ程の
ところにある古代都市・テオティワカンです。
(テオティワカンとは、「神々の都市」という意味だそうです)
このピラミッドは、紀元前2世紀から6世紀まで存在した
巨大な宗教都市遺跡で、世界遺産にも登録されております。
「太陽のピラミッド」と「月のピラミッド」があり
写真は、「太陽のピラミッド」です。
これから頂上目指して行ってまいります♪


2007年12月7日(金)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) メキシコB」

引き続き、メキシコ2公演目の写真です。
箏や二十五絃箏を初めて目にされるお客様が多く
曲間での話や楽器紹介なども皆様興味深く聞いてくださいました。

メキシコでのたくさんのお客様、そしてメキシコの方々のあたたかさには
本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

そして右の写真は、公演終了後、関係者とのお食事会での写真です。
国際交流基金のメキシコ事務所長の中村さん
お世話になった笹本さん、リスベスさんが
素敵なお店を案内してくださいました。
メキシコの伝統料理、トルティーヤや、スープやお酒に囲まれて
楽しいひと時を過ごしました。
トルティーヤはもちろん
こちらでのスープには、アボガドやトマト、お米などが入っていて
お料理はどれもとてもおいしかったです♪



2007年12月7日(金)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) メキシコA」

さて、今回はメキシコでの2回目の公演について
ご紹介させていただきたいと思います。
左の写真は2公演目のホール、開場前のセルヒオ・マガーニャ劇場の
外の様子です。
あとから知ったのですが、公演前にこんなにたくさんのお客様の行列が
できておりまして、てもうれしかったです。
二十五絃箏の音色を気に入ってくださり、前日に来てくださった
お客様の中で、この日にももう一度お越しくださったというお客様も
いらっしゃいました。
感激ひとしおです♪

続いて右の写真は、開演前の楽屋での様子です。

この劇場では、公演中、一部スモークをたいてくださり
とても幻想的な演出をしてくださいました。
館長さんもとても気さくな方で、私達を歓迎してくださいました。

さて、中南米の国々は昔スペインが統治していた関係で、今回言語は
3カ国ともスペイン語でした。
公演では通訳の方が毎回ついてくださいましたが、
簡単なごあいさつはスペイン語でチャレンジしましたよ。
日によって、昼間の公演日と夜の公演日とがあり、
初めは、スペイン語を覚えながら“こんにちは”と“こんばんは”の違いに
気をつけたりと、演奏以外でも、頭がフル回転です!


2007年12月4日(火)
「国際交流基金主催事業・中南米ツアー(10月) メキシコ@」

皆様、大変ご無沙汰しておりました。
季節も冬を迎え、すっかり寒くなってまいりましたが
いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
私はこの秋、国際交流基金主催事業により、二十五絃箏奏者の
中井智弥さんと共に中南米ツアーに行ってまいりました。
今回のツアーは、メキシコ、チリ、ドミニカ共和国、の3カ国を
約2週間かけてまわらせていただきました。
私は、中南米を訪れるのは今回初めてでしたので
とても楽しみにしておりました。
これから、ダイアリーを通して中南米ツアーでのエピソードなどを
皆様にお届けしてまいりたいと思っております。

写真は、メキシコでの第一回目の公演をさせていただいた、
国立芸術院マヌエル・ポンセ・ホールと、
このホールでの本番中の様子です。
メキシコシティは、標高が2000mあるそうで
ホール内の階段で楽器を運んでいる時には、さすがに
息がとても切れてしまいました。。。
事前にメキシコシティは標高が高いというお話は聞いていたのですが
現地ではとても過ごしやすかったため、そのことをすっかり忘れており
あとから標高の話を思いだして、納得しました!
でも、そんな息切れなど吹き飛んでしまうようなとても立派で
素敵なホールに本当に感激致しました♪
そんなメキシコでの初公演、お客様からのたくさんの拍手にも
感謝の気持ちでいっぱいでした!

2007年7月7日(土)
皆様、こんにちは。
今日は七夕ですね。
何かお願いごとはしましたか?
え?私ですか・・・?
秘密にしたいと思います♪

さて、半年ほど前になりますが、私が読んでいたある本の中に
“蓮(ハス)”の花についての話がありました。
その本によると、蓮の花は神様の花であり、
自分に与えられた環境の中で
自分の持つ可能性を一生懸命まっとうしようと生きている、
という内容が書いてありました。
花になるまでを、けなげに生きている。
どんなに時間がかかっても、そういった環境の中でも
花を咲かせる自分自身を作っている
と。。。

私のHP、皆さんもきっとお気づきの通り
蓮の花がモチーフになっております。
デザイナーさんが作ってくださったのですが
これを読んでなんだかうれしいような
でもちょっぴり恐縮してしまうような気が致しました。
私も、これからも箏を一生懸命演奏していきたいと思います!


2007年6月25日(月)
皆様、こんにちは。
梅雨の季節、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
私は先週、学校公演で東北へ行ってまいりました。
今回は岩手県と福島県、宮城県の小学校5校を巡りました。
どの学校の子供達も元気がよくて、まっすぐで、
子供達の笑顔からパワーをたくさんもらいました。
最終日の公演は特に盛り上がり、最後に1曲
子供達も一緒に歌って終わる予定でしたが
その後も更にアンコールをいただき、急遽もう1曲
演奏させていただきました。
子供達に楽しんでもらえて、とてもうれしかったです!
どの公演でも、私達の演奏とともに子供達の歌声や、時には手拍子が
体育館にたくさん響きました♪



2007年5月15日(火)
皆様、こんにちは。
さわやかな気候が続いておりますが、いかがお過ごしで
いらっしゃいますか。
私は、新緑の眩しいこの季節が1年の中で一番好きです。

さて、先週は久しぶりにライブを行いました。
私の二十五絃箏のパートナーである中井智弥さんと、
ピアニストの園田涼さんをゲストにお招きしました。
今回は自作曲を何曲か初演させていただきましたが
ゲストのお二人は、私の新しい試みにも快くお付き合いくださり
とても素晴らしい曲に仕上げて下さいました。
リハーサルでは、自作曲にまさに私の思い描くような
音使いで参加してくださった中井さんに感激し
園田さんの自由自在なピアノの演奏に癒されておりました。

当日はたくさんの方が会場へ聴きに来て下さいました。
誠にありがとうございました。
そして、ライブをするにあたり、暖かい手を差し伸べてくださった方々にも
感謝の気持ちでいっぱいです。
心よりお礼申し上げます。

2007年3月31日(月)
皆様、こんにちは。
私は先日、日本庭園のある素敵な佇まいの、都内のとあるお店で
仕事がありました。
担当事務所の方がついてくださいましたが、
その方は私の父より少し年上と思われる男性で
その日が初対面でした。
演奏の待ち時間にその方と
ここは風情があって素敵なお店ですね、というお話を
していた時のことです。
“あなたはお父さん子みたいだから、ここには今度
お父さんと一緒に来たらいいよ”とふいに言われました。
私は昔から父親っ子だったので、とてもびっくりしました。
まだその方と話をし始めて間もない時だったのでとても不思議です。
私を見た時から、そのような雰囲気を感じ、
私と父親が重なって見えたそうです。
“いつもお父さん、あなたのことを心配しているでしょう?”と聞かれ
“今もお父さんがあなたのそばにいるよ。そして
いつも見守ってくれているよ。”と言われました。
父は、まさに自分のことよりも皆のために毎日生きているような人で
私自身も実際に父から守られていることを何かあるたびに
感じています。

その方の言葉は、私の心にじんわりと響きました。

2007年2月19日(月)
こんにちは。
私は昨日、ソマリアを支援するチャリテイーコンサートに
出演させていただきました。
今回は、歌とピアノと箏によるコンサートでした。
演奏は大変な部分もありましたが、歌とピアノのお二方が
とても気さくな方で、私も楽しく取り組むことができました。
おかげ様でリハーサルはいつも和気あいあいとしておりましたよ。

他のジャンルの方との演奏は、とても新鮮で刺激になり、
音楽を通してこうした新しい出会いがあることに、
とても幸せを感じております。
人生には、いろいろな出会いがあって
いいものだな、と思いました。
これからも、大切にしていきたいです。

2007年2月16日(金)
皆様、ご無沙汰しておりましたがお元気でいらっしゃいますか。
私は風邪をひくこともなく元気で過ごしております。

さて、先月私は、シンガーのノエルさんという方のライブに
バンドで参加させていただきました。
ノエルさんとは初めてご一緒させていただいたのですが、
彼女の唄声は、ポップながらも、
どこか日本の心を想わせる情緒があり、癒されます。
曲もとても素敵です。
3月7日に、また、大塚 Welcome Backでノエルさんのライブがあり、
私も十七絃を演奏させていただく予定です。
お時間ございましたら、是非お運びいただければうれしいです。
ご来場を心よりお待ちしております。

2006年4月17日(月)
皆様、こんにちは。
新緑が眩しい今日この頃いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
さて、私は先週、すみだトリフォニーホールにて
大学の同窓生で結成している会、「士奏会」の公演がありました。
士奏会は年に一度会を開いておりますが、早いもので
今年で5回目を迎えました。
大学を卒業してからは皆それぞれの生活になるため、普段はなかなか
会えることもなく、年に一度士奏会で同窓生に会えるのが
とても楽しみでもあります。
今回プログラム最後に演奏した「絲競」は
作曲者である肥後一郎先生にもとても喜んでいただくことができ、
私達もとても感激いたしました。
次回、来年は青森で開催する予定です。

2006年3月3日(金)
皆様こんにちは。
3月に入り、待ちに待った春の到来ももう間もなくですね。
私は春が1年で一番好きな季節です!
春になるとたくさんの花がリレーのように次々と咲き出し、
世界が色鮮やかになりますね。
私の家の周辺は緑がとても多くお花見の穴場スポットとなるような
桜並木もあり、今からとても楽しみです。

先日は、湯河原の梅林を訪れました。
地元の案内によるとまだ三分咲きといったところでした。
それでも、たくさん植えられているので華やかで
十分見ごたえがありました。
一本一本の木に近づくととてもかわいらしく花を咲かせていました。

2006年2月22日(水)
皆様、こんにちは。お元気でいらっしゃいますか。
私は今日は、青梅の中学校で学校公演をさせていただきました。
今回はこの学校の中の心障学級を訪れましたが生徒さん達は
皆とても元気がよく熱心に演奏を聴いて下さいました。
先生方や父母の方にも楽しんでいただけたようで
とても和やかな雰囲気で演奏を進められ 私も楽しかったです。
最後には、子供達が大好きと伺っていた「大きな古時計」を
二十五絃箏の伴奏に合わせて皆で合唱しました。
そして、この公演のお礼に生徒さん達から合唱のプレゼントをいただき、
思いもよらぬプレゼントに感激致しました。
短い時間でしたが、とても楽しい時を過ごせて、またいい思い出が
ひとつ増えました。

2006年1月19日(木)
皆様、こんにちは。お元気でいらっしゃいますか。
私は先日演奏で、兵庫県の淡路島に行かせていただきました。
阪神ではちょうど阪神・淡路大震災から11年目を迎えるところで今回、
淡路島ご出身の主催者が地元への感謝の気持ちを込めて
邦楽のコンサートを企画されました。
実行委員の方々や、地元の方々のご協力のおかげで
私達も気持ちよく演奏させていただきました。
たくさんのあたたかいお客様に恵まれ素晴らしいコンサートとなり
とても幸せな気持ちです。
今回の舞台も、私にとってとても大切な宝物となりました。

2006年1月3日(火)
新年明けましておめでとうございます。
皆様、お正月をいかがお過ごしでいらっしゃいますか。
今年は戌年ですね。
普段干支を気にすることはあまりないのですが犬の大好きな私は
今回は年賀状作りがとても楽しくなりました
毎年、いただいた年賀状を読むのもとても楽しいです。
ここ数年私は、年末、お正月とバタバタ過ぎてゆき、
気がつくと年が明けて1週間が過ぎ
世の中は皆日常の生活が戻ってきているという頃でした。
でも、今年は1年の目標を年の初めに自分自身の中でかかげ、
頑張ろうと思っております。
今年も、箏の素敵な音色を皆様にお届けできるよう努めてまいります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2005年12月3日(土)
皆様、寒い日が続いておりますが
いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
この度、私のホームページをリニューアルオープン致しました。
たくさんの方にこれから遊びに来ていただけるよう、
充実させてまいりたいと思っております。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
さて、私は先月グアムを訪れました。
日本ではもうすっかり冬ですが、常夏の島グアムは
空も海も澄んだ青色で、とても美しかったです。
自然の色は、言葉で表現しきれないくらいたくさんの色があり
海を眺めていてさまざまな青色を見ました。
夜中に降った雨が明け方あがったのか朝起きると
海から空に向かって虹がかかっているのを見ました。
とてもおだやかで清々しい気持ちになりました。
さて、今年も残すところあと1ヶ月、
日本ではこれから寒い日が続きますので皆様、
お風邪などひかれませんようお気を付けくださいね。

本サイト上に掲載の文書・画像等の権利、肖像権は各個人及びそれぞれの所属事務所に帰属しています。 これらのデータの無断転載・複写等を固く禁じます。

 

 
 
 
Copyright (C) kunogi fumie official website. All rights reserved.