トップへ
トップへ

日本産クヌギタケ属 の最新データ
(2011年5月17日更新)

    
クヌギタケ属 Mycena (Pers.) Roussel,
Fl. Calvados, Edn 2: 64 ('46') (1806)
   基準種:M. galericulata (Scop.) Gray (1821).
   Singer (1986) による分類概念 (高橋の見解を加えて一部修正した): 子実体は一般に
ヌギタケ型 (mycenoid: 傘は円錐形〜釣鐘形, 縁部は幼時内側に巻かず, 柄は一般に細長い
が糸状ではなく, 軟骨質 [しなやかで強靱, 内部は繊維質] であるがやや脆い) またはヒダサカ
ズキ型 (後者の場合, 傘の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる), 時にモリノカレバタ
ケ型 (但し傘の縁部は幼時内側に巻かない), まれにウラベニガサ型; 傘は通常肉が薄く, 湿時
周縁部に半透明の条線を表し (吸水性), 幼時粉状のち平滑になるものが多い; 傘の上表皮層
は一般に短指状分岐物に被われた糸状菌糸が平行菌糸被を形成するが, 時に毛状の皮嚢体
に被われる; 傘の上表皮層が平滑な菌糸からなる場合, 次の 1)〜5) の内, 少なくとも何れか一
つの性質を示す: 1) 担子胞子が濃いアミロイドまたは実質が偽アミロイド, 2) 多数の乳液菌糸
が存在する, 3) 傘及び柄が著しい粘液に被われる, 4) 柄の基部が無毛, 5) 上表皮下層が明
瞭なミセナ構造 (偽柔組織状で, 偽アミロイドに染まる短形の肥大細胞が平列した構造) にな
, この構造は通常平列型の子実層托実質及びヒダの真上の層 (supralamellar layer: 
immediately above the lamellae) にも見られる; 子実層托は通常ヒダ状, まれに管孔状; ヒダは
離生〜垂生; 子実層托実質は平列型またはやや細胞状 (subcellular), 一般に濃い偽アミロイ
ド, 稀に非アミロイド; 柄の基部はしばしば剛毛状の毛に被われ, 時に盤状〜台状, または偽根
を持つ; 柄の表皮組織の菌糸は平滑または短指状分岐物に被われ, 時に様々な形状の柄シ
スチジアが存在し, まれに毛状皮嚢体を有する; 胞子紋は白色〜淡クリ−ム色; 胞子壁は無
色, 等質, 平滑,薄壁, 非 コットンブルー染色性; 通常縁シスチジアが存在し, 側シスチジアもしばし
ば存在する; 柄は中心生, 時に傷を受けると乳液を出し (多数の乳液菌糸を持つ場合), 通常
非常に細長く, 脆い〜やや軟骨質, 中空; 一般に被膜を欠く; 吸水復元性はない; 柄の菌糸は
一般に偽アミロイド; 菌糸はクランプを持つかまたは欠く; 黒色根状菌糸束はない; しばしば発
光性が見られる. 
    生態: 樹皮, 材, シダ類(Pteridophyta), 苔, 落ち葉, 腐植上, 砂上,地上, 毬果などの様々な
基質から発生し,  Sect..Citricolores に見られる繁殖体として機能する不稔性の子実体様構造 
(stilboid generation) はコーヒーの葉の生体に寄生する病原菌として知られている. 
   分布及び既知種: ほぼ世界的に分布; 世界に約 500種知られている. 

                   クヌギタケ属に関する主なモノグラフ

1) Corner EJH. 1994. Agarics in Malesia. II. Mycenoid. Beiheft Nova Hedwig. 109:165-271. 
2) Desjardin, 1995. A Preliminary Accounting of the worldwide members of Mycena sect. 
  Sacchariferae. In Taxonomic Monographs of Agaricales. Bibl. Mycol. 159: 1-89. 
3) Grgurinovic, C.A. 2002. The genus Mycena in South-Eastern Australia. Fungal Diversity 
  Press. 329pp.
4) Kuhner, R. 1938. Le Genre Mycena. Paul Lechevalier, paris. 710pp.
5) Lisiewska, M. 1987. Grzyby (Mycota) Tom XVII. Warszawa-Krakow. 130pp. 
6) Maas Geesteranus, R.A. 1992. Mycenas of the Northern Hemisphere. T. Studies in 
  Mycenas and other papers. Royal Netherlands Academy of Arts and Sciences, 
  Amsterdam. 391pp. 
7) Maas Geesteranus, R.A. 1992. Mycenas of the Northern Hemisphere. U. Conspectus of 
  the Mycenas of the Northern Hemisphere. Royal Netherlands Academy of Arts and 
  Sciences, Amsterdam. 493pp. 
8) Maas Geesteranus, R.A. & Meijer, A.A.R. 1997. Mycenas Paranaenses. Royal Netherlands 
  Academy of Arts and Sciences, Amsterdam. 164pp. 
9) Metrod, G. 1949. V. Les Mycenes de Madagascar (Mycena, Corrugaria, Pterospora). 
  Paris. 146pp.
10) Rexer, K.-H. 1994. Die Gattung Mycena s.l., Studien zu Ihrer Anatomie, Morphologie und
  Systematik. Eberhard-Karls-Universitat, Tubingen. 1-305pp.
11) Robich, G. 2003. Mycena D'Europa. AMB, Trento. 728pp.
12) Smith, A.H. 1947. North American Species of Mycena. University of Michigan Press, Ann 
  Arbor. 521pp.

  クヌギタケ属の節の検索表
 
1. 繁殖体として機能する不稔性の子実体様構造(stilboid generation)が基質(コーヒーの葉)上
  にしばしば子実体と同時発生する. 新熱帯産. ..........Sect.Citricolores Singer
1. 上記の様な子実体様構造を伴わない.  ........................ 2
2. 傘の上表皮層を構成する菌糸の末端細胞は球形〜嚢状に膨大し, 子実層状被を形成す
る.  .. ........................................... 3
2. 傘の上表皮層の菌糸は円柱形で平行菌糸被を成し, 平滑または短指状分岐物に被われ
  る. .................... ....................... 5
3. 柄の表皮は剥離しやすい厚い粘液の層に被われる. ...ヌナワタケ属 Roridomyces
3. 柄の表皮は粘性を欠く. ........ ........................ 4
4. 傘の上表皮層はアカントシスト様細胞からなる. 傘の表面は小鱗片状, 微突起状, 綿毛状,
  または粒状の被膜に被われる. .........シロコナカブリ節 Sect.Sacchariferae
4. 傘表皮は円柱形〜類小のう状細胞が不連続な子実層状被を成す. 傘の表面は被膜を欠く.
 .................................. Sect. Kermesinae Singer
5. 傘は実質から剥がしやすいゼラチン質の表皮を持つ. ....... ...........6
5. 傘は上記と異なる. ........ ...........................18
6. 柄の基部は急激に広がり, 盤状になる. .........................7
6. 柄の基部は上記と異なる. ....... .......................10
7. 担子胞子は球形〜類球形. ...............Sect. Clavulares Maas Geest.
7. 担子胞子は楕円形, 長楕円形または類円柱形. .................... 8
8. 担子胞子は非アミロイド. .................Sect. Bulbosae Maas Geest.
8. 担子胞子はアミロイド. ......................................  9
9. 傘の上表皮層の菌糸は針形の分岐物に被われ, 微突起に被われたこん棒形の傘シスチ
ジアが存在する..........................ヤコウタケ節 Sect. Exornatae
9. 傘の上表皮層の菌糸は大きさと形状が不規則な短指状分岐物に被われ, 傘シスチジアを
欠く. ..............................キュウバンタケ節 Sect.Basipedes
10. 柄の根元は青〜灰緑色(caesious green)を帯び, 柄は全体に微毛に被われる. .....11
10. 柄の根元は青味を帯びない. ..................................12
11. 傘の中央部は灰色で, 周縁部はクリーム黄色〜青緑色を帯びる. 縁シスチジアおよび柄シ
スチジアは円柱形で平滑. ..............アオミノアシナガタケ節 Sect. Amictae
11. 傘は白色, 灰色, 灰褐色. 縁シスチジアおよび柄シスチジアはこん棒形で頂生の付属糸を
持つ.....................................Sect.Viscipelles Kuhner
12. ヒダの縁部は剥がしやすいゼラチン化した層を形成する. ................. 16
12. ヒダの縁部はゼラチン化した層を形成しない. .........................13
13. 縁シスチジアは紡錘形で痩せ型の長い柄を具え, 平滑または少数の短指状付属糸を持つ.
縁シスチジアと同形の側シスチジアが存在する. .......Sect. Euspeireae Maas Geest.
13. 縁シスチジアは無柄または短形の柄を持つ. .........................14
14. 柄は基質上の菌糸マットに接続する. 子実体はヒダサカズキ型. ...............
.................................Sect. Calamophilae Maas Geest.
14. 柄は基質に直接着く. .......................................15
15. 縁シスチジアは平滑または1から数個の粗大な指状付属糸を持つ. 子実体はヒダサカズキ
型またはクヌギタケ型. .......................Sect. Insignes Maas Geest.
15. 縁シスチジアは多数の短指状付属糸に被われる. 子実体はヒダサカズキ型. ........
   ................................. エヌメリタケ節 Sect. Cinerellae
16. 担子胞子は類球形. ....................Sect. Exiguae Maas Geest.
16. 担子胞子は楕円形. ......... ........................17
17. 柄は通常黄色を帯びる. ............. ナメアシタケ節 Sect. Hygrocyboideae
17. 柄は灰色, 灰褐色を帯びる. 針葉樹林内に発生. .......................
...........................ハイイロナメアシタケ節 Sect. Fuliginellae 
18. 担子胞子は非アミロイド. ........ .......................19
18. 担子胞子はアミロイド. ........ ........................23
19. 傘は黄色, 橙色, ピンク色, 赤色. ................................ 21
19. 傘は白色, クリ−ム色, 灰色, 黄褐色. ..............................20
20. 傘は長形の剛毛体様シスチジアが散生する. ...........................
............................Sect. Longisetae A.H.Sm. ex Maas Geest.
20. 傘は剛毛体様シスチジアを欠く. ..........ウスズミコジワタケ節 Sect. Hiemales
21. 柄の上表皮層の菌糸は平滑. ........ .....................22
21. 柄の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる. 傘は橙黄色, オレンジ色で, 中央部は
  赤色を呈する. 柄は黄色. ................ベニカノアシタケ節 Sect. Aciculae
22. ヒダの縁部は黄色の色素を持つ縁シスチジアの存在により黄色く縁取られる.........
................................クチバタケ節 Sect. Oregonenses
22. ヒダは縁取りを欠く. .....................................
  ......コウバイタケ節 Sect. Adonideae (→ コウバイタケ属 Atheniellaを参照)
23. 柄は傷を受けると半透明, 乳白色または濃色(黄, 橙, 赤)の乳液を出す. .........24
23. 柄は乳液を出さない. ....................................... 29
24. 柄は傷を受けると濃色(黄, 橙, 赤)の乳液を出す. .......................25
24. 柄は傷を受けると半透明または乳白色の乳液を出す. ....................27
25. 縁シスチジアは紡錘形またはフラスコ形, 平滑. ........................26
25. 縁シスチジアはこん棒形で, 円柱形の頂生付属糸に被われる. ................
................................アカチシオタケ節 Sect. Crocatae
26. 傘および柄の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる; 柄シスチジアは縁シスチジア
  と同形.........................ヒメチシオタケ節 Sect. Sanguinolentae
26. 傘および柄の上表皮層の菌糸は平滑で, 柄シスチジアは短指状分岐物に被われ, 縁シス
  チジア(紡錘形, 平滑)と類型が異なる...........チシオタケ節 Sect. Galactopoda
27. 乳液は半透明. 側シスチジアは発達が悪いかまたはこれを欠く. .............. 28
27. 乳液は乳白色. 側シスチジアは明瞭に発達する. ニセチシオタケ節 Sect. Lactipedes
28. 縁シスチジアはほぼ平滑. ....  M. abramsii  (アクニオイタケ節 Sect. Fragilipedes)
28. 縁シスチジアは短指状付属糸に被われる. ... Sect. Monticola Singer ex Maas Geest.
29. 担子胞子は球形〜類球形. 縁シスチジアはこん棒形または不規則な形状を成し, 多数のや
  や長い短指状付属糸が均等あるいは不均等に表面を被う. ..................
...................................Sect. Supinae Konr. & Maubl.
29. 担子胞子は楕円形〜円柱形. ..................................30
30. ヒダは縁取りがある. ........................................31
30. ヒダは縁取りを欠く. ........................................37
31. 縁シスチジアは平滑または1-数個の屈曲した長い頂生の指状付属糸を持つ. .....32
31. 縁シスチジアは多数の微突起に被われる. ...........................35
32. 傘の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる. ..................... 33
32. 傘の上表皮層の菌糸は平滑. ヒダの縁部は紫褐色〜暗紫褐色で, 鋸歯状を成す......
.......アカバシメジ M. pelianthina (Sect. Calodontes Subsect. Marginatae)
33. ヒダの縁部はオリ−ブ緑色, オリ−ブ褐色, オリ−ブ灰色または黄褐色に縁取られる. 傘の
上表皮層の菌糸および柄シスチジアは短指状分岐物を持つ. ................34
33. ヒダはピンク色, 赤褐色, 紫褐色, 暗紫色に縁取られる......................
........................フチドリクヌギタケ節 Sect. Rubromarginatae 
34. ヒダは黄褐色に縁取られる. 傘は淡褐色または暗黄褐色. 子実体は強い発光性を持つ.
  ........シイノトモシビタケ M. lux-coeli  (アクニオイタケ節 Sect. Fragilipedes)
34. ヒダはオリ−ブ緑色, オリ−ブ褐色, オリ−ブ灰色に縁取られる. 傘は帯黄色〜帯オリ−ブ
  褐色. 子実体は発光性を欠く ...................................
  ....キアシクヌギタケ M. viridimarginata  (アクニオイタケ節 Sect. Fragilipedes)
35. 側シスチジアが存在する. ...............36. (Sect. Luculentae Maas Geest.)
35. 側シスチジアを欠く. 子実体は微小で糸状の柄を持つ. 縁シスチジアはこん棒形〜類洋梨
形で赤色の内容物を有し, 長さ0.5-17μmの指状付属糸に被われる. ............
........................Sect. Pterigenae (Maas Geest.) Maas Geest.
36. 傘は鮮やかなピンク色, 帯紫紅色, 帯褐ピンク色. 側シスチジアは平滑. 縁シスチジアは
短指状付属糸に被われる............. Sect. Luculentae Subsect. Rosellae
36. 傘は褐色, 帯褐灰色, 帯黄色, 帯黄色, 橙黄色, 橙赤色. 側シスチジアおよび縁シスチジア
は短指状付属糸に被われる......................................
........ダイダイフチドリクヌギタケ亜節 Sect. Luculentae Subsect. Elegantes
37. 柄の基部はキュウバンタケ型. 新鮮な時青〜青緑の色素を持つ................
..............................Sect.Cyanocephalae (Singer) Singer
37. 柄の基部は上記と異なる. .....................................38
38. 子実体はクヌギタケ型またはウラベニガサ型で, 傘の表面にヒトヨタケ類の様な扇状の溝
  線を表し, ヒダは離生. ..................コガネハナガサ節 Sect. Radiatae
38. 子実体の類型は上記と異なる. ..................................39
39. 傘は円柱形で, 成熟しても平開せず, 柄の頂部は急激に膨大する. ..............
.................................アリノカサタケ節 Sect. Pictae
39. 子実体の類型は上記と異なる. ..................................40
40. 柄の基部は基質上に発達した類白色の菌糸マットに接続する. ...............41
40. 柄の基部は基質に直接接続する. ................................43
41. フラスコ形で平滑な側シスチジアが存在する. .....Sect. Carolinenses Maas Geest.
41. 側シスチジアはない. ........................................42
42. 傘の上表皮層およびヒダの縁部は粘質物に囲まれる. 子実体はヒダサカズキ型.......
.................................Sect. Saetulipedes Maas Geest.
42. 傘の上表皮層およびヒダの縁部は粘性を欠く. 子実体は微小(傘の径0.7-2.3mm)で, ヒダは
発達が悪く, しばしば脈状に退化し, 柄に到達するヒダは0-5....................
...........................Sect. Rarifoliatae Aronsen & Maas Geest.
43. 傘の上表皮層はゼラチン化し, 菌糸は平滑で輪状に広く隙間の開いたクランプを形成する.
....................................Sect. Ingratae Maas Geest.  
43. 上記と異なる. ...........................................44
44. 側シスチジアは紡錘形で上部が円柱状に長く伸び, 頂部または腹部だけが疣状〜短指状
  付属糸に被われる. ..................ブシクヌギタケ節 Sect. Intermediae
44. 側シスチジアの類型は上記と異なるかまたは側シスチジアを欠く. .............45
45. 縁シスチジアの形状は様々で, 平滑または 1〜数個の粗大な短指状付属糸を持つ....46
45. 縁シスチジアは多数の短指状付属糸に被われる. ......................48
46. 縁シスチジアは油脂シスチジア型で成熟後無色または±帯黄色の樹脂状分泌物に被わ
  れ, 樹枝状糸状体(Dendrophyses, Dendrohyphidia)が混在する. 傘および柄の上表皮層は
油脂シスチジアおよび樹枝状分岐物に被われた菌糸が散生または密生する. .......
................................Sect. Pudicae (= Resinomycena)
46. 子実体は油脂シスチジアを欠く. .................................47
47. 子実体はモリノカレバタケ型に類似する. 傘と柄の上表皮層の菌糸および柄シスチジアは
  平滑. 縁シスチジアは一般に平滑. ...........アカバシメジ節 Sect. Calodontes
47. 上記と異なる. .....................アクニオイタケ節 Sect. Fragilipedes
48. 縁シスチジアはこん棒形〜倒洋梨型で, 微細な疣状突起またはやや長い不規則な形状
  の短指状付属糸が等間隔で密生する. 傘および柄の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に
被われる. ..............................................49
48. 縁シスチジアは一般にこん棒形で, やや長い不規則な形状の短指状付属糸が不均等に表
面を被う...............................クヌギタケ節 Sect. Mycena
49. 頭部を欠く rhizomorph形の菌糸束状柄が子実体と同時発生する. 縁シスチジアは2型で,
  粗面の縁シスチジアと平滑で上部に長い円柱形の嘴状突起を具えた片脹れ状縁シスチジ
  アが混在する. ...............................Sect. Maldeae Grgur.
49. 菌糸束状柄は存在しない. 縁シスチジアは粗面のタイプのみ. ................50
50. 子実体は微小〜小型 (傘の径1-5mm). 側シスチジアを欠く. ..................
...........................Sect. Polyadelphia Singer ex Maas Geest.
50. 子実体は上記より大型. 柄の根元は時に青または赤紫色を帯びる. 縁シスチジアと同型の
  側シスチジアを持つかまたは欠く. ........ ニオイアシナガタケ節 Sect. Filipedes


節, 亜節の概念および日本産既知種

シロコナカブリ節 Sect.Sacchariferae Kuhner (1938) ex Singer (ss. Desjardin, 1995): 傘
は微小〜小型, 表面は常に円錐形〜ピラミッド形の小突起状, 微綿毛状, または細粒点状の
外被膜に被われるが, 消失しやすい; 柄の基部は盤状かまたは異なる; 傘の上表皮層は非ゼ
ラチン質で, 菌糸の末端にアカントシスト様細胞 (疣状微突起が密生した球形〜こん棒形の肥
大細胞) を持つ平行菌糸被もしくはアカントシスト様細胞からなる類子実層状被を成す; 
Desjardin (1995)によれば, 本節の全ての所属種は, チェロサイトまたはアカントシスト様細胞か
らなる外被膜 (emanate type) を形成するとされている; 傘の上表皮下層は濃い偽アミロイドに
染まる肥大菌糸からなる; 担子胞子は通常アミロイド. 基準種:M.tenerrima (Berk.) Sacc. (= 
Mycena adscendens).
   シロコナカブリ M. alphitophora (Berk.) Sacc. (1887) [= M. osmundicola J.E. Lange 
1914]: 針葉樹の落ち葉, 枯れ枝上; 日本, 欧州, 北米, 西インド諸島, スリランカ, ハワイ諸島, ア
フリカに分布. 
  M. adscendens (Lasch) Maas Geest. (1981) var. carpophila (J.E. Lange) Desjardin
(1995): 白色で径 1 mm以下の傘を形成し、狭円錐形の柄シスチジアを持ち, スギの落葉上に
発生; 分布は欧州, 日本(岩手, 茨城, 群馬, 滋賀, 京都) (Mycoscience 44 (6): 421-424 2003).
    ミジンキクメタケ M. arundinarialis Pegler, Kew Bull., Addit. Ser. 6: 225 (1977): 根元に暗
紫色の菌糸体が存在する. 分布: 東アフリカ, 日本(?).
    ココナカブリ M. cryptomeriicola Imazeki & Toki (1955) (ut M. cryptomeriaecola): 柄の
基部は明瞭な盤状, 柄シスチジアは平滑で spinulae を欠き (Stirps Adscendens ss. Desjardin 
の特徴), 担子胞子は非アミロイド; 本種は欧州産 M. adscendens var.carpophila 及び M.
nucicola に最も近いが, 非アミロイドの担子胞子およびクランプを欠く菌糸において異なるとさ
れている. 最近ココナカブリのタイプ標本研究が行われたが (Tanaka and Hongo 2003), 欧州
産近縁種との異同については現在も不明確である. 滋賀県大滝村産. 
   トサカオチエダタケ M. spinosissima (Singer) Desjardin (1995). 
    M. cupulicola Issh. Tanaka (2003): 縁シスチジアおよび側シスチジアを欠き, 基部でやや
厚壁となるフラスコ形の柄シスチジアを有し、分解中のクリ殻斗上に発生; 日本(茨城)産 
(Mycoscience 44 (6): 421-424 2003).

キュウバンタケ節 Sect.Basipedes (Fr.) Kuhner: 柄の基部は急激に広がり, 盤状になる 
(肥大した紡錘形〜楕円形の菌糸細胞からなる); 傘表皮は著しくゼラチン化する; 青〜青緑の
色素を欠く; 担子胞子は楕円形〜長楕円形, アミロイド. 基準種:M.stylobates (Pers.: Fr.) P. 
Kumm. (1871). 
    キュウバンタケ M. stylobates (Pers.: Fr.) P. Kumm. (1871): 基盤の表面には放射状の
条線があり, 微毛に被われる. 
     キュウバンタケモドキ M. pseudostylobates Kobayasi (1951): 原記載には傘表皮のゼ
ラチン層の有無および縁シスチジアに関する記述がないため, 本種の分類学的位置について
は疑問が残る. 菌糸体に発光性があるとされている. 宮崎産. 

ヤコウタケ節 Sect. Exornatae Maas Geest. (1982): 傘の表皮はゼラチン化する;  柄の基
部は急激に広がり, 盤状になる; 担子胞子は楕円形, アミロイド; 縁シスチジアは紡錘形, 平滑
但し傘の周縁部付近に存在するものは頂部に分岐物が見られる; 側シスチジアを欠く; 傘の上
表皮層はゼラチン化し, 菌糸は針形の分岐物に被われる; 傘シスチジアはこん棒形で微突起
に被われる; 柄の上表皮層はゼラチン化せず, 菌糸は平滑; 柄シスチジアは紡錘形, 平滑. 基
準種:Hiatula boninensis Berk. & M.A. Curtis (1860) (= M. chlorophos (Berk. & M.A. Curtis) 
Sacc. 1887.)
    ヤコウタケ (別名: グリーンペペ) M. chlorophos (Berk. & M.A. Curtis) Sacc. (1887.)
Synonymy: Mycena cyanophos (Berk. & M.A. Curtis.) Sacc.; Mycena boninensis (Berk. & M.A. 
Curtis) Singer, (1973) 
  著しく粘性; ヒダは強い発光性; 竹, ヤシ等の種々の樹木の枯れ幹, 枯れ枝上; 関東以西の
太平洋側, 小笠原諸島, 台湾, ミクロネシア, ポリネシア, ジャワ, セイロン. 

Sect. Bulbosae Maas Geest. (1983): 子実体は微小〜小型(傘の径2-4mm); 傘の表皮は
ゼラチン質で剥がしやすく, 最初粉状のち平滑, 灰〜灰褐色を帯びる; ヒダの縁部はゼラチン
化した層を形成する; 柄は最初粉状のち平滑, 粘性を欠き, 類白色; 柄の基部は急激に広が
り, 盤状になる担子胞子は長楕円形〜類円柱形, 非アミロイド; 縁シスチジアは類円柱形〜こ
ん棒形で, 一個〜数個のやや不規則な形状の短指状付属糸を有する; 側シスチジアはない; ヒ
ダ実質は偽アミロイド; 傘の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われ, ゼラチン化する; 柄シ
スチジアはこん棒形, 円柱形または類紡錘形で, 平滑. 基準種(単型節):Mycena bulbosa 
(Cejp) Ku"hner, Encyclop. Mycol.: 176 (1938).

Sect. Clavulares Maas Geest. (1983): 傘の表皮はゼラチン質で剥がしやすく, 灰〜灰褐色
を帯びる;  柄の基部は急激に広がり, 盤状になる担子胞子は球形〜類球形, アミロイド; 縁シ
スチジアはこん棒形で, 複数の細い糸状の頂生付属糸を有する; 側シスチジアはない; ヒダ実
質は偽アミロイド; 傘の上表皮層の菌糸および柄シスチジアは平滑. 基準種(単型節):Mycena
clavularis (Batsch) Sacc., Syll. fung. (Abellini) 5: 298 (1887).

Sect.Cyanocephalae (Singer) Singer (1986): 傘および柄の表皮はゼラチン化せず, 新鮮な
時青〜青緑の色素を持つ以外はキュウバンタケ節と同様; 南半球に分布. 基準種:M.
cyanocephala Singer (1969).

Sect.Viscipelles Kuhner (1938) (= Cyanescentes Kuhner): 柄の根元は青〜灰緑色
(caesious green), 柄は全体に微毛をおびる; 傘の表皮はゼラチン質. 傘は白色, 灰色, 灰褐色.
縁シスチジアおよび柄シスチジアはこん棒形で頂生の付属糸を持つ. 基準種:M. cyanorrhiza 
Quel. (1875) (s.Kuhner).

アオミノアシナガタケ節 Sect. Amictae (A.H. Sm. ex) Maas Geest. (1984): 前節に似るが,
傘の周縁部は青緑色を帯び, 縁シスチジアおよび柄シスチジアは円柱形で平滑. 基準種:M.
amicta (Fr.) Quel. (1872)
   アオミノアシナガタケ M. amicta (Fr.) Quel. (1872) 「= M.iris (Berk.) Quel. (1872)」: 特に傘
の周縁部と柄の下部に青みがあり, 柄は微毛に被われ(pubescent), 基部はしばしば根状に伸
びる; 針葉樹の腐木, 枯れ葉上; 北半球温帯. 
   
Sect.Citricolores Singer (1961): 子実体はヒダサカズキ型; 傘の上表皮層の菌糸は短指状
分岐物に被われる; 樹枝状糸状体型(dendrophysoid type)の縁シスチジアが存在する; 傘実質
はゼラチン質で, ゼラチン質の菌糸は非アミロイド, 非ゼラチン質の菌糸は偽アミロイド; 担子
胞子は楕円〜長楕円形, 微小, ?非アミロイド (Pegler [1983]によればアミロイド); 繁殖体として
機能する不稔性の子実体様構造 (stilboid generation) がしばしば基質上に子実体と同時発生
する; 菌糸体に発光性がある(Buller 1934); 本節の基準種M. citricolor はコーヒーの葉の病原
菌として知られている; 新熱帯 (グアテマラ〜ボリビア) に分布. 
  基準種:Mycena citricolor  (Berk. & M.A. Curtis) Sacc. (1887) = Omphalia flavida Maubl. & 
Rangel, Bull. Soc. mycol. Fr. 30: 46 (1914)
 参考文献: 
 1) Buller, A.H.R. 1934. Omphalia flavida, a gemmiferous and luminous leaf-spot fungus. 
  Resaerches on Fungi 6: 397-443.
 2) Pegler, D.N. 1983. Agaric flora of the Lesser Antilles. HMSO, London. 668pp. 

コガネハナガサ節 Sect. Radiatae Singer (1961) (= Corrugaria ss.Metrod 1949 ut 
genus): 柄の基部は盤状ではなく, 通常無毛 (基質上に菌糸体は見られない); 子実体は青〜緑
の色素を欠き, 表面は全体に粉状〜微毛状; 傘表皮は平滑な長い毛を持つかまたは短い細
胞が鎖状に連なる; 縁シスチジアが存在する場合, アカントシスト様ではなく, 時に毛状; 実質
の菌糸は不規則且つ不連続にクランプを持つ; 傘の表面はヒトヨタケ類の様な扇状の溝線を
表す(plicate-sulcate) かまたは裂け目を生じる(rimose); ヒダは離生; 子実体の類型はクヌギタ
ケ型またはウラベニガサ型担子胞子は(弱)アミロイド, 無色, 楕円形〜円柱形, 薄壁; 菌糸は
偽アミロイドまたは非アミロイド; 通常材上生; 南米, オセアニア, アフリカなどの熱帯地域に広く
分布し, 温帯産種は今のところ日本産コガネハナガサとヒマラヤ産 M. indica Sarwal & Rawla 
(1983) のみ; 既知種は少なくとも12以上. 基準種:M. radiata (Dennis) Singer ex Maas Geest. 
(1985).
  本節は属内において極めて異質な特徴を示す. 本節の子実体の類型はハラタケ科キヌカラ
カサタケ属 (Leucocoprinus)との類縁を示唆しているが, 担子胞子は (弱)アミロイドで発芽孔を
欠く. Singer (1986)は Leucoinocybe Sing., Hiatula Fr., Leptomyces Mont.の諸属が本節の異名
である可能性を指摘している. 
  Maas (1985) は本節の概念を修正し, 基準種以外の所属種を全て本節から除外した. 
   コガネハナガサ M. auricoma Har. Takah. (1999) (青木実: 日本きのこ図版 No.44):  スダ
ジイ, オキナワウラジロガシ, コナラなどの広葉樹の枯れ木に発生.分布は本州 (埼玉, 神奈川, 
東京, 三重?, 兵庫?), 沖縄 (八重山諸島). 

Sect. Kermesinae Singer (1986): 柄の基部は長毛に被われるが, 基質上の菌糸体は発達
が悪い; 傘表皮は円柱形〜類小のう状細胞が不連続な子実層状被を成し, 非ゼラチン質; ヒダ
は直生, 縁取りがあるかまたはない; 実質の菌糸は偽アミロイド; 担子胞子は楕円形, アミロイ
ド; 新熱帯及び南半球の種類は明るい色素 (青または赤) を有し, 退色すると灰または黄色に
なる. 基準種:M. kermesina Singer (1986).  

ニオイアシナガタケ節 Sect. Filipedes (Fr.) Quel.: 傘の表面は最初粉状のち平滑, 通常
粘性を欠き, 色は様々; 肉はしばしば大根臭, 薬品臭, またはヨードホルムの様な特有の臭気
を発する; ヒダは縁取りを欠く; 柄の根元は時に青または赤紫色を帯びる; 担子胞子は楕円形, 
アミロイド; 担子器の基部は一般にクランプを持つ; 縁シスチジアはこん棒形〜倒洋梨型で, 微
細な疣状突起またはやや長い不規則な形状の短指状付属糸が等間隔で密生する; 縁シスチ
ジアと同形の側シスチジアを有するかまたは欠く; 傘および柄の上表皮層の菌糸は短指状分
岐物に被われる. . 基準種: M. filopes  (Bull.) P. Kumm. (1871). 
   ニオイアシナガタケ M. filopes (Bull.) P. Kumm. (1871) [= M. amygdalina (Pers.) Singer 
(1961).; M. iodiolens S. Lundell (1932)]: ヨードホルムの様な特有の臭気を発する; 秋〜初冬, 
落ち葉上または枯れ枝上; 北半球温帯. 

Sect. Maldeae Grgur. (2002): 子実体は微小〜小型 (傘の径5mm以下); 傘は粘性を欠き,
淡褐色〜白色; 肉に硝酸系の薬品臭(nitric)があるかまたは無臭; ヒダは類白色で縁取りを欠
く; 頭部を欠く rhizomorph形の菌糸束状柄 (criniform stipe)が子実体と同時発生する; 担子胞
子は楕円形〜類円柱形, アミロイド; 縁シスチジアは2型: 1) こん棒形で, 微細な疣状突起また
はやや長い不規則な形状の短指状付属糸が等間隔で密生する; 2) 上部に長い円柱形の嘴状
突起を具えた片脹れ状で, 平滑側シスチジアを欠く; ヒダ実質は偽アミロイド; 傘および柄の上
表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる. 傘および柄の上皮シスチジアは類円柱形〜やや
片脹れ状で平滑. 基準種:Mycena maldea Grgur., Larger Fungi of South Australia (Adelaide):
293 (1997)
  オーストラリア南東部に分布する.

Sect. Polyadelphia Singer ex Maas Geest. (1980): 子実体は小型〜微小 (傘の径5mm以
下); 傘は粘性を欠き, 淡黄褐色, 淡灰褐色, または淡紅色〜赤紫色; 肉に特別な味や臭いはな
い; ヒダは縁取りを欠く; 担子胞子はアミロイド; 縁シスチジアはこん棒形〜倒洋梨型で, 微細な
疣状突起またはやや長い不規則な形状の短指状付属糸が等間隔で密生し, 基部にクランプを
持つかまたは2胞子性の場合クランプを欠く側シスチジアを欠く; 傘および柄の上表皮層の菌
糸は短指状分岐物に被われる. 基準種:Mycena polyadelpha (Lasch) Ku"hner, Encyclop.
Mycol. 10: 262 (1938)

クヌギタケ節 Sect. Mycena : 柄は通常弾力性がありやや強靱; ヒダは縁取りを欠く; 担子
胞子は楕円形, アミロイド; 担子器は2胞子性の場合は基部にクランプを欠き, 4胞子性の場合
は基部にクランプを有する; 縁シスチジアは一般にこん棒形で, やや長い不規則な形状の短指
状付属糸が不均等に表面を被う; 一般に側シスチジアを欠く; ヒダ実質は偽アミロイド; 傘およ
び柄の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われるかまたは平滑. 基準種: M. galericulata 
(Scop.) Gray (1821). 
   クヌギタケ M. galericulata (Scop.) Gray (1821). 
   センボンアシナガタケ M. inclinata (Fr.) Quel. (1872)
  ケアシオチエダタケ M. multiplicata  Har. Takah. (2007).

Sect. Supinae Konr. & Maubl. (1934): 傘は最初粉状のち平滑, 粘性を欠く; 肉に特別な臭
いはない; ヒダの縁部は一般に側面と同色, 稀に縁取りがある; 柄は最初粉状のち平滑, 粘性
を欠き, 根元は白色の毛に被われる; 担子胞子は球形〜類球形, アミロイド; 縁シスチジアはこ
ん棒形または不規則な形状を成し, 多数のやや長い短指状付属糸が均等あるいは不均等に
表面を被う; 一般に側シスチジアを欠く; 傘および柄の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被
われる. 基準種:Mycena supina (Fr.) Que'l.

エヌメリタケ節 Sect. Cinerellae Singer ex Maas Geest.: 子実体の類型はヒダサカズキ
傘は通常湿時粘性があり, 一般に灰褐色〜暗褐色を呈する; ヒダは通常垂生; 柄は乾性
または湿時粘性; 担子胞子は楕円形〜やや円柱形, アミロイド; 担子器の基部はクランプを持
つかまたは欠く; 縁シスチジアはこん棒形〜不規則な形状をなし,  通常様々な形状の短指状
付属糸が不均等に表面を被う; 側シスチジアはないかまたは稀; ヒダ実質は偽アミロイド; 傘お
よび柄の上表皮層の菌糸は一般に短指状分岐物に被われる. 基準種: M. cinerella (P. 
Karst.) P. Karst. (1879).
  エヌメリタケ M. clavicularis (Fr.) Gillet (1874): 欧州, 北米, 北海道 (Mycoscience 39: 337
-342, 1998).

Sect. Calamophilae Maas Geest. (1980): 子実体の類型はヒダサカズキ型; 傘の表皮はゼ
ラチン化する; ヒダは縁取りを欠く; 柄の表面は湿時粘性; 柄の基部は類白色の毛で被われた
基質上の菌糸マットに接続する; 担子胞子は長楕円形〜類円柱形, アミロイド; ヒダの縁部は
ゼラチン化せず, 縁シスチジアは紡錘形で, 平滑または1〜数個の不規則に屈曲した粗大な指
状付属糸を持つ; 傘と柄の上表皮層の菌糸は平滑; 複数の短指状分岐物に不規則に被われ
た柄シスチジアが存在する. 基準種:Mycena belliae (Johnst.) P.D. Orton, Trans. Br. mycol.
Soc. 43: 178 (1960)

Sect. Saetulipedes Maas Geest. (1986): 子実体はヒダサカズキ型; 傘は実質から剥がしに
くいゼラチン質の表皮を形成し, 最初ピンク色のち淡紅褐色を帯びる; ヒダは弧状に垂生し, 紅
色〜淡赤褐色を帯び, 縁取りを欠く; 柄の基部は基質上に発達した類白色の菌糸マットに接続
する; 担子胞子長楕円形, アミロイド; 縁シスチジアはゼラチン層に囲まれ, こん棒形, 短指状付
属糸に被われる; 側シスチジアはない; 傘の上表皮層はゼラチン化し, 最上層に位置する菌糸
のみが短指状分岐物に被われる; 柄の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる. 基準種
(単型節):Mycena tubarioides (Maire) Ku"hner, (1938).

Sect. Insignes Maas Geest. (1989): 子実体は中〜大型; 傘は湿時粘性, 黒褐色, 灰褐色,
類白色; ヒダは弧状に垂生または上生し, 縁取りを欠く; 柄は湿時粘性, 根元は毛に被われる;
担子胞子は楕円形, アミロイド; 縁シスチジアは粘液の層に埋まらず, 平滑または1〜数個の粗
大な指状付属糸を持つ; 傘および柄の上表皮層はゼラチン化し, 菌糸は平滑または短指状分
岐物に被われる; 柄シスチジアは平滑またはやや短指状に分岐する. 基準種: Mycena
insignis A.H. Sm., (1941)

Sect. Euspeireae Maas Geest. (1989): 傘および柄は実質から剥がしやすいゼラチン質の
表皮を持つ; 担子胞子は楕円形, アミロイド; 縁シスチジアは紡錘形で痩せ型の長い柄を具え,
平滑または少数の短指状付属糸を持つ; 縁シスチジアと同形の側シスチジアが存在する; 傘
の上表皮層はゼラチン化し, 菌糸は平滑または短指状分岐物に被われる; 柄の上表皮層はゼ
ラチン化し, 菌糸は平滑; 柄シスチジアは短指状分岐物を持つ; 北米南部から南米北部の熱帯
〜亜熱帯地域に分布する. 基準種:Mycena euspeirea Berk. & M.A. Curtis, J. Linn. Soc., Bot.
10(no. 45): 285 [no. 21] (1868)

ブシクヌギタケ節 Sect. Intermediae Kuhner ex Maas Geest.: 傘と柄は一般に灰色〜灰
褐色; 柄は軟骨質で, 粘性を欠く; ヒダの縁部は類白色; 担子胞子は楕円形, アミロイド; 担子器
の基部はクランプを持つ; 縁シスチジアは紡錘形〜フラスコ形またはこん棒形で, 平滑または
短指状付属糸に被われる; 側シスチジアは紡錘形で上部が円柱状に長く伸び, 頂部または腹
部だけが疣状〜短指状付属糸に被われる; ヒダ実質は偽アミロイド; 傘表皮の菌糸はゼラチン
化し, 平滑または短指状分岐物に被われる; 柄表皮の菌糸は平滑または短指状分岐物にまば
らに被われる. 基準種: M. latifolia (Peck) A.H. Sm.(1935)
   ブシクヌギタケ M. borealis A.H.Sm. (1935):  

Sect. Pudicae (= Resinomycena) Maas Geest.: 本節の基準種 M. pudica Hora (1960) 
[= Resinomycena saccharifera (Berk.& Br.) Kuhner] がザラメタケ属 Resinomycena に編入さ
れたため, Maas (1986)は本節を Mycena 属から除外している. 
 
Sect. Carolinenses Maas Geest. (1986): 傘は湿時やや粘性を帯びるが実質から剥がしや
すいゼラチン質の表皮は形成しない; ヒダは縁取りを欠く; 柄の基部は基質上に発達した類白
色の菌糸マットに接続する; 担子胞子は楕円形, アミロイド; 縁シスチジアはこん棒形または紡
錘形, 一般に多数の短指状付属糸に被われるが, 稀に平滑; 側シスチジアはフラスコ形, やや
厚壁, 平滑; 傘の上表皮層の菌糸は平滑〜密集した短指状分岐物に被われる; 柄シスチジア
は短指状分岐物に被われる. 基準種(単型節):Mycena carolinensis A.H. Sm. & Hesler, (1941).
  Maas (1986)によれば, 本節はSect. Polyadelphia Sect. Luculentae の中間に位置
する分類群と考えられている. 

Sect. Luculentae Maas Geest. (1980): 傘の表皮はゼラチン化しない; 肉に特別な味や臭
いはない; ヒダはオレンジ色, 赤色, 紫色などに縁取られる:;  担子胞子はアミロイド; 縁シスチジ
アは一般にこん棒形で, 有色の内容物を有し, 通常微突起状〜短指状付属糸に被われる; 
シスチジアは有色の内容物を有し, 平滑または短指状付属糸に被われる; 傘の上表皮層の菌
糸は短指状分岐物に被われる; 柄の上表皮層の菌糸は平滑または短指状分岐物に被われ
る. 基準種:Mycena aurantiomarginata (Fr.) Que'l. (1872).
  ダイダイフチドリクヌギタケ亜節 Sect. Luculentae Subsect. Elegantes Singer ex
Maas Geest. (1980): 傘は褐色, 帯褐灰色, 帯黄色, 帯黄色, 橙黄色, 橙赤色. 側シスチジアおよ
び縁シスチジアは短指状付属糸に被われる.
  ダイダイフチドリクヌギタケ Mycena aurantiomarginata (Fr.) Que'l., Me'm. Soc. E'mul.
Montbe'liard, Se'r. 2 5: 240 (1872): アカエゾマツの落ち葉上に発生. 分布: 欧州, 北米, 北アフリ
カ, 北海道 (日菌報 51: 22-25. 2010).
  Sect. Luculentae Subsect. Rosellae Singer ex Maas Geest. (1980): 傘は鮮やかなピ
ンク色, 帯紫紅色, 帯褐ピンク色. 側シスチジアは平滑. 縁シスチジアは短指状付属糸に被わ
れる.

Sect. Pterigenae (Maas Geest.) Maas Geest. (1986): 前節とは側シスチジアを欠く点で区
別される. 基準種:Mycena pterigena (Fr.) P. Kumm., Fu"hr. Pilzk. (Zwickau): 108 (1871)

フチドリクヌギタケ節 Sect. Rubromarginatae Singer ex Maas Geest.: ヒダはピンク色, 赤
褐色, 紫褐色, 暗紫色に縁取られ, 通常縁部は側面より濃色, 側面は紫色を帯びない; 柄は切
断したとき, 赤色の乳液を出さない; 担子胞子は楕円形, アミロイド; 担子器は2胞子性 (稀) の
場合はクランプを欠き, 4胞子性 (普通) の場合はクランプを持つ; 縁シスチジアの形状は様々
で, 有色の内容物を有し, 平滑または1〜数個の不規則に屈曲した粗大な指状付属糸を持つ
傘の菌糸は通常微突起に被われる; 側シスチジアはないかまたは稀; ヒダ実質は偽アミロイ
ド; 傘および柄の上表皮層の菌糸は平滑または短指状分岐物に被われる. 基準種: M.
rubromarginata (Fr.) P. Kumm. (1871).  
   フチドリクヌギタケ M. neoavenacea Hongo (1977): 縁シスチジアはハリガネオチバタケ
型 (Siccus-type); 初夏, 杉, 檜などの樹下; 京都, 滋賀. 近縁種 M. avenacea (Fr.) Quel.は, 側
シスチジアが存在し, 胞子がやや小型な点で異なる. [Hongo 1977. MSU 27: 20.]
   ウスベニフチタケ M. roseomarginata Hongo (1957): 本種は欧州産 M. rubromarginata 
(Fr.) P. Kumm. (1871)に最も近縁と考えられるが, 縁シスチジアの形状の相違を根拠とする両
種の区別について Maas (1986) は疑問を提起しており, 両種の異同に関しては今後再検討を
要するとされている.

アクニオイタケ節 Sect. Fragilipedes (Fr.) Quel.: ヒダは一般に縁取りを欠くが, まれに緑
色または灰褐色を帯びる; 担子胞子は楕円形〜やや円柱形, アミロイド; 担子器の基部はクラ
ンプを持つかまたは欠く; 縁シスチジアの形状は様々で, 平滑または 1〜数個の不規則に屈曲
した粗大な指状付属糸を持つ; 縁シスチジアに似た側シスチジアを持つかまたは欠く; ヒダ実
質は偽アミロイド; 傘および柄の上表皮層の菌糸は平滑または短指状分岐物に被われる. 基
準種: M. alcalina (Fr.) P. Kumm. (1871) (s. Schroter, Kuhner).  
   アクニオイタケ M. stipata Maas Geest. & Schwobel (1987): 従来本種の学名として用い
られてきた M. alcalina (Fr.) P. Kumm. (s. Schroter, Kuhner) は misapplied name とされ,  
Maas and Schwobel (1987)により上記の学名に訂正された.
   ハイイロサクラタケ M. niveipes (Murrill) Murrill (1916). 
   ミヤマクヌギタケ M. algeriensis Maire (1938). 
    センボンクヌギタケ M. laevigata (Lasch: Fr.) Gillet (1876).
    アシナガタケ M. polygramma (Bull.: Fr.) Gray (1821) (s. Lange)
    シイノトモシビタケ M. lux-coeli Corner (1954): 現在(2003年)までに確実に知られている
分布地は, 八丈島, 三重, 和歌山, 兵庫, 大分, 宮崎.
  参考文献: 
  1) Corner, E.J.H. 1954. Further descriptions of luminous agarics. Trans. Brit. Myc. Soc. 37: 
  256-271.
  2) Kurogi, S., Hattori, M., and Hattori, T 2004. A luminescent mushroom Mycena 
    lux-coeli recorded in Miyazaki Prefecture. 宮崎県総合博物館研究紀要 25: 26-42.
    ウスキブナノミタケ Mycena sp.
  Misapplied name: Mycena luteopallens sensu A.H. Sm. (= M. crocea Maas Geest., Proc. 
K. Ned. Akad. Wet., Ser. C, Biol. Med. Sci. 94(3): 390. 1991).   
  = Mycena luteopallens sensu Yokoyama & Shidei, Trans. Mycol. Soc. Japan 13: 151, 1972.
  10月〜11月, 埋もれたブナの堅果上; 日本. 
  これまで本種の学名に使用されてきた Agaricus luteopallens Peck は, Maas (1985) のタイ
プ標本研究により, クヌギタケ属 (Mycena) ではなく, アカヤマタケ属 (Hygrocybe) の種類であ
ることが判明した. これに伴い, A.H. Smith (1947) によって M. luteopallens (Pk.) Sacc. と同定さ
れた種類については Maas (1991)により新種として判定され, 上記の学名が与えられた. 本種
は, 従来 コウバイタケ節 (Sect. Adonideae) の仲間と考えられてきたが, 担子胞子がアミロイド
であること, ヒダ実質が偽アミロイドであること, 縁シスチジアおよび側シスチジアが平滑なこと
から, Maas の分類概念 (Maas 1980, 1988a) によるアクニオイタケ節 (Sect. Fragilipedes) に編
入するのが妥当と思われる.
  北米東部産 M. crocea (Maas 1991)は担子器, 縁シスチジア, 傘および柄の表皮組織にクラ
ンプが存在し, 短指状分岐物に被われた柄シスチジアを持つとされている. 一方横山・四手井 
(1972) によれば, ウスキブナノミタケは全ての組織においてクランプはないとされ, 傘および柄
の表皮組織における菌糸細胞の形態的特徴に関する言及がない. 
  また北米産 M. croceaはクルミ科の堅果上に発生すると言われており, 日本産の標本に比
べて担子胞子がやや短く, 子実層のシスチヂアの形態に相違が認められる. これらのことから
判断すると, 日本産ウスキブナノミタケは新種の可能性が高いと思われる.
  キアシクヌギタケ M. viridimarginata P. Karst., Hedwigia 31: 218 (1892): トドマツ林内腐
木上に発生. 分布: 北海道. 
    キクモンクヌギタケ M. chrysanthemiformis Har. Takah. (2000): ケヤキ, ムクノキ, メタセ
コイア等の樹皮または落枝に発生. 本州中部では普通. 青木実氏は本種と同一と思われるも
のをシロアクニオイタケの和名で日本きのこ図版 (No.1878)に記載している. 
  イズミノアシナガタケ M. fonticola Har. Takah. (2007).
   オリーブアシナガタケ M. intersecta Har. Takah. (2007).
  ケアシハイイロタケ M. lanuginosa  Har. Takah. (2007).   
  スミレアシナガタケ M. mustea Har. Takah. (2007).
  タイシャアシナガタケ M. fuscoaurantiaca Har. Takah. (2007).
  シコンサクラタケ M. clariviolacea Har. Takah. (2007).
    Mycena daisyogunensis Kobayasi, , J. Hattori bot. Lab. 5: 5 (1951): 子実体の外観は
Maas (1980)の分類概念によるSect. Polyadelphia に属する欧州産 Mycena capillaris 
(Schumach.) P. Kumm. (1871) に似るが, 縁シスチジアの類型が異なる. 原記載には担子胞子
のアミロイド反応に関する記述がないため, 本種の分類学的位置については疑問が残る. 子実
体に発光性があるとされている. 宮崎県産.

日本産アクニオイタケ節の種の検索表

1. 側シスチジアを持つ....................... ................... 2
1. 側シスチジアを欠く.  .........................................6
2. 傘は淡黄色〜淡橙色. 埋もれたブナ科の堅果上に発生 ....................
  ...................................ウスキブナノミタケMycena sp.
2. 上記と異なる .............................................3
3. 柄の表面は根元に向かって長軟毛に被われる. 傘と柄は灰褐色〜紫褐色を帯びる 
  .....................ケアシハイイロタケ Mycena lanuginosa Har.Takah.
3. 柄の表面は平滑, 粉状, 繊維状, 羊毛状を呈する ........................4
4. 傘の表皮組織はゼラチン化する. 傘は灰褐色〜黒褐色 ....................
 ...........................ミヤマクヌギタケ Mycena algeriensis Maire
4. 傘の表皮組織はゼラチン化しない .................................5
5. 傘は最初暗褐色であるが, 間もなく淡灰褐色になる. 子実体は硝酸臭を有する
  .....................ハイイロサクラタケ Mycena niveipes (Murrill) Murrill
5. 傘は褐色〜帯褐橙色. 特別な臭いはない .............................
  .................タイシャアシナガタケ Mycena fuscoaurantiaca Har.Takah.
6. 傘の表皮の菌糸はほぼ全体に短指状分岐物に被われる....................7
6. 傘の表皮の菌糸は平滑または部分的に短指状分岐物に被われる  ............11
7. 傘の表皮組織はゼラチン化する. 傘は淡灰褐色〜灰褐色. ヒダは類白色〜淡灰色, 成熟
 するとしばしば赤褐色のしみを生じる ................................
  ......................アシナガタケ Mycena polygramma (Bull.: Fr.) Gray
7. 傘の表皮組織はゼラチン化しない .................................8 
8. ヒダに縁取りがある ..........................................9
8. ヒダは縁取りを欠く .........................................10
9. ヒダは黄褐色に縁取られる. 傘は淡褐色または暗黄褐色. 子実体は強い発光性を持つ
  ..........................シイノトモシビタケ Mycena lux-coeli Corner
9. ヒダはオリ−ブ緑色, オリ−ブ褐色, オリ−ブ灰色に縁取られる. 傘は帯黄色〜帯オリ−ブ
  褐色. 子実体は発光性を欠く ...................................
  .....................キアシクヌギタケ Mycena viridimarginata P. Karst.
10. 傘は全体に紫褐色を帯びる. 縁シスチジアは紡錘形 .....................
  .......................イズミノアシナガタケ Mycena fonticola Har.Takah.
10. 傘はオリーブ褐色〜黄褐色. 縁シスチジアは不規則な円柱形................
   ....................オリーブアシナガタケ Mycena intersecta Har.Takah.
11. 傘は少なくとも最初全体に白色〜類白色. ヒダは直生〜垂生 ................12
11. 傘は最初から濃色. ヒダは直生〜上生 ............................13
12. 傘の表面は平滑で湿時やや粘性, 時に錆褐色のしみを生じる ...............
  ..................センボンクヌギタケ Mycena laevigata (Lasch: Fr.) Gillet
12. 傘の表面は最初白色粉状, のち平滑になり, 粘性はなく, 錆褐色のしみを生じない 
  ...............キクモンクヌギタケ Mycena chrysanthemiformis Har.Takah.
13. 縁シスチジアは紡錘形〜フラスコ形で平滑. 傘は最初黒褐色のち帯褐ベージュ色.
  子実体は硝酸臭を有する .....................................
  ..................アクニオイタケ Mycena stipata Maas Geest. & Schwobel
13. 縁シスチジアはこん棒形で頂部に複数の短指状〜瘤状付属糸を具える. .........
  特別な臭気はない .........................................14
14. 子実体はクヌギタケ型. 傘は淡灰紫色. 柄の表皮組織の菌糸は平滑 ............
  ........................スミレアシナガタケ Mycena mustea Har.Takah. 
14. 子実体はモリノカレバタケ型に類似する. 傘は暗紫色. 柄の表皮組織の菌糸は平滑または
  部分的に短指状突起に被われる..................................
  ......................シコンサクラタケ Mycena clariviolacea Har.Takah.

Sect. Rarifoliatae Aronsen & Maas Geest. (1990): 子実体は微小(傘の径0.7-2.3mm); 
の表面は粘性を欠く; ヒダは発達が悪く, しばしば脈状に退化し, 柄に到達するヒダは0-5; 柄の
基部は基質上に発達した類白色の菌糸マットに接続する; 担子胞子は楕円形, アミロイド; 縁シ
スチジアは類円柱形〜類紡錘形, 平滑; 側シスチジアはない; ヒダ実質は偽アミロイド; 傘の上
表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる; 柄の上表皮層の菌糸は平滑または短指状分岐
物がまばらに存在する; 柄シスチジアは不規則な形状を成し, 短指状分岐物に被われる. 基準
種:Mycena oligophylla Aronsen & Maas Geest., Persoonia 14(2): 183 (1990).

Sect. Monticola Singer ex Maas Geest. (1980): 傘の表皮はゼラチン化しない; ヒダは縁取
りを欠く; 柄は傷を受けると半透明の乳液を出す; 担子胞子は弱アミロイド; 縁シスチジアは一
般にこん棒形で, 多数の短指状付属糸に不規則に被われる; 側シスチジアを欠く; 傘の上表皮
層の菌糸は多数の短指状分岐物に不規則に被われる; 柄の上表皮層の菌糸は平滑または
多数の短指状分岐物に不規則に被われる. 基準種:Mycena monticola A.H. Sm., (1939)

ニセチシオタケ節 Sect. Lactipedes (Fr.) Quel.:  傘は灰色, 灰褐色, 暗褐色, ほぼ黒色
まれに白色; 一般に臭いおよび味に特徴は見られないが, M. erubescens Hohn. は苦みを有す
る; ヒダは白色, 老成すると緑色または褐色を帯び, 時に紅色〜赤色の斑点を生じ, 縁部は同
色; 柄は切断したり傷つくと乳白色の乳液を出し, 傘と同色; 担子胞子は楕円形〜やや円柱
形, アミロイド; 担子器は2胞子性の場合はクランプを欠き, 4胞子性の場合 (普通) はクランプ
を持つ; 縁シスチジアに似た側シスチジアを持つかまたは欠く; ヒダ実質は偽アミロイド; 傘およ
び柄の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる. 基準種: M. galopus (Pers.) P. Kumm. 
(1871). 
   ニセチシオタケ M. galopus (Pers.) P. Kumm. (1871).  

ヒメチシオタケ節 Sect. Sanguinolentae Maas Geest.: ヒダは暗赤褐色または紫褐色に縁
取られる; 乳液はくすんだ橙色〜赤褐色; 縁シスチジアは一般に紡錘形で平滑, まれに付属物
に被われ, 赤褐色の内容物を有し, 基部にクランプを持つ; 縁シスチジアと同形の側シスチジ
アを持つかまたは欠く; 傘と柄の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる; 柄シスチジア
は縁シスチジアと同形. 基準種: M. sanguinolenta (Alb. & Schwein.) P. Kumm. (1871).  
   ヒメチシオタケ M. sanguinolenta (Alb. & Schwein.) P. Kumm. (1871). 

チシオタケ節 Sect. Galactopoda (Earle) Maas Geest.: ヒダの縁部は同色かまたは血赤
色に縁取られる; 乳液は血赤色; 縁シスチジアは紡錘形, 平滑, 無色または赤褐色の内容物を
有し, クランプを持つ; 傘の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる; 柄の表皮組織の菌
糸は平滑で, 柄シスチジアは多数の短指状分岐物に被われ, 縁シスチジアと類型が異なる. 基
準種: M. haematopus (Pers.) P. Kumm. (1871).
   チシオタケ M.haematopus (Pers.) P. Kumm. (1871). 

アカチシオタケ節 Sect. Crocatae Maas Geest.: ヒダの縁部は白色; 乳液は橙色; 縁シス
チジアはこん棒形で, 頂部は円柱形の付属物に被われ, クランプを持つ; 側シスチジアはこん
棒形, 平滑または短指状付属糸を持つ; 傘および柄の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被
われる. 基準種: M.crocata (Schrad.) Fr. (1871). 
   アカチシオタケ M. crocata (Schrad.) Fr. (1871). 

Sect. Exiguae Maas Geest. (1983): 傘の表皮はゼラチン化する(? 実質から剥がしやすい); 
ヒダの縁部はゼラチン化した層を形成する柄は上部粉状, 下部は微毛に被われ, 根元は膨
大する; 担子胞子は類球形, アミロイド. 基準種(単型節):Mycena marocana Maas Geest., 
Proc. K. Ned. Akad. Wet., Ser. C, Biol. Med. Sci. 86(3): 418 (1983). 

ナメアシタケ節 Sect. Hygrocyboideae (Fr.) Singer: 傘の表皮はゼラチン質で実質から剥
がしやすい; ヒダの縁部はゼラチン化した層を形成する柄は粘性があり, 通常黄色; 担子胞子
は楕円形, アミロイド; 縁シスチジアは一般にこん棒形で, 様々な形状の付属物に被われる; 側
シスチジアはない; 傘の表皮組織はゼラチン化し, 菌糸は短指状分岐物に被われる; 柄の表皮
組織はゼラチン化し, 菌糸は平滑, 柄シスチジアは短指状分岐物に被われる. 基準種: M.
epipterygia (Scop.) Gray (1821).  
    キナメアシタケ M. epipterygia (Scop.: Fr.) S.F.Gray var. epipterygia [= M. citrinella 
(Pers.) P. Kumm. (1871)]: 子実体の色や顕微鏡的特徴に基づき, 10種以上の変種に分けられ
ている. 日本産は欧州産に比べて担子胞子がやや小型である.
 参考文献:
@原色日本新菌類図鑑(T)
A青木実: 日本きのこ図版 2136
BMaas Geest. RA. 1989. Conspectus of the Mycenas of the Northern Hemisphere 11.
  Section Hygrocybiodeae. Proc K Ned Akad Wet [Ser. C] 92:89-108
CRobich G 2003. Mycena D’Europa. AMB, Trento
    アカハナメアシタケ M. epipterygia var.viscosa (Secr. ex Maire) Ricken (1915).
     ナメアシタケ M. aff. epipterygia: 本種の学名については再検討を要する. 

ハイイロナメアシタケ節 Sect. Fuliginellae (A.H.Smith ex Sing.) Maas Geest.: 傘の表皮は
ゼラチン質で実質から剥がしやすく, 灰色, 灰褐色, または白色; ヒダの縁部はゼラチン化した
層を形成する柄は粘性または著しい粘液を被り, 灰色, 灰褐色, または白色; M. vulgaris 以外
は側シスチジアを有する;  針葉樹林内に発生. 基準種: M. vulgaris (Pers.) P. Kumm. (1871).  
  ハイイロナメアシタケ M. vulgaris (Pers.) P. Kumm. (1871). 

コガネヌメリタケ節 Sect. Caespitosae (A.H.Smith ex Sing.) Maas Geest.: 子実体は叢生
する; 傘の表皮はゼラチン質で実質から剥がしやすく, 白色〜橙色; ヒダは橙色; 柄は粘性が
あり, 橙色; 縁シスチジアは紡錘形〜こん棒形またはやや円柱形で, 平滑または頂部に1〜数
個の付属糸がある; 基準種: M. texensis A.H. Sm.(1937).
   コガネヌメリタケ M. leaiana (Berk.) Sacc. (1891).

Sect. Ingratae Maas Geest. (1989): 傘は明瞭な溝線を表し, 湿時粘性, 平滑, 灰褐色; ヒダ
は離生し, 縁取りはない; 柄は粘性を欠き, 上部白色, 下部赤褐色; 担子胞子は楕円形, アミロ
イド; 縁シスチジアは平滑; 側シスチジアはない; 傘の上表皮層はゼラチン化し, 菌糸は平滑で
輪状に広く隙間の開いたクランプを形成する; 柄の上表皮層はゼラチン化せず, 菌糸は平滑;
柄シスチジアはこん棒形〜紡錘形で, 平滑. 基準種:Mycena chlorinosma Singer, (1937).

アカバシメジ節 Sect. Calodontes (Fr. ex Berk.) Quel.: 子実体は中〜大型で, モリノカレ
バタケ型に近い (但し傘の縁部は幼時内側に巻かない); 担子胞子は楕円形〜やや長楕円形, 
アミロイドまたは非アミロイド; 縁シスチジアは一般に平滑; 傘と柄の表皮組織の菌糸および柄
シスチジアは平滑. 基準種: M. pelianthina (Fr.) Quel. (1872).
  アカバシメジ亜節 Sect. Calodontes Subsect. Marginatae J.E.Lange: ヒダの縁部
は側部より濃色; 担子胞子はアミロイド; 縁- 及び側シスチジアは紫褐色の内容物を有する. 基
準種: M. pelianthina (Fr.) Quel. (1872). 
     アカバシメジ M. pelianthina (Fr.) Quel. (1872): 傘は湿時条線を表す; ヒダは暗灰紫色で
縁部はギザギザ状, 連絡脈がある; 肉はダイコン臭がある; 縁及び側シスチジアは紡錘形で帯
紫褐色の液を持つ; 特にブナ林の落ち葉上; 北半球温帯 (本州, 北海道).サクラタケと同様の
有毒成分(epimuscarine)を含有. 
   サクラタケ亜節 Sect. Calodontes Subsect. Purae (Konr.& Maubl.) Maas Geest.: ヒ
ダはしばしば著しい側脈(intervenose) を有し, 時に管孔状になり, 縁部は同色; 担子胞子はア
ミロイド; 縁- 及び側シスチジアの内容物は無色. 基準種: M. pura (Pers.) P. Kumm. (1871). 
  熱帯産 Poromycena 属およびアミヒカリタケMycena manipularis (Berk.) Sacc. (1887)は, モ
リノカレバタケ型に似た子実体の類型および管孔状の子実層托を形成する性質において本亜
節と共通するが, 傘の色は一般に褐色〜灰褐色または白色で, 傘および柄の表皮組織に短指
状分岐物に被われた上皮シスチジアが存在する点で異なる. 
    サクラタケ M. pura (Pers.) P. Kumm. (1871): バラ色, 紅紫色, 藤色, 白色など; 傘は湿時
条線を表す; ヒダは上生〜直生, 連絡脈がある; 縁及び側シスチジアは紡錘形, 嚢状, こん棒形
など; 担子胞子は6.5-7.5×3-4μm; 落ち葉上; 世界的. 
    M. diosma Krieglst. & Schwobel (1982): ヒダは暗紫色を帯びる.
    シロサクラタケ M. pura f.alba (Gillet) Arnolds (1982) (= M. subaquosa A.H.Sm.): 北米産 
M. subaquosa [A.H.Smith 1947: 186] は担子胞子がサクラタケより小型とされているが, Maas 
(1989) のタイプ標本研究では有意差が認められなかったため, 現在では M. pura f.alba の異
名とされている. 
    アミサクラタケ M. holoporphyra (Berk. & M.A. Curtis) Singer (1962): 日本新産種(未発
表); 子実体は全体に紫灰色を帯びた赤紫色(vinaceous lilac) 〜濃青紫色. 子実層托は管孔
状. 側シスチジアはない. 担子胞子は濃アミロイド. 材上生または地上生; 青木実氏によって記
載されたアミサクラタケ (日本きのこ図版 No.1203, 所沢市横宿, 赤松林内)は, 縁シスチジアの
大きさと形状 (アミサクラ: 40-65×6-12.5μm, fusoid-lanceolate; M. holoporphyra: 25-40×4-9μ
m, cylindric to ventricose-lanceolate) を除けば, Pegler (1977, 1983) の同定による東アフリ
カ (ケニア)および中米 (キューバ, マルチニク島, トリニダード島)産 M. holoporphyra にほぼ一
致する. 
  Sect. Calodontes Subsect. Violacellae Sing. ex Maas Geest.: 担子胞子は非アミロイ
ド; 側シスチジアを欠く. 基準種: M. violacella (Speg.) Singer (1955).

アリノカサタケ節 Sect. Pictae (A.H.Smith) Maas Geest.: 傘は円柱形で, 成熟しても平開し
ない; ヒダは直性〜やや垂生し, 横方向の長さより垂直方向の幅が広くなる; 柄は頂部におい
て急激に太くなり, 軟骨質; 担子胞子はアミロイド; 縁シスチジアは複数の短形細胞が鎖状に
連なり, 末端細胞は短指状分岐物に被われる; 側シスチジアはない; ヒダ実質は偽アミロイド; 
傘および柄の表皮組織は平滑な菌糸からなる; 柄シスチジアはない. 
    アリノカサタケ M. picta (Fr.) Harmaja (1979): 発生はやや稀; 欧州, 北米, 北海道 
(Mycescience 37: 463-466, 1996). 

コウバイタケ節 Sect. Adonideae (Fr.) Quel.: 傘と柄は赤, 橙, ピンク, 黄, 白などの明るい
色彩を帯びる; 担子胞子は非アミロイド; 縁シスチジアおよび側シスチジアは一般に紡錘形で, 
平滑; ヒダの実質は非アミロイド; 傘の上表皮層の菌糸は短指状分岐物に被われる; 柄の上表
皮層の菌糸は短指状分岐物を欠く. 基準種: M. adonis (Bull.) Gray (1821). 
コウバイタケ属 Atheniella を参照.
    コウバイタケ M. adonis (Bull.) Gray (1821) (= M. roseocandida Peck): ヒメサクラタケM.
roseocandida Peck は現在では本種の異名とされている; 針葉樹に発生. 
  オウバイタケ M. aurantiidisca Murrill: 北米, 北海道 (Mycoscience 39: 337-342, 1998).

ベニカノアシタケ節 Sect. Aciculae Kuhner ex Singer: 担子胞子およびヒダ実質は非アミ
ロイド; 柄の上表皮層の菌糸が短指状分岐物に被われる点で前節と異なる; 基準種: M.
acicula (Schaeff.) P. Kumm. (1871). 
  ベニカノシアタケ M. acicula (Schaeff.) P. Kumm. (1871): 子実体は微小, 傘は中央部朱
赤色, 周縁部は橙黄色, 柄は黄色; 落ち葉, 落枝上. 

クチバタケ節 Sect. Oregonenses Maas Geest.: 担子胞子およびヒダ実質は非アミロイド; 
柄の上表皮層の菌糸は短指状分岐物を欠く; ヒダは鮮黄色に縁取られる; 柄シスチジアは黄
色の内容物を持つ. 基準種:M. oregonensis A.H.Sm. (1936).
    クチバタケ M. oregonensis A.H.Sm. (1936): 北米, 欧州, 北海道 (Mycoscience 39: 337-
342, 1998).

ウスズミコジワタケ節 Sect. Hiemales Konr. & Maubl.: 傘は明るい色を帯びず, 褐色〜灰
褐色または黒褐色など; 担子胞子は非アミロイド; ヒダ実質は偽アミロイドまたは非アミロイド. 
基準種: M. hiemalis (Osbeck) Quel. (1872).
     Sect. Hiemales Subsect. Hiemales Maas Geest.: ヒダは上向性で, 縁部は山型. 基準
種: M. hiemalis (Osbeck) Quel. (1872).  
     ウブゲオチエダタケ M.brevicapillata Har. Takah. (2000): 褐色の傘と白色の柄は微毛
を被り, 2胞子性の担子器を持ち, 子実層にシスチジアを欠く. [Mycoscience 41: 545. 2000] 
  褐色の傘と非アミロイドの担子胞子を持つ性質に基づき, 暫定的にウスズミコジワタケ節
Sect. Hiemales に置いたが, 縁シスチジアを欠き, 傘と柄の表皮が毛状の上皮シスチジアに被
われる特徴は明らかに本節として異質であり, 将来的に本種を収容するための独立した分類
群が設立される可能性が高い.  
  ヤミイロクヌギタケ Mycena nidificata  Har. Takah. (2007). 
     ウスズミコジワタケ亜節 Sect. Hiemales Subsect. Omphaliariae  Kuhner ex Maas 
Geest.: ヒダは水平または弧状になり, 直性〜垂生する. 基準種:M.speirea (Fr.: Fr.) Gillet 
sensu Kuhner (non Fr.)
    ウスズミコジワタケ M. speirea (Fr.) Gillet (1874) f. camptophylla (Berk.) Kuhner 
(1938) [A.H.Smith 1947: 359 Pl.86A as M.speirea]; 側シスチジアはない; 縁シスチジアは不規
則に歪んだ円柱形; 傘は径5-10 mm,淡灰褐色で中央部は暗色, 扇状の溝線を放射状に表す 
(widely plicate, radially wrinkled); 柄は下半部淡灰色, 頂部淡色, 時に帯黄色または成熟後全
体に黄色を帯び, 基部は長毛に被われる;  M. speirea f.typica は柄の頂部が黄色を帯びない. 
[Maas (1): 104; (2): 467]
  ホシノヒカリタケ (仮称) Mycena sp.: 亜熱帯性の発光菌.
     
Sect. Longisetae A.H.Sm. ex Maas Geest. (1983): 傘は実質から剥がしやすいゼラチン質
の表皮を持ち, 長形の剛毛体様シスチジアが散生する; ヒダは上生, 直生, または離生; 柄は細
かい剛毛(剛毛体様シスチジア)で被われる(setulose); 担子胞子は楕円形, 非アミロイド; 縁シス
チジアは平滑; 側シスチジアはない; 傘の上表皮層はゼラチン化し, 菌糸は短指状分岐物に被
われる; 剛毛体様シスチジアはゼラチン層から突出し, 厚壁, 基部は球根状に膨大する; 柄シス
チジアは傘の剛毛体様シスチジアと同形; 欧州および北米に分布. 基準種(単型節):Mycena
longiseta sensu auct. eur.; fide Checklist of Basidiomycota of Great Britain and Ireland (2005)
(= Mycena aciculata (A.H. Sm.) Desjardin & E. Horak, Sydowia 54(2): 148  2002)       
         
 
          Singer (1986)による Mycena 属の分類体系

Sect.1. Sacchariferae Kuhner (1938) ex Sing. (シロコナカブリ節)
Sect.2. Basipedes (Fr.) Kuhner (1938) (キュウバンタケ節)  
Sect.3. Cyanocephalae (Sing.) Sing.(1986) 
Sect.4. Viscipelles Kuhner (= Cyanescentes Kuhner) (アオミノアシナガタケ節) 
Sect.5. Citricolores Sing.(1961)
Sect.6. Radiatae Sing.(1961) (コガネハナガサ節: 青木 No.44)  
Sect.7. Kermesinae Sing.(1986)
Sect.8. Mycena (クヌギタケ節) 
  Subsect. Corticolae Kuhner (1938) (キクモンクヌギタケ亜節 = Fragilipedes ss. Maas) 
  Subsect. Mycena (Granulatae (Lange) Sing.1951)
   Stirps Polyadelpha 
   Stirps Elegans 
   Stirps Rosella 
   Stirps Monticola
   Stirps Galericulata 
   Stirps Cinerella
   Stirps Latifolia
   Stirps Borealis (ブシクヌギタケ) 
  Stirps Juaniicola 
   Stirps Helminthobasis 
  Subsect. Ciliatae (Lange) Kuhner (= Fragilipedes ss. Maas)
   Stirps Brownii
   Stirps Carminis 
   Stirps Rubromarginata (フチドリクヌギタケ M.neoavenacea) 
   Stirps Palmivora
   Stirps Alcalina (アクニオイタケ, ハイイロサクラタケ, アシナガタケ) 
  Stirps Metuloidifera
   Stirps Austroalcalina 
   Stirps Omniumsanctorum (ミヤマクヌギタケ, センボンクヌギタケ) 
Sect.9. Lactipedes Fr. (チシオタケ節)
  Subsect. Galactopodinae (Earle) Sing.(1986) 
   Stirps Calopoda:
   Stirps Haematopoda (チシオタケ)  
   Stirps Erubescens:
  Subsect. Pseudocrocatae Sing.(1986) (アカチシオタケ亜節)
Sect.10. Hygrocyboideae (Fr.) Sing. (ナメアシタケ節) 
  Subsect. Fuliginellae A.H.Smith ut.Sectio. (ハイイロナメアシタケ亜節)
  Subsect. Gummosae (Lange) Oort (= Viscosae A.H.Smith) (ナメアシタケ亜節)
  Subsect. Caespitosae A.H.Smith ut.Sectio (1947). (コガネヌメリタケ亜節)  
  Subsect. Lilacifolinae Sing. (1986) 
Sect.11. Roridae Kuhner 1931. (ヌナワタケ節)  
Sect.12. Purae Konr.& Maubl. (サクラタケ節)
  (= Ianthinae Kuhner as Smith ut Subsectio 1947). 
  Stirps Pelianthina (アカバシメジ: 胞子はアミロイド; ヒダの縁部は暗色) 
  Stirps Pura (胞子はアミロイド; ヒダの縁部は側部と同色; アミサクラタケ)  
   Stirps Violacella (胞子は非アミロイド: M.pearsoniana)
Sect.13. Adonideae (Fr.) Sing. (コウバイタケ節)
Sect.14. Aciculae (Kuhner) Sing. (ベニカノアシタケ節) 
Sect.15. Hiemales Konr.& Maubl. (ウスズミコジワタケ節)
   Subsect. Typicae Kuhner (ウブゲオチエダタケ) 
   Subsect. Omphaliariae Kuhn. 
   Subsect. Insititiopedes Sing.(1961) 
                   


トップへ
トップへ



Resinomycena
Resinomycena
Omphalia flavida
Omphalia flavida
Roridomyces
Roridomyces
コウバイタケ属
コウバイタケ属