Psilocybe moelleri  (2011年1月29日更新)


子実体1. 2011年1月22日 Ishigaki Island


子実体2. 2011年1月21日 On cow dung, Ishigaki Island, 気温21℃


子実体3. 2011年1月21日 On cow dung, Ishigaki Island, 気温21℃


子実体4. 2011年1月21日 On cow dung, Ishigaki Island, 気温21℃
.

Basidiospores


Cheilocystidium


Psilocybe moelleri Guzma'n, Mycotaxon 7(2): 245 (1978)

  日本未記録種. 温帯〜亜熱帯に広く分布し, 発達した膜質のツバを形成する小型の糞生
菌. 肉は青変性を欠く. 担子胞子は12-14 × 7-8 μm, 側面観において亜楕円形, 正面観にお
いてやや角張った六角形, 平滑, 帯灰赤色〜帯褐赤色, やや厚壁(0.5-1 μm), 明瞭な発芽孔
を持つ. 縁シスチジアは群生し, 片脹れ状紡錘形, 平滑, 薄壁. 側シスチジアはない. 胞子紋は
紫褐色. 石垣島の海岸砂浜の牛糞上に発生.
  カワリコシワツバタケ Psilocybe merdaria (Fr.) Ricken, Die Bla"tterpilze: 251 (1912) は本種
に最も近縁とされているが, やや短形の担子胞子を持つ点で区別される.


参考文献
Cortez VG, Coelho G (2004) The Stropharioideae (Strophariaceae, Agaricales) from Santa 
  Maria, Rio Grande do Sul, Brazil. Mycotaxon 89:355-378
Guzman G (1978) The species of Psilocybe known from Central and South America. 
  Mycotaxon 7:225-255
Guzman G (1983) The Genus Psilocybe, a systematic revision of the known species including 
  the history, distribution and chemistry of the hallucinogenic species. Beih Nova Hedwigia 
  74:1-439
Noordeloose ME (1999) Strophariaceae. In: Bas C, Kuyper ThW, Noordeloose ME, Vellinga 
  EC (eds) Flora Agaricina Neerlandica 4. A.A.Balkema, Rotterdam, pp.27-107 

トップへ
トップへ
戻る
戻る