直線上に配置
彦爺窯たより
・車庫の片隅に小さな電気の窯をおいて 夫婦で 趣味の陶芸をしています
・土を揉み、ろくろを回していると何もかも忘れます ・窯を開けるたびに焼きあがりに
 ドキドキ
・作品は1250度の高温を経て生まれます 出来が悪くても割ってしまうのは?・・・
・絵付けはもっぱら妻の役割です
 ・粘土はとても不思議です 釉薬の発色も不思議です・鉄が酸化で赤く 
  還元で青に変化 神秘的
 ・粘土は水を含む量で硬くも柔らかくも ・部品を自在にくっつけることができます
 ・粘土の不思議が陶芸を助けます ・焼き物は 神様の業で 私は祈り 従うのみです
**彦爺窯ギャラリー** 下の写真はクリックすると大きくなります
トップページに戻る

6月に[彦爺窯」展を開催しました
  お出でいただきありがとうございました

  2006年は植木鉢カバーと
  ヨーロッパ旅行でヒントを得た把手の
  変形カップです

2005年は醤油差しでした