Husky's Cafe AUSTRALIA


Mt.Isa


<<Cairns PART2

Darwin>>


Mt Isa Map
Cairns でそれまで楽しんできたオーストラリアの魅力の1つである珊瑚礁や美しいビーチに別れを告げて、いよいよオーストラリアの別の魅力、アウトバックへ向かう ことになりました。

Cairns から一旦南下し、Townsville からバスは西、内陸に向かって走ります。

バスから見える景色が次第に赤茶けたものに変わってきて、待ち望んだアウトバックが手の届くところに来たように感じました。



バスからの景色 バスから見える景色です。 真っ青な空と乾いた大地。こんな景色が延々と続きます。 オープンカーを自分で運転すればとても気持ちいいだろうな、とは思うのですが、何時間もこの景色だと逆に運転が退屈になってしまいそうです。

オーストラリア全土を網羅するグレイハウンドバスは、Cairns からDarwin へ向かうときに Queensland と Northern Territory の州境近くの町、Mt. Isa に6時間ほど停車します。


Mt. Isa の鉱山
Mt. Isa は銀、銅それに鉛が多くとれ、鉱山の町として知られています。 写真を見ればわかるとおり、鉱山にそびえ立つ煙突から煙が流れており、また右側の高い煙突のすぐそばには、掘り出した黒い土のようなものが山のように積み上げられています。

観光のためにここで降りた人がいたのかは、ちょっとわかりませんでした。 何せ、6時間も停車するので、みんな食料でも買っておこうというわけで町のほうへ繰り出したからです。

鉱山で有名なMt. Isa ですが、実はこの町が、テニスのUS.オープンを2連覇した Patrick Rafter の生まれ育った町なのです。

今だったら、そこらの店で「ラフターってこの町で育ったんでしょ?」って聞いてみるんですけどね。

   


世界各地の方角を示した標識
僕が持っていた日本のガイドブックにもわずかですが、Mt. Isa が紹介されていました。 そのガイドブックに載っていたのが、この写真に写っている標識。

時間はたっぷりあるし、暇だからこの標識を見に行こう!と思ったのですが、なんせ地図もないのでどこにあるかもわかりません。 新聞、雑誌それにちょっとした食料の売っている News Agency を発見し、入っていきました。 僕が思ったとおり、ポストカードが売っていました。

この標識が写ったポストカードはすぐに見つかりました。 それを買ってから、店の人に「この標識はどこにあるの?」と尋ねると店の人は親切に地図を書いてくれました。

岩の転がった道を登って、小高い丘の上にこの標識はありました。 "TOKYO"の他に"NORTH POLE""EQUATOR"ってのもありますね。


<<Cairns PART2

Darwin>>

Husky's Cafe AUSTRALIA