Husky's Cafe AUSTRALIA


オーストラリア英語


僕が初めて行った海外旅行、それに受験英語以外の”話すための英語”というものを学んだのがオーストラリアなので、「オーストラリア英語」ってすごく好き なんです。 それは、アメリカ英語やイギリス英語に比べて何か”関東弁に対する大阪弁”みたいな雰囲気があるせいで親しみがよけいに沸いてくるせいかも知れません。

よく言われるのが”エイ”を”アイ”と発音するということですが、厳密に言えば少し違うように思います。 ”エイ”と発音しているのだが、”アイ”のように聞こえるというのが正確だと思います。 ですから"I " と"A"(日本人からはどちらも「アイ」と聞こえる)は同じではありません。

僕がオーストラリアにいたときに知り合った日本人で、お父さんがアデレードに牧場を持っていたので小さいときから日本とオーストラリアを行ったり来たりしてる人がいました。 彼がオーストラリアの友人と話すときは、思いっきりオーストラリア英語の発音をしています。

彼の名字は仮に(実名はまずいので母音の同じ別の名前にします。)タカギというのですが、スペルを聞かれるとオーストラリア英語の発音でt" (ティー)"a"(アイ)" k"(カイ) "a"(アイ)"g"(ジー)"i"(アイ) と言うので、僕らが聞くと"T i k i g i"と書いてしまうでしょう。

でもそれを聞いたオーストラリア人はちゃんと"T a k a g i"と書いてたので、僕たちには同じ「アイ」に聞 こえていても、実はちゃんと「エイ」の発音をしているってことなんでしょうね。

発音でそれ以外には、二重母音の「オゥ」が「オィ」のように聞こえます。 例えば、"I don't know"が「アイ・ドン・ノィ」という感じです。

あとは" R " を発音するときにあまり舌を巻きません。 テレビドラマの"ER"の番組紹介のときには「イー・アー」と発音してました。(うまく表現できないなあ)


スペルはイギリス式を使っています。
"centre" (アメリカでは" center " )
"realise" (" realize " )
"harbour" (" harbor " )

単語もイギリス式です。
エレベーター "lift" (アメリカでは"elevator" )
アパート "flat" ("apartment" )
手荷物 "luggage" ("baggage" )
車のトランク "boot"("trunk")
フライドポテト "chips"("friench flies")
ガソリン "petro" ("gas")
薬局 "chemist" ("dragustore")

建物の1階は "Ground Floor"
2階が"First Floor"といいます。
1階に降りるときは、エレベーターのボタンは"G"を押してくださいね。 日本の感覚で"1"を押すと、2階で降りるはめになってしまいます。


Aussie Lingo Postcard オーストラリアで買ったポストカードです。
ここに載っているものも含めて、僕がオーストラリア滞在時に聞いた、あるいは教えてもらった"Aussie English"をできるだけわかりやすく紹介していきます。

できるだけ誤った情報にならないよう、"The Australian Pocket Oxford Dictionary"で意味を確認しています。 文中に「辞書」とあるのはすべてこの辞書のことです。

"AV-A-GO-YA-MUG" は、ちゃんと書けば"Have a go, you mug""HOWZAT"は、"How's that?"、それに"G'DONYA MATE"は、"Good on you, mate"のことで、オーストラリア人が発音するまま書けばこうなる、ってことです。
オーストラリア人同士がこんな風に話すとアメリカ人でも全く理解できなさそうですね。 僕が東北弁聞いても何言ってるのか全くわからないのと同じようなものではないでしょうか。


A - B

C - F

G - L

M - Q

R - S

T - Z

A kangaroo loose in the top paddock
 気がおかしくなる、狂う。
arvo
afternoonを短くしたものです。
Pubの壁で見かけたショーのスケジュールは、"Tuesday Arvo and Friday Nite"って書いてありました。
A va go ya mug
冒頭でも書いたとおり、Have a go you, mug!をオーストラリア人が発音するとおりに綴るとこうなります。
意味としては、 スポーツ観戦で応援するときによく使われる言葉のようです。「へい、もっとがんばれよ!」って感じかな?
barbie
バーベキューのことです。
"Have you got barbie stuff?"(バーベキューの材料は買った?)なんて言葉を何度か耳にしました。
bickie
ビスケットのこと。"big bickie"だと「大金」という意味にもなります。
bikie
バイクに乗っている人
billabong
オーストラリア人に最も馴染みのある歌"Waltzing Matilda"の歌詞にも出てくるこの言葉、意味は「川があふれてできた支流または水たまり」
bloody
オーストラリアでは"very"と同じような意味でこの言葉を好んで使う人が多いようです。 大阪弁で言う「めっちゃ」がこれにちょうど当たるように思います。 別に悪い意味にしか使わないわけではありません。 "She's bloody excellent."なんて使うこともできます。
bloody hell
"Oh, My God!"、"Mamma Mia!"と同じ意味と考えていいでしょう。驚きの気持ちを表すときに使います。
bottle shop
酒屋のことです。
bush
森や林、あるいは都会から離れた自然に囲まれた場所。
"bush walk"という言葉をオーストラリアではよく聞くと思います。 ツアーの内容にこの言葉があれば、自然の中を歩いて、オーストラリアの動物や植物を見る、ということです。
B.Y.O
"Bring Your Own"の略。お酒を飲みたい場合は自分で持込まなければならないレストランです。 店の入口や看板にこう書かれていれば、近くの酒屋でお酒を買ってから行きましょう。 お酒がメニューにあるレストランは"Lisenced Restraurant"と言います。 どっちかわからないときには"Is this B.Y.O or lisenced?"と聞いてくださいね。


A - B

C - F

G - L

M - Q

R - S

T - Z

chock a block
ギューギュー詰めでもうこれ以上入らない、という意味です。実際に聞いたことがないので、どのような状況で使うのかは不明です。(ポストカードに載っている言葉です。)
dinky-di
「本物の」という意味です。"He's a dinky-di Aussie"
Don't come the raw prawn!
俺を騙そうとするなよ!
down under
downunder map オーストラリアのことです。地図上でヨーロッパから見れば、下の方にある国ということです。
"Down Under Map"という南半球が上になっている逆さ地図はオーストラリアならではのおみやげです。 ちょっと写真写りが悪くて見にくいですが、オーストラリアが真ん中の上に来ています。

dummy
"pacifier"すなわち赤ちゃんのおしゃぶりです。
赤ちゃんは機嫌が悪くなるとおしゃぶりをはき出すことから"spit the dummy"(怒る)なんてイディオムもあります。
fair dincum
"real"、本物の、純粋な
The Australian Pocket Oxford dictionary には、He's a fair dincum bushie という例文が載っていました。
footie
"football" を短くしたもので、普通は Australian Rules というオーストラリア特有のフットボールを指すようですが、広い意味で楕円形のボールを使うスポーツすべてを意味することもあります。
週末の朝に"Footy Show"という番組があって、その番組では Australian Rules だけでなく Rugby Union や Rugby League も取り上げていました。

オーストラリアには、日本でいうラグビー"Rugby Union"と、タッチフットとラグビーを合わせたようなスピーディーな"Rugby League"、それに"Australian Rules" という3つのフットボールがあります。

このうち、Rugby Union は当時はアマチュアだけで、"Wallabies"はこの Rugby Union の代表チームです。(現在は"スーパー12"というプロリーグができているようです。)

Rugby League は New South Walesと Queensland、それにCanberra で行われるプロ・リーグです。 年に1度、オールスターのような感じで"State of Origine"というNew South Wales 出身のプレイヤー対Queensland 出身のプレイヤーの試合が行われています。(ホストファミリーとテレビ観戦しました。)
そしてこのRugby League のオーストラリア代表は"Kangaroo"と呼ばれ、Rugby League のシーズンが終わるとイギリス遠征にも出たりしていました。

Australian Rules については、簡単に言えば味方にパスする場合には、キックするか、片手にボールを持って反対の手でボールをパンチしなければなりません。そして両サイドに 4本のポールが立っており、その間にボールを通過させれば得点が入ります。(真ん中を通した場合が一番点数が高い)
肉弾戦の激しいスポーツです。


A - B

C - F

G - L

M - Q

R - S

T - Z

G'day, mate!
オーストラリア英語といえば、まず紹介されるのがこのあいさつの言葉。カタカナで書けば「グダイ・マイッ」(正確な発音を知りたい方は、映画「クロコダイル・ダンディ」を見てください。)
シドニーを歩いていてこの言葉を聞くことはほぼないと言えます。 僕が初めて聞いたのは、Victoria州の牧場で働いていたときでした。(そのときは"G'day!"でしたが)
good on ya, mate.
意味としては"Well done!"と同じと考えていいと思います。「よくやった!」「でかした!」というようなニュアンスです。
場合によっては、"Thank You"の代わりに使われます。
牧場にいたとき、昼食の準備をしていて、僕が大皿を(レストランのウェイターのように)3枚片手に持ってテーブルに行くと、座って待っていた人に"Good on ya"てお礼を言われたことがありました。
have a look/have a bath/have a shower
アメリカでは"take a look"や"take a shower"と言うのですが、オーストラリアでは、"take"の代わりに"have"を使うようです。
heaps
たくさん。Fiah and Chipsを買うと、「塩はどれくらいかける?」と聞かれるときがあります。そんなときは迷わず"Heaps!"
Hoo-roo
Good-bye という意味。"Give my hoo-roos to all"(みんなにさよならって言っといて)という例が辞書に載っていました。(僕は実際に聞いたことはないです。)
how's going? (How're ya going?)
アメリカでよく使われる"How are you doing"と同じで、「元気?」と軽いあいさつに使われます。
jackaroo/jillaroo
牧場や農場で働いている若者(見習い)男性を"jackaroo"、女性を"jillaroo"
初めてこの言葉を見たのは、ニュースで干ばつで被害を受けた牧場のことが放送されていたときです。 その状況を説明するその牧場で働く若い男性のことを"Jackaroo ○○"とテロップで紹介していました。
lingo
辞書によると"foreign language"と書かれています。
僕はこの言葉を直接聞いたことはないのですが、オーストラリアのスラングがいくつか書かれているポスト・カードの中央には"Aussie Lingo!"と大きく載っています。
lolly
キャンディあるいは甘いお菓子。お金という意味で使うときもあります。


A - B

C - F

G - L

M - Q

R - S

T - Z

mate
誰もが聞いたことのある、オーストラリア英語ではないでしょうか。
意味は「友達」ってことですが、話し言葉で最後につけるオーストラリア人は結構います。 パブでライターを貸してあげれば"Thanks, mate!"オーストラリア出身のテニスプレイヤー、Patric Rafterはサーブのトスが乱れて打ち直すときに"Sorry, mate!" パブで乾杯するときは"Cheers, mate!"
オーストラリア人の気質を表す言葉として"mateship"があり、いかに友人同士のつながりを大事にしているか、ということが伺い知ることができます。
middi
後で出てくる"schooner"とともにビールのグラスの大きさです。州によって呼び名が違うので注意が必要です。 New South Wales州で使われているのは確かです。 この"middi"は280ml。日本のカンビール1本より少ない量です。あまり注文している人は見ません。ほとんどがscoonerを注文するのではな いでしょうか。
milko
milkmanのこと。要するに牛乳を売ってる(配達してる)人。牛乳配達ってオーストラリアにあったかな?
no bull
本当のこと、真実。"bull"は"bullshit"の省略形だと思われます。
no worries
「ありがとう」ってお礼に対して「どうってことないよ」という感じでしょうか。これもオーストラリアではよく聞かれる表現です。
僕も何かをしてあげて、"Thank you !"と言われるとよく"No worries !"って返事してました。(ただのうれしがりかも?)
pokies
オーストラリア人は何でも単語を短くするのが好きな傾向がありますが、これもその1つ。
パブやクラブによく置いてあるポーカー・ゲームのことです。
postie
郵便配達のことです。
QANTAS
赤地に白のカンガルーがまぶしい、オーストラリアの航空会社。
Queensland AndNorthern TerritoryAir Serviceの略で、元々は地方の小さな航空会社だったようです。 日本では"カンタス"って呼ばれていますが、どちらかといえば"クォンタス"に近い発音に聞こえます。


A - B

C - F

G - L

M - Q

R - S

T - Z

reckon
"Think"の代わりに使うオーストラリア人は結構います。 パブのショータイムで司会の男性が、観客を煽るために"What do you reckon?"と叫んでいたのが僕の記憶に鮮明に残っています。(そのショーが実はちょっとHなショーだったというのもあるけど)
ハリー・ポッターを読んでいてもこの"reckon"はよく出てくるので、イギリスでも一般的に使われているようです。
ring
電話のことです。オーストラリアでは"Give me a ring"(電話してね)のように"call"の代わりに"ring"を使います。
"Hale and Pace"って2人組のコメディアンが、「男性のあの部分に(ピアスの)リングをつけたんだ」って自慢する男が、「見てみるか?」と股間から電話出すというオヤジギャクなみのコントを見たことがあります。
"Hale and Pace"はオーストラリア人だったっけ?イギリス?イギリスでも電話のことは"ring "を使うのかな。
rubber
一般的に消しゴムのことです。コンドームのことを指す場合もあります。
schooner
ビールのグラスの大きさです。州によって違うようですが、僕はオーストラリア一周する間、ずっとこの"schooner"で注文していたので、オーストラリア全土でほぼ通じるのではないでしょうか。
調べたところでは、430mlのようですので、日本の生中よりは少し少ない量ですね。
ビールの注文は、"May I have a scooner of VB(ビールの銘柄を言う)please"でOKです。 僕がオーストラリアにいた1年間で一番多く使ったフレーズかも!
sheila
女性。特に若い女性のことです。男同士の会話では大丈夫ですが、女性に向かっては使わないほうがいい、と教えられました。
she'll be right, mate.
It will be fine.の意味らしいのですが、実際に使われているのを聞いたことはありません。
shout
パブでビールをおごるときに使う言葉です。
パブでビールを飲むときには、1人が全員の分を買い、次に別の人が全員の分を買うというふうに飲むことが多いです。ですから5人で飲めば、最低5杯は飲む ことになります。(オーストラリア人全員がそういう飲み方をしているわけではありません。)
"It's my shout"(俺のおごりや)"Who's shouting?" (次は誰のおごりや?)のように使います。
パブが常に大混雑で注文するのに叫ばないといけなかった(shout)ことに由来している、と聞いたことがあります。
smoko
tea breakのこと。ついでにたばこを吸うところから来ているのだと思います。
sorry?
相手が何を言ったのか聞き取れないときに、英語の授業で習った"Perdon"よりオーストラリアでは、"Sorry"をよく使います。
でも居候させてもらっていた牧場の娘さんは、"Perdon"を連発していたので、"Sorry"が絶対というわけではないようです。
strewth
誰かの悪口を言ったりするときに、感嘆詞として使われるようです。
stubby
Stubby of VBビンビールのことです。(写真参照)栓抜きがなくとも手で栓は回して開けることができます。
写真は僕の大好きなVictoria Bitter(通称 VB )

swag
身の回りの持ち物(歩いて旅をする人が持っているようなボロボロのズタ袋をイメージすればいいと思います。)


A - B

C - F

G - L

M - Q

R - S

T - Z

tar
"Thank you"のこと。元々は、小さい子が"Thank"の"TH"をうまく発音できなくて、「タンキュー」と発音してしまうことが由来だと聞いたことがあります。
買い物をしておつりを渡されると、いつも「ター」と言ってたのですが、うちの奥さんに意味を教えても全然信じてもらえませんでした。 ニュージーランドのクライスト・チャーチでミニ・ドーナツを売っていた女性が、代金を渡す僕に向かって「ター」と言うのを、初めて聞いてようやく信じてもらえました。
take away
これはもちろんファースト・フードでのお持ち帰りのことです。
ファースト・フードに行くと"Eat here or take away?"というふうに聞かれます。"TAKE AWAY"と店に看板を出しているのもよく見ます。 アメリカでは、"Here or to go?"と聞かれることが多かったですね。
tea
夕食のこと。アデレードでお世話になったオージー宅では、"Husky, tea is ready!"と夕食の準備ができると大声で呼ばれていました。
tomato souce
ケチャップのこと
trackie
甲子園にいる阪神タイガースのマスコットではありません。あれは"To-Lucky"です。(関西人しか興味ないか。)
トラック運転手のことです。
tucker
"food"のことです。"Hey, it's bloody good tucker!"
uni
universityのこと。"New South Wales uni"というふうに言います。
Waltzing Matilda
Waltzing Matildaオーストラリアでは国歌より有名な歌。

"Matilda"自体が辞書に載っていて、意味はbushman's bundle or swagとなっています。なぜこの"Matilda"という女性の名前が使われているかは不明のようです。
"to waltz matilda"というイディオムで「旅に出る」という意味になります。

You little ripper!
人や物をめちゃくちゃほめる表現です。


Husky's Cafe AUSTRALIA