Husky's Cafe AUSTRALIA


Rock Hampton


<<Morton Island

Great Keppel Island>>

rock hampton map

Great Keppel IslandへのフェリーがこのRock Hamptonの港から出るということで、ここで1泊しました。

ガイドブックによると南回帰線が通る街ということなのですが、「南回帰線」と言われても一体何なんだろうって思いますよね。 国語辞典で調べると、冬至の日に太陽が通る南緯23度27分を走る緯線のことを指すようです。

英語では"Tropic of Capricorn"と言うのですが、The Australian Pocket Oxford Dictionaryではどう紹介されているのだろうと"tropic"という言葉で調べてみると

1. parallel of latitude 23o27' north (tropic of Cancer) or south (tropic of Capricorn) of the Equator

2.each of two corresponding circles on the celestial sphere where the sun appears to turn when at its greatest declination


とあります。 太陽が最も低いところを通る日に太陽が通る23度27分を走る緯線。 北回帰線は"Tropic of Cancer"、南回帰線は"Tropic of Capricorn"と呼ぶようです。

これでその名前の意味がわかりました。 黄道12宮の星座のうち、夏至の頃はちょうど蟹座(Cancer)そして冬至の頃は山羊座"Capricorn"、それでこのように呼ばれているのですね。 日本語では単純に「回帰線」という言葉の上に方から「南」「北」と名付けたのですが、英語ではその時の星座を名前につけています。

全然旅行と関係のない話になってしまいました。 この南回帰線が通る位置を示すモニュメントは街の中心からは結構離れたところにあるので、暑い中だいぶ歩きました。

しかもRock Hamptonの地図を持っていなかったので、途中で警察に行き方を教えてもらわなけばなりませんでした。
疲れ果ててたどり着いたモニュメントも特に見るのに時間がかかるなんてことはなく、記念に写真を撮っただけでほんの5分ほどでした。



せっかく遠くまで歩いてきたのに、あんまりそのかいもなかったかな、とユースホステルへ向かって帰る途中で"Botany Garden"という標識を見つけたので、ちょっと寄ってみることにしました。

鹿児島の指宿市とRock Hamptonは姉妹都市になっているようで、その関係でBotany Gardenには美しい日本庭園がありました。 他に小さな動物園もあって、ほとんど人はいなかったのですが、オーストラリア特有の動物は数多くいましたし、美しい熱帯のオウム類もたくさんいて結構楽しめました。

歩き疲れてユースホステルへ帰る前にパブに寄ってビールを飲んだのは言うまでもありません。


<<Morton Island

Great Keppel Island>>

Husky's Cafe AUSTRALIA