この様にして洗っています

➀ 御預かり・点検

御預かりしたふとんに、破れやシミが無いか点検します。

② シミ落とし 

御預かりしたふとんに、シミがあれば、「シミ抜き」をします。  新しいシミは殆ど落ちますが、古いシミは染めたのと同じ状態に成って居る為に、薄くは成りますが、完全に落とす事は出来ません。

③ 前処理

ふとん全体に特殊洗剤を散布し、ブラシで表面の汚れを落とします。  他社の多くは「ワッシャー」と呼ばれる機械に、何枚もの汚れたふとんを同時に入れて洗っています。

④ 洗浄・脱水

洗剤でドボドボになった「ふとん」を四つ折りにして蓋付きの「洗浄脱水機」に2~3枚を離して入れ、蓋をすると高速で回転し始め、中央上部から水が勢いよく噴き出して「洗浄」を開始します。   最初は真っ黒な排水が出ますが、中綿の汚れが完全に落ちて透明になるまで回転させ、透明になった時点で水を止めそのまま回転を続けて脱水します。      他社の多くはこの様な「蓋付き脱水機」では無く、普通の脱水機を使用し「バケツ」で水を掛け乍ら、脱水をしていますが水量が少ないのと、通常は脱水機に一杯詰め込んで居る為に、肝心の中綿の汚れは完全には落ちません。

⑤ 乾燥・殺菌

乾燥し終わったふとんを、そのまま「乾燥室」に入れますが材質により乾燥時間を調整します。 綿ふとんは100%乾燥させるとフックラ仕上がらない為に、少しだけ湿り気を残し次工程の「復元仕上機」で完成させます。他社の多くは脱水した後、すぐに「乾燥室」に入れないのは「バケツ」を使って脱水して居る為に、中綿の汚れが完全に落ちていないので、一旦天日に干して「汚れが落ちているか?」「色移りがないか?」「中綿の汚れが滲み出ていないか?」等を目で確認し、それらが見受けられる「ふとん」をもう一度修正する為です。 何故なら「ふとん」の生地に残っている「汚れ」や「シミ」は完全に乾燥させてしまえば「了承事項」でお伝えして居る様に、染めたのと同じ状態に成り、修正する事が出来ませんが、濡れている状態ならもう一度「手直し」して何とか誤魔化す事が出来るからです。

⑥ 復元・仕上げ

ドラムを回転させながら、ヒーターで熱を送り「回しては落とし」「回しては落とし」して綿をふっくらと柔らかく仕上げます。   それと同時にふとんに残っている細かいホコリや、ダニの死骸等を、完全に取り除き完了します他社の多くは、上記の「乾燥室」のみで「復元仕上げ機」を所有していないのが実情です。