古本ふうらいまつ 本に関する本

● 4058 「パリの本屋さん」 ジュウ・ドゥ・ポゥム ¥900  

主婦の友社 2008初B B6 126P 1800  個性的な本屋さん31件をはじめ 心に残る1冊と出会える、パリを紹介します 帯より 

● 4059 「フリペの楽しみ」 柳沢小実 ¥800  

ピエ・ブックス 2007初B B6 111P 1600 副題 とっておきのフリーペーパーのつくりかた

● 95100 SOLD 「平凡パンチの時代」 マガジンハウス編


マガジンハウス 1996初B B6 510P 2900 副題 失われた60年代を求めて 大橋歩によって描かれた「平凡パンチ」表紙143枚カラー収録

● 1894 「二人で一人の物語 マガジンハウスの雑誌づくり」 清水達夫 ¥1200

出版ニュース社 1985初B B6 384P 1300 著者サイン 

● 3785 「雑誌づくりの決定的瞬間 堀内誠一の仕事」 木滑良久 ¥3600 

マガジンハウス 1998初B A4 252P 5000 カバー裏1cm裂けあり
anan,BRUTUS POPEYE雑誌の黄金時代をつくったアートディレクター堀内誠一

● 1176 「出版現実論」 藤脇邦夫 ¥700

太田出版 1997初B B6 237P 1500

● 1964 「編集長秘話」 伊藤文学 ¥750

文春ネスコ 2001初B B6 213P 1500 「薔薇族」30年間全仕事 帯より

● 2800 「写真時代の時代!」 飯沢耕太郎 編 ¥2000

白水社 2002初B B5 246+40P 2800

● 1718 「アメリカの編集者たち」 常盤新平 ¥400

集英社 1980重B B6 270P 980 カバー傷み

● 5288 文庫「装幀談義」 菊地信義 ¥500

ちくま文庫 1990初B カバー少かすれ

● 2783 「装丁物語」 和田誠 ¥1300

白水社 1997初B B6 289P 1800 目次 装丁と装幀 谷川俊太郎さんの本 村上春樹さんの本 他

● 2784 「装丁時代」 臼田捷治 ¥1700

晶文社 1999初B B6 265P 2600 本当に美しい本の姿とは? 内容を表現するものなのか、売るための飾りなのか、時代を映す鏡なのか・・・。 原弘から戸田ツトムまで、11人のデザイナーを活動を中心に描く、 装幀から見た現代出版文化史。 帯より

● 4078 「装丁探索」 大貫伸樹 ¥1100  

平凡社 2003初B B6 303P 2300

● 2785 「編集長のボロ鞄」 木津川計 ¥1200

日本機関紙出版センター 1983初B B6 215P 1200 雑誌「上方芸能」の16年 その軌跡と群像

● 2860 「花森安治の編集室」 唐澤平吉 ¥900

晶文社 1997初B B6 269P 2100

● 3258 「知の編集工学」 松岡正剛 ¥1100

朝日新聞社 1997重B B6 327P 2200 

● 2786 「ブック・イン・ピンク」 山崎まどか ¥1000

晶文社 2004初B B6 195P 1600 乙女は読書でおしゃれする 森茉莉、網野菊、植草甚一、カポーティ、安井かずみ・・・。 心に響く永遠の定番250冊。帯より

● 2787 「ポスターワンダーランド」 ¥3200

講談社 1995初B A4変形 100P 3200 古今東西の酒・酒場・たばこ・のポスター名作200点 ベルエポックから戦後まで オールカラー

● 2788 SOLD 「セクシーガールの起源」 荒俣宏 

朝日新聞社 2000初B A4変形 119P 3400 図像読解の独創性、蘊蓄の面白さ 20世紀に誕生したセクシーガールの変遷を 大衆風俗誌やカレンダーに描かれた名作ピンナップに見る、世界にも類のない 快著! 帯より

● 1304 「文字の力」 平野甲賀 ¥900

晶文社 1994初B B6 133P 1500 平野甲賀の文字装丁60点の作品集

● 1223 「総天然色の夢」 仙田弘 ¥750

本の雑誌社 2000初B B6 238P 1600 1970年代のエロ雑誌 SM雑誌編集者の日々を綴る

● 5225 文庫「スキャンダル雑誌創刊物語」 岡留安則 ¥400

現代教養文庫 2000初B

● 5226 文庫「噂の真相編集長日誌B」 岡留安則 ¥400

現代教養文庫 2001初B

● 1305 「日本イカイカ雑誌」 全日本イカした雑誌連絡協議会 編 ¥700

竹書房 1996初B B6 237P 1300 マニアックだったり、いかがわしかったりする雑誌44誌の紹介

● 1505 「別冊宝島345 雑誌狂時代!」 ¥400

宝島社 1997初B A5 255P 800

● 2247 「別冊宝島423 雑誌のウラ側すべて見せます!」 ¥400

宝島社 1999初B A5 256P 933

● 1783 「ニューヨーカー物語」 ブレンダ・ギル 常盤新平 訳 ¥1400

新潮社 1985初B A5 375P 2900 装丁 和田誠

● 1258 「ストリートワイズ」 坪内祐三 ¥1100

晶文社 1997初B B6 293P 2300 街を歩き、そこで発見した新しい学問のスタイルがここにある。 カバー紹介文より 表紙カバー2ミリほど裂け

● 2255 「赤瀬川原平の今月のタイトルマッチ」 赤瀬川原平 ¥700

ギャップ出版 2000初B B6 198P 1600 本書の内容 「花椿」1997年1月号〜2000年4月号にて掲載された書評 南伸坊、岡野宏文との対談 他

● 1146 「新書物の解体学」 吉本隆明 ¥1200

メタローグ 1992初B B6 468P 2500 吉本隆明の書評

● 1006 「紙のプールで泳ぐ」 片岡義男 ¥550

新潮社 1985初B B6 161P 790 アメリカの本を紹介するエッセイ カバーデザイン日比野克彦

● 1569 「半分は表紙が目的だった」 片岡義男 ¥1400

晶文社 2000初B B6 235P 2400 副題 100冊のペーパーバックスにアメリカを読む ペーパーバックスには物体としての魅力がある。中略 紙のページを一冊に製本した立方体とそのデザインも、 一冊ずつ見事に異なっている。 まえがきより

● 1741 「絵本についての、僕の本」 片岡義男 ¥2200

研究社出版 1993初B B6 294P 3200 目次 小さな本のなかの、愛すべき仕掛け リトル・ゴールデン・ブックスをめぐる日々 擬人化されて絵本の主人公になる すべては日常から始まる 絵本は子供たちに何を教えるのか 絵本、というかたちのなかで 全頁カラー写真入り カバー少ヤケ 

● 1199 「日本語の外へ」 片岡義男 ¥1800

筑摩書房 2000年重B B6 653P 4200

● 2168 SOLD 「片岡義男 本読み術・私生活の充実」 片岡義男 

晶文社 1987初B B5 109P 1200 現代アメリカ小説の味わいかた、本を読むための旅のすすめ、写真集の楽しみ、片岡式本読み術のすべて! カバーより

● 2955 「10セントの意識革命」 片岡義男 ¥1200

晶文社 1981重B B6 322P 1200 ロック・コミック・カウボーイ 50年代のアメリカに渦まいた安くてワクワクさせる夢ー体験としてのアメリカを語る官能的エッセイ集 帯より

● 2861 「書物観光」 山崎浩一 ¥1200

河出書房新社 1990初B A5 279 2800 POPEYE 1981〜1989に掲載された’80年代全書評 1800冊余の本を通した時代戯評 帯より

● 2619 「ブックライフ自由自在」 荒俣宏 ¥1200

太田出版 1992初B B6 317P 2260 明日は神田かロンドンか。珍本奇本を求めて幾星霜。ご存じ、本の怪物・荒俣宏が初めて語る聞くも涙、語るも涙のブックライフ。 帯より

● 3265 「稀書自慢・紙の極楽」 荒俣宏 ¥1500 

中央公論社 1991重B A5 264P 2600

arisu ho

● 1155 「有栖の乱読」 有栖川有栖 ¥650

メディアファクトリー 1998初B B6 252P 1200

● 1332 「ミステリの書き方」 H.R.F.キーティング 訳長野きよみ ¥1300

早川書房 1994重B B6 253P 1500 現代の多様なミステリの書き方を、作家・評論家として名高い著者が具体的に説く 理想的創作法 帯より

● 1177 「実用書の食べ方」 岸本葉子 ¥800

晶文社 2000初A B6 230P 1600 料理 おしゃれ 家事 ビジネス 様々な実用書を試し 悪戦苦闘の日々をつづったおもしろエッセイ

● 1802 「より道ブックガイド本屋さんまで50歩」 井狩春男 ¥500

ブロンズ新社 1993初B B6変形 220P 1200 新刊・既刊・珍本・絶版本とりまぜた100冊あまりの面白本を「あ」から「ん」まで50音順のエッセイに織りまぜて紹介。帯より

● 95102 「わたくし的読書」 大田垣晴子 ¥450

メディアファクトリー 2000重B A5 167P 950 小口少シミ

● 1240 「本の一冊」 いしいひさいち ¥450

朝日新聞社 1999重B B6 174P 952

● 1765 「貸本小説」 末永昭二 ¥1200

アスペクト 2001初B B6 301P 1800 無責任な奇想、ちゃちな人間描写、知られざる傑作を詳細解説 帯より

● 1885 「読書の死と再生」 堀切直人 ¥900

青弓社 1999初B B6 182P 1800 いま、書物の生命は死に瀕し、読者の精神は荒廃に委ねられている・・・・。ニーチェやラカンに拠りながら、精神鍛錬としての 読書の再生を説く、硬質な読書論。 カバーより

● 95103 文庫「続発禁本」 城市郎 ¥400

福武文庫 1991初B 243P 500 明治以降発禁となった著作の解説 巻末の「近代日本発禁小史」は有益

● 5423 文庫「文庫の整理学」 紀田順一郎 ¥400

講談社学術文庫 1985初B 285P 580

● 1567 「絶版文庫交響楽」 近藤健児 ¥900

青弓社 1999初B B6 261P 1600

● 1645 リテレール別冊17 「永遠の文庫解説名作選」 斎藤慎爾 ¥1000

メタローグ 2003初B A5 301P 2000 文庫本の解説の集成

● 2248 「この文庫がすごい!’97年度版」 ¥350

宝島社 1997初B A5 191P 743

● 2249 「この文庫がすごい!’98年度版」 ¥350

宝島社 1998初B A5 175P 743

● 2250 「この文庫がすごい!’99年度版」 ¥350

宝島社 1998初B A5 175P 743

● 1568 「書藪巡歴」 林望 ¥700

新潮社 1995初B B6 213P 1500 碩学の師のもとで近世日本書誌学を学んだ若き日の思い出や古書稀覯本や雑本の事、学問としての書誌学の 面白さなど、本との巡りあいを心をこめて綴った書物随筆集。 帯より 函少ヤケ小さな蔵印あり

● 95107 文庫「古書彷徨」 出久根達郎 ¥350

中公文庫 1994初B 263P 600 古書にまつわるエッセイ 

● 2236 「古本便利帖」 八木福次郎 ¥1100

東京堂出版 1991重B B6 268P 2000

● 2242 「石神井書林目録」 内堀弘 ¥1250

晶文社 2001重B B6 235P 2000

● 4417 「古本分類辞典」 三好章介 ¥800   

有精堂 1991初B B6 296P 2800 小口少汚れ

● 2620 「ブックカフェものがたり」 ¥800

幻戯書房 2006重B B6 237P 1900 1ページ大きな折れ跡があります 

● 2637 「東京古本とコーヒー巡り」 ¥700

交通新聞社 2003重B A5 143P 1429 

● 1033 文庫「新版 古書街を歩く」 紀田順一郎 ¥600

福武文庫 1992初B 269P 600

● 1241 SOLD 「現代書票情報事典」 内田市五郎 中井昇 編 

つくし館 1989初B B6 198P 2500 世界25ヶ国の書票の紹介 書票の作り方 買い方  詳細なブックガイド書票作家紹介

●  3591 「西洋の蔵書票 バイロストアールヌーヴォー」 内田市五郎 ¥2000 

岩崎美術社 1982初B B5 100P 1800
目次 前半80ページは図版 バイロスの蔵書票 バイロス小伝 

● 2639 「古本屋の蘊蓄」 高橋輝次 編 ¥1100

燃焼社 1996初B B6 326P 2000 

● 5227 文庫「本屋風情」 岡茂雄 ¥1000

中公文庫 1983初B  南方熊楠 柳田国男 折口信夫等諸大家の知られざる横顔を生き生きと描き出す。 大正、昭和に文化人類学関係や山岳書の出版に業績を残した書店主の見た 貴重な近代日本文化史の一面

● 3195 「通叢書 古書通」 河原萬吉 ¥1800

四六書房 昭和5年初C B6 169P 70銭 カバー痛み 線引きあり

● 1147 SOLD 雑誌「雲遊天下」29 

ビレッジプレス 2002 A5 140P 900 特集 古本屋稼業 西荻窪の古本屋めぐり 私が古本屋になったわけ 古本屋雑記 古本屋のオッサンたち 友部正人 田川律

● 95104 新書「ビールと古本のプラハ」 千野栄一 ¥450

白水Uブックス 2002重B 187P 900 おいしいビールと古本を求めて東欧の古都プラハを訪ねる うらやましい

● 1319 「ヘンな本あります」 北尾トロ ¥900

風塵社 2003初A B6 221P 1500 ご存知のように著者はオンライン古本屋の魁です

● 1458 「マンガ古本雑学ノート」 江下雅之 ¥1000

ダイヤモンド社 1998初A B6 262P 1500 副題 愛しのマンガを安く大量に買うための本

● 2235 「幻のマンガを求めて まんだらけ風雲録」 古川益三 ¥650

太田出版 1995初B B6 277P 1300

● 1834 「トンデモ怪書録」 唐沢俊一 ¥400

光文社 1996初B B6 218P 1300 カバー少オレ 少ヤケ

● 3390 「偽史冒険世界」 長山靖生 ¥800 

筑摩書房 1996初B B6 216P 1800 なぜ明治・大正時代に偽史・架空史が続出したのか?その疑問を気鋭の著者が豊富な資料と透徹した論理で解き明かした、忘れ去られた「もうひとつの歴史」がここにある 帯より 

● 1836 「カラサワ堂怪書堂目録」 唐沢俊一 ¥800

学陽書房 1999重B B6 204P 1600

● 1837 「カラサワ堂変書堂目録」 唐沢俊一 ¥800

学陽書房 2000初B B6 220P 1600 本書は、いわば”古書店通い”という名の風俗遊びの末にできた子どもの養育日記のようなものなのだ。どうか私の可愛い子どもたち をよろしくお願い申し上げます カラサワ流トンデモ痛快読書録。脳天気本のディープネタ、新ネタ大放出! 帯より

● 1799 「ぼくは本屋のおやじさん」 早川義夫 ¥800

晶文社 1998重B B6 199P 1300

● 95105 「さよなら日本」 宇佐美承 ¥450

晶文社 1982重B B6 321P 1300 蔵印あり 絵本作家 八島太郎 光子は、戦前、プロレタリア美術運動に身を投じ 日米開戦迫る中アメリカへ逃れる。戦中はアメリカ諜報機関員として 活動する。

● 1004 文庫「少年少女小説ベスト100」 ¥350

文春文庫ビジュアル版 1992初B 414P 500 各界著名人143名が選んだベスト100

● 1315 「赤木かん子BooK術 子供の本がいちばん」 ¥850

晶文社シリーズ日常術9 1988重B A5 127P 1200

● 1884 「この本読んだ?おぼえてる?」 あかぎかんこ ¥600

フェリシモ出版 1999重B B6変形 126P

● 2638 「こちら本の探偵です」 赤木かん子 ¥700

径書房 1989重B B6 251P 1442 カバー少汚れ

● 3108 「絵本のあたたかな森」 今江祥智 ¥800

淡交社 2001初B B6 127P 1500 図版多数

● 1031 「ふるほん文庫やさんの奇跡」 谷口雅男 ¥600

ダイヤモンド社 1998初B B6 240P 1600 

● 95109 「子どもの本屋、全力投球!」 増田喜昭 ¥800

晶文社 1983重B B6 179P 1200 子どもの本専門店 奮闘エッセイ カバー絵 長新太 装丁 平野甲賀

● 1782 「こんな絵本があった」 W・フィーヴァー 青木由紀子訳 ¥1800

晶文社 1998重B A5 117P 2427 子どもの本におけるさし絵の歴史を、18世紀のウィリアム・ブレイクからテレビ文化の幕あけとなった1950年代までの二百年にわたって あとづける。ホフマン、テニエル、リア、グリーナウェイらをはじめとする画家たちの仕事を、時代の民衆文化との関わりの中で生き生きと 捉えかえす。123枚の見事なさし絵をちりばめた、絵本を愛する人に送る、必読の案内書! カバーより

● 1633 「ごたごた絵本箱」 松井るり子 ¥500

学陽書房 1998重B B6 234P 1262  

● 2008 別冊太陽「初山滋 線と色彩の詩人」 ¥2300

平凡社 1998重B A4 136P 2330 特別付録 のりものえほん

k

● 2129 「絵本の力」 河合隼雄 松居直 柳田邦男 ¥800

岩波書店 2003重B B6 205P 1600 目次 絵本の不思議 絵本がめざめるとき いのちと共鳴する絵本 討議絵本の力 他

● 5471 文庫「本のひとこと」 巌谷大四 ¥400

福武文庫 1986初B 218P

bunnko

● 1838 「文庫へのみち」 小田切進 ¥700

東京新聞出版局 1981初B B6 229P 1400 各地の郷土文学記念館を訪ねるエッセイ

● 1896 「遅筆堂文庫物語」 遠藤征広 ¥700

紀伊国屋書店 1998初B B6 225P 1400 副題 小さな町に大きな図書館と劇場ができるまで

● 2866 新書 「図書館」 アンドレ・マソン ポール・サルヴァン 小林宏 訳 ¥400

白水社文庫クセジュ457 1994重B 新書版 154P 

● 1161 「本屋さんとの出会い」 洋泉社編集部編 ¥800

洋泉社 1987初B B6 262P 1300 「日販通信」に連載されたエッセイの集成 執筆者 長田弘 埴谷雄高 谷川俊太郎 中井英夫 荒俣宏 中上健次 河野多恵子 平野甲賀 後藤明生など70人以上

● 95110 「クリストファー・ロビンの本屋」 クリストファー・ミルン 小田島若子訳 ¥2200

晶文社 1988重B B6変形 361P 2800  著者は「クマのプーさん」の作者A・Aミルンの息子。クリストファー・ロビンの名で 「クマのプーさん」に登場し世界一有名な少年となった。 さまざまな伝説や重圧と向かい合いながら、やがて辺鄙な町で小さな本屋を始める。

● 1811 「別冊 本とコンピュータ1 本は変わるか?」 責任編集・室謙二 ¥400

トランスアート 1999初B A5変形 146P 800 本書を読まずして世界の電子出版を語ることなかれ! 帯より

● 1812 「別冊 本とコンピュータ4 人はなぜ本を読まなくなったのか?」 責任編集・室謙二 仲俣暁生 ¥650

トランスアート 2000初B A5変形 182P 1300

● 1360 「100万人のよる伝説」 伴田良輔 編 ¥600

自由国民社 1996初B A5 1500 昭和31年に創刊されたアダルト雑誌 「100万人のよる」 そのオムニバス 表紙折れ跡

● 1242 「カストリ文化考」 長谷川卓也 ¥2000

三一書房 1969初B B6 268P 350 目次 ・カストリ文化とは何か ・カストリ雑誌屋始末記 ・カストリ新聞さまざま ・カストリ紙誌の石器時代 ・カストリ雑誌の先駆者 ほか

● 3791 「まんだらけ ZENBU NO12」 ¥900

まんだらけ 2001初B B5 232P 1429
特集 ジブリ宮崎アニメ

● 1236 「漫画の時間」 いしかわじゅん ¥700

晶文社 1998重B A5 309P 2000 あらゆるジャンルの漫画100作品の評論

● 1237 「マンガの力」 夏目房之助 ¥800

晶文社 1999重B B6 286P 1600 昔読んだあの名作を再度読み返したくなること請け合い。成熟する戦後マンガの軌跡  をたどりつつ、マンガ表現の秘密にせまる、夏目房之助流マンガ読み方指南。 カバー紹介文より

● 1582 「夕やけを見ていた男 評伝梶原一騎」 斎藤貴男 ¥900

新潮社 1995初B B6 396P 1800 カバー少汚れ

● 2106 「さらばわが青春の『少年ジャンプ』」 西村繁男 ¥500

飛鳥新社 1994初B B6 284P 1600  目次 苦戦の月刊誌時代 苦肉の新人起用策 ハレンチ学園&男一匹ガキ大将 漫画家専属制度 臨時労働者組合 新人漫画家パワー発進 発行記録への挑戦 宴のあと 

● 1835 「極楽さん」 土橋とし子 ¥800

晶文社 1997初B B6 205P 1600

● 1771 文藝別冊「総特集 江口寿史」 ¥600

河出書房新社 2003初B A5 207P 1200

● 5570 文庫「少女マンガ大全集」 文藝春秋編 ¥1000

文春文庫ビジュアル版 1988初B ヤケ

● 1808 「これでいいのだ。」 赤塚不二夫 ¥800

メディアファクトリー 2000初B B6 447P 1600 赤塚不二夫の対談集 タモリ 北野武 立川談志 松本人志 柳美里 荒木経惟 など

● 5443 文庫 「装丁ノート製本工房から」 栃折久美子 ¥500

集英社文庫 1991初B 316P 480

● 2873 「野に属するもの」 堀切直人 ¥1400

沖積社 1999初B B6 208P 2800

● 1557 「オンライン読書の挑戦」 津野海太郎 二木麻里編 ¥900

晶文社 2000初B A5 206P 1800 古今東西の文学作品を網羅オンライン読書のためのガイドブック 帯より

● 1664 「徹底活用オンライン書店誘惑」 津野海太郎 編 ¥900

晶文社 1999重B A5 205P 1800 和書・洋書の新刊・既刊本はもちろん、品切れ・絶版本までも発掘!注目を浴びるオンライン書店の魅了を余すことなく伝える 帯より

● 3700 「ミステリ亭の献立帖」 東理夫 ¥1000

晶文社 1988初B B6 217P 1400 探偵たちの食事術

● 1558 「綾辻行人ミステリ作家徹底解剖」 スニーカー・ミステリー倶楽部編 ¥750

角川書店 2002年初A A5 207P 1500 全仕事リスト コミックエッセイ 評論 書き下ろし原作ホラーコミック

● 1570 「ミステリー倶楽部へ行こう」 山口雅也 ¥1100

国書刊行会 1996重B B6 373P 2000 埋もれた傑作から実現しなかった短編集まで、入手困難な幻の名作の数かずを紹介、多くのミステリー・ファンを古書店へと 走らせた伝説の名コラム、 中略 ミステリーの達人、山口雅也の初エッセイ集。

● 1989 「京極夏彦読本超絶ミステリの世界」 野崎六助 ¥650

情報センター出版局 1999重B B6 255P 1200

● 1895 「森博嗣のミステリィ工作室」 森博嗣 ¥650

メディアファクトリー 1999初B B6 305P 1300 目次 第一部 森博嗣のルーツ・ミステリィ 第二部 いまさら自作を語る 第三部 森博嗣の多重な横顔

● 1954 「推理百貨店別館」 新保博久 ¥700

冬樹社 1989初B B6 261P 1400
鮎川

● 3744 「鮎川哲也の論理」 三國隆三 ¥900 

展望社 1999初B B6 254P 1905

● 2139 「BAR酔虎伝」 酒口風太郎 ¥900

早川書房 1987初B B6 214P 950 「ミステリーマガジン」に連載された酒とミステリーのエッセイ

● 2138 「このミステリーがすごい 2000年版」 ¥300

宝島社 1999初B A5 176P 667

suiri

● 2617 「推理小説の美学」 H.ヘイクラフト編 鈴木幸夫 訳編 ¥1300

研究社 1977重B B6 423P 1900

● 2618 「乱歩おじさん」 松村喜雄 ¥1200

晶文社 1992初B B6 264P 2300

● 1800 「SF入門」 日本SF作家クラブ編 ¥800

早川書房 2001初B A5 238P 目次 SFの歴史 SFする精神 SFの創り方 SFサブジャンル百科事典 SFを読もう ヒューゴ賞受賞リスト ネビュラ賞受賞リスト 星雲賞受賞リスト 日本SF大賞受賞リスト 他

● 1801 「ヨコジュンのびっくりハウス」 横田順彌 ¥500

双葉社 1980初C B6 327P 950 ヤケ強し

o

● 2130 「飲らずに言えるか!」 内藤陳 ¥1000

講談社スコラ 1986初B B6 222P 1000 冒険小説協会会長 内藤陳 過激な雑談、放談、随筆集 大沢在昌、北方謙三、樋口修吉、田中光二、矢野徹 他 協会メンバー総出応援執筆 帯より

● 1863 「文学・昭和十年代を聞く」 文学的立場編 ¥1200

勁草書房 1976初B B6 307P 1200 目次 T新興芸術派の周辺 阿部知二 U徴用作家として 井伏鱒二 V右旋回への反発 金子光晴 W執筆禁止前後 中野重治 X作家の能動性を求めて 舟橋聖一 Y日本人の二重性 中島健蔵 Z無意識の選択 石川淳 [世界文化での経験 久野収  

● 1865 「スティーヴン・キング インタビュー悪夢の種子」 風間賢二 監訳 ¥1300

リブロポート 1993初B B6 435P 1957

● 1864 「俺は現役だ カッパ大将発言集」 神吉晴夫 ¥800

オリオン社 昭和39年初B B6 272P 290

● 1471 「生半可な學者」 柴田元幸 ¥800

白水社 1993重B B6 201P 1600 著者初のエッセイ集

● 2960 「南天堂」 寺島珠雄 ¥2200

皓星社 1999初B A5 466P 3500 一階は書店、2階はカフェー。大正文化の交差点 帯より

● 1472 「踊る地平線」 室謙二 ¥1500

晶文社 1985初B B6 295P 1000 副題 めりけんじゃっぷ長谷川海太郎伝 谷譲次、林不忘、牧逸馬 三つのペンネームを使った作家のノンフィクション ヤケ

● 1480 「素顔のアメリカ作家たち」 ¥800

アルク 1989初B A5 213P 1300 アメリカ作家のインタビュー集 ジョン・アーヴィング ジェイ・マキナニー タマ・ジャノウィッツ イーサン・ケイニン ディヴィッド・レーヴィット ブレッド・イースト ン・エリス マーク・ヘルプリン ウィリアム・ケネディ バラティ・ムケルジー イザベル・アジェンデ

● 3696 「稲垣足穂さん」 松岡正剛 ¥1000 

工作社 1979初B A5 111P 650

● 1481 「谷崎潤一郎と大阪」 三島佑一 ¥1200

和泉書院 2003初B B6 225P 2300 谷崎の大阪とは 「此れだけサイト氏の恥辱」と酷評した大阪。が、船場の御寮人さんへの憧れが、 「蘆刈」「春琴抄」 「細雪」の名作を生んだ大阪。 帯より

o

● 3107 「父の娘たち」 矢川澄子 ¥1200

新潮社 1997初B B6 215P 1600 副題 森茉莉とアナイス・ニン

● 3144 「辻潤への愛」 倉橋健一 ¥1000

創樹社 1990初B B6 245P 1800 残されたキヨの日記から献身的恋愛も辻潤の狂気の行動に同化し転落してゆく波乱の愛欲地獄相 帯より

● 1512 「吉行エイスケ 作品と世界」 吉行和子監修 ¥800

国書刊行会 1997初B B6 269P 1600 詩・散文・小説など 淳之介 和子 理恵らの書き下ろしエッセイも収録

● 3139 「奇抜の人」 木村俊介 ¥900

平凡社 1999初B B6 390P 2000 副題 埴谷雄高のことを27人はこう語った

● 3145 「詩のボクシングって何だ」 楠かつのり ¥800

新書館 2002初B B6 205P 1400

● 3146 「ノスタルジー大通り」 細川周平 ¥1000

晶文社 1989初B B6 253P 1610

● 3147 「剣と寒紅 三島由紀夫」 福島次郎 ¥1000

文藝春秋 1998重B B6 282P 1429

● 3148 SOLD 「ヨコハマB級譚」 平岡正明 編

ビレッジセンター 1995初B B6 317P 1750 タウン誌 ハマ野毛アンソロジー 執筆者 種村季弘 荻野アンナ 四方田犬彦 田中優子 ほか

● 3163 「長谷川四郎の自由時間」 長谷川四郎 ¥1000

土曜美術社 1975初B B6 253P 1300

● 3178 SOLD 「随筆大阪」 

  錦城出版社 昭和18年初B B6 342P 2円58銭 各界著名人の大阪にまつわる随筆  宇野浩二 織田作之助 前田勇 食満南北 他 蔵印 線引き カバー少裂

● 3183 「文化の街へ」 木津川計 ¥800

大月書店 1981初B B6 254P 1300

● 3220 「改訂図書館経営論」 高山正也 他 ¥900

樹書房 2004改重B A5 183P 1900 新・図書館学シリーズ2

● 3221 「改定資料組織概説」 大城善盛 他 ¥900

樹書房 2003改重B A5 217P 1900 新・図書館学シリーズ9

● 3461 「図書館サービス論」 金中利和 他 ¥900

樹書房 2003重B A5 181P 1900 信・図書館シリーズ3

雑誌 大阪人 大阪人 A4 100頁弱


2001年 

● 3175 SOLD 11月号 古書店&個書店

2002年

● 1333 8月号 天神祭 ¥500

● 1335 SOLD 11月号 町家・喫茶・文化考 

● 1336 SOLD 12月号 中央公会堂2003年

● 1337 2月号 キモノ ¥500

● 1338 3月号 豪商 ¥500

● 1339 4月号 桜 ¥500

● 1340 7月号 街乗り自転車! ¥500

● 1341 9月号 不思議伝説 幽霊・妖怪・ご利益 ¥500

● 1342 SOLD 10月号 古民家探訪 

● 1343 12月号 風呂屋三昧 ¥500

2004年

● 3176 2月号 上方落語・旬の寄席鍋 ¥500

● 1345 3月号 図書館へ行こう! ¥500

● 1346 6月号 堀江 ¥500

● 1348 9月号 熊野街道と大阪 ¥500

2005年

● 1349 SOLD 1月号 戦後建築 1945−68 


雑誌 東京人


 

● 2890 SOLD 2001年6月 NO166「古本道」 

鹿島茂 偏愛的早稲田ふるほん巡り 堀江敏幸 東京猫町 カバー少折れ

● 2891 2002年10月 NO183「神田神保町の歩き方part3」 ¥500

沼田元気 中野翠×坪内祐三 クラフト・エヴィング商会 車谷長吉


本の本


hon honhon

1371 1月号 星のロマン 池田豆本 ¥500

1372 2月号 日記 千帆書票 ¥500

1373 4月号 SOLD 雑誌 エドマンド・デュラック

1374 5月号 大衆文学 ナイ・ニールセン ¥500

1375 6月号 アメリカ文学と映画 ジョン・バウアー ¥500

1376 8月号 夏目漱石 五葉、青楓装丁の漱石本 ¥500

1377 11月号 書物愛の精神 茂田井武の退屈画帳 ¥500

1378 12月号 森鴎外 森鴎外の稀覯本 ¥500

1379 2月号 現代との対話、書物との対話 ¥500


彷書月刊


1585 1992年 3月号 最新目録情報ガイド 輝け1991年度目録がんばれ大賞 ¥350

1588 1997年 8月号 日本の近代絵本 ¥400

● 3729 1999年 3月号 「古本屋の書誌学」 ¥500 

1589 1999年 9月号 加太こうじという人 ¥400

● 3730 2000年2月号 「饅頭本の小宇宙」 ¥600 

3158 2002年 3月号 とある出版社の足あと ¥400

3159 2006年 9月号 キレイナサクラノハナヨリモ ¥400

3160 2006年10月号 いっぷく ¥400

3161 2007年11月号 珍品大オークション ¥400


SUMUS スムース


● 3731 SOLD 別冊「まるごと一冊中公文庫」 

● 3732 SOLD 6号「新書の昭和三十年代」 

● 3733 SOLD 10号「スクラップブックの時代」 

● 3734 SOLD 11号「実用を超えた実用本」 

● 3735 12号「小出版社の冒険」 ¥1500


BOOKISH


● 3736 4号「海野弘が歩いたモダンシティー」 ¥1500 

古本ふうらいまつトップページへ   このページの最初に戻る