古本ふうらいまつ 歌舞伎・能・狂言

歌舞伎・能・狂言など

● 3777 「歌舞伎名作事典」 金沢康隆 ¥1300

青蛙房 1978重B B6 399P 2000

●  1168 「歌舞伎鑑賞の手引」 黒川光弘 監修 大内美予子 ¥600

リバティ書房 1995重B B6 181P 1200 やさしい歌舞伎の入門書 歌舞伎の歴史 時代物と世話物 荒事と和事 所作ごと 歌舞伎の約束ごと 顔をつくる かつらと衣装 舞台 歌舞伎の外題 成立年代と時代背景 代表的歌舞伎五本の解説

● 2754 「歌舞伎へようこそ」 齋藤栄三郎 ¥500

河出書房新社 1996初B B6 221P 1800 歌舞伎と文楽の入門書 対談団十郎 野村万作など

●  1169 SOLD 「猿之助の歌舞伎講座」 市川猿之助 

新潮社とんぼの本 1990重B 167×215 119P 1300

●  1306 SOLD 「今宵も歌舞伎へまいります」 沼野正子 

晶文社 2001初B B6 261P 1900 さあ大変、還暦過ぎて歌舞伎にハマッた!歌舞伎入門としても最適。 人気絵本作家の痛快エッセイ。 帯より

●  1295 「歌舞伎のデザイン図典」 岩田アキラ 監修 中村雀右衛門 ¥1400

東方出版 1995初B A5 157P 2800 歌舞伎に登場する 衣装 かつら 小道具などを全頁カラーで解説

●  1611 「歌舞伎鑑賞入門」 戸板康二編 ¥1100

創元社 1993重B B6 313P 2200 非常に詳しい歌舞伎入門書 目次 歌舞伎とは何か 歌舞伎の歴史 歌舞伎脚本の変遷 新歌舞伎概観 歌舞伎の音楽と舞踊 歌舞伎劇場史 歌舞伎の演出 歌舞伎の観客 歌舞伎と人形 東西歌舞伎俳優紹介 初日のあくまで 陰に働く人びと 歌舞伎の知識 歌舞伎名作解説

●  1616 「日本を楽しむ1 KABUKI」 ¥400

東進ブックス 1994初B 150×180 96P 980  イラストと文章でわかりやすく解説 英文併記 ゾッキ印あり

●  1703 「カブキ101 物語」 渡辺保 編 ¥700

新書館 1996重B B6 229P 1400 舞伎代表作101話の詳細な解説

●  1936 「夜想EX1 歌舞伎はともだち 入門篇」 ペヨトル工房編 ¥800

ペヨトル工房 1992初B A5 237P 1600 はじめて歌舞伎をみる人ももっともっと知りたい人もたのしく通になるための今様かぶきマニュアル カバ−より 

●  1297 SOLD 「歌舞伎紳士録 江戸のシティボーイ」 水落潔 

鎌倉書房 1989初B B6 230P 1100 ポピュラーな演目から50人のヒーローを選んで、あらすじと共に魅力のポイントを探る。 絶好の歌舞伎入門書 帯より  芝居随想 目次 桜痴居士と其の門下 道頓堀の部屋 幕のあくまで 楽屋風呂から 

●  110010 雑誌 東京人「どっぷり歌舞伎」2002年7月号 ¥500

都市出版 B5 162P 900 中村勘九郎 松緑 吉右衛門 三津五郎 福助 團十郎 獅童 松也 段治郎

●  1215 SOLD 歌舞伎写真絵物語「由良之助とおかる勘平」 河出書房新社 1986初B B5  

昭和61年花形歌舞伎の仮名手本忠臣蔵の舞台写真とあらすじ 出演者 團十郎 孝夫 玉三郎 文 宇野信夫

h

●  1318 「歌舞伎研究」 三宅周太郎 ¥1200

拓南社 昭和17年初B B6 504P 三円 目次 第一部 歌舞伎研究 第二部 新体制以後(昭和15年9月)の演劇  装丁 青山二郎  経年による傷み

●  1428 「随筆集 芝居」 中村義一編 ¥1200

大河内書店 昭和23年初B B6 227P 200  一流随筆家および名優、計28人による芝居随筆集

●  1723 「元禄俳優伝」 土屋恵一郎 ¥1000

岩波書店 1991初B B6 199P 1800 初代、二代目七人の天才たちの肖像 坂田藤十郎 水木辰之助 中村七三郎 山下半左衛門 初代市川團十郎 芳澤あやめ 二代目市川團十郎 帯より

●  1043 「歌舞伎 研究と批評」創刊号 歌舞伎学会 ¥1300

リブロポート 1988年B A5 356P 1800 特集 現代歌舞伎の問題点

●  1044 「歌舞伎 研究と批評」第2号 歌舞伎学会 ¥1300

リブロポート 1988年B A5 338P 1800 特集 中村勘三郎追悼

●  1045 「歌舞伎 研究と批評」第3号 歌舞伎学会 ¥1300

リブロポート 1989年B A5 354P 1854 特集 武智鐵二の業績 合評 東京大歌舞伎評判記

●  1046 「歌舞伎 研究と批評」第4号 歌舞伎学会 ¥1300

リブロポート 1989年B A5 386P 1854 特集 昭和歌舞伎回顧 尾上松緑追悼

●  1047 「歌舞伎 研究と批評」第5号 歌舞伎学会 ¥1300

リブロポート 1990年B A5 330P 1854 特集 出雲のお国をめぐって 作品研究 ?山姫捨松

●  1048 「歌舞伎 研究と批評」第6号 歌舞伎学会 ¥1300

リブロポート 1990年B A5 366P 1854 特集 現代歌舞伎のレパートリイ 元禄世話狂言

●  1049 「歌舞伎 研究と批評」第7号 歌舞伎学会 ¥1300

リブロポート 1991年B A5 359P 1854  特集 並木正三

●  1050 「歌舞伎 研究と批評」第8号 歌舞伎学会 ¥1300

リブロポート 1992年B A5 373P 1854 特集 型と伝承

●  3062 SOLD 「歌舞伎眼鏡」 岡鬼太郎 

新大衆社 昭和18年初B B6 337P 2円50銭 装丁 岡鹿之助

●  1397 「伝統演劇の再発見」 藤波隆之 ¥1900

白水社 1988初B A5 406P 3800 目次 伝統演劇の成立と展開 人形浄瑠璃と歌舞伎を中心に 伝統演劇の保存と振興 比較演劇論の提唱 など

●  1259 「演劇テアトロン賞時代」 ほんち・えいき ¥1600

青蛙房 1986初B B6 242P 1800 テアトロン賞とは東京演劇記者会が昭和30年代に設定した演劇賞 歌舞伎をはじめ 新派 宝塚などあらゆる演劇が賞の対象になった 筆者はその記者会の一人 受賞作の解説と思い出話し  函ヤケ

●  1254 SOLD 「歌舞伎題名絵とき」 戸板康二 

駸々堂 1985初B B6  217P 1236 七十七の歌舞伎外題についてあれこれ

●  1113 「続演劇巡礼」 三宅周太郎 ¥1200

中央公論社 昭和16年初B B6 552P 3円 第一部 「評話」二部「随筆」三部「劇信」 四部「劇評」五部「亡き人を憶ふ」

●  1114 SOLD 「団菊物語 舞台訓」  井口政治 

三杏書院 昭和19年初B B6 329P 2円80銭 九世団十郎 五世菊五郎の舞台訓 人生訓 経年による傷み

●  1130 「歌舞伎叢書」 ¥8000

金港堂 明治43年初B A4 540P  寛延3年「古今役者大全」「耳塵集」宝暦12年「歌舞伎事始」 明和8年「新刻役者綱目」安永3年「役者全書」を一冊に まとめたもの 少書き込み、線引きあり

●  1066 「歌舞伎講話」 河竹繁俊 ¥1200

大河内書店 昭和22年初B B6 348P 百円 目次より 歌舞伎概説 歌舞伎作者の発生と展開  歌舞伎作者の制度と職掌と生活 1946年歌舞伎の回顧等 表紙補修 ヤケ 経年による傷み

●  1067 「歌舞伎下座音楽」 望月太意之助 ¥3500

演劇出版社 1975初B A5 323P 2800 目次より 楽器 歌舞伎音楽 下座音楽 鳴物 唄入 合方 符帳

●  1311 「歌舞伎年代記」 立川焉馬 ¥6500

寶文館 大正15年初B A5 700P 七円 寛永元年より文化元年までの江戸芝居の記録 江戸文化年間に11分冊で刊行されたものの復刊版

●  1329 「歌舞伎座」 ¥2000

歌舞伎座出版部 昭和26年初B A5 332P 非売品 歌舞伎座復興記念に出版されたもの 歌舞伎座物語 歌舞伎座興行略年表明治22年〜昭和26年 他 シミ

●  1053 「南座」 堂本寒星 ¥2500

文献書院 昭和4年初B B6 405P  京都の歌舞伎劇史 目次より 第一部 四条河原編 第二部 南座編 明治前期 明治後期 大正と昭和 小口 見返し 蔵印あり 装丁は美しい

●  1131 「歌舞伎百趣」 堂本寒星 ¥1500

河原書店 昭和24年初B B6 298P 200 代表的な戯曲百種の解説 表紙は木版 シミ多し

● 3405 「歌舞伎狂言往来」 渥美清太郎 ¥5000

寶文館 昭和2年初B B6 460P 3円20銭 

●  1052 「若手歌舞伎」 中村義一 ¥1800

演劇文化叢書刊行会 昭和23年初B B6 238P 160  昭和23年当時の若手俳優の紹介 市村羽左衛門 中村もしほ 市川海老蔵 染五郎 松緑 沢村田之助中村又五郎(今も現役) など25人以上 経年による傷みあり

●  1219 「猿之助修羅舞台」 市川猿之助 ¥1000

大和出版社 1984初B B6 300P 何を考え如何なる姿勢で歌舞伎に取り組んでいるか、歌舞伎に対する熱い思い

ennosuke

●  1321 「夢みるちから スーパー歌舞伎という未来」 市川猿之助 横内謙介 ¥1000

春秋社 2001初B B6 279P 1800 猿之助と新・三国志の脚本を担当した 横内謙介との対談 スーパー歌舞伎 新・三国志の脚本あり

● 3484 SOLD 「二十一世紀歌舞伎組参上!」 カリニカ 

文藝春秋 1996初B B5 190P 1800 市川猿之助若手歌舞伎役者のすべて 坂東弥十郎 市川門之助 中村信二郎 市川右近 市川笑也 市川猿弥 市川笑三郎 市川春猿 市川段治郎

● 3022 SOLD 「女づくり」 市川春猿 

徳間書店 2006初B B6 195P 1300 歌舞伎界・女形の新進スターが綴る、女磨きの日々。 帯より

● SOLD 1051 「中車芸話」 市川中車 

築地書店 昭和18年初B B6 291P 二円五十銭 市川中車は九代目団十郎門下 一介の子役者から一代の名優となった九代目没後、歌舞伎座頭 昭和10年没 経年による傷みあり 線引きあり

● 3776 「七世 市川団蔵」市川団蔵 ¥1700

求龍堂 1965初B B6 400P 1500

●  1062 「七世市川團蔵」 市川九蔵 校註 河竹繁俊 ¥2500

求龍堂 昭和18年再B B5 381P 五円四十銭 経年による傷みあり

●  1534 SOLD 「舞台のおもかげ市川左團次」 安部豊 

好文社 大正10年重B B6 3円 少傷み

●  2007 「市川左團次芸談きき書き」 北條誠 ¥3000

松竹本社演劇部 1969初B B5 245P 4000 先代左團次の聞き書き 限定1500部

●  1187 SOLD 「俺が噂の左團次だ」 市川左團次 

集英社 1994初B B6 269P 1600 左團次芸談 高島屋物語 歌舞伎役者の私生活 祇園の母 チンピラ役者参上 左團次流歌舞伎の楽しみ方

●  1216 「市川染五郎」 和角仁 ¥2500

木耳社 1964初B B6函入り(少痛み) 264P 1200 一章 市川染五郎(現幸四郎)写真多数 二章 市川染五郎の系譜 初代から六代目 染五郎(現幸四郎)のサインあり

●  1418 「ひとり言」 市川染五郎(現幸四郎) ¥1000

文化出版局 1972初B 175×170 190P 560

● 2614 「見果てぬ夢」 市川染五郎(現幸四郎) ¥1300

コンパニオン出版 1981初B 175×170 245P 1900

●  1214 「すこぶる染五郎」 市川染五郎(当代) ¥1400

マガジンハウス 2002初B A5 206P 1900 バックステージの喜びと苦しみを自らの言葉で語り尽くす。 写真多数 帯より 染五郎オリジナル歌舞伎「麒麟児」筋書き付き 著者サイン

● 2723 「市川染五郎と歌舞伎へ行こう」 ¥800

旬報社 2000初B A5 142P 1600

●  1813 「ハムレットはしなやかに舞う」 市川染五郎(当代) ¥850

廣済堂 1999初B B6 221P 1500 歌舞伎役者七代目市川染五郎。ひとりごとを綴った初のエッセイ集 帯より

● 3471 SOLD 「十二代目市川団十郎襲名 海老蔵から団十郎へ」 

集英社 1985初B A4 115P 2800 襲名記念写真集

●  1248 SOLD 「團十郎三代」 加賀山直三

三杏書院 昭和18年初B A5 230P 2円50銭 「おおきいばぁや」と呼ばれ團十郎三代(七代 八代 九代)に仕えた 堀越加納女の聞書き

●  1770 新書「市川新之助論」 犬丸治 ¥500

講談社現代新書 2003初B

● 2755 「歌舞伎の童」 会津泰成 ¥600

講談社 2004初B B6 173P 1300 副題  中村獅堂という生き方

●  1061 SOLD 「羽左衛門評話」 三宅周太郎 

冨山房 昭和22年重 B6 330P 60円

●  1293 SOLD 「十七代 市村羽左衛門聞書」 佐貫百合人編 

日本放送協会 1983初B 200×200 3500 副題 歌舞伎の小道具と演技 特に小道具について詳細な著述がある 写真多数

●  1063 SOLD 「大阪の鴈治郎」 食満南北 

輝文館昭和19年初C B6 374P 四円二十五銭 経年による傷み ヤケ シミ 本文一ページ少裂け

●  1244 「鴈治郎の歳月」 中村鴈治郎(二世) 藤田洋 編 ¥1600

文化出版局 1972初B B6 278P 680 二世鴈治郎の自伝 明治35年から戦後の映画俳優時代まで シミ少 函かすれ

● 3430 「中村扇雀写真集 上方の女形と近松」 ¥3000

向陽書房 1984初B 145P 3800
現坂田藤十郎の写真集 他に 武智鉄二との対談 詳細な年譜 扇雀サイン入り
l

● 1064 SOLD 「紫扇まくあいばなし」 

演劇出版社 1987初B A5 213P 3500 カバー傷み 権十郎の自伝 巻末に詳細な出演舞台年表あり

●  1291 SOLD 「とうざいとうざい」 片岡仁左衛門

自由書館 1984重B A5 252P 2800 型を尊ぶ江戸歌舞伎と風を良しとする上方歌舞伎、この両輪の要にいる 十三代目片岡仁左衛門が名狂言の当たり役に材をとり、熱い想いをこめて 著した東西の比較歌舞伎芸談集 帯より

● 2616  [仁左衛門恋し」 片岡仁左衛門 ¥1200

世界文化社 2002初B A5 223P 2000 仁左衛門ロングインタビュー

●  1218 「女形半世紀」 河原崎国太郎 ¥1000

新日本出版社 1991初B B6 213P 2000 著者は前進座の女形 父親は松山省三

● 2215 「女形百役」 河原崎国太郎 ¥1500

矢来書院 1975初B B6 222P 2000 函少シミ

● 3718 「女形芸談」 河原崎国太郎 ¥900

未来社 1974重B B6 298P 1300
目次 わたしの女形修業 芸の話あれこれ 歌舞伎十八番、新歌舞伎 カフェ・ブランタンと私の生いたち

●  1296 「女形の運命」 渡辺保 ¥1000

紀伊国屋書店 1975重B B6 257P 1400 女形 中村歌右衛門論

● 2613 「私事」 中村雀右衛門 ¥900

岩波書店 2005初B B6 212P 1600 歌舞伎界の至宝のひとりがたり現在最高の女形と言われるまでの役者人生を振り返り、芸から学んだ人生の知恵を披露する 帯より

● 3431 「中村鶴蔵あんな話こんな話」 中村鶴蔵 ¥800 

本の泉社 2002重B B6 197P 1500 献呈署名入り

●  1294 「芸話 おもちゃ箱」 中村翫右衛門 ¥500 (朝日選書版)

朝日新聞社 1982初B B6 277P 980 前進座を創立した著者の自伝

●  1736 「歌舞伎の演技」 中村翫右衛門 ¥700

未来社 1974初B B6 230P 1000 目次 歌舞伎の演技 「俊寛」演技ノート 「俊寛」上演覚えがき それからの上演史 「俊寛」上演台本

●  2004 SOLD 「劇団五十年」 中村翫右衛門 

未来社 1980初 B6 464P 3000 著者サイン入りなるも線引きあり

●  1309 SOLD 「手前味噌」 河竹繁俊 

北光書房 昭和19年初B B6 758P 八円七十銭 三代目中村仲蔵の自伝 経年による傷み

●  1245 「中村吉右衛門」 小宮豊隆 ¥1600

岩波書店 1982重B B6 282P 2800 著者の吉右衛門(先代)について書いた文章の集成 明治44年の「中村吉右衛門論」や対談など29本

●  1065 「中村吉右衛門」  写真 稲垣功一 構成 田中一光 ¥3800

用美社 1992初B B5 7500 (当代)吉右衛門の舞台写真集

●  1170 「半ズボンをはいた播磨屋」  中村吉右衛門 ¥1000

淡交社 1993重B A5 237P 2500 半生をエッセイ風に カバー少傷み

●  1451 「歌右衛門の疎開」 山川静夫 ¥600

文藝春秋 1980初B B6 267P 1200 戦闘帽をかぶりスフの国防服に身をかためた歌右衛門は・・・・・ 勘三郎、松緑、團十郎、勘弥 羽左衛門など古今の歌舞伎名優たちを中心に芸道に生きる人びとの悲喜交々の素顔をつづる カバー少汚れ

●  1464 SOLD 「役者の世界」 中村芝鶴 

木耳社 1969再B A5 425P 2500 目次 「女形という演技」「間というもの」「きせると煙草」「色気」「おしろい、鉛毒」「隈取」 「坐り方」「荒事」「手の置きどころ」他 函少傷み

●  1144 SOLD 「続役者の世界」 中村芝鶴 

木耳社 1972初B A5 423P 2500 三味線の研究を始め、畳、火鉢、雪、はきもの、御所車、駕籠、人力車、声紋、声帯 等に亘り厖大な資料を丹精こめて整理し、ひとつひとつ多年の舞台経験から帰納した 演劇論を加味して、演技者のみならず、観劇の手引きとしても行き届いた演劇入門書 帯より

●  1452 「かぶき随筆」 中村芝鶴 ¥1000

高風館 昭和31年重B 新書判 241P 140

●  1164 SOLD 「福家族 神谷町物語」 中村芝翫 

ベネッセ 1997初B B6 213P 1400 名女形・中村芝翫が初めて語る芸のこと家族のこと  帯より

●  1513 「勘九郎とはずがたり」 中村勘九郎 ¥700

集英社 1991重B B6 251P 1200

●  2146 SOLD 「勘九郎芝居ばなし」 中村勘九郎 

朝日新聞社 1992初B B5 141P 2900 「一本刀土俵入」「鏡獅子」など29の演目に関する聞き書き

●  5539 SOLD「役者の青春」 中村勘九郎 

講談社文庫 1992初B

●  5606 文庫「中村屋三代記」 中村勘九郎 他 ¥350

集英社文庫 1998初B

●  2208 SOLD 「鯛女のお姉ちゃん」 波乃久里子 

ザ・マサダ 1996重B B6 216P 1400 カバー少汚れ

●  1299 「又五郎の春秋」 池波正太郎 ¥800

中央公論社 1977初B B6 268P 980 現代歌舞伎界屈指の名優である中村又五郎の芸と人生を、 長年の知友である著者が、歌舞伎論を含めて自在に語る異色作 帯より

● 2615 SOLD 「聞き書き中村又五郎歌舞伎ばなし」 郡司道子 

講談社 1995初B B6 272P 1800 歌舞伎界最長老が語る芝居のツボ、芸の苦労、名優の思い出・・・・・。ちょっといい芝居ばなし集。帯より

●  1917 「知らざあ言って聞かせやしょう」 中村又蔵 ¥700

日本テレビ 1988初B B6 224P 1100 著者は上智大学出身で英語に堪能な異色の歌舞伎役者 歌舞伎の世界をあれこれ語る

●  1544 SOLD 「歌右衛門合せ鏡」 関容子

文藝春秋 2002初B B6 229P 1600 甦える名優の肉声 歌舞伎を支えた稀代の女形の芸と素顔 帯より

●  2145 「女形六世中村歌右衛門」 ¥2400

演劇出版社 平成6年初B B5 280P 4300 人間国宝歌右衛門の写真集 寄稿 河竹登志夫 三島由紀夫 真山美保ほか

● 3428 「役者の子は役者」 尾上松緑 ¥1100 

日本経済新聞社 1976初B B6 270P 1800
目次 私の履歴書、思い出の名優たち、二代目尾上松緑年譜

●  1246 SOLD 「梅の下風」 尾上梅幸  

演劇出版社 昭和28年初B B6 340P 450 六代目梅幸の芸談集 昭和5年に出版されたものの復刻版

● 2705 SOLD 「梅と菊」 尾上梅幸 

日本経済新聞社 1979初B B6 288P 1800 歌舞伎女形の人間国宝梅幸が初めてつづった自伝・芸談 帯より

●  1247 SOLD 「藝」 尾上菊五郎(六代目) 

改造社 昭和22年初B A5 375P 270 菊五郎の芸談集 目次 ・六代目の襲名 ・市村座行進曲 ・演出口伝小話 ・親譲りの芝居 ・團十郎の狂言 ・追善と團菊祭 ・芸術学会講演 ・日本の舞踊劇 ・日本俳優学校 ・新作物の上演

●  1310 SOLD 「おどり」 尾上菊五郎(六代目) 

時代社 昭和23年初B A5 258P 400 少線引きあり

●  1543 SOLD 「踊りの心」 尾上松緑 

毎日新聞社 1971初B B6 236P 620 目次 市川家と尾上家の芸風 菊五郎、三津五郎、幸四郎の踊り 踊りと芝居 他

●  1249 SOLD 「六代目菊五郎」 戸板康二

演劇出版社 昭和31年初C B6 199P カバー裂け 傷み 本体は良好

●  1300 「尾上菊五郎」 戸板康二 ¥800

毎日新聞社 1973初B B6 262P 750 初代から七代目の菊五郎 蔵印あり 少シミ

● 2677 「六段の子守唄」 戸板康二 ¥1300

三月書房 1994初B B6 330P 3000 戸板康二最後のエッセイ集 帯より

● 2678 「あの人この人」 戸板康二 ¥650

文藝春秋 1993初B B6 357P 1500 副題 昭和人物史 江戸川乱歩 花森安治 安藤鶴夫 田辺茂一など30人以上

wagakabuki● 2679 「わが歌舞伎」 「続わが歌舞伎」 2冊セット 戸板康二 ¥2000

和敬書店 昭和23−4年B  経年による少傷み 見返し少書き込み

●  2006 SOLD 「坂東玉三郎の宇宙」 ダンスマガジン臨時増刊 

新書館 1995初B A4 145P 2800 坂東玉三郎舞踊十六景 写真と芸談 対談三浦雅士 舞台年表

●  2183 「玉三郎」 別冊婦人画報 ¥1000

婦人画報社 1977初 A4 215P 2300 玉三郎舞台写真 昭和32年〜52年 玉三郎対談 12人の女流 他 背傷み

●  2184 SOLD 「坂東玉三郎 ひかりの中で」

松竹株式会社 1979初B A5 111P 2000 玉三郎写真集 背傷みあり

●  1068 「七世 坂東三津五郎 舞踊芸話」 利倉幸一 ¥2500

演劇出版社 1978重B A5 190P 1800 目次より 三津五郎芸話 三津五郎の代々

● 3807 「坂東三津五郎舞台写真集」 ¥3200   

舞台すがた社 昭和27年初B B5 約100P 1500

●  1253 「戯場戯語」 坂東三津五郎(先代) ¥1000

中央公論社 1969重B B6 217P 680 能筆家として知られる三津五郎の随筆集

●  1292 SOLD 「父 三津五郎」 八世坂東三津五郎述 小島二朔編

演劇出版社 1963初B A5 339P 1200

●  1298 SOLD 「言わでもの事」 坂東三津五郎 

文化出版局 1971重B B6 238P 540 能筆家で知られる八世三津五郎の随筆

●  1308 SOLD 「芸のこころ」 坂東三津五郎 安藤鶴夫 

日本ソノ書房 1969初B B6 229P 420 先代三津五郎と安藤鶴夫の対談

●  1963 SOLD 「東海道歌舞伎話」 坂東三津五郎 

日本交通公社 1972初B 新書版 193P 380

●  1551 SOLD 「遥かなる道頓堀」 三田純一 

九芸出版 1978初B B6 276P 1500 みずから育った道頓堀の芝居茶屋を舞台に、役者延若の生涯と彼をめぐる人々を追い、 一つの明治演劇史に及ぶ注目のノンフィクション・ストーリー

●  2144 「最新歌舞伎俳優名鑑」 演劇界増刊 ¥1000

演劇出版社 平成10年初B B5 248P 2400

●  1702 「小さな声で言葉とがめ」 宇野信夫 ¥800

言葉の乱れは時代の流れか。表現のあり方から親しく接した名優・噺家たちの人と芸、職人たちの挿話まで 練達の筆でえがく珠玉のエッセイ! 帯より
●  

2003 「京洛舞台風土記」 戸板康二 ¥700

駸々堂 1987初B B6 255P 1500 弁慶と義経をめぐる芝居の話から、弁慶と小町は云々という川柳が出てきたり、要するにどんどん脱線するのであり 、そこがまた面白い。 帯より カバー少傷み

haiyuutuu● 2706 SOLD 「俳優通」 濱村米蔵 川尻清潭 

四六書院 昭和5年初B B6 154P  通叢書

●  2185 SOLD 「続編 楽屋風呂」 川尻清潭 

中央美術出版社 昭和2年初B B6 284P 1円80銭 芝居の裏話、俳優たちの素顔をユーモアを交えて

● 3465 SOLD 「劇界へへののもへじ」 梅島昇 

寶文館 昭和7年初B B6 324P 1円20銭  カバー傷み 蔵印 献呈署名入り 

● 2864 「芝居おぼえ帖」 川尻清潭 ¥1000

国立劇場・芸能調査室 1978重B B6 144P 歌舞伎資料選書・2

● 3503 「芸能らくがき帖」 吉川義雄 ¥1800  

青蛙房 1981初B B6 294P 1800 登場する人々 五代目歌右衛門 六代目尾上梅幸 小唄市丸 古今亭志ん生 先代三遊亭金馬 古川ロッパ 他

● 3690 「俳優対談記」 三宅周太郎 ¥1200

東寶書店 昭和17年初B B6 302P 2円20銭

● 3896 江戸軟派叢書4「楽屋ばなし、三津瀬川上品仕立、役者評判寄勢」 尾崎久弥編 ¥1800  

江戸軟派研究会 大正14年 B6 50P 75銭 しみ少点多数

● 3504 「女義太夫一代」 林芳樹 ¥1000

神戸新聞出版センター 1988初B B6 189P 1000 豊竹団司じょうるり人生

● 3505 「義太夫名作全集」 義太夫温習会 ¥2000

中村書店 昭和4年初B 文庫サイズ 410P 35銭

● 2865 「黒門町芸話」 野口兼資 ¥2000

わんや書店 昭和18年初B B6 130P 3円50銭

● 1757 未翻刻戯曲集9 「大和大和花山樵」 国立劇場・芸能調査室 ¥1400

国立劇場・芸能調査室 1982初B A5 202P

●  1758 未翻刻戯曲集11 「泉水月面俤」 国立劇場・芸能調査室 ¥1500

国立劇場・芸能調査室 1986初B A5 250P

● 2843 雑誌「幕間」 創刊号より連続20冊(別冊ふくむ)¥5000

和敬出版 昭和21年〜22年

● 3182 SOLD 「戯曲の大阪」 鷲谷樗風 

大阪新聞社 昭和21年初B B6 290P 15円 双蝶々 冥途の飛脚 廓文章 お夏清十郎など 大阪にまつわる芝居随筆 経年による少傷み



能   

●  1269 「能楽入門1 初めての能・狂言」 横浜能楽堂 企画 ¥850

小学館Shotor Library 1999初A A5 128P 1500 読めば通。一目瞭然最適の入門書 帯より 写真多く、とてもわかりやすい

●  1270 「能楽入門2 能の匠たち その技と名品」 横浜能楽堂 企画 ¥850

小学館Shotor Library 1999初A A5 128P 1500

●  1271 SOLD 「お能の見方」 白洲正子 吉越立雄

新潮社とんぼの本 1994重B 165×215 111P 1400 正宗白鳥をして「これを呼んで始めてお能がわかった」と言わしめた名著 が豊富な写真も新たによみがえった! カバー紹介文より

●  1307 「能と能面の世界」正続2冊組 中村保雄 ¥2000

淡交社 1977重B A5 245P 236P 3000

●  1961 「能百十番」 増田正造 ¥800

平凡社コロナブックス 1996初B A5変形 127P 1600

●  1539 「マンガ能百番」 画渡辺睦子 解説 増田正造 ¥700

平凡社 1990重B B6 409 1009 名曲100曲をマンガによってわかりやすく解説

● 2671 「わたしの能楽自習帖」 ¥900 三上慶子

河出書房新社 1973初B B6 269P 950

●  1814 「林望が能を読む」 林望 ¥1200

青土社 1996重B B6 319P 2400 たいくつな入門書から遠く離れて、国文学者林望が典雅に、そして愉快に描き出す能の世界。 帯より

●  1962 「狂言サイボーグ」 野村萬斎 ¥1200

日本経済新聞社 2003重B A5 205P 1905 時空を超えて疾駆する狂言師「萬斎」はこうして造られた 帯より


 

文楽

●  1395 「文五郎一代」 梁雅子 ¥900

朝日新聞社 1970初B B6 373P 780 しみ

●  2132 「文楽聞書」 茶谷半次郎 ¥1200

全国書房 昭和21年初B B6 320P 15円 少シミ

●  1434 「カラー文楽の魅力」 吉永孝雄 ¥1000

淡交社 1974初B A5 210P 1300 目次 文楽芸術の魅力 色彩の調和 乱舞する妖精 近松の世界 圧倒する迫力 恍惚の世界 写真多数 ヤケ

●  1735 「文楽人形図譜」 宮尾しげを ¥2200

時代社 昭和17年初B A5 412P 6円50銭 函なし 背かすれ

● 1752SOLD 未翻刻戯曲集3 「奥州秀衡有?壻」 国立劇場・芸能調査室

国立劇場・芸能調査室 1977初B A5 96P

● 1753 SOLD未翻刻戯曲集5 「天竺徳兵衛郷鏡」 国立劇場・芸能調査室

国立劇場・芸能調査室 1979初B A5 150P 付 座紋でたどる竹豊両座のゆくえ 人形浄瑠璃興行リスト

● 1754 SOLD 未翻刻戯曲集6 「八陣守護城」 国立劇場・芸能調査室

国立劇場・芸能調査室 1980初B A5 110P

● 1755 SOLD 未翻刻戯曲集7 「日高入相花王」 国立劇場・芸能調査室

国立劇場・芸能調査室 1981初B A5 119P

● 1756 SOLD 未翻刻戯曲集8 「五天竺」 国立劇場・芸能調査室 

国立劇場・芸能調査室 1981初B A5 160P 付 二世豊竹此太夫について  

古本ふうらいまつトップページへ   このページの最初に戻る