古本ふうらいまつ お笑い、喜劇、漫才、奇術、サーカス、諸芸関係の本 その1 

お笑い、喜劇、漫才、奇術、サーカス、諸芸関係の本 その1

● 1711 「渋谷天外伝」 大槻茂 ¥1400

主婦の友社 1992初B B6 263P 2500
目次 出生の秘密 脚本家として 館直志 松竹新喜劇誕生 曾我廼家十吾との訣別 他

tengai

● 1330 「笑うとくなはれ」 渋谷天外 ¥2000

文藝春秋新社 1965初B B6 217P 390
目次 喜劇半生 女性遍歴 喜劇本願 序 獅子文六 

● 1331 SOLD 「陰日向 曾我廼家五郎全集 第八巻」 

アルス 昭和6年初B B6 329P 非売品
八本の戯曲を集録 陰日向 老樹の若葉 銀流し 片あぶみ 肉縁 御国訛 御錠 大当初湯利生記

● 3083 SOLD 「曾我廼家五全集 四巻 曇りか晴れか」 曾我廼家五郎 

アルス 昭和5年初B B6 353P 函なし
おぼろ夜 和尚さん 若女房 時雨駕 など8編の喜劇戯曲 

●  3084 SOLD 「曾我廼家五全集 十一巻 一番坂」 曾我廼家五郎 

アルス 昭和8年初B B6 368P 函なし
一番坂 越後獅子 罠から罠 女難 など7編の喜劇戯曲

● 3085 SOLD 「曾我廼家五全集 九巻 愛の霊泉」 曾我廼家五郎 

アルス 昭和7年初B B6 394P 函なし
愛の霊泉 茶音頭 知行取 真情など 8編の喜劇戯曲 

● 1358 SOLD 「上方笑芸見聞録」 長沖一 

九芸藝出版 1978初B B6 241P 1500
目次 上方笑芸のエスプリ 漫才を育てた人たち 横山エンタツ 花菱アチャコ ミス・ワカナ 奇人・珍芸 浪花千栄子 対談 庄野英二 他

● 3748 「高級万歳大会」 若松家正右衞門 ¥3000 

泉陽堂出版部 昭和2年初B B6 141P 35銭 目次 万歳一講座 あほだら経 かぞへ歌 説教 越後獅子 他 経年による傷み 背傷み

● 3749 「どうとなれ」 冨士正晴 ¥1400

中央公論社 1977初B B6 279P 980 小説 どうとなれ 坐っている 花柳芳兵衛・母恋 牧野の殿には大閉口 他

● 2763 SOLD 「遥かなり道頓堀」 三田純市

九芸出版 1978初B B6 276P 1500
実川延若の生涯、それにかかわる馬渕万治郎の一生と芝居茶屋稲照の歴史、これらをたて糸に、それぞれの時代にこの歴史を 通りすぎた役者、芸人そのほかの道頓堀の庶民をよこ糸にして、私はこれからわたしの道頓堀演劇史を書こうと思う 帯より

 1467 「花月亭団丸好色噺」 藤本義一 ¥800

新潮社 1976初B B6 254P 870
早漏師団丸の好色ド阿呆物語 帯より 少シミ 購入日記入あり


s

● 2947 「大阪の笑芸人」 香川登志緒 ¥1600 

晶文社 1977初B B6 269P 1500
目次 大阪の笑芸の系譜 大阪の漫才 大阪の落語 大阪の漫談その他  大阪の寄席と作家 大阪の喜劇 少ヤケ



● 2948 SOLD 「香川登志緒の笑人閑話」 香川登志緒 

青心社 1987初B 新書版 238P 880
関西笑芸界の生き字引といわれる香川登志緒のタレント珍談奇談!! 笑芸人面白百科 帯より

● 2952 「惜別お笑い人」 相羽秋夫 ¥900

東方出版 2001初B B6 238P 1500 ゾッキ印有り
20世紀に逝った上方演芸人に送るさよならの言葉 五代目笑福亭松鶴からミヤコ蝶々までの67名 付「笑説やっさん」 帯より

● 1407 「わたし、へんでしょ?」 藤山直美 ¥700

バウハウス 2002初B B6 231P 1400

● 3226 「いとしこいし漫才の世界」 喜味こいし 戸田学 ¥1500

岩波書店 2004年初A B6 343P 2600 目次 私のマンザイ放浪記 いとし・こいし名作選 エッセイいとし・こいし、その魅力

● 3227 SOLD 「神さまが命、もどしてくれた」 

主婦と生活社 1988初B B6 222P 1000

● 1897 SOLD 「みち草 わき道 しぐれ道」 藤山寛美 

東京新聞出版局 1993重B B6 184P 1100 カバー少汚れ

● 3095 SOLD 「役者のいろは物語」 藤山寛美

昭和48年初B 新書版 220P   

● 2222 「アホやけど愛しいおひと」 稲垣峰子 ¥700

主婦と生活社 1990初B B6 350P 1300
副題 涙と笑い 夫・藤山寛美との凄絶修羅四十年 少シミ

● 2805 SOLD 「凡談愚言」 藤山寛美 

読売新聞社 1983重B B6 174P 980
数奇な生い立ち、四歳での初舞台、初恋、戦争、大陸放浪、松竹新喜劇への参加、
女性遍歴、借金物語、政談、教育論まで、寛美のすべてをさらけ出す。 帯より

● 3166 「さらば松竹新喜劇」 藤井薫 ¥900

情報センター出版局 1993初B B6 246P 1800
座付き作家だった著者だけが知っている笑いと人情の舞台裏 帯より

● 3694 「私説おおさか芸能史」 香川登枝緒 ¥800

大阪書籍 1986重B B6 250P 970 カバー傷み

 

k

● 3744 「板東英二の Oh! 芸人」 板東英二 ¥700

サンケイ出版 1982重B 220P 980

 

 

● 1833 「蝶々のつづればなし」 ミヤコ蝶々 ¥900

毎日新聞社 1986初B B6 286P 1200
七歳で旅回りの座長、愛と別離の人生模様。さまざまな体験をもとに、風俗・文化・教育などを斬る。毎日新聞に連載された好評
エッセイを中心に、新たに泣き笑い人生を書き下ろし、世相巷談と自伝とをオムニバス風に綴る。 帯より

● 3433 「おかんはおかんや 最後の巨星ミヤコ蝶々」 佐村多賀雄 ¥800

浪速社 2001初B B6 214P 1300 
今まで語られる事のなかった知られざる一面が、未公開の写真と関係者の思い出で蘇る。 帯より

● 2195 「歌江の幸せくるくる心霊喫茶」 正司歌江 ¥600

ダイナミックセラーズ 1982重B B6 205P 980

● 3002 「幸福みえますか」 正司歌江 ¥600

講談社 1984重B B6 228P 980 

● 3003 SOLD 「女やもン!」 正司歌江 

KKダイナミックセラーズ 1983初B B6 326P 1200 かしまし娘半生記

● 2808 「正司敏江のどつかれても踏まれても」 正司敏江 ¥900

恒友出版 1994重B B6 238P ¥1500
小豆島のド貧乏な家に生まれた未熟児が、苦難の末にどつき漫才で大人気者に! 帯より あとがきは 元旦那 正司玲児

● 3783 「ますだおかだのお笑い大阪案内」 ますだおかだ ¥500

角川書店 2004初B B6 109P 1300

● 1439 「やすし・きよしの長い夏」 近藤勝重 ¥1000

新潮社 1987初B B6 216P 1000

● 1764 「横山やすし」 横山やすし ¥1200

データハウス 1986初B B6 248P 880
横山やすしの対談集 立川談志 小室直樹 伊藤文学 筒見待子 由利徹 花柳幻舟 林正之助など

● 1996 SOLD 「あんたも一度狂ってみな」 横山やすし

 
青春出版社 1984初B 新書版 212P

● 2001 SOLD 「やすしの人生一直線」 横山やすし 

講談社 1984重B B6 780 212P 
目次 やすしのかまし一発勝負 やすしのつっぱり漫才 やすしの実践的ガンコ教育 やすしの男一匹競艇人生 

● 2130 「横山やすし日記」 横山やすし 保志学 ¥650

双葉社 1997初B B6 263P 1200
大学ノート3冊にかきつづったやっさんの絶筆を初公開 帯より 

● 1453 「かみがた演芸 漫才太平記」 吉田留三郎 ¥1600

三和図書 昭和39年初B B6 283P 400
この本は、百年、原典になるであろう。 司馬遼太郎 序文より カバー少傷み

● 2137 SOLD 「まんざい」 井上宏

世界思想社 1981初B B6 236P 1200
漫才ブームの時に発刊された書  目次 漫才の源流 漫才の類型 上方漫才のスターたち 他 

● 3016 「漫才作者秋田實」 富岡多惠子 ¥1000

筑摩書房 1986初B B6 235P 1300

● 3061 「漫才繁盛記」 前田和夫 ¥1000

近代文芸社 1984初B B6 167P 950
目次 早慶戦エンタツ・アチャコ ワカナ・一郎のモダンさ ダイマル・ラケット時代他

● 1995 SOLD 「Wヤングの漫才人生」 Wヤング

ペップ出版 1978初B B6 255P 255P
目次 お笑い結婚式 頓珍漢結婚式 俳優志願 花の受験生 など漫才集

● 3063 「マンスリーよしもと臨時増刊号 笑島」 ¥900

吉本興業 1983初B A5 176P 
吉本会館オープン記念 1987年よしもとスター名鑑 よしもとタレントエッセイ 他

● 1578 「よしもと新喜劇BOOK」 吉本興業編 ¥1000

データハウス 1991初B B5 190P 1200
内容 吉本新喜劇タレントDATA BOX 新喜劇グラフィティ ギャグ大宝典 新喜劇タレント出演映画ビデオリスト
業界用語辞典 他いっぱい イラスト みうらじゅん 蛭子能収 ナンシー関 他

● 1662 「観光名所 小樽よしもと ギャグ攻略本!」 吉本興業 \800

吉本興業 1999初B A5 190P

● 2131 「吉本興業を創った男 笑売人 林正之助伝」 竹本浩三 ¥700

扶桑社 1997初B B6 292P 1333

kjj

● 2661 「漫才・マンザイ・MANZAI」 花王名人劇場編 ¥1000

講談社 1981初B B6 214P 780
マンザイブーム時代の漫才集 ザ・ぼんち 伸助・竜介 オール阪神・巨人 いくよ・くるよ セント・ルイス ラッキー・パンチ やすきよ 他

● 2662 SOLD 「いいたい放題上方漫才」 足立克己 

東方出版 1994重B B6 286P 2000
漫才作家生活40周年 芸能自分史 帯より

● 2667 「上方タレント101人」 新野新 ¥1900

有文社 1975初B 150×180 319P 890
著者サイン入り 小口汚れ しみ

● 2772 「まんざい風雲録」 吉田留三郎 ¥1500 

九芸出版 1978初B B6 307P 980
目次 上方演芸昔ばなし 上方漫才の神々 砂川捨丸伝 対談藤沢桓夫 杉山平一 木津川計 他 小口少シミ

● 2773 SOLD 「米朝・上岡が語る 昭和上方漫才」  桂米朝 上岡龍太郎

朝日新聞社 2000初B B6 353P 1800
目次 米朝・上岡が観た上方漫才史 夢路いとし・喜味こいしさんを巡る上方漫才史 中田ダイマル・ラケット小論 他 カバー少傷み

● 2775 SOLD 「昭和上方笑芸史」 三田純一  

学芸書林 1993初B B6 423P 3500
目次 初代春団治以後 万歳から漫才へ わらわし隊と新興演芸 上方落語の戦中・戦後 ラジオ・テレビ時代の笑芸 昭和の終焉 他 カバーヤケ

● 1408 「豊竹團司の一世紀」 桜井利枝 ¥1300

ミネルヴァ書房 1989初B B6 286P 1800
世界最長のエンターテイナーとしてギネスブックに認定された女義太夫の豊竹團司 その半生

● 2136 「竹本小土佐の芸術と人」 内野三悳 ¥2000

新泉社 1974初B B6 333P 2500

● 1402 「ここだけの話」 新野新 ¥1000

青心社 1992重B B6 236P 1200 登場する関西芸人50人以上

● 5407 文庫「女興行師 吉本せい」 矢野誠一 ¥500

中公文庫 1992初B 254P 480

● 5605 文庫「決定版 私説コメディアン史」 澤田隆治 ¥600

ちくま文庫 2003初B

● 1386 「浪曲事典」 安斎竹夫 編著 ¥1800

日本情報センター 1975初B A5 224P 1300
浪花節の歩み 現代浪曲家名鑑 浪花節の系譜 浪曲名作抄  各社レコード・テープ一覧 他

● 2158 「浪曲的」 平岡正明 ¥1500

青土社 1992初B B6 332P 2200
目次 浪曲の神話装置 虎造思想が存在する ロシアからロシアへ、忠臣蔵の円環 他

● 1387 SOLD 「大道芸人」 森直美 編著 

ビレッジセンター 1997初B B6 263P 1900
50人の大道芸人の列伝 登場する人々
柳亭風枝 早野凡平 パン猪狩 筒井康隆 サイクル松林 平岡正明 ヘルシー松田
ヴィザン林 タカパーチ テリ−・プレス 桜井敏雄 イクオ三橋 荻野アンナ

● 1545 「香具師の口上でしゃべろうか」 坂野比呂志 ¥1000

草思社 1984初B B6 212P 980
さあ、お客さん。本邦初演、書き下ろしの封切版「俺の大道芸一代記」だよ。 帯より

● 1388 「坂野比呂志の大道芸」 下平富士男 ¥800

亜洲企画 1982初B B6 243P 800
● 1454 SOLD 「続大道芸口上集」 久保田尚 
評伝社 1989初B B6 213P 1500
隠し芸の虎之巻、庶民文化の伝承、人集めの極意、販売戦術の真髄。 帯より
本文の数ページとあとがきに赤線引きがあります

● 3026 「香具師奥義書」 和田信義 ¥7000

文藝展望社 昭和9年重B 321P 2円50銭
様々な香具師の解説書。大じめ師、ろくま、演歌師、はこ師、たかもの師、うべ師
香具師の専門用語。香具師の恋愛術など カバー、背、傷みあり

● 3027 「泥棒の事典」 ¥1500

新評社 1979初B B6変形 194P
泥棒にまつわるエッセイ集・執筆者 吉行淳之介 澁澤龍彦 小沼丹 種村季弘他

● 3028 SOLD 「刺青師一代」 山田一廣

神奈川新聞社 1989初B B6 268P 2000
副題 大和田光明とその世界 目次 三島由紀夫からの電話 国芳に魅せられて他

● 3029 「賭博T」 増川宏一 ¥1200

法政大学出版局 1990重B B6 277P

● 3030 「賭博V」 増川宏一 ¥1200

法政大学出版局 1983初B B6 362P
目次 賭博への過程古代ー中世 賭博の記録中世ー近代 賭博の伝来近世 他

● 3070 「ザ・ギャンブラー」 A・アルヴァレズ 真野明裕 訳 ¥800

新潮社 1985初B B6 219 1350
ポーカーを芸術の域まで高めた男たち ポーカーの名人たちの生活と意見を描くノンフィクション 帯より

● 3140 「指しつ刺されつ」 芹沢博文 ¥1000

リイド社 1987重B B6 237P 730
将棋棋士にまつわるエッセイ 対談 江國滋 阿佐田哲也

toranpkugutusi

● 3260 「最新トランプ術」 植原路郎 ¥3000

金子出版部 大正13年重B 新書サイズ 132P 40銭

● 1389 「傀儡師一代」 結城孫三郎 ¥1400

白水社 1981初B B6 266P 1600
現代の代表的な糸あやつり人形劇団である 結城座 の座長が、人形とともに泣き、笑い、
格闘しつづけた半生を綴りながら、その不思議な妖しい魅力を説き明かした人形愛の物語。 帯より

● 1496 「天楽丸口伝 遊芸の世間師」 阿彦周宜 ¥1800

一声社 1982初B B6 408P 2800
この口伝は,若丸人形芝居の実態を知らせるばかりでなく、変転極まりない人生のドラマこそ芸に輝きと深みを
添えるという芸道の秘儀も教えてくれ、遊芸と呪的営為・口承文芸を異郷に運搬することの意義・そしてそれら
の有機的関係をあますところなく開示してくれた。 帯より 少汚れ

● 2857 SOLD 「私は昭和の語り職人」 西村小楽天 

エイプリル出版 1978初B B6 281P 1300
喋り続けて、ああ堂々の60年!
活動弁士、漫談家、そして歌謡曲の司会者と語り芸一筋ー。帯より カバー背 上部少破れ

● 2726 「芸人紙風船」 木下華声 ¥2200

大陸書房 1977初B B6 349P 1800
著者は二代目江戸家猫八 あひる艦隊 目次 わが父・わが師・わが友 はなし家の笑いと涙 ああ懐かしの笑の王国他 献呈署名入り

● 2727 「コロムビア・ライトの生きてりゃこそ」 コロムビア・ライト ¥800

国書刊行会 1994初B B6 249P 1200
献呈署名入り

● 2728 SOLD 「玉介おんなめぐり」 灰山信

 
日本文芸社 1972初B B6 237P 500
悠玄亭玉介 50年の色ざんげ! 所帯をつぶし、色ごとに精出して、道楽の限りを尽くした果ての”たいこもち”稼業。
客を歓ばせ、女を泣かす一代の粋人玉介が、そのもちの裏表を披露する痛快無比な遊びの極意! 帯より

● 2729 SOLD 「明蝶の風流夜話」 曾我廼家明蝶 

英潮社 1980初B B6 266P 800
聖談の中に汲みとる人生の珠玉の真理 帯より

● 2730 SOLD 「み〜んなホントのことでっせ!」 前田五郎 

日本文芸社 1994重B 新書版 220P 800

● 2731 「ビートたけしのゴックン日本史」 ビートたけし ¥1000

リヨン社 1982初B 新書版 252P 800
まだ文化人になる前のビーたけしの本 見かけない本? カバーテープ貼り跡

● 1547 SOLD 「あーやんなちゃった」 牧伸二 

報知新聞社 1966重B 新書版 222P 250 副題 泣き笑いウクレレ人生

● 1540 SOLD 「パン猪狩の裏街道中膝栗毛」 滝大作 

白水社 1986初B B6 198P 1200
戦前は浅草、戦中は上海や満州の慰問戦後はドサ回り芝居や地方のストリップ劇場と、好んで芸人裏街道
ばかり歩き続けてきたボードビリアン・パン猪狩が、飄逸な語り口で展開する信じがたく珍妙なエピソードの数々。
これぞ裏街道の真骨頂。 帯より

● 2983 SOLD 「井上ひさしコント集」 井上ひさし

講談社 1975初B B6 198P 420
てんぷくトリオへの書下ろしコント集 25編

● 3133 「いくよ、次郎さん はいな、欽ちゃん」 山中伊知郎 ¥650

竹書房 2002初B B6 241P 1300  
小説・コント55号 ’60年代後半、エネルギーが爆発したあの熱い時代 帯より

● 1403 「グリーン スネークCOME ON!」 ショパン猪狩 ¥1400

三一書房 1992初B B6 284P 2100
敗戦直後のドサ回り劇団、進駐軍でのスポーツコミック、日本初の女子レスリングを経て、
キャバレーのコミックに人生を捧げた。笑いの王様・東京コミック・一代記

● 1738 SOLD 「笑ってくれて、アリガトウ」 杉兵助 

朝文社 1989初B B6 181P 1000
目次抜粋 浅草生まれ浅草育ち 永井荷風を騙した浅草芸人  四番目の女房

● 1409 SOLD 「浅草最終出口 浅草芸人・深見千三郎伝」 伊藤精介

 
晶文社 1992初B B6 309P 2100
銀座でもなく新宿でもないそんな街でなければ生きられない
ある芸人の物語 帯より  深見千三郎はビートたけしの師匠

●2939 SOLD 「のり平媾戯録」 三木のり平 

グリーンアロー出版社 1973初B B6 246P 450

● 1410 SOLD 「キートンの浅草話」 益田喜頓 

読売新聞社 1986初B B6 222P 1300
あきれたぼういず、ロッパ、エノケン、瓢箪池、芸人横丁 下町の熱き人情
六区黄金時代の想い出を語る 帯より

● 1495 「益田喜頓作曲 下町交狂曲」 益田喜頓 ¥1200

毎日新聞社 1980重B B6 212P 950
本書に登場する人々 エノケン 山茶花究 坊屋三郎 柳家金語楼 花菱アチャコ 伴淳三郎などなど 

● 2000 「苺ミルク」 益田喜頓 ¥1000

近代文藝社 1994初B B6 153P 1500
喜頓の短編小説集 パック 刑事ドン守の父っつぁん 苺ミルク 夜霧 黒い雲が流れたが 岡辰の賭博 六区のジン

● 2005 「キートンの笑智大学」益田喜頓 ¥400

ぴいぷる社 1992初B B6 293P 1300 ページ折れあり

● 1477 「これはマジメな喜劇でス」 坊屋三郎 ¥1600

博美館出版 1990初B B6 195P 1600
坊屋三郎の浅草笑劇場

●  SOLD 1750 「デン助浅草泣き笑い人生」 大宮敏充 

三笠書房 1973初B B6 245P 800
浅草をひたすら愛し庶民の哀歌を演じつづけて三十五年。一世一代デン助役者の大宮敏充が痛惜の想いをこめ綴り下ろした
わが浅草わが人生 帯より

● 1579 SOLD 「俺はえんたーていなーど」 関敬六 

現代書林 1981初B B6 278P 1200
ご存知浅草喜劇界の雄・関敬六が、他人の迷惑をかえりみず、羞恥心をかなぐり捨てて綴った抱腹絶倒一代顛末記。
帯より

● 1461 「浅草喜劇事始 小説・曾我廼家五九郎まわり舞台」 丸川賀世子 ¥1500

講談社 1979初B B6 245P 950
自由民権運動を志し、壮士劇から一転喜劇に転じ、エノケン出現以前の喜劇王の座へ
不世出の芸の鬼、五九郎の転変の役者馬鹿人生を、黎明期の日本演劇史を背景に、エピソード
豊かに描いた、もう一つの浅草文明史 帯より

● 1697 「浅草あれこれ話」 酒井俊 ¥2500

三一書房 1979初B B6 284P 1800
これは、カジノ・フォーリーから、デン助劇団までの四十数年、浅草と軽演劇に愛着を持ち続けた酒井俊さんの郷愁の詩だ。帯より
目次 懐かしき浅草 浅草Y談 喜劇役者冗話 見たり聞きたり楽屋噺 浅草のさむらい列伝 デン助劇団 他

● 1475 「いっぺえやっか」 田山力哉 ¥1500

国際情報社 1984初B B6 229P 980
伴淳、その芸と女と涙

● 1666 「トニー谷、ざんす」 村松友視 ¥800

毎日新聞社 1997初B B6 245P 1751
村松さんはトニー谷の味方です。嫌われて、愛されて、忘れられたトニーのアンコール! 僕たちの戦後史です。 永六輔 帯より

● 1476 「浅草紳士録」 野一色幹夫 ¥2400

朋文社 昭和31年初B B6 393P 280
目次 田谷力三・水の江滝子 トニー谷とお祭りの辰 エノケン酔虎伝 ストリップの神様 美好五郎物語 他

● 1978 「浅草のみだおれ」 吉村平吉 ¥1000

三一書房 1997初B B6 237P 1800

● 1806 SOLD 「ぼくの人生、百面相 波多野栄一芸界私史」 小島貞二 

学芸書林 1991初B B6 244P 1800
甦る浅草芸人の世界 芸界人生七十余年、ただひとりの「百面相」芸人波多野栄一の聞き書き評伝。帯より

● 1715 SOLD 「由利徹の過激にオモシロ本」 由利徹

ブックマン社 1984重B B6 202P 780
目次 いろんな女がいたなあ 落ちこぼれ兵士の性戦記 見よ!この助平根性を 愉快な仲間たち
師匠顔負けの弟子にも弱ったもんだ ああ懐かしや、俺の役者人生 赤塚不二夫との対談

● 1687 「東京漫才列伝」 内海桂子 監修 富澤慶秀 著 ¥800

東京新聞出版局 2002初B B6 249P 1500
人生、山あり谷あり。泣いて笑って、やっぱり漫才がやりたい!漫才協団発足70年。ただいま参上!
おもろい芸人たちの噛めば噛むほど味の出る話。帯より 小口2ミリマジック 

● 4039 「東京で儲けた私」 青木湯之助 ¥1800  

学風書院 昭和32年初B B6 223P 220 しみ点あり 著者サイン
喜劇役者、タップダンサーからレストラン王にのし上がった異色成功談 

● 1565 「転んだら起きればいいさ」 内海桂子 ¥600

主婦の友社 1989初B B6 270P 1260
目次 これがわが舞台の始まり 突っ張り奉公時代 女芸人いばら道 花あり吹雪ありのわが青春
浅草のお桂ちゃんが行く 三味線漫才、開花の陰に涙あり 桂子のねじ巻き人生 小さな蔵印あり

kandasanyou● 2699 SOLD 「桂馬の高跳び 坊ちゃん講釈師一代記」 神田山陽(先代) 

光文社 1986初B B6 266P 1100
小口少汚れ 

● SOLD 2700 「東京まんざいうらばな史」 遠藤佳三

青蛙房 2002重B B6 270P 2600
あの昭和四十年前後の爆発的なお笑いブームのなか、東京の漫才は本当に元気だった 帯より ゾッキ印あり

● 3009 SOLD 「漫才漫談一週間上達法」 獅子てんや・瀬戸わんや 

新風出版社 1969年初B B6 254P 350
目次 漫才入門教室 歌謡漫才教室 漫才と司会教室 他 カバー少傷み

● 2996 SOLD 「堺すすむの爆笑!な〜んでか799連発」 堺すすむ 

メディアクラフト牡牛座 2004初B B6 301P 1500
著者サイン入り

● 2721 SOLD 「誰でも出来る奇抜な隠し芸」 桜川蝶太夫

元文化堂 大正12年重B 文庫サイズ 216P
滑稽手品 滑稽義太夫 身振茶番 調伏落語 茶番にわか 座敷手工品など 経年による傷みあり 

● 3120 「小南陵のおもしろ芸人列伝」 旭堂小南陵 ¥1000

羊書房 1989初B B6 211P 1000
目次 おもしろ講談・落語家勢ぞろい おもしろ漫才師花ざかり ほか

koudan● 2722 「明治期大阪の演芸速記本基礎研究」 旭堂小南陵 ¥3800

たる出版 1994初B A5 479P 5000
目次 駸々堂と速記雑誌 速記本出版の諸研究 速記本の書誌調査 東京における演芸速記本資料 他 著者サイン入り


● 1404 「ふりむけば、ひとの愛。」 玉川良一 ¥600

日本文芸社 1990初B B6 199P 1000
目次 心臓病と闘いながら 素敵な芸能界の仲間たち 祝コメディアン人生40年 
大スターとの楽屋おもしろ話

● 1937 「泣いて笑って突っぱて」 玉川スミ ¥700

北泉社 1986重B B6 217P 1200  

● 3121 「ちょっと泣かせて下さい」 玉川スミ ¥1600

東映企画プロモーション 1983初B B6 251P 980
目次 三歳で売られた私 六代目菊五郎に認められる 浪曲師から再び漫才へ カバー少汚

● 1468 「笑ほど素敵な商売はない」 萩本欽一 ¥800  

福武書店 1993初B B6 293P 1400
目次 そーっと、コメディアン入門 そーっと、コントつくり入門 そーっと、コント風に世の中を見ると
そーっと、テレビを振り返ってみる

● 2176 「笑わせ者たちの伝説」 ポール・牧 ¥700

現代書林 1987初B B6 234P 1100

 

古本ふうらいまつトップページへ   このページの最初に戻る

喜劇、漫才、諸芸関係の古本その2へ