古本ふうらいまつ 落語 その1

落語関係の古本その1

● 2989 落語事典 東大落語会編 ¥2800

青蛙房 昭和44年初B B6 470P  落語の演目750篇のあらすじと解説

● 4038 「落語手帳」 矢野誠一 ¥600 

駸々堂 1988初B B6 292P 980 落語274演目のあらすじ

● 1699 SOLD 「まんが 古典落語三十六話」 前谷惟光 

木耳社 1988初B B6 223P 980

● 2186 SOLD 「別冊落語界 愛蔵版落語家総覧」  深川書房

 1980初B B5 226P 2800 1980年版 当時の落語家事情がわかって面白い  近代落語史をつくった落語家100人 落語家・その時代と系譜 現代落語界展望 当代真打名鑑  東西真打高座写真集 シミあり

● 3057 「口演速記明治大正落語集成第1巻」 暉峻康隆 他 ¥2500

講談社 1980初B B5 517P 2500 落語58席 月報 付録付

● 3058 「口演速記明治大正落語集成第2巻」 興津要 他 ¥2500

講談社 1980初B B5 542P 2500 落語55席 月報付

● 3059 「口演速記明治大正落語集成第3巻」 暉峻康隆 他 ¥2500

講談社 1980初B B5 513P 2500 落語54席 月報付

● 2126 SOLD 「落語の研究」 渡辺均 

駸々堂 昭和18年初B B6 295P 一円八十銭 目次 落語史要 落語のオチの種類 大阪落語の特長 童戯人瀧亭鯉丈 他 

● 3099 「落語の鑑賞」 渡辺均 ¥3000

大阪新興出版 昭和24年初B B6 200P 130円 目次 落語史要 オチの種類 明治時代の大阪落語 ほか

● 3115 「落語よもやま噺」 興津要 ¥900

光風社書店 1977初B B6 238P 750 目次 芸界酒客列伝 近代東京の新作落語 夏目漱石と落語 ほか

● 3475 SOLD 「騒人社版名作落語全集 第5巻 芝居音曲篇」 

騒人社 昭和5年初B 文庫版サイズ 419P カバ−なし 経年によるつかれ 小烏丸 寝床 昆布巻芝居 鍋草履 梅の春 なめる 蛸芝居 鎌倉山 小夜ごろも 淀五郎 九段目 猫の忠信 芝居風呂 他

● 3476 SOLD 「騒人社版名作落語全集 第9巻 変人奇人篇」 

騒人社 昭和5年初B 文庫版サイズ 426P カバ− 経年によるつかれ 小言幸兵衛 猿後家 ひねりや 二丁蝋燭 笠碁 狂歌羅宇屋 鍬形 徳利妻 三百餅 胴乱幸助 猫久 今戸の狐 他

● 3477 SOLD 「騒人社版名作落語全集 第12巻 花柳廓話篇」 

騒人社 昭和5年初B 文庫版サイズ 415P カバ−なし 経年によるつかれ 山崎屋 明烏 成田小僧 電話室 木乃伊取り 喜撰 居残り佐平治 隠れ遊び 三枚起請 辰巳の辻占 五人廻し他

● 94165 文庫 SOLD 「こわさ知らず」 春風亭小朝 

中公文庫 1984初B  小朝二十代のころのエッセイ、タイトルどおりの 少し生意気なところがいい

● 94175 SOLD 言葉の嵐 春風亭小朝

  筑摩書房 2000初B B6 221P 1429

● 1595 「小朝の書いた本」 春風亭小朝 ¥1200

潮文社 1981初B B6 222P 880 小朝の著作第一作 少ヤケ 少シミあり

● 1665 SOLD 「あなたがさよならを言われた33の理由」 春風亭小朝 

世界文化社 1992B B6 169P 1000

● 1227 SOLD 「陸軍落語兵」 春風亭柳昇

  立風書房 1971重B B6 320P 420 与太郎戦記の続編

● 2600 「与太郎戦記」 春風亭柳昇 ¥700

立風書房 1993重B B6 267P 1300

● 1267 「風もないのに世の中まわる」 春風亭柳昇 秋竜山 ¥600

明窓出版 1994初B B6 223P 柳昇のユーモア短歌と秋竜山の漫画

● 94150 SOLD 僕がモスラを好きなわけ 春風亭昇太  立風書房


1992初B B6変形 229P 1100 少年時代から入門まで 脱力面白エッセイ

● 1057 SOLD 文庫 『楽に生きるのも、楽じゃない』 春風亭昇太

  新潮OH文庫 2001初B 281P 562

● 94151 人に好かれる話し方 春風亭柳昇 ¥800

中央書院 1989初B B6 230P 1300 ● 1536 SOLD 「もう一度聴きたい寄席囃子」 山田光恵  二見書房 1992初B B6 281P 1500 「さあ、栄橋師匠、出番ですよ」その声が聴きたくて、難病パーキンソン病の夫、 春風亭栄橋とともに歩んだ泣き笑い人生。 帯より

o

● 2121 SOLD 「柳橋の名作落語」 春風亭柳橋 

新風出版社 1974初B B6 256P 550 『心眼』 『春の夜話』 『鰍沢』 『細巻の洋がさ』 『伊勢詣』 など23編 少シミ

● 2630 「蜀山人狂歌ばなし」  春風亭栄枝 ¥1000

三一書房 1997初B B6 210P 1800

● 1719 「かくし芸のすすめ」 昔々亭桃太郎(先代) ¥2500

昭和43年初B B6 236P 460  著者は柳家金語楼の弟 落とし話 奇術 座興 都都逸 替え歌など 少シミ

● 2606 SOLD 「裸か落語パーティー」 昔々亭桃太郎(先代)

  昭和45年初B B6 252P 380 著者 桃太郎の新作落語集 40編以上採録 小口ヤケ

● 1312 「ぼくの人生落語だよ」 林家木久蔵 ¥500

ポプラ社 2004初B B6 226P 650 木久蔵の半生記 1982年に出版された同名の書の新装版

● 2167 「木久蔵のゲンキ創造塾」 林家木久蔵 ¥600

佼成出版社 1988初B B6 223P 800 少ヤケ

● 1466 「噺家の手帖」 林家彦六 ¥1900

一声社 1982重B B6 397P 2000 目次 芸人の意地 落語家と紋付 円生師匠への公開状 三代目柳家小さん 鹿芝居 噺家の名前 他

● 1734 SOLD 「正蔵世相談義」 林家正蔵(先代) 

一声社 1982重B B6 228P 1500 昭和落語界の巨匠の随談の醍醐味を味わう一冊 帯より 岡本文弥の対談

● 1882 SOLD 「芸の話」 林家正蔵(先代)

  新日本出版社 1980初B B6 204P 1000 目次 噺家のはなし 怪談ばなし 噺のはなし 噺家の手帖 など

● 2602 「落語寄席風俗誌」 林家正蔵(先代) ¥2500

展望社 1975初B B6 316P 180 目次 江戸落語初世ばなし抄 寄席消長史抄 歴代林家正蔵 一朝老人 寄席芸人のつれづれ話・落ちの分類 他

● 1125 「正雀芝居ばなし」 林家正雀 ¥1400

立風書房 1993初B B6 243P 2300 第一章 芝居噺ご案内 二章 いちばん末の弟子 三章 芝居噺を継ぐ 四章落し噺と歌舞伎 五章 噺家芝居 六章 清貧の師匠

● 2771 「師匠の懐中時計」 林家正雀 ¥1400

うなぎ書房 2000初B A5 254P 2200 目次 稲荷町の師匠 師匠の懐中時計 師匠の落語名題 脚本双蝶々雪の子別れ 他

● 94152 正蔵師匠と私 林家正楽 ¥950

一声社 1989重B B6 205P 1500 小口少きず 紙切りで知られる 正楽(先代)の随筆

● 94153 SOLD 俺の三平 林家源平 

海越出版社 1989初B B6 247P 980 少汚れ 源平師の人柄がにじみ出たほのぼのとした文章

● 94154 笑伝 林家三平 神津友好 ¥700

文藝春秋 1985初B B6 250P 1200 演芸作家の著者が描く三平の評伝

● 2912 SOLD 「人生は開けごま」 林家こん平 

ゆまにて書房 1985初B B6 212P 980 噺家修業の苦楽を縦横無尽に綴った林家こん平処女作! 帯より

● 1720 SOLD 「感性のスルメ」 林家こぶ平

  リクールト出版 1990初B B6 213P 1100 JAZZ・江戸っ子・カレーうどん これがお江戸のダンディズム。強力エッセイと200本のミニ・コラム 帯より 寺島靖国との対談 少ヤケ

● 2627 SOLD 「真心あかね雲」 林家とんでん平

  ワニブックス 1988初B 新書版 238P 780 リヤカー引いて日本中辻落語の記

● 2210 「落語案内」 桂小南 ¥800

  立風書房 1989重B B6 237P 1100 目次 寄席ばなし 私の落語修業 芸談よもやま 忘れえぬ芸人

● 94158 父、円生 山崎佳男 ¥1200

  講談社 1985初B B6 204P 1200 ”名人の知られざる素顔 口絵に貴重写真・未発表写真を収録” 帯より 著者は円生の次男

● 1008 「えびたふ六代目円生」 山本進 ¥1400

平凡社 1990初A B6 253P 1860 "今は亡き名人の芸と昭和戦後の落語を偲んで ”帯より

● 94155 隠居の重し はるかなる円生への旅 三遊亭鳳楽 ¥1300 

かや書房 1998初B B6 246P 2000  若旦那の語る円生 の話 隠居のすすめ

● 2871 「新版 寄席育ち」 三遊亭円生 ¥2200

青蛙房 1999初B A5 363P 3200 1900年(明治33)生まれ、五つの年から寄席にでて話芸ひとすじに生き抜いてきた 根っからの寄席芸人 六代目・三遊亭円生の語る素噺一代記 帯より

● 94160 文庫 浮世に言い忘れた事 三遊亭円生 ¥900

旺文社文庫 1985初B 265P ¥380 カバー少傷 

● 94161 文庫 「書きかけの自伝 三遊亭円生 ¥1000 

旺文社文庫 1985初B 290P ¥420

● 5329 文庫 「噺のまくら」 三遊亭円生 ¥800

朝日文庫 1987初B 円生落語のまくらの集成

● 94163 文庫 双蝶々 雪の瀬川 真景累ヶ淵 上中下 3冊セット¥2500

三遊亭円生  中公文庫

● 5232 文庫 「真景累ヶ淵」 三遊亭円朝 ¥800

岩波文庫 リクエスト復刊 1997重A 

● 5249 文庫 「塩原多助一代記」 三遊亭円朝 ¥800

岩波文庫 リクエスト復刊 2001重A

● 1226 「円楽、親父を叱る」 三遊亭円楽 ¥500

芳文社 1981初B B6 222P 900 少シミ

● 2992 「怪談牡丹燈篭」 鈴木行三編 ¥2000

盛文館 昭和8年初B B6 706P 一円 円朝作の落語 「牡丹燈篭」「敵討札所の霊験」「松と藤芸妓の替紋」 「怪談牡丹燈篭覚書」 「華族の医者」「紙屑のよりこ」「世辞屋」他 函なし?

● 2907 「天下御免の極落語」 川柳川柳 ¥1300

彩流社 2004初B B6 251P 1800 家元・談志が畏れ、名人・円生が呆れた<破滅型芸人>から、輝く<老年の星>へ。 こんなにスケベでゴメンナサイ!門外不出の自作エロ噺も、思い切って収録 帯より 著者 サイン入り

● 2972 「雁道」 三遊亭円丈 ¥800

海越出版社 1992重B B6 217P 1010 目次 名古屋の真実 名古屋メン類論争 名古屋の喫茶店 他

● 2973 「ファイナル雁道」 三遊亭円丈 ¥600

海越出版社 1992初B B6 246P 990 目次 これが名古屋人体質 東海三県・愛と憎しみ 名古屋論理学 他

● 94164 SOLD ハマッた!円丈のドラゴンスレイヤー 三遊亭円丈 

小学館

● 1255 SOLD 「円丈18ラウンド・デスマッチ」 三遊亭円丈

  立風書房 1981初B 新書版 230P 680 円丈新作落語集18本 名作 「グリコ少年」や「悲しみは埼玉に向けて」をはじめ 協会分裂騒動を揶揄した「パニック・イン・落語界」など

● 1316 SOLD 「THE 狛犬!コレクション」 三遊亭円丈

立風書房 1995初B B6 255P 1480 著者円丈自身が全国二千社をめぐり収集 分類 研究した狛犬の本 お見事 

● 1700 SOLD 「噺の咄の話のはなし」 春風亭一柳 

晩聲社 1980重B B6 239P 980 カバー少やけ

● 1301 SOLD 「円龍の下町人情味処」 三遊亭円龍 

山と渓谷社 1987初B 新書版 275P ¥830 円龍の食べ歩きエッセイ ヤケ ● 2125 SOLD 「デキるブスよりバカでも美人!」 三遊亭円弥  はまの出版 1990初B B6 228P 880 

● 2193 「円窓ひとりごと」 三遊亭円窓 ¥800

棋苑図書 1988初B B6 194P 800 著者サイン入り

● 2716 SOLD 「三笑亭笑三のRAKUGO人生」 三笑亭笑三 

北泉社 1988初B A5 222P 1400 目次 落語家いま・むかし らくご・アラカルト 雑感 わが落語人生 他 小口少シミ

ok

● 2717 「円窓ー楽屋裏」 三遊亭円窓 ¥1000

PHP 1980初B B6 227P 980 賑やかな落語界の楽屋でくりひろげられる、噺家とその卵たちのちょっといい話決定版 帯より

● 2993 「三遊亭窓里の自画自賛」 三遊亭窓里 ¥500

新盛堂天地社 1996初B B6 211P 1300 蔵印有り

● 1162 「はなしか稼業」 三遊亭円之助 ¥1000

平凡社 1993重B B6 269P 1900 著者(三代目)は舞台やテレビでも活躍。四代目円之助は息子。

● 1632 SOLD 「全日本ダジャレ芸術協会」 三遊亭小遊三 

徳間書店 1993初B B6 274P 1200 週刊アサヒ芸能に連載されたもの

● 2112 「金馬のお惣菜噺」 三遊亭金馬 ¥1000

文化出版局 1986初B B6 203P 1200 当代金馬の伝記と料理のエッセイ 目次 鴨ひと切れの二ツ目披露 焼け跡以降の芸人の世界 わが料理王国の内幕(作り方つき) おいしさスケッチ 食いしん坊の雑記帳

● 2734 SOLD 「落語新幹線」 三遊亭円歌

  桃源社 1975初B B6 227P 620 新作・古典落語集 月給日 肥満小型 授業中 我孫子宿 西行 紺田屋 他 ゾッキ印あり

● 1013 「聞書き橘家円蔵」 山口正二 ¥2800

青蛙房 1981初B B6 243P 1800 当代円蔵や林家三平の師匠である七代目円蔵の自伝

● 2774 「てんてん人生」 橘家円蔵(先代) ¥2000

木耳社 昭和42年初B B6 197P 480 落語家橘家円蔵の数奇な自伝 ガラス職人、ユダヤ人の手下、客船のボーイ、幇間、妓夫太郎と職を転々泣き笑いの果てに 帯より 著者は 林家三平・当代橘家円蔵の師匠

● 2934 「今輔・おばあさん衆」 古今亭今輔 ¥2000

東峰出版 昭和38年B B6 258P 480 落語生活五十年になる今輔師匠が、深い愛情をこめて演ずる 「お婆さん」たちが、ここの集まっている。 帯より カバー背痛み しみ

● 1012 「噺家のかたち」 桂文治 太田博編 ¥1100

うなぎ書房 2002重B B6 254P 2000

● 2122 SOLD 「抱腹絶倒小さんの昔ばなし」

  冬青社 1988初B B6 348P 1500 徴兵、二・ニ六、満州派遣、仏印派遣、敗戦、捕虜と、歴史の波に翻弄されながらも飄々と生き抜いた著者の昔がたり。中略 帯より

● 2621 「柳家小さん 芸談・食談・粋談」 興津要 編 ¥700

大和書房 1975初C B6 198P 790 小さん、興津要の対談 カバーヤケ 見返しウラに小書き込み

● 2935 「咄も剣も自然体」 柳家小さん ¥1000

東京新聞出版局 1994初B B6 214P 1650 2.26事件で反乱軍に組み込まれた話は貴重な証言。 かみさんとの出会い、著名落語家の裏話など満載! 帯より

● 1201 「僕が、落語を変える。」 柳家花緑 小林照幸 ¥750

新潮社 2001初A B6 185P 1300 師匠 小さんから、尊敬する先輩たち、そして新しい落語への挑戦まで すべてを語る。 カバーより

● 1960 「東西落語がたり」 柳家花緑 ¥700

旬報社 2003初B B6 181P 1400 談志 円楽 小遊三 小朝 米朝と花緑の対談

● 2792 「小さんの娘ハッピー出もどり」 小林喜美子 ¥700

ぴあ 2005初B B6 170P 1400 長男・バレエダンサー小林十一 次男・落語家 柳家花緑ふたりの兄弟の才能 を育てたのはこの母だった! 帯より

● 2624 [落語家論」 柳家小三治 ¥1500

新しい芸能研究室 2001初B B6 296P 1900 これでも気兼ねをしながら書いたのかよ、とおっしゃるかもしれませんが、そうなんです。これでも気兼ねしながら書いたのです。 帯より

● 2192 「会長への道」 鈴々舎馬風 ¥800

小学館 1996初B B6 220P 1575

● 1992 「わが師、桂文楽」 柳家小満ん ¥1500

平凡社 1996初B B6 237P 1854

● 4037 SOLD 雑誌「SWITCH 1994年 第11巻6号 特集古今亭志ん朝」 

扶桑社 1994年1月発行 表紙少傷み 

● 2978 愛蔵版 志ん生文庫 6巻セット ¥3400

立風志ん生廓ばなし」「志ん生長屋ばなし」「志ん生艶ばなし」「志ん生滑稽ばなし」 文庫 1993初B 文庫サイズ 各巻980 「「志ん生人情ばなし」「びんぼう自慢」の6冊セット

● 2132 「びんぼう自慢」 古今亭志ん生 ¥600

立風書房 1987重B B6 264P 980 悪童時代から三道楽免許皆伝。落語長屋のびんぼう自慢。昭和の名人、最も噺家らしい噺家、志ん生の型破り落語人生。帯より

● 94166 文庫 なめくじ艦隊 古今亭志ん生 ¥350 

ちくま文庫 1992重B 

● 5228 文庫 「志ん生一代」 上下2冊 結城昌治 ¥900

中公文庫 1995初B

● 2108 「志ん朝のあまから暦」 古今亭志ん朝 斉藤明 ¥1100

淡交社 1991初B B6 245P 1800 ご存じ古今亭志ん朝の軽妙洒脱な語り口で綴るコヨミあれこれウンチクばなし。 帯より

● 2604 「世の中ついでに生きていたい」 古今亭志ん朝 ¥900

河出書房新社 2005重B B6 224P 1800 志ん朝の座談集 落語の話、芸談、そして、父志ん生の思い出などなど。 帯より

● 2605 「花は志ん朝」 大友浩 ¥900

ぴあ 2003重B B6 237P 1600 名人・古今亭志ん朝の芸と人柄、その足跡を辿る 帯より 

● 2400 「志ん朝の高座」 京須偕充 横井洋司 ¥1800

筑摩書房 2005初B A5 252P 2800 古今亭志ん朝写真集。30年間撮り続けた5000枚以上の中から精選した240枚。 「首提灯」「試し酒」の速記も連続写真とともに収録。 帯より

● 1809 SOLD 「笑うが勝ち」 古今亭円菊

  展転社 1984初B B6 254P 980 目次 しくじりの日々 貧乏と女 五代目志ん生の思い出 背中で覚えた円菊節 円菊の手は口ほどに物を言い

● 3478 「なんで挨拶しなきゃいけないんですかぁ〜」 金原亭世之介 ¥600 

三五館 2006年初B B6 173P 1000

● 1383 「聞書き 古今亭今輔」新装改訂版 山口正一 ¥1500

青蛙房 2003年初B B6 267P 2600 ゾッキ印あり 

● 3072 「落語ワンダーランド 志ん生!」 読売新聞社編 ¥1000

読売新聞社 1993初B B6 238P 1300 目次 師・志ん生を語る 志ん生年譜 志ん生噺一覧 ほか

● 3074 「雷門助六 落語全集」 雷門助六 ¥3000

大衆社 昭和20年初C B6 125P 4円 演目 御目出度づくし 大掃除屋 浪曲息子 代書屋( 一般に知られている噺とは 別物) ほか カバー破れあり

● 3075 SOLD 「落語と小噺 蛙茶番」 雷門助六

  南旺社 昭和34年初B 157P 180 演目 出世豆腐 頼まれ屋 抜け雀 三井の大黒 ほか

● 94170 SOLD 金語楼落語名作劇場 上巻 柳家金語楼

  新風出版社 1968初B B6 284P 400 金語楼新作落語39篇 収録

● 1256 「浮かれ三亀松」 吉川潮 ¥800

新潮社 2000初B B6 370P 1800 逸話の多いことで知られる音曲師 柳家三亀松(初代)の評伝

● 1313 SOLD 「三亀松さのさ話」 長谷川幸延

日芸出版 1971初B B6 343P 780 三亀松さのさ話の他 春団治 花月亭九里丸 笑福亭松鶴など著者の寄席交遊録 カバー少傷み

● 1268 SOLD 「わたしは栄ちゃんと呼ばれたい」 柳家つばめ

  立風書房 1971初B B6 292P 420 つばめ新作落語集 「吉田茂を偲ぶ」 「佐藤栄作の正体」 「大山升田宿命の対決」 「ゲバラ日記」 「川端文学の秘密」 「妖剣三島由紀夫」など カバーイラスト 山藤章二

● 2177 SOLD 「宴席ゲーム百科」 柳家つば女(六代目) 

成美堂出版 1991初B B6 158P 720 

● 94171 SOLD 扇橋歳時記 入船亭扇橋 

新しい芸能研究室 1990初B B6 334P 2000 俳人としても知られる

● 94177 馬楽が生きる 蝶花楼馬楽 ¥2200

創樹社 1986初B B6 238P 1600 五代目蝶花楼馬楽の聞き書き 昭和落語史

● 1445 「助六ばやし」 雷門助六(先代) ¥1500

せいじ社 1987初B B6 253P 1500 小口しみ

● 3750 「娘の縁談」 柳家金語楼 ¥2800

六合書院 昭和17年初C B6 316P  目次 俺は水兵 スパイ御用心 理髪報国 新文七元結 取的半代記 女学生は笑ふ 他 傷み強し 濡れしみあり

● 2720 SOLD 「名古屋式」 雷門獅籠 

マガジンハウス 2005初B B6 124P 905 副題 落語家が見た名古屋の引力 著者は名古屋に3人いる落語家の一人 元 立川志加吾

● 3007 再入荷 「夢楽の風流夜話」 三笑亭夢楽 ¥800 

英潮社 1980重B B6 278P 800 序 田中小実昌 シミ ● 2802 SOLD「三週間落語入門講座 三笑亭夢楽」  新風出版社 昭和43年初B B6 254P 370 これさえマスターすればあなたも短期間で落語家のホープになれます 目次抜粋 子供の演じ方 江戸っ子の演じ方 人物の区別 女の演じ方 経年ヤケ強し

● 3096 「えんぜる 夢丸新江戸噺」 三笑亭夢丸 大友浩編 ¥1300

水曜社 2006初B B6 238P 1800 小桜 こころもち 昼神様 椿の喧嘩 ほか10本の江戸新作落語

● 3097 「落語家の居場所」 矢野誠一 ¥800

日本経済新聞社 1997重B B6 222P 1500 副題 わが愛する芸人たち 

● 3098 SOLD 「小沢昭一的新宿末広亭十夜」 小沢昭一 

講談社 2006重B B6 182P 1200 これぞ話芸! 寄席を満員札止めにした「奇跡の10日間」 帯より

● 2906 「極上 歌丸ばなし」 桂歌丸 山本進 編 ¥1300

うなぎ書房 2006初B B6 252P 2000 埋もれた古典の復活に賭ける円熟、桂歌丸 初の自伝、芸の暦!帯より

● 3693 「快楽亭ブラックのニッポン」 佐々木みよ子 森岡ハインツ ¥600

PHP 1986初B 新書版 216P 590

● 1925 「決定版 快楽亭ブラック伝」 小島貞二 ¥1300

恒文社 1997初B B6 285P 2000 文明開化の日本にやって来て、達者な日本語で人気を博した碧眼の落語家、その名を「快楽亭ブラックと申しやす」 帯より

● 94156 こんな落語家がいた 小島貞二 ¥1200

  うなぎ書房 2003重A B6 254P 2000 漫画家 力士 演芸作家など多彩な経歴の著者による、戦中、戦後のエンターテイメント史

● 1447 「異端のアルチザンたち」 興津要 ¥1400

読売新聞社 1972初B B6 257P 600 三人の戯作者と二人の芸人の評伝 すててこの円遊 盲人の小せん

● 2914 「江戸娯楽誌」 興津要 ¥1200

作品社 1983初B B6 258P 980 軽業、籠抜け、綱渡り、のぞきからくり、万歳、猿回し。摘み草、花見に紅葉狩、蛇つかい 鍋食い男に屁ひり男まで。 略 帯より

● 3427 SOLD 「芸談」 東京新聞社文化部編 

東和社 昭和27年初B B6 368P 350
中村吉衛門、実川延若、古今亭志ん生、桂文楽、田村秋子、市川照蔵、徳川夢声、長谷川一夫

● 1506 「快人噺家十五面相」 境田昭造 ¥1000

新潮社 1984初B B6 231P 950 志ん生 談志 円楽 円蔵 志ん朝 円歌 こん平 小さん 小三治 木久蔵 夢楽 彦六 馬生 円丈 文楽

● 1126 SOLD 「酔人・田辺茂一伝」 立川談志

  講談社 1994重B B6 262P 1500

● 1951 SOLD 「現代落語家論」 立川談志

  三一書房 1990重B 新書版 280P 750 落語の観方聞き方 真打になるということ 昔の噺家・今の寄席 観客・芸・人気ないしは笑について 私の落語論

● 94172 眠れなくなるお伽噺 立川談志 ¥600

DHC 1997重B 221P 1200 談志流お伽噺

● 2625 「談志の迷宮志ん朝の闇」 立川末広 ¥950

夏目書房 2004初B B6 233P 1800 永遠のライバル談志と志ん朝を主軸に文楽・円生・三木助を始めとする昭和の名人たちの芸が甦る 帯より

● 5382 SOLD 文庫「新釈落語咄」 立川談志 

中公文庫 1999初

● 2111 新書「食い物を粗末にするな」 立川談志 ¥600

講談社α新書 2000初B 235P

● 1973 「大笑点 vol1 北か朝鮮待ってたホイ」 立川談志 ¥500

竹書房 2002初B B6 305P 952

● 1767 「ナムアミダブツ」 立川談志 ¥500

光文社 1998初B 新書版 292P 933 副題 俺も間違ってると思うけどいまの世の中もっと間違ってるゼ!

● 94157 しのすけものさし 立川志の輔 ¥700

  毎日新聞社 1998初B B6 289P 1600 毎日新聞に連載されたエッセイの単行本

● 1015 SOLD 志の輔の肩幅 立川志の輔

毎日新聞社 2002初A B6 265P 1667 同上第2弾

● 1200 「笑われる理由」 立川志の輔 ¥600

祥伝社 1991初A 新書 230P 750 副題 おしゃべりストが見た芸能界

● 5230 文庫「禁断のブラック・ギャグ」 立川平成 立川談之助 ¥600

ワニ文庫 1992初B 

● 1211 「どうせ曲がった人生さ」 立川談四楼 ¥800

毎日新聞社 1994初B B6 260P 1400 東京タイムズ、週刊宝石に連載されたエッセイをまとめたもの

● 2211 「ファイティング寿限無」 立川談四楼 ¥700

新潮社 1998初B B6 317P 1500

● 2635 SOLD 「大書評芸」 立川談四楼 

ポプラ社 2005初B B6 412P 1800 最強の書評家がここにいる! 帯より 書評126本

● 1212 SOLD DVDブック 「落語は最高のエンターテイメント」 立川志らく

  講談社 2004初 A5 247P 2500 道灌 堀の内 かぼちゃ屋 宮戸川 文七元結 もちろんDVDついています

● 2166 SOLD 「らくご小僧」 立川志らく 

新潮社 2004初B B6 219P 1400 勉強も恋も、からきし苦手な少年S。爆笑しつつもホロリ懐かしい、純情自伝。 帯より

● 2218 SOLD 「立川志らくの現代映画聖書」 立川志らく 

講談社 2005初B B6 349P 1900 すべての映画ファンに捧ぐ究極の映画ガイド 帯より

● 2234 SOLD 「立川志らくのシネマ徒然草 八十一話」 立川志らく 

キネマ旬報社 2000初B B6 223P 1400 キネマ旬報読者賞を2回受賞した異色の傑作映画論集 帯より 

● 2631 「おもしろ福引きアイデア集」 立川談プ ¥350

有紀書房 1989初B B6 222P 580

● 2763 「日本映画に愛の鞭とロウソクを」 快楽亭ブラック ¥1000

イーハトーヴ出版 1999初B B6 253P 1500 年に三百六十五本以上の映画鑑賞通じて、師匠が映画とその周辺に寄せた想いを綴る、可笑しくもやがて哀しき真説映画論。帯より

● 1382 「新作落語傑作選集 上 下」 2冊セット ¥3800

芳賀書店 昭和42年初B B6 310P前後 各480 新作落語約60本 今輔 痴楽 馬生 つばめ 円右 柳昇 歌奴 染丸 金語楼 金三 他

● 1685 SOLD 「吾輩は猫ではない」 江戸家猫八 

ポプラ社 1983初B B6 222P 900 著者サイン

● 1686 「兵隊ぐらしとピカドン」 江戸家猫八 ¥1000

ポプラ社 1983初B B6 222P 900 著者サイン

● 3480 「俗曲師うめ吉のニッポンしましょ!」 桧山うめ吉 ¥700 

毎日新聞社 2006初B B6 182P 1400

● 3479 「使ってみたい落語のことば」 長井好弘 ¥500

アスペクト 2004年初B B6 140P 950

● 3726 「落語俗物園」 榎本滋民 ¥600 

三樹書房 1976初B B6 252P 980
収録演目 宿屋の仇討ち、真田小僧、粗忽長屋、牛ほめ、明け烏、お化け長屋、千両みかん 他

古本ふうらいまつトップページへ   このページの最初に戻る

 落語関係の古本その2へ