いあい整形外科

HOME
椎間板ヘルニア 痛み止め以外の 疼痛を遮断する飲み薬や 注射などがあります。
生活指導だけでも かなり痛みを減らすことができます。
誤った体操は厳禁です
膝靱帯損傷
膝の捻挫
剥離骨折を伴うものは一定時間内に手術を要する場合があり、早急にレントゲンが必要です。
骨粗鬆症 お薬の飲み合わせによっては逆効果になることがあり専門的知識が必要です。
変形性膝関節症 四頭筋訓練をはじめから行うと痛みが強くなることがあります。
ヒアルロン酸の関節注射が一般的ですが 炎症が強い時に注射すると2日位痛みが強くなることがあります。
四十肩 五十肩 アイロン体操などの運動を行うと 痛みが強くなる事があり 注意が必要です。
分離症 18歳くらいまでで 早期に発見できると コルセットなどの治療で癒合させることが高率に期待できます。1回のレントゲンだけではわからない事も多いので子供の腰痛は放っておかないようにしましょう。
アクセス

注意点

診療時間案内
医療機器
リハビリ施設