クリッピングパス

DTPに欠かせない「切り抜き」。では、どのように切り抜いていくのか?その一つにフォトショップ側で設定する「クリッピングパス」がある。

例えば、上図のようなイラスト、写真の中から、白地を除いた部分だけをイラストレーター上に貼り付けたい、そんな場面を想定して、作業を進めてみましょう。

まず、どんなやり方でも良いので、切り抜きたい部分の選択範囲を作ります。
もしくは、ペンツールで直接パスを書いてもイイです。

選択範囲が決まったら、「パス」のパレットから、「作業用パスを作成」します。ペンツールで直接パスを描いた場合は、この作業が省略されます。

すると、上のようなダイアログが出てきますので、細かく切り抜きたいときは小さな数値(最低で0.5です)なめらかに切り抜きたいときは数値を大きくします。

画面上には、今まで選択範囲(点線)だったところにパスの線が見えてきます。
この時点で、白い矢印ツールで修整したり、ペンツールでポイントを増やしたり出来ます。

パスのパレットには、上の図のように、「作業用パス」と名前の付いたモノができます。
直接ペンでパスを書いた場合は、すでにここに「作業用パス」があります。

パスパレットにできた「作業用パス」をワンクリック(選択)した状態で
「パスを保存」します。

適当な名前を付けて保存します。

次に、同じくパスのパレットから「クリッピングパス」を選びます。

上の図のようなダイアログが出るので、今作った「パス」を選びます。

さあ、そこまでできたら、画像の保存です。ファイル形式は「Photoshop EPS」です。
画像はRGBでなくCMYKになってますか?
「Photoshop EPS」が選べない場合、レイヤーが統合されていなかったり、チャンネルがCMYK以外にもあったりすることが考えられます。

「Photoshop EPS」で保存すると、上の図のようなオプションダイアログが出てきます。
通常の場合は、上図の通りに設定して下さい。

代わって、こちらイラストレーターの画面です。「配置」で、今作った画像を、読み込みます。

この通り、周りの地色は見えずに、のぼ太とドリえもんだけが見えています。
※イラストレーターの背景は白です。

ちゃんと切り抜かれている証拠に、バックにグラデーションを入れても、ご覧の通りです。いかがでしょうか?


※画像の形式は「Photoshop EPS」でないと、思った結果は得られません。

※「Photoshop EPS」で保存した場合、PS(ポストスクリプト)プリンターで印刷しないと、画像はキレイに出力されません。

※家庭用のインクジェットプリンター等で出力する場合、「Photoshop」形式で保存し、イラストレーターバージョン7以降で配置すれば、キレイに出力できますが、切り抜きがうまく出力されなかったり、画像の一部が繰り返し印刷される等、トラブルが起こることがあります。