chapter-110 人も歩けば電柱に当たる
[2017.10]
chapter-16を改訂

■ 林立する電柱・・・・・
  「犬も歩けば棒に当たる」の諺ではありませんが、日本は市街地のみならずどこに行っても「人も歩けば電柱に当たる」状態です。
都心部や目抜き通りでは無電柱化が進みつつありますが、電柱のある市街地のほうが圧倒的に多くあります。
一口に電柱と言いますが、大きくは電気が通る電力線を支える電力柱と、電話などの通信線を支える電信柱に大別されます。
歴史的に見ると電信柱のほうが古く、1869 (M2)年に東京横浜間で電話が開通し、日本で初めての電信柱が誕生しています。
一方日本で最初の電力柱は、東京電燈の送電開始に伴い1887(M20)年に生まれましたが、それまでは移動式の発電機を利用していたため、電力線や電力柱は必要なかったようです。


[  川口市街(2017年):電柱にカラスの巣 ]
  2012(H24)年現在、全国に電柱が約2,369万本、電信柱が約1,183万本、合計で3,552万本の電柱が林立しています。
電信柱は僅かですが減少していますが、電力柱は電信中の減少分を上回る増加があり、年々電柱は増えています。
電柱の中でも道路に立っているものは、交通の障害になるほか景観、風景を壊す最大の要因です。
空を見上げれば蜘蛛の巣のように電線が張られ、街並みを眺めると電柱、電線、トランスなどで建物の輪郭すらわからない状況になっています。
 

[ 秩父の武甲山(2016年):電線が邪魔 ]
  電線や電柱が景観や風景を壊しているのは市街地だけではありません。
郊外に行けば電柱の密度こそ減りますが、人工的な建物なども減るため電線や電柱が余計に目立ちます。
電気・電話のない生活が考えられない現代では、どこに行っても電線と電柱はついてきます。



■ 進まない無電柱化・・・・・・
電柱や電線は、景観上の問題のほか道路の空間確保や地震時の防災の観点から、地中化など無電柱化が進められています。
東京23区内は国道の約8割、都道の約5割が無電柱化(電線の地中化のほか裏配線、軒先配線を含む)されていますが、区道を含めると含めると8%弱に止まっています。
さいたま市に至っては2%弱です。
ところがロンドン、パリ、ボン、香港は100%、ニューヨークでも8割以上の道路が無電柱となっています。


[ 千駄木の生活道路(2012年):照明柱に変圧器を取付けた ]
   ロンドンでは街灯を設置する際に、先行していたガス灯の施設は地中化が義務とされていたので、ガスと後発の電力との公平な競争をさせるため、電灯も電線の地中化が義務づけられました。
ニューヨーク市は1884年に電線類の地中化条例が制定され、1888年のブリザード被害を受け一気に地中化が進展しました。
最近はハリケーンの被害を受け郊外部でも地中化が進んでいるそうです。
天災が電線の地中化を後押しています。
無電柱化の状況は、都市の歴史的な背景が大きく影響すると思いますが、なぜこんなにも大きな差ができたのでしょうか。
歴史の浅いオーストラリアでも郊外には電柱がありますが、市街地にはほとんど電線や電柱はありません。
電線は地中に配置し道路に電柱を建てないのが世界の常識のようで、最近はアジアの都市でも無電柱化が進められています。
 

[ ハノイ(2017年):こんなハノイでも無電柱化が進められている ] 
  昨今日本で進めれられている電線の地中化はコストが高く、地中化工事を行う国、都道府県、市町村の負担には限度があります。
また、変圧器などの機器を置くスペースの確保も大変だそうです。
しかも、今ある道路に手を加えるよりも新たに道路を造る方が選挙で有利になるのか、無電柱化を訴える政治家は少数派です。
地中に埋設することができなければ建物の裏側に配線したり、軒先に配線することもできますが、それも進みません。
木造家屋が多く雨が多い日本では、漏電や感電、それに伴う出火などへの対策として、電気事業法に基づく「電気設備に関する技術基準を定める省令」が諸外国に比べ厳しい基準となっているとも言われています。
電柱の林はいつまでたっても減りません。
 

[ ケアンズ市内の歩道(2003年):地下に電力線がある ]
  道路に電柱があると、戦車でもない限り避けながら通らなければならないので、その分だけ道路の幅が狭くなっているのと同じです。
狭い道路が多い生活道路では、電柱がある部分では車、自転車、歩行者のすれ違いができなくなってしまいます。
せっかく広げた道路でも電柱が鎮座してしまっては、大金をかけて道路を広げた効果が発揮できません。
昔、道路に電柱がある写真と無電柱化した写真を並べ「この通り 電柱とると このとおり」とコピーが記されたポスターがありました。
役所らしくない良いポスターでしたが、無電柱が進まないためか第二弾はありませんでした。
 

[ 宮古島(2017年):これも地中化される? ]
  立っている電柱が占有するのは小さな円ですが、倒れると線的に道路を占有するので車が通れなくなってしまいます。
地震によって倒壊するほか、台風や竜巻でも電柱は被害を受けます。
沖縄では過去に台風で電柱が倒れ通行止めとなったこともあり、台風対策としても電線の地中化が進められています。
ただし、台風の被害を受ける電柱は遮蔽物のない郊外が多く、簡単には進まないようです。



■ 観光客が見る景観・・・・・
 

[ 浅草寺(2017年):インバウンドが記念撮影 ]
  最近は国を挙げて訪日外国人旅行者を増やし、観光を産業の柱のひとつに育てようとしています。
訪日外国人旅行者は、日本らしいものを見て、日本らしいものを食べて、日本らしい体験ができることを期待して来るはずです。
寿司屋やラーメン屋で食べているとき、温泉に入り旅館に泊まっているときは、電線・電柱は見えませんが、屋外に出て観光しようとすると3,500万本もの電柱が観光客を出迎えてくれます。
カメラを構えて電線・電柱の写り込まない写真を撮るためには、撮影アングルをかなり考える必要があります。
 

[ 京都(2016年):大文字を邪魔する電線 ]

  日本人が海外に行けば、著名な観光地に限らず日本とのちょっとした違いにもカメラを向けたくなります。
訪日外国人旅行者も同じような心境だと思います。
東京23区ですら8%に届かない無電柱化率では、外人さんが本国との「ちょっとした違い」を撮ろうとすると、ほぼ確実に電線・電柱も写ってしまいます。
良い景観とは「見たいものが見やすいこと(見えること)」だという人もいます。
しかし日本国内は、どこで何を映しても電線や電柱が入り邪魔をしてしまいます。


[ 川越祭り(2015年):電線と電柱に負ける山車 ]
  WiFiの整備や標識の複数言語化など、訪日外国人旅行者の増加にあわせて急いでやらなければならいことは沢山ありますが、外国人旅行者が「見たいものが見やすい」景観をつくるためにも、より一層の無電柱化は必要なはずです。
本国と日本との「ちょっとした違い」が電線と電柱の存在だ、と訪日外国人旅行者に言われるようでは恥ずかしいものがあります。
蔵造りの街並みで有名になった川越祭りの様子です。
蔵造りが並ぶ区間は無電柱化されていますが、多くの道には電柱が立ち、山車よりも目立つ存在です。
 

[ スカイツリー(2017年):電線の写真になってしまう ]

■ 電線は地中化したけれど・・・・・
  埼玉県内でも電線の地中化は行われています。
もともと電線地中化は、駅周辺のように建物の立地が進み、電力需要がある程度高くなり安定した地域で進められてきました。
もちろん再開発事業が進む地区では地中化も行われますが、このような事業が連担して行われるのはビル需要の高い中心部ぐらいです。
逆に考えると、空き地があるところや建て替えが進むところなど電力の需要がこれからも増えるところは、電線地中化の対象になりにくかったのです。
 

[ 川口駅東口(2005年):看板の波 ]
  さて、電線が地中化された場所はどのように景観が変わったのでしょうか。
道路を覆っていた電線が無くなり、歩道から電柱、電柱に付けられていた機器や看板が無くなるで解放感が感じられるようになります。
しかし、 商業地はもともと看板が多くあり、これまでの電線や電柱に代わって、赤、黄、青など原色を多用した派手で人目につく看板がこれまで以上に飛び込んできます。
電線がなくなったため見通しがきくようになりましたが、沿道の建物は看板に埋め尽くされ、外壁の色さえわからないこともあります。
たとえ看板が無くなったからといって、沿道の建物はバラバラな意匠・形態、多種多様な素材で造られて立ち並んでいるため、美しい街並みが見られる期待値は低いかもしれません。
 

[ 大宮駅東口(2006年):電柱の代わりに自転車 ]
  一方、道路上の空間はどうなったのでしょうか。
電柱が無くなって道路の幅が確保されると思いきや、相変わらずお店の呼び込み看板が置かれていたり、自転車がところかまわず放置されています。
買い物客が短時間に止める自転車なら可愛気もありますが、通勤通学者の駐輪場として使われたのではたまったものではありません。
環境面から自転車利用が奨励されることが多くなりましたが、都市の諸施設が自転車社会に対応していないことや、家(私的空間)の外(公的空間)に対して無関心な生活がこのような結果を招くのです。
 

[ 草加駅前(2011年):駅前広場が駐輪場に化している ]
   街並みの改善や景観の向上は、電柱をなくしたり道路の見栄えを良くする工事だけではどうにもなりません。
財布を取られれば、被害者と被害額がはっきりしていますが、景観が壊されても被害者と被害の大きさはあまり認識されません。
認識できないのは日本人特有の欠陥なのでしょうか。




 



おまけ [ トンカツの店 豚珍館 ]
東京西新宿にある人気のとんかつ屋さんです。
リーズナブルなお値段で食べられるので、昼時は行列ができますが待っている間に注文を取りに来るので、着席するとほどなく料理にありつくことができます。
ごはん・豚汁はお代わり自由なので、空腹を十分に満たしてくれること間違いなしです。
新宿のこの付近は当然のことながら電柱はありません。

 
<参考資料>
○電気事業便覧 (電気事業連合会統計委員会 2004 日本電気協会)
〇失われた景観ー戦後日本が築いたもの (松原隆一郎 2002 PHP新書)
○国土交通省ホームページ 無電柱化の推進(http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/chi_13.html)
○海外の無電柱化事業について (国土技術政策総合研究所 道路交通研究部 道路環境研究室)
○無電柱化対策に関する調査 資料 (平成26年8月 総務省)