chapter-124 参道 
[2018.12]
2019.05修正
                                          chapter-018を改訂

■ 訪日外国人・・・・・
 

[ 訪日外国人の推移 ]
 2011(H23)年3月に発生した東日本大震災の影響により、年間の訪日外国人は620万人にまで落ち込見ましたが、その後急速に回復し、政府が目標に掲げていた”訪日外国人旅行者数 2000万人”は2015年にほぼ達成され、2017年は2870万人に達しました。現在は2020年に4000万人、2030年に6000万人を新たな目標として「明日の日本を支える観光ビジョン」に掲げています。
 訪日外国人数を押し上げたのはアジアの国々からの訪日客です。2011年の470万人が2017年は2470万万人と5倍以上に増え、その中でも、中国・韓国・台湾・香港から2100万人以上が訪れ圧倒的多数を占めています。東京、大阪、京都などにアジアから多くの外国人観光客が押し寄せていることは、マスコミの報道に限らず行ってみれば実感(特に耳で感じます)できます。
 

[ 清水寺前(2016年):アジアの団体さん ]
   日本人にも人気のある神社・寺院は訪れる外国人も多く、日本らしい写真が撮れる場所は自撮り棒を持った外国人が日本人に入り混じりごったがえしています。神社・寺院の本殿・拝殿、楼門・山門など外国人が”古の日本”を感じる建物周辺に限らず、参道の屋台やお土産店でも多くの外国人観光客が”日本らしさ”を楽しんでいます。
 外国人を含む多くの観光客が行きかう参道は、神社・寺院にお参りするための道ですが、どこからどこまでが参道なのか明確な定めはないようです。参道は、神社・寺院の境内地である場合や、一般の公道も含めて参道と言われる場合などもあり、また造られた時期も神社・寺院の創設と同じ時期とは限らず、生い立ちや形態は千差万別です。 
 

[ 伏見稲荷(2018年):連続する鳥居が外国人に人気の観光スポット ]

   欧米の街では「教会への参道」があるのでしょうか。カトリックの総本山であるサンピエトロ大聖堂は東側に広い道がありますが、教会への参道として紹介しているガイドブックは見かけません。教会は市街地の中心にあり隣接して広場があることも多く、参拝のための道が限定されなかったかもしれません。
 日本の参道が観光地のように賑わっているのは、大きな神社・寺院は町のはずれにあり、江戸時代の”お伊勢参り”のように、庶民が参拝を口実に一生に一度の旅行を存分に楽しんだ歴史の名残のようです。



■ 明治神宮の参道・・・・・


[ 表参道(2018年):オシャレで洗練された通り ]
    神社・寺院をお参りするための道である参道の中でも、明治神宮につながる『表参道』は流行の最先端をいくオシャレで洗練された道のイメージが定着し、本来の参道としての雰囲気は影をひそめています。
 表参道はもともと皇居からのお参りを第一に考えられた道でした。最高裁判所付近の三宅坂交差点から赤坂御用地、神宮外苑の南側を通る青山通り(国道246号)の外苑前交差点から、ほぼ直線で明治神宮南東の水無橋(山手線の上に架かる橋)までを最短で結ぶ構想だったのです。ところが表参道の築造を担当した東京市がどういう訳か計画を変更したため、現在の位置に表参道が誕生したのです。1919(T8)年に完成した当時は、歩道と車道は分離されておらず並木もない砂利道でした。
 

[ 神宮橋(2018年):橋の向こうは明治神宮 ]
    表参道は明治神宮の造営にあわせて完成しましたが、当時の東京市が公道として築造し現在は都道になっている道で、明治神宮の境内地ではありません。表参道から山手線の上に架かる神宮橋を渡ると、一の鳥居が見え明治神宮の境内地にある南参道につながります。鳥居から先の南参道は砂利道で、両側は緑深い木々が生い茂る森が広がり、外国人が喜びそうな雰囲気が高まってきます。
 境内地の参道はこのほかに、代々木駅方面から入る北参道、小田急線参宮橋駅方面から入る西参道があり、参拝者の便宜を図っています。どの参道も『永遠の森』を目指して壮大な計画のもとに造られた明治神宮の森を通るので、混んでいる南参道を避けたい方にはお勧めです。
 

[ 南参道(2015年):初詣のときは参拝者で埋まる ]
    明治神宮造営時の総理大臣大隈重信は、伊勢神宮や日光東照宮のような杉を主体とした森づくりを命じたそうです。しかし、明治神宮は関東ローム層の台地上にあり杉の生育には不向きなことを、本多静六博士らは科学的に証明し、針葉樹と常緑広葉樹の混植を提案したおかげで、現在の森に至りました。
 本多静六博士は埼玉県久喜市(旧・菖蒲町)出身で、日比谷公園など多くの公園の設計にも携わった林学博士です。



■ 出雲大社の参道・・・・・
 

[ 神門通り(2018年):勢溜から一の鳥居を見る ]
   出雲大社の参道は、御本殿から南へ伸び『勢溜』と言われる小さな広場付近までが境内の参道です。さらに、その南に『神門通り』という参道が真っ直ぐに一の鳥居がある宇迦橋まで続き、宇迦橋の南で少し東側に方向を変え、さらに真っ直ぐに進むと1990(H2)年に廃止されたJR大社線の旧・大社駅に至ります。
 旧・大社駅舎は残っていますが鉄道は廃止されたので、さすがに駅付近の参道を歩く人はいません。それでも1994(H6)年に旧・大社駅の北に『道の駅 大社ご縁広場』が開業し、ここに車を止めて歩いて参拝に行く観光客もいるので、道の駅より北側の参道は歩いている人を見かけます。
 

[ 神門通り(2018年):松並木を残してリニューアルした ]

   人通りが多くなるのは、一畑電車の出雲大社前駅付近から出雲大社の間です。この間は両側にお土産屋や出雲そばなどの飲食店、旅館が並びいかにも日本らしい観光地の雰囲気が出てきます。出雲大社前駅は1930(S5)年に開業したステンドグラス風の窓がある西洋建築で、国登録有形文化財になっていてドーム型の天井や円形の切符売場など一見の価値はあります。またホームには1929(S4)年に製造された車内がほとんど木製の電車が保存され、内部を見学することができます。
 駅前から参道を進み緩い坂道を上ると出雲大社の二の鳥居(勢溜の大鳥居)があり、ここから出雲大社の境内地になります。二の鳥居から三の鳥居にかけては神社・寺院には珍しい下り参道になり、その先の松の参道を進み四の鳥居をくぐると、しめ縄が特徴的な拝殿が見えそのうしろに御本殿の一画があります。


[ 下り参道(2018年):神社・寺院の参道で下りは珍しい  ]
   さすがに出雲大社だけあって立派な参道だと感心するところですが、参道のうち境内の外にある旧・大社駅前から勢溜までの通りは、1912(M45)年に大社駅が開業した後の1915(T4)年に造られた新しい参道です。
 大社駅が設けられる前は、出雲大社の南を流れる堀川を市場橋で渡る道と、馬場橋で渡る道の二つの参道があり、東西から勢溜に向かっていました。大社駅の誘致にあたって、この二つのルートがある市場地区と馬場地区が対立したため、大社駅は桑畑が広がる両地区の中間に開業することになりました。
 このため、大社駅から出雲大社に参拝するためには、市場橋、馬場橋のいずれを渡っても遠回りになってしまったのです。
 

[ 四つ角(2018年):昔の市場橋からの参道 ]
   この状況をみた当時の高岡島根県知事は、大社駅から出雲大社の参道として新たな県道「大社停車場線」を計画し、このうち堀川に架かる宇迦橋から勢溜までは、出雲大社境内の参道と直線となるルートにしたのです。
 当時、島根県内の橋は川に直交するように架けられていましたが、参道を直線にするため宇迦橋は堀川に対して斜めに架けられ、その珍しさは地元新聞に取り上げられるほどでした。
 新たに造られた参道である「大社停車場線」は、当時としては広い6間(約10.8m)の幅で造られましたが、今日では車と人が安心して通れる十分な広さではないため、2010(H22)年から松並木を残しつつ車と人が譲り合う道に再整備が始められ、現在の姿になっています。
 

[ 宇迦橋(2018年):堀川に対し斜めに架かっている ]
   出雲大社の参道は地元の思いもありいろいろと手をかけて、多くの参拝者で賑わうことを期待されていますが、大社の西隣に観光バスを含め約750台を収容できる駐車場があり、参道を歩かずに参拝できます。参道の存在を無視した駐車場の位置が誠に残念です。


■ 氷川神社の参道・・・・・
 

[ 氷川神社(2018年):初詣の頃 ]
    埼玉県にも長い参道を持つ神社があります。さいたま市大宮区(旧・大宮市)にある氷川神社は、中山道から分岐する一の鳥居から約2kmもの長い参道が、ほぼ真っ直ぐに神社までつながっています。
 江戸時代の初期は、この参道が中山道の一部として使われていましたが、街道が遠回りになり、神社の神域を通過し不敬となるため、大宮の農民は関東郡代伊奈忠治に街道の新設を申し出ました。1628年、当時原野だった参道の西側に新たな街道が設けられることになり、街道の新設と同時に新道の両側を地割して参道沿いの農家家屋を移転させたのです。地割の大きさは、間口7~8間、奥行き63~65間程度の宿場町独特の細長い形で、今でも中山道沿いは昔の地割で建物が建っているところもあります。
 

[ 明治迅速測図:氷川参道は並木道 ]
   このように氷川参道は江戸時代に街道から分離されたので、公道ではなく氷川神社の土地が細長く残されている珍しい参道です。もちろん参道の両側に並ぶ600本を超える並木も氷川神社の所有物です。
 並木は昭和初期までは杉でしたが、現在はケヤキを中心にした並木になっています。中には直径1mを超える大木もありますが、寄る年波には勝てず枯れたり倒れる並木もあり、樹木の管理は大変そうです。それでも、高いところから見ると建物で埋められた市街地に緑の直線が長々と横たわる姿は、参道の規模の大きさを改めて実感させます。
 氷川神社は約2400年前(孝昭天皇3年4月)の創立と言われ、927年の延喜式神名帳には氷川神社の記載があります。余りにも古いので参道ができた時期は不明ですが、明治神宮の表参道や出雲大社の神門通りよりも古いのは確かです。 
 

[ 氷川参道(2006年) ]

[ 氷川参道(2018年):参道の西側には高層マンションが増えた ]
    氷川参道は大きく3つの区間に分かれています。
<< 一の鳥居~参道交番(大宮駅前通り交差点) >>
 以前は対面通行の区間があったり、一方通行の区間は路上駐車場となり、とても安心して歩ける参道ではありませんでした。2009(H21)年までに、ほぼ1kmの区間すべてが北向きの一方通行になり、歩行者と車を分離する工事が行われ、参道の幅の半分3m程ですが歩道が造られ、ようやく安心して歩けるようになりました。
 それでも、約1kmの区間にある2つ信号のうちひとつは一灯式で、沿道からの出入りもほとんどなく、渋滞を避けた車が結構なスピードで参道を走り抜けていきます。
 参拝者以外の人が神社の神域を通過するのは不敬と考えていた江戸時代の人が、鳥居の下を車が通り抜ける光景を見たら、どんな思いを感じるのでしょうか?
 

[ 信号交差点(2018年):4車線道路との交差点 ]
   氷川神社に参拝する人で、わざわざさいたま新都心駅で降りて、一の鳥居からこの区間の参道を通り氷川神社へ歩いて行く人は稀です。
 道路部分はさいたま市道ですが、並木がある部分を含めて氷川神社の土地なので、参道に向けてお店を開くことは氷川神社のお許しがない限りできません。観光地になっている神社・寺院の参道は、両側にお店が並び賑やかですが、この区間は氷川神社からも遠いので神社が出店をOKしても採算上厳しそうです。
 現在、参拝者のためというより地域住民のための道として、歩行者専用道路とする取組が進められています。
 

[ 一の鳥居(2018年):歩車分離された ]
 すべての区間を歩行者専用の道路とするのには時間がかかりそうですが、2019(H31)年4月25日に南大通東線から参道交番手前までの約450mが歩行者専用になりました。参道に並行して西側を通る氷川緑道西通線(旧市役所前通り)が拡幅され、一方通行が解除されたためです。
 これにより一の鳥居から参道交番点までを車で通れなくなったので、歩行者専用となっていない区間でも車の交通量が減るはずです。
 

[ 南大通東線付近(2019年):歩行者専用化された区間 ]
  << 参道交番~氷川神社入口交差点(旧・国道16号交差点) >>
 

[ 1986年の参道:戦後を引きずった参道に小さな店舗が並ぶ ]

[ 1985年の住宅地図:上の写真の位置の住宅地図 ]
   現在の状態からは想像できませんが、この区間は終戦直後に大宮駅前にあった闇市の移転先として使われ、「平成ひろば」になる前は164戸の住まいと店舗がありました。
 1985(S60)年から整備が始まり、仮住まいしていた住民が移転した後は市が借地をして、御影石の遊歩道とその両側には緑地帯を設け、枯れて失われた並木を再生し、1989(H1)年に「平成ひろば」に生まれ変わりました。
 氷川神社の参道が昭和時代の最後まで、戦後を引きずっていたことに驚きを禁じえません。
 

[ 平成ひろば(2018年):人通りは多くない ]
   平成ひろばは両側に一方通行の車道と片側歩道が造られたので、ひろばに入るためには必ず車道を横断しなければなりません。南北320mにわたり交差する道路のない連続した緑地とすることができたので、両側に車道を設けざるを得なかったようです。
 一方通行の道路には、ところどころに平成ひろばへ渡るための横断歩道がありますが、すべての車が歩行者のために止まってくれるわけではありません。横断歩道部分を高く盛り上げ、強制的に車のスピードをダウンさせるような工夫があっても良いかもしれません。
 

[ 平成ひろば(2018年):両側に一方通行の道がある ]
  << 氷川神社入口交差点~三の鳥居(境内入口) >>
 

[ 二の鳥居(2018年):この先は参道らしくなる ]
   平成ひろばから神社へ向かうためには、ひろばの西側を走る一方通行の道を渡らないと旧・16号を渡る横断歩道がありません。大宮駅から歩いて来る参拝者の多くは、この横断歩道を渡り参道に入るので、実質的な氷川神社の参道はこの交差点から始まります。
 50mほど先に二の鳥居が見え、その先は中央部のみが舗装され両側に並木のある、手入れの行き届いた参道らしい風景になります。ほぼ直線の参道は三の鳥居まで440mほど続きます。
 並木の中には枯れた樹木もありますが、次の世代の並木を担うための幼木が植えられています。ケヤキのほかにモミジもあるので、成長した暁には紅葉も楽しめる並木道になりそうです。
 

[ 参道(2018年):ケヤキに代わりモミジが植えらることも ]
   初詣の時期になるとこの区間の両側に出店が並び、幅が狭くなるうえに多くの人が通るので、通り抜けるのに一苦労します。また、氷川神社の横にはJリーグ大宮アルディージャのホームグラウンドがあるので、試合のある日はオレンジ色の歩行者が増えます。、
 この区間も参道の両側に市道がありますが、西側の市道は住宅が並び東側の市道はお店が1,2軒ある程度で、正月でもない限り観光地の神社・寺院のようにう賑わうことはなく、静かできれいにされている参道です。
 氷川神社の参道の賑わいは、江戸時代に新しく造られた中山道沿いに吸い取られ、これからも静かな参道が保たれそうです。


   

 


おまけ [ 出雲そば かねや ]
 かねやは昔の出雲大社への参道のうち、市場地区を通る参道沿いにある出雲そばのお店です。出雲そばと言えば割子そばが有名で、最初の器にだし汁を入れ食べ終わったら二段目、次に三段目にだし汁を移し入れ順に食べていきます。卵、とろろ、薬味がポピュラーですが、薬味はお店によって違いがあります。三色割子3段で1100円、少々観光地価格かな。

 
<参考資料>
○明治神宮造営誌 (明治神宮造営局 1923.7.10)
○新神門通りの工事かわら版14号、16号
   (平成27年5月20日、7月20日 島根県出雲県土整備事務所都市整備課) 
○氷川参道のまちづくり(H27.3改訂版)
  (H27.3 さいたま市都市局/都心整備部/氷川参道対策室)  
○さいたま市アーカイブズセンターホームページ
  (http://www.city.saitama.jp/archivescenter/001/002/005/kpo-0003hoka.html)
○ゼンリンの住宅地図 大宮市 '85
  (1985年 ゼンリン)