chapter-13 行政道路 
[2006.01]

■ 在日米軍の基地・・・・・
 

[ AFN(American Forces Network) Tokyo (2012年):和光市にある電波塔 ]

   日本にはいまだに在日米軍の基地がいたるところにあり、最も多くある沖縄県は県の面積の10%が基地だそうです。埼玉県には、所沢通信施設、大和田通信所、キャンプ朝霞の3ヶ所、約200ヘクタールの在日米軍基地が残っています。
 終戦直後はもっとに多くの土地が基地として使われていましたが、次第に返還され公園や新しいまちづくりのために利用されてきました。所沢では返還された基地跡地に市役所や防衛大学病院、航空記念公園などが造られました。
 埼玉県内に米軍基地があると言っても、今では軍用機が飛び交うことも戦車が走り回ることもないため、基地の存在を忘れている人も多いことだと思います。
 

[ 所沢市役所周辺:建物がない部分は未だに米軍基地  ]
(国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省 ckt-89-1 c9-25)

■ 道路の名称・・・・・
 

[ 国道246号:明治通りを境に愛称が変わる  ]
   道路の呼び名でよくあるのは、「青山通り」、「日光街道」、「けやき通り」などのように地名や昔の名称、並木の種類などに由来する愛称です。本来、道路には路線名が付けられています。国道は数字(番号)、都道府県道は起終点の地名など、市町村道は数字(番号)が路線名になっているのが普通です。
     国道 : 一般国道17号、一般国道254号
     都道府県道 : 川越所沢線、所沢青梅線
     市町村道 : 市道1-100号線 
 都道府県道は名称が長いため、標識などには路線番号だけが記載されているので、県道名は普通の人にとってはなじみが薄い存在です。
 

[ 道路標識(2006年):27は県道東松山鴻巣線、38は県道加須鴻巣線 ]

   都道府県道だけが地名を使った路線名ですが、1964(S39)年の道路法改正以前は国道にも地名による路線名が併せて使われていた時期がありました。 国道が一級国道と二級国道に分けられていた頃は、一級国道は現在と同様に路線名が「一号線」や「一七号線」のように数字で指定されていましたが、二級国道は路線番号のほかに地名などを使った路線名があったのです。道路地図を見ると今でも国道16号に「東京環状」と併記しているものがあります 。
路線番号 路線名 起点 終点 備考
一二九 東京環状 横浜市 千葉市 現在は国道16号
一四〇 甲府熊谷 甲府市 熊谷市 現在も国道140号
                     ・
                     ・
■ 行政道路・・・・・
   ところで、所沢市内には「行政道路」と呼ばれる道路がありますが、とても愛称とは言い難い呼び名です。どこからどこまでの区間を指して「行政道路」と呼んでいるのかはっきりしませんが、一般国道463号と県道東京所沢線がこのように呼ばれているようです。
 「行政道路」と言われる所以は、敗戦後に締結された日米安全保障条約に基づき、1952(S27)年に締結された日米行政協定(正式には「日本国とアメリカ合衆国との安全保障条約第三条に基づく行政協定」)に関係があるらしいのです。「安全保障条約」など縁遠い存在に感じますが、意外と身近なところに影を落としているのです。
 


[ 国道463号(2005年):所沢市と入間市の境付近 ]
   埼玉県の県議会史によると、1953(S28)年3月1日に行われた追加提出議案で、次のように知事が説明しているくだりがあります。
 「昭和27年度追加更正予算は、… …歳入歳出ともに7億5568万5010円である。土木事業関係では… …また、日米行政協定にもとづく安全保障道路工事については、今回第四次分として、所沢東京線2150mの道路改良工事費3500万円、所沢八王子線6760m、所沢東京線3200m、川越東京線5753mの舗装工事費あわせて1億8500万円、総計2億2000万円を追加計上した…」とあります。
 当時の所沢東京線、所沢八王子線、川越東京線は、それぞれ現在の東京所沢線、所沢武蔵村山立川線、国道254号に該当します。
 

[ 旧国道254号(2011年):戦後しばらくは川越東京線、現在は県道新座和光線  ]

   当時は、埼玉県南部や東京都多摩地方に米軍基地が散在していて、基地を連絡する道路に特別な予算が付けられ工事が行われたようです。多額の舗装工事費が計上され一気に舗装された道路は、砂利道が当たり前の時代に沿道の住民を驚かせたはずです。このようなことから、「行政道路」と呼ばれるようになったのではないでしょうか。
 翌年度には、行政協定区域関係道路事業として国道17号の戸田・鴻巣間の道路舗装費が計上されています。県内あちこちに、「行政道路」なる道路が存在していたようです。



■ 行政道路のバイパス・・・・・
 現在でも地元で「行政道路」と呼ばれている国道463号は、一年中渋滞が激しいため4車線のバイパスが建設されていますが、東京都に到達するのには今しばらく時間がかかりそうです。
 バイパスが整備され渋滞が解消されない限り、「行政道路」は渋滞する道路の代表格から解放されることはありません。
 

[ 国道463号のバイパス(2006年):所沢市内 ]

   

 



おまけ   [ 「古都」 ]
 国道463号を北上し国道16号を越えたあたりにある大盛りで有名なお店。見かけは普通のうどん・そば屋ですが、大盛りを注文すると悲鳴を上げたくなるボリュームがあります。大盛りのカツ丼は洗面器ほどもある器に盛られ、多くの人がそのすごさをホームページに書いているので、試しに見てください。


<参考資料>
○埼玉県議会史 (埼玉県議会 1974)