chapter-28 県道1号浦和川越線 
[2008.03/2011.08]

■ 県内の国道・・・・・

 
[ 国道16号(2012年):17号が重なる区間は交通量も事故も多い ]
   4 16 17 122 125 140 254 298 299 354 407 462 463 468
 これらの数字は埼玉県内を通る国道の番号です。国道354号のように埼玉県のごく一部しか通らないため、埼玉の人間にあまり馴染みのない国道も含め、2015年現在で14路線の国道が埼玉県内を通っています。
 
路線名 起点 終点 主な経過地
4号 東京市より
北海道庁所在地に
達する路線
(東京市日本橋区本石町3丁目経過)、
東京府南足立郡千住町、宇都宮市、福島市、
宮城県名取郡岩沼町、仙台市、盛岡市、青森市、
函館区、小樽区
9号 東京市より
群馬県庁所在地に
達する路線
4号路線(東京市日本橋区本石町3丁目に於いて分岐)、
東京府北豊島郡板橋町、埼玉県北足立郡浦和町、
高崎市
[ 1920(T9)年4月1日内務省告示第28号の抜粋 ]
   1920(T9)年4月1日の旧道路法の施行と同時に、 内務省告示第28号で国道が認定されましたが、この告示で認定された国道は全国で38路線と少なく、埼玉県内を通過する国道は4号と9号(現17号)の2路線だけでした。
 旧道路法の国道は、東京と神宮、府県庁所在地のほか師団司令部や鎮守府所在地などを結ぶ路線であり、軍事の目的で定められる、まさに軍用道路だったのです。旧道路法による最後の国道は1945(S20)年1月8日に認定された国道41号でした。
 

[ 国道354号(2011年):埼玉県と茨城県を結ぶ新三国橋 ]


■ 追加される国道・・・・・
 戦後の民主化・非軍国化の流れの中で、これまでの道路法は廃止され新たな道路法が制定されると、国道の指定要件も軍事目的から幹線道路網の形成に変わりました。1952(S27)年の政令477号で一級国道40路線、1953(S28)年の政令96号で二級国道144路線が指定されました。この時点で埼玉県内を通過する国道は5路線になりました。
 一級国道には16号もありましたが、当時は横浜市から横須賀市を結ぶ路線でした。

路線 起点 終点
一級 4号 東京都中央区 青森市
17号 東京都中央区 新潟市
二級 125号佐原熊谷 佐原市 熊谷市
129号東京環状 横浜市 千葉市
140号甲府熊谷 甲府市 熊谷市
[ 1952(S27)年政令477号、1953(S28)年政令96号で指定された埼玉県を通る国道 ]
   新道路法は1965(S40)年に大きな改正があり、国道は高速自動車国道と一般国道に分けられることになりました。同時に一級・二級の区分が廃止されたため、これまでの国道はいったん廃止され、新たに228路線が一般国道として指定されました。
 一般国道は、高速自動車国道と併せて全国的な幹線道路網を構成し、県庁所在地や重要都市などを連絡する道路で、埼玉県を通る国道は7路線に増えました。
 
指定年 路線 起点 終点
1965(S40)年 4号 東京都中央区 青森市
16号 横浜市 横浜市
17号 東京都中央区 新潟市
122号 日光市 東京都豊島区
125号 佐原市 熊谷市
140号 熊谷市 山梨県南巨摩郡増穂町
254号 東京都文京区 松本市
1970(S45)年 298号 和光市 市川市
299号 茅野市 入間市
1982(S57)年 407号 足利市 入間市
1993(H5)年 354号 高崎市 茨城県鹿島郡大洋村
462号 佐久市 伊勢崎市
463号 越谷市 入間市
468号 横浜市 木更津市
[ 国道の追加指定:県内を通る国道は14路線に ]
 その後も1970(S45)年、1982(S57)年、1993(H5)年に国道の追加指定があり、今では14路線が埼玉県内を通っています。途中欠番はありますが2015年現在、全国に507号まである国道の数から見れば、14路線は決して多いとは言えませんが、それでも大正時代の2路線に比べれば桁違いに増えました。
 一般国道の路線数が最も多いのは北海道の48路線ですが、都府県では新潟県と長野県が26路線と多く、最も少ないのは香川県と沖縄県の10路線です。
 

[ 川越市小仙波(2008年):国道16号と254号の交差部 ]

■ 格上げされた浦和川越線・・・・・
 さて、増えた国道のうち298号は東京外郭環状道路の高架下を走る道路、468号は首都圏中央連絡自動車道、いわゆる圏央道のことです。この2路線は道路のないところに新しく造られた道路、または造られつつある道路です。
 このほかの国道には、もともとは県道だった道路が「昇格」して国道になったものが多くあります。
 
浦和川越線 北足立郡
浦和町字稲荷丸
九号国道路線(北足立郡大宮町に於いて分岐)
北足立郡馬宮村
入間郡古谷村(上江橋経由)
入間郡
川越町大字川越字本町
[ 1920(T9)年の県道認定 ]
   今では首都圏の大動脈になっている国道16号も、1953(S28) 年にいくつかの県道がまとめられ国道に格上げされた道路です。国道になった当時は二級国道129号東京環状線でしたが、道路法改正に伴う1965(S40)年の指定で一般国道16号になりました。県道から国道129号に、そして16号に格上げされた県道の一つに(旧)浦和川越線がありました。
 (旧)浦和川越線は、旧道路法の制定による最初の国道認定と時を同じくして、埼玉県が認定した211路線の1番目に掲げられていた県道でした。しかし、国道に昇格したことにより1955(S30)年4月1日に廃止されたので、1920(T9)年の誕生から35年の短命に終わりました。
 

[ (旧)浦和川越線の起点(2012年):さくら草通りにある復元された道路元標 ]
   (旧)浦和川越線の起点だった浦和町大字稲荷丸は、浦和駅東口の中山道から県庁周辺にかけての一帯ですが、今ではさくら草通りと中山道交差点付近に復元された道路元標があります。  
 浦和町の起点から大宮駅付近までは、当時の国道9号に重なっていましたが、大宮駅を過ぎたあたりで(旧)国道9号から西へ分岐し、荒川に架かる上江橋を通って川越に入ります。
 (旧)国道9号から上江橋までの区間はその後バイパスが造られたため、今ではさいたま春日部線という県道になっています。
 

[ 1927(T2)年管内図:川越~大宮は西武大宮線が並行している ]

   荒川を渡ると、(旧)浦和川越線は拡幅された国道16号に重なっていますが、ところどころショートカットにより取り残された道路が今も残っています。
 さらに川越市街に近づくと、現在の国道16号は市街地を大きく南に迂回しますが、(旧)浦和川越線はそのまま市街地に入り、今では「喜多院門前通り」と言われる道路を通っていました。川越市街地は家屋が多かったためか、 (旧)浦和川越線だった道路も拡幅されず、そのままの姿が残っているところが多くあります。


■ 大正時代の道路台帳・・・・・
   埼玉県文書館には、様々な地図や図面が保管されています。その中に道路台帳と言われる平面図も数多くあります。
 道路台帳とは道路を管理するための図面で、旧道路法の第30条に「管理者は其の管理に属する道路の台帳を調整すべし」と定められ、道路管理者が作らなければならない図面でした。 (旧)浦和川越線の道路台帳は、県道に認定された3年後の1923(T12)年に作られ、文書館に残っているのは三分冊のうちの1枚で、当時の古谷村と川越市の部分のみです。
 

[ (旧)浦和川越線終点:大正時代の川越「札の辻」交差点 ]
   台帳は幅70cm、 長さ5mほどの大きな厚紙に、赤、青、黄など数色を使って1000分の1の縮尺で描かれていて、道路沿いの状況や建物の形がはっきりと判ります。
 台帳のところどころに、曲がりくねっている部分を改良するために描き入れたと思われる鉛筆書きの計画線が残っています。コピーなどの複写技術がない時代なので、このような図面に線を入れることができるのは、相当な技術を持つエライ人に限られていたはずです。当時は高い技術を持つ人が役所にもいたようです。 
 

[ 鉛筆で計画線が何本か描かれている ]


[ 計画線が現在の国道16号になっている ]


[ 左は(旧)浦和川越線、右は現在の国道16号(2013年) ]

■ 道路台帳でたどる浦和川越線・・・・・
 

[ 国道16号~国道254号(2008年):拡幅されて様変わり ]
   (旧)浦和川越線のうち荒川から川越市街地の手前までは、国道16号の下敷きになってしまったので昔の形状はほとんど消えてしまいました。国道16号から分かれて国道254号小仙波交差点までの間も、幅20m程度の立派な道路に拡げられて交通量も多く、まわりにはいわゆる沿道型店舗と言われる施設が並び、大正時代の面影は全くありません。
 国道254号と新河岸川を越えるといよいよ川越市街地に入ります。それでは、(旧)浦和川越線の道路台帳をガイドマップ代わりにして、現在の川越市街を歩いてみましょう。

 
 



[ 国道254号と県道川越日高線は後から造られた道 ]


[ 川越市小仙波(2008年):手前の道は国道254号 ]
   川越市街地への入り口は、国道254号の小仙波交差点が大きすぎるので少々わかりにくくなっています。大きなアーチを持つ小仙波歩道橋の南側にある、幅6mほどの道路が(旧)浦和川越線です。
 道路台帳にはもちろん国道254号は描かれていませんが、当時まだ営業していた西武鉄道大宮線の線路が入っています。西武鉄道大宮線は、現在の西武鉄道に吸収合併された川越電気鉄道が始めた鉄道で、開業当初は川越市三久保町(現在は東京電力川越支店がある)にあった石炭火力発電所で作られる電気で走っていました。
 大宮線は、川越久保町~大宮駅で路面電車のような鉄道を営業していましたが1940(S16)年に廃止になり、現在はこの線路跡の一部が、松江町、連雀町の交差点を通り、月吉陸橋に抜ける県道川越日高線になっています。

 
 

[ 右上の突当りに閻魔堂がある ]


[ 塀に囲まれた住宅が続く静かな道(2008年) ]
   川越を有名にした蔵造りの建物が広まるきっかけとなった1893(M23)年の川越大火は、ここまで及ばなかったため蔵造りの建物はほとんどなく、「札の辻」付近とは雰囲気が大いに異なっています。道路沿いには立派な塀の住宅が多いので、住宅地でありながら人々の生活が感じられない閑散とした通りです。


[ 今では喜多院の正面に向かうが、大正時代は「閻魔堂」に突き当たっていた ]


[ 昭和四年三月再建 閻魔堂記念碑(2011年) ]
   さらに川越の中心に向かって進むと、現在では正面に喜多院の山門があり、喜多院の参道のように思えますが、大正時代はその手前に「閻魔堂」が鎮座していて、真っ直ぐ喜多院へ行くことはできませんでした。
 川越総合高校の北側の一角にある石塔や石碑が集められているところには、昭和4年3月に再建したことを記した閻魔堂記念碑があるので、その頃に閻魔堂が移転し喜多院へ向かう真っ直ぐな道ができたようです。閻魔堂跡は今では喜多院斎霊殿になっていて、立派なコンクリート造りの建物になっています。
 (旧)浦和川越線は閻魔堂の手前を右に曲がります。

 
 



[ 喜多院付近:畑が消え建物で埋め尽くされている ]


[ 正面の家は蔵を残して建替えられた(2008年) ]
   閻魔堂に突き当たり右に曲がったあたりは、道路台帳には茶畑が表示されていますが今では住宅が建ち並んでいて畑を見ることはできません。
 その先の急カーブにある建物は、つい最近まで道路台帳に描かれている建物が残っていましたが、現在では蔵を残して建て替えられました。道路は車のすれ違いに不自由のない幅ですが通る車は少なく、この道が昔は県道であったとは思えない静かな空間になっています。

 
 
 



[ 鉄道敷も使い新しい道路が増えた結果、複雑な道路網に ]


[ 左手が成田山、交差点の先に西武大宮線久保町駅があった(2015年) ]
   現在、喜多院入口と呼ばれている交差点付近の道路は大きく様変わりしました。川越の中心から大宮方面に向けて新しく造られた道路と、喜多院側から伸びてきた道路が交差してできたのが喜多院入口交差点です。
 道路台帳には、大宮方面への道路計画が鉛筆で薄く描かれていて、ここに新しい道路が計画されていたことや、喜多院入口交差点付近が水田だったことが判ります。
 新しく造られた道路は、今でも川越市街を東西に貫く主要な県道川越日高線で、平日、休日を問わず交通量が多く混雑する交差点になっています。元々あった道路に手を加えずに新しい道路を造り、線路跡もそのまま道路にしたため、ところどころに形の悪い交差点が出来てしまいました。

 
 

[ 松江町交差点(右上)はまだT字路 ]


[ 成田山川越別院横の歩道橋から松江町交差点方面(2008年)]


[ 歩道橋で歩道が通れない(2008年) ]
   (旧)浦和川越線は成田山川越別院の前を左に曲がります。左に曲がると今は県道川越日高線で、狭いながらも両側に歩道を持つ幅12m程の道路になっています。
 道路台帳に描かれている道路は6~7m程度で両側に建物がびっしりと張り付いているので、現在の幅に拡げるときは建物を取壊して道路が造られました。その時にもう少し広くして歩道を造っておけば、観光地になった川越でも十分に機能する道路になれたはずです。それでも川越が観光地になるとは誰も考えなかった時期に、歩道が造られたのですから我慢せざるを得ません。
 成田山川越別院とは、千葉県の成田山新勝寺の川越別院のことで、目の病に効能があるといわれています。
 

[ 川越日高線沿い(2011年):看板建築が残る ]
   成田山川越別院を左手に見て先に進むと、松江町の交差点があります。昔はT字路だった交差点は、1960年代に日高方面に道が造られ今では十字路になっています。松江町より先の新しく切り開かれた道路は、都市計画決定の幅員である15mで造られているので、成田山川越別院付近より広い道路になっています。
 城下町の名残を残す川越はT字路やクランク型の道が多く、松江町や仲町などT字の交差点を十字路に改修して、車が市街地を通り抜けられるように道路が造られてきました。しかし、自動車の増える勢いから見れば微々たる整備で、いたずらに中心部に交通混雑を招き入れる結果になってしまいました。今ではその反省から、中心市街地を迂回する環状道路が整備されつつあります。

 
 

[ 松江町交差点(2011年) ]
   (旧)浦和川越線は松江町の交差点を上尾方面、うなぎの「いちのや」のある方向に右折します。右折した先の県道は今でも歩道がついていません。おそらく道路台帳が作られた大正時代の状態がそのまま保存?されているようです。
 松江町交差点は、直進すると秩父・日高方面、左折すると県道川越坂戸毛呂山線に入り、新宿(あらじゅく)交差点で国道16号を越えると国道254号線に入ります。
 今では松江町交差点は幹線道路の交差点になっています。

 
 



[ 道路台帳は商工会議所の場所だけ空き地になっている ]


[ 松江町交差点から少し行くと「芋十」がある(2008年) ]
   松江町交差点から上尾方向へ少し行くと、サツマイモを薄く切って作る芋せんべいで有名な「芋十」があります。看板には菊の御紋とともに「天皇皇后様 献上銘菓 元祖芋十」と書かれていますが、蔵づくりで有名になった一番街に比べるとちょっと寂しそうです。
 

[ 川越教会と佐久間旅館のある交差点(2008年) ]


[ 川越教会から仲町交差点方面(2011年):右側に佐久間旅館が見える ]
   (旧)浦和川越線は川越教会と佐久間旅館があるT字路を左に曲がります。
 川越教会は1921(T10)年に建築されたレンガ造りのカトリック教会、 佐久間旅館は1894(M27)年創業の老舗旅館、洋と和の歴史ある建物が共存するおもしろい交差点なのに、あまりパッとしません。蔵造りの街並みと喜多院を結ぶ中間であるにもかかわらず、観光ルートから外れてしまったようで、カメラを持って歩く人はあまり見かけません。
 蔵造りだけでなく、このような街並みも紹介すれば観光地としての厚みが出るのではと思いますが、現在の都市計画幅に道路が広げられると芋十も佐久間旅館も移転しなければなりません。

 
 

[ 川越商工会議所(2011年):武州銀行として造られた ]
   佐久間旅館を右手に見ながら進むと、大正浪漫夢通りの入口に川越商工会議所が見えます。 
 川越商工会議所は1928(S3)年に(旧)武州銀行として建築された重厚感のある鉄筋コンクリートの建物です。
 道路台帳は(旧)武州銀行の部分だけが空き地になっていますが、沿道の建て込み状況をみると、ずっと空き地であったとは思えません。(旧)武州銀行を建てるため今まであった建物を壊した時期が、たまたま台帳の測量時期に重なったようです。
 川越商工会議所からさらに30m程進むと、川越を観光地に担ぎ上げた蔵造りの街並みが始まる仲町交差点に至ります。

 
 

[ 右側のT字路が仲町交差点 ]


[ 蔵造りの街並み(2011年):暗く重い雰囲気の街が今では明るい観光地 ]
   城下町川越は、敵勢からの防御のため真っ直ぐな道は少なく、T字路や鈎形の道路が多くありました。仲町の交差点もその一つで、十字路になったのは1933(S8)年になってからです。
 蔵造りの建物は仲町交差点を境に、「札の辻」のある北側に向けて建ち並んでいます。仲町交差点の南側は昭和の街並みなので、比べてみると違いが分かるはずです。
 蔵造りの街並みがある道路は、幅20mの都市計画道路でしたが、拡幅すると蔵造りの建物が壊さなければならないので、現状幅の9~11mに縮小変更されました。縮小前は両側に歩道を造ることができる計画幅でしたが、現状の幅では車道と歩道を完全に分離できないため、道路の両端は歩行者用であることと示すため石畳風に化粧されました。これだけでも車は遠慮して進入しないうえ、道路の端というより歩道を歩いている気分になれます。
 残念なのは、沿道のお店が節操なく出している看板やのぼりが、歩くときにとても邪魔になることです。
 
 
[ (旧)八十五銀行(2009年):八角形の塔が道路台帳でもわかる ]
   仲町と札の辻の中ほどに道路から少し離れて建てられている建物があります。これは1918(T7)年に(旧)八十五銀行が本店として建てた建物で、川越教会と同様に大正期の川越を代表する洋風建築です。
 現在も埼玉りそな銀行川越支店として使われているのは素晴らしいのですが、ATMコーナーなどのために1階部分がいたずらに増築されているのはいただけません。蔵造りの建物は修復され大事に保存されているのですから、この銀行も昔の姿に復元できないものでしょうか。
 

[ 田中屋ビルと旧山吉デパート(2011年) ]
   一番街には(旧)八十五銀行のほかにも洋風の建物があります。
 旧山吉デパートは昭和11年に呉服店として建てられた洋風建築を譲り受け1951(S26)年に開店しましたが、中心地の南下に伴い1964(S39)年に現在の場所に移転し丸広百貨店として頑張っています。現在では改修工事が行われ、1階に歯医者さんが入っていました。隣の田中屋ビルはどう見ても石造りに見えますが、本体は木造だそうです。 
 蔵造りの建物のほかに、ハイカラな洋風建物に憧れた大正・昭和初期の建物も残っていて、重厚な蔵造りの街並みの中でアクセントになっています。

 
 

[ 終点の「札の辻」交差点:浦和川越線のほか3つの県道の起点 ]


[ 札の辻(2011年):川越には珍しい江戸時代からの十字路 ]

   いよいよ(旧)浦和川越線の終点である「札の辻」交差点ですが、 菓子屋横丁が近いため平日でも観光客を見かけるようになりました。
 「札の辻」は(旧)浦和川越線の終点ですが、川越上尾線、川越越生線、川越松山線の起点でもありました。たまたま、浦和に県庁が置かれたため、浦和が(旧)浦和川越線の起点になり川越が終点になりましたが、当時の川越はすでに「市」、浦和はまだ「町」だったことを考えれば、 実質的には「札の辻」交差点が(旧)浦和川越線など4本の県道の起点であり、川越が当時の埼玉県の中心だったのでしょう。
 歴史に「もし」はあり得ませんが、川越が県庁所在地だったら埼玉県のイメージは今とは大きく違ったものになっていたかもしれません。


 
 


おまけ   [ 喜多院の五百羅漢 ]
 天海僧正や春日局で有名な喜多院の一角に、様々な表情をした羅漢様がいます。五百羅漢といわれてますが実際は533体あるそうで、すべての顔を見てまわると結構な時間がかかりますが、誰かに似ている羅漢様などもいて結構面白いです。また、長方形の石畳には都電の軌道にあった敷石が使われています。オバさまの少ない静かな時がお勧めです。


おまけ その2 [ 小峰商店 ]
 本丸御殿と三芳野神社の間にあるお店。黒と言っても過言でない色をした焼きそばがメインの売り物です。この焼きそばをつまみに昼時からグラスを傾ける常連さんも多いようです。 川越のB級グルメと言われる太麺焼きそばとは少々趣が違います。 

 
<参考資料>
○県道1号浦和・川越線道路台帳平面図3/3 (埼玉県 1923)