帰化申請 種田行政書士事務所
076−471−7133

777@taneda-office.rer.jp
   帰化するためには

 帰化するためには条件を確認し、それを満たしていれば、必要書類を集め法務局へ提出します。そして待つこと数ヶ月、許可されれば晴れて日本人となります。

まずは条件を確認
 帰化を申請するには7つの条件があります。それを満たしている必要があります。長年日本で普通に生活できていれば問題の無いものが多く、それほど心配はありません。


次に書類を用意し申請
 必要書類を作成・収集する訳ですが、とにかくこれが大変です。ですので、行政書士へ依頼される方が多い訳です。すべてそろいましたら法務局へ申請に行きます。

数ヶ月後の許可を待つ
 申請してから結果がでるまで、通常は半年〜9ヶ月程かかります。(尚、この間に、面接があります。)
 許可により、日本人となります。



 (詳しくは「帰化申請の流れ」をご覧ください)