帰化申請 種田行政書士事務所
076−471−7133

777@taneda-office.rer.jp

帰化申請するには、以下の7つの条件を満たしている必要があります。


1、引き続き5年以上日本に住所を有すること

 
今に至るまで5年間以上ずっと継続して日本に住んでいる必要があります。
  出国日数があまりに多い場合は、マイナスに判断されます。
  
(ただし、下表の1〜9のどれかに該当すれば、この条件は免除されます)

2、20歳以上で本国法によって能力を有すること

 
この条件は、20歳以上であれば、まず問題ありません。
  
(ただし、下表の4〜9のどれかに該当すれば、この条件は免除されます)

3、素行が善良であること
 
まっとうな生活を送れていれば大丈夫です。しかし、近時に犯罪歴や脱税、度重なる交通違反の履歴などがある場合は、問題視されるでしょう。

4、自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって
 生計を営むことができること

 
経済的に、普通に暮らしていければ問題ありません。これは、自力で生計を立てることができる人に限られず、例えば夫に扶養されている妻も、この条件を満たします。
  
(ただし、下表の6〜9のどれかに該当すれば、この条件は免除されます)

5、国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと
 
日本では二重国籍は認められていないため、帰化して日本の国籍を得ると、元の国籍を失わないといけません。多くの国では、自国民が他国へ帰化すると当然に国籍を失うことになっていますが、そうでない国もあり、自分の国の場合はどうか確認が必要です。

6、日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した
 政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若
 しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したこ
 とがないこと
 日本にとって危ない人は、帰化できません。

7、日本語の読み書きができること

 これは法律に定められている条件ではないですが、小学校低学年程度の日本語能力はないと、なかなか許可されないようです。





 上記7条件のうち、下の表
のどれかにあてはまる場合は、免除されるものがあります。
 
日本国民であった者の子(養子を除く)で、現在まで3年以上続けて日本に住所又
 は居所が ある人
日本で生まれた人で、現在まで3年以上続けて日本に住所か居所があり、又は父
  か母(養父母を除く)が日本生まれの人
現在まで10年以上続けて日本に居所がある人
左記のどれかを満たせば、
条件
1、
免除されます
日本人の配偶者で、現在まで3年以上続けて日本に住所か居所がある人
日本人の配偶者で、婚姻から3年経過し、現在まで1年以上続けて日本に住所が
  ある人
左記のどちらかを満たせば、
1、2、
免除されます
日本人の子(養子を除く)で、日本に住所がある人
日本人の養子で、現在まで1年以上続けて日本に住所を有し、縁組の時に本国法
 で未成年だった人
元日本人で、日本に住所がある人(日本に帰化した後に日本国籍を失った人を除
 く)
日本生まれで出生の時から無国籍で、その時から現在まで3年以上続けて日本に
  住所がある人
左記のどれかを満たせば、
1、2、4、が免除されます

    ※「住所」とは生活の本拠となる場所で、「居所」とはその土地と関わりがあるものの住所ほどには至らない場所をさします。