帰化申請 種田行政書士事務所
076−471−7133

777@taneda-office.rer.jp

 

   帰化申請の流れ  

1、まずはご連絡下さい。
電話やメールなど、まずはお気軽にご連絡下さい。
帰化申請ができるかどうか、簡単にお話を伺います。
また、弊所での、今後の帰化申請の進め方等をご案内致します。
▼
2、書類の収集作成
ご依頼を頂きましたら、一度お会いするか、または電話・メール・郵便にて
申請内容について、詳しく事情を伺います。
そして当事務所で必要書類を作成・収集していきます。
2週間〜2ヶ月ほどで全てそろえます。
法務局で事前に書類点検を受け、申請OKをもらいます。
▼
3、申 請
いよいよ法務局へ申請に行きます。
帰化申請では弁護士や行政書士には代理権が与えられていないので、
申請人が自ら行くことになります。親族でも代行は不可です。
▼
4、面 接
申請後、数週間から数ヶ月たつと、法務局から面接で呼ばれます。
主に申請書類の内容について聞かれます。
(法務局によっては申請時に面接も兼ねる所もあります。)

▼
5、法務大臣決裁
帰化を許可するかどうかは、最終的に法務大臣の自由な判断に任されています。
▼
6、結果の通知
法務局から本人に、許可・不許可の連絡が行きます。
申請からここまで、半年〜9ヶ月程度かかることが多いようです。



    
                     ※尚、法務局により、進め方は多少異なります。