その他の素材のバッグ

画像をクリックすると拡大します。
このページの作品はすべて
SOLD OUTです。

高級コート地にブレードと
皮のお花と葉っぱを
あしらったバッグ。
こちらはゴブラン織り地を
活かし持ち手に拘った
シンプルバッグ。
美しい光沢を持つ
高級ゴブラン織り地に
ブレードやフリルをあし
らったバッグ。
ob-15
ob-14
ob-13
ob-10
とても上質の帯地を使った
贅沢なバッグです。
持ち手もコードと帯地を
編みこんだ凝った作りです。
黒地に張りのあるオーガン
ジーをリボン型にあしらった
肩掛け可の大きめバッグ。
ob-12
わんこのマントコートと
お揃いで作った
大きめポシェット。
とても綺麗な赤のコート地に
ラビットファーを合わせました。
ob-11
ob-9
ob-8
ob-7
人気のフリルボレロと
お揃いで持てる大ぶり
のバケツ型バッグです。
後ろも同じようにフリル
とお花をあしらっています。
ウールの着物地を使用した、
サイコロ型バッグです。
昼夜織りを利用して、共布で
花を作りあしらいました。
妹のデザインで作られた私物です。
フェイクファーのハギレをパッチワークし
マチはツィード、持ち手にはイタリアン
レザーを縫いつけて、ボストン型に仕上げ
ました。反対側はまた違ったデザインに
してあります。次の出店には、このボストン
タイプが古布で登場するかも。
ob-6
ob-5
ob-4
右は、黒の厚手の綿地で、かっしりとした
ハンドバッグに仕立てました。
裏地と同じ赤い着物地で葉っぱを作り、
葉脈にビーズ刺繍を、雫にクリスタルを
あしらってあります。持ち手はレザーです。
左は、フランス製の奇麗な花のプリント地で
柔らかい芯地を使った使いやすい
サブバッグです。花のプリント部分には、
豪華にビーズ刺繍をしてあります。
かすりっぽい茶の綿地と、古典的な
花柄の着物地を合わせました。
持ち手部分は、スナップで開閉でき
完全に口が開くので、出し入れし
やすいポーチ型です。
左の赤い葉っぱのハンドバッグより
一回り大きめのものです。
サイドと裏地、そしてスナップ部分の
アクセントに、ブルーの細かい柄の
着物地を使いました。スナップ部分
には、柄にビーズ刺繍をしてある、
とてもスタイリッシュなバッグです。
持ち手はレザーです。
ob-3
ob-2
ob-1
タイシルクのバッグで、生地の端の
フリンジ部分をそのまま生かしています。
口金はワンタッチ式開閉式を
使用しています。
豪華な帯地を使用した、太鼓型
バッグです。持ち手には黒いコードを
編んだものを共布に被せてあり、
デザインにもこだわった作品です。
フランス製のオーガンジーを使用した
グラニーバッグです。
持ち手の付け根部分に共布で小さな
花をあしらいました。
生地の風合いを壊さぬように控えめに
ビーズでフリンジもあしらっています。