オーディオマニア

このコーナーを見ているお客様はすでに色々なことをやってもまだまだ自分の理想とする音を追い求めていると事と思います。既製品はすでにテストしつくしていると思いますので違う角度からアプローチしてみましょう!

※ CDプレーヤー

同軸のみの対応になります

外部DACにする CDプレーヤーの内蔵デッキのDACを外部DACにする事によって幅広い音作りが楽しめます。デジタルケーブルの素材と構造の違いによる音の変化等細かなセッティングが出来ます。腕と知識に覚えのある方はDACを自作するのも一つの手ですね。CDデッキにデジタルOUTが付いていればそのままでOKですが無い場合はデジタルOUTを取り出さなければいけません(1チップICの場合は取り出せないので確認が必要です)、DACのアナログ信号はデッキに戻してボリュームコントロールします。(コントロールアンプにてボリュームコントロールするのがベストです)
デジタル信号の精度を上げる CDオンリーですがデーターを読み取る精度を上げる為に当店オリジナルですがデジタルバッファーアンプを付ける!読み取り精度が50倍以上ですのでビックリするくらい情報量が上がります。外部DACをセットする場合是非一緒にセットしてみてください。
デジタルケーブルを良質な物に替える ケーブルの種類も最近は多くなってきたので予算が許すなら2〜3本持っていたほうが面白いのではと思います。ソフトの録音の仕方によって好みの音になる様にケーブルを替えてみるのも手でしょう、替えるのが面倒だとは思いますが拘るなら良い方法だと思います。

 (1と2に関しては当店で外部DACをお買い上げ頂いた方のみの対応になります)

光ケーブル伝送のバッファアンプも開発中です(回路は同軸を光に変換するだけなのでそう難しくないのですが製作している時間が無い)。

まずはここまで!随時追加して行きますので参考にしてみてください。

※ パワーアンプ

入力段のカップリングコンデンサーを高級品に替える メーカー製のアンプではコストを考えてのパーツ選定がなされていることが多く「ここはいいパーツを使いたいんだけど・・・」ということも少なくありません。高音質品に替えると効果抜群です。