サイパンの海と魚
http://www.zensaipan.com/
スノーケリング

logo

海がめの産卵地

サイパン北部の「ウィング ビーチ」の入り口には、右の
ような大きな看板が立っていて、車が入れないように
なっています。海岸が海がめの産卵地で、それを保護
するための対策です。ここはダイヴィングの人気スポット
でもあり、海がめと一緒に泳ぐ。。。なんて事も夢ではない
ようです。残念ながら私達はスノーケリングどまりですが。

指で指しているところに「サイパン 二モ」が
隠れています。

「スイミー」のような魚の群れと一緒に。。。ピース!!
「ふじお」です!!度付の自分の水中めがねなので
魚が良く見えます。

向こうに見えるのは「テニアン島」

静かに沈む夕日。。これも南の島の旅の楽しみです

ポナペ出身のスティーヴの案内でホビーキャットでスノーケリングスポットまで連れて行ってもらいました。
もちろんリーフの中ですし、ライフジャケットは着けていますが、彼の姿を見るだけで全く心配なく
スノーケリングを楽しめました。本当はもっとカラフルで数多くの魚たちと戯れたのですが、3回のうち
2回は夕方5時からで太陽の光が傾いてしまっていたのと、初めて水中写真を試みたので、上手く
撮れませんでした。実際はさんごの周りで泳ぐ魚たちはとてもきれいでした!

溺れているのではありません!
ちょっと休憩です。。。
「せつこ」です。

グロット

サイパン北東部にあるグロット(GROTTO)はダイヴィング
を楽しむ人に一番人気の場所だそうです。駐車場から急な
坂を下りていくと写真のような洞穴のようになっていて、
ここから潜ると向こうが外洋と続いていて、太陽の光が
さしてきてとても神秘的な光と青さの中でダイヴイングを
楽しめるそうです。50歳でダイヴィングの虜になった友人
もいますが、私達は勇気が無く、スノーケリングで十分です。

2人でかっこ良く帆を操っているように見えますが、
実際は遊び疲れてSTEVEにデッキの上に上げて
もらって、ホット一息ついているところです。残念な
事に自力では船の上には上がれないのです。
ロープがブイにつながれてプカプカ浮かんでいる
だけです。船長はあくまでも頼りになるSTEVEです。

アクアマリンスポーツ